« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月28日 (日)

多元的「国分寺」研究の記事を移動します

【多元的「国分寺」研究関係の記事を移動します】2/28(日)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-5d0c31.html

3つの「国分寺」の改造過程

【3つの「国分寺」の改造過程】2/27(土)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-c833ad.html

筑後国分寺について(工事中)

【筑後国分寺について(工事中)】2/27(土)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-39f7b3.html

筑前国分寺について(工事中)

【筑前国分寺について(工事中)】2/26(金)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-f81641.html

ということは,たくさん6世紀末以前の遺跡があった

【ということは,たくさん6世紀末以前の遺跡があった】2/25(木)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-23f503.html

泉官衙遺跡Ⅰ期は,東偏。ということは・・・

【泉官衙遺跡Ⅰ期は,東偏。ということは・・・】2/25(木)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-0fa1dc.html

「薩摩国分寺」の精査(川瀬さん)の改訂版

【「薩摩国分寺」の精査(川瀬さん)の改訂版】2/23(火)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-4bf39b.html

筑後国分寺は,条里線は東偏・現方位は西偏

【筑後国分寺は,条里線は東偏・現方位は西偏】2/23(火)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-91f809.html

薩摩国分寺は,飛鳥寺式から大官大寺式への改造だった!

【薩摩国分寺は,飛鳥寺式から大官大寺式への改造だった!】2/23(火)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-88d57b.html

薩摩国分寺での「塔基壇」の縮小?

【薩摩国分寺での「塔基壇」の縮小?】2/22(土)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-c511ef.html

今と昔の2階の高さ

【今と昔の2階の高さ】2/22(月)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-8faf32.html

塔の高さと基壇の大きさ

【塔の高さと基壇の大きさ】2/21(日)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-13bcd7.html

594年の謎

【594年の謎】2/20(土)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-bee1bc.html

「国分寺」の塔基壇カードを並べてみる

【「国分寺」の塔基壇カードを並べてみる】2/20(土)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-31f30e.html

多元的「国分寺」研究の再開

【多元的「国分寺」研究の再開】2/19(金)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2021/02/post-6fd653.html

2021年2月22日 (月)

「国分寺」の分析(工事中)

1:伽藍の中軸線の方位
    東偏:九州王朝時代で6世紀末以前 
    正方位:九州王朝時代で6世紀末以後
         近畿王朝時代で中央権力が関与したもの
    西偏:九州王朝時代だが地方権力が作ったもの
        近畿王朝時代の新造だが地方権力が作ったもの
 2:伽藍の構造
   古式伽藍(塔が回廊の内):九州王朝時代の国府寺の塔を七重に改造した。
   新式伽藍(塔が回廊の外):
         九州王朝時代の古式伽藍の塔を回廊の外に移し七重にしたもの。
         近畿王朝時代の新造のもの。
  ※古式伽藍の特徴は、塔が回廊の内 以外に
          中門と南門の距離が狭い(古式だとこの間に塔がないため) もある。

 3:出土瓦 服部さんの研究に依拠する
    素弁蓮華文軒丸瓦が出土:6世紀末から7世紀初頭以前。
    単弁蓮華文軒丸瓦が出土:7世紀中頃
    複弁蓮華文軒丸瓦が出土:7世紀末から8世紀。

 4:国府からの距離
    国府近傍にあるもの:国府寺:国府近傍で国庁のすぐ近く。両者は一体。
    国府から遠いもの:
         もともと国府の近くの国分寺であったが国府が後に移動した。
         国府寺とは別に近畿王朝下で国府から離れた「清浄の地」に新造した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【〇〇国分寺】

1:伽藍の中軸線の方位

2:伽藍の構造

3:出土瓦 服部さんの研究に依拠する

4:国府からの距離

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川瀬さんの提示した4つの基準で,66か所の「国分寺」を分析してみよう。

【筑前国分寺】

1:伽藍の中軸線の方位・・・東偏2度なので,九州王朝時代で6世紀末以前

2:伽藍の構造・・・古式伽藍(塔が回廊の内):九州王朝時代の国府寺の塔を七重に改造した。

3:出土瓦 服部さんの研究に依拠する・・・素弁蓮華文軒丸瓦が出土:6世紀末から7世紀初頭以前。

4:国府からの距離・・・1キロ以内で近い

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【豊後国分寺】

1:伽藍の中軸線の方位・・・正方位:九州王朝時代で6世紀末以後
         近畿王朝時代で中央権力が関与したものか?

2:伽藍の構造・・・古式伽藍(塔が回廊の内)

3:出土瓦 服部さんの研究に依拠する・・・単弁・複弁・複式素弁?

4:国府からの距離・・・国府から遠いもの:5キロ
         もともと国府の近くの国分寺であったが国府が後に移動した。
         国府寺とは別に近畿王朝下で国府から離れた「清浄の地」に新造した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【「薩摩国分寺」の精査(川瀬さん)】

1:創建期:6世紀末以前  飛鳥寺式伽藍 素弁八葉蓮華文軒丸瓦
2:再建期1:7世紀中頃  観世音寺式伽藍 単弁蓮華文軒丸瓦
        西金堂→金堂に 金堂→講堂に  東金堂→解体して8.6m四方の塔に
  ※その後金堂が何らかの理由で建て直される
    礎石建物→掘立柱建物(仮堂ではないか?)
  ※その後瓦は複弁軒丸瓦に改装。
3:再再建期:8世紀中頃か 大官大寺式伽藍に改造。
        金堂→解体  講堂→金堂に改造。 僧房→講堂に改造。
  

※この時8.6m四方の塔を改造しようとしたか?
     塔基壇の周囲に残る大きな柱穴=改造のための足場跡?・・・これが大官大寺式への改造の時期を聖武詔以後とした理由。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【〇〇国分寺】

1:伽藍の中軸線の方位

2:伽藍の構造

3:出土瓦 服部さんの研究に依拠する

4:国府からの距離

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【〇〇国分寺】

1:伽藍の中軸線の方位

2:伽藍の構造

3:出土瓦 服部さんの研究に依拠する

4:国府からの距離

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【〇〇国分寺】

1:伽藍の中軸線の方位

2:伽藍の構造

3:出土瓦 服部さんの研究拠する

4:国府からの距離

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【〇〇国分寺】

1:伽藍の中軸線の方位

2:伽藍の構造

3:出土瓦 服部さんの研究に依拠する

4:国府からの距離

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【〇〇国分寺】

1:伽藍の中軸線の方位

2:伽藍の構造

3:出土瓦 服部さんの研究に依拠する

4:国府からの距離

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【〇〇国分寺】

1:伽藍の中軸線の方位

2:伽藍の構造

3:出土瓦 服部さんの研究に依拠する

4:国府からの距離

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【〇〇国分寺】

1:伽藍の中軸線の方位

2:伽藍の構造

3:出土瓦 服部さんの研究に依拠する

4:国府からの距離

再開

「国分寺」の分析を「再開」します。

« 2020年12月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック