« ☆広島県の〈寺院遺跡〉の再集計 5/8☆ | トップページ | ☆山口県の〈寺院遺跡〉の再集計 5/11☆ »

2020年5月 7日 (木)

★広島県の〈官衙遺跡〉の再集計 5/9★

【備後国】 

 4紀紀半ば:
 4世紀後半:
 4世紀末:
 5世紀初頭:
 5世紀前半 :
 5世紀半ば:

 5世紀後半:

 5世紀末:

 6世紀初頭:

 6世紀前半:

 6世紀半ば:大宮Ⅰ(東)

 6世紀後半:大宮Ⅱ・Ⅲ期(東)

 6世紀末:

 7世紀初頭:

 7世紀前半:

 7世紀半ば:

 7世紀後半:下本谷(東)

 7世紀末:

 8世紀初頭:

 8世紀前半:

 8世紀半ば:

 8世紀後半:

 8世紀末: 備後国府(ツジ地区は一貫して西),金龍寺東(ほぼ正方位)

9世紀以降:

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※大宮Ⅳ(七世紀初頭以降)(正方位)

※山崎(奈良~中世)(西)

 

【安芸国】 

 4紀紀半ば:
 4世紀後半:
 4世紀末:
 5世紀初頭:
 5世紀前半 :
 5世紀半ば:

 5世紀後半:

 5世紀末:

 6世紀初頭:

 6世紀前半:

 6世紀半ば:

 6世紀後半: 

 6世紀末:

 7世紀初頭:

 7世紀前半: 

 7世紀半ば:

 7世紀後半:西本6号(西),明官地東(東)

 7世紀末:

 8世紀初頭:

 8世紀前半:

 8世紀半ば:

 8世紀後半:大和(東)

 8世紀末:下岡田(Ⅰ期,東)

9世紀以降:下岡田(Ⅱ期,西)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※下沖(奈良~平安)(自然流路のためいろいろ?)

※前原(8世紀)(西)

※郡山城下町(7世紀~9世紀)(東)

 

 

« ☆広島県の〈寺院遺跡〉の再集計 5/8☆ | トップページ | ☆山口県の〈寺院遺跡〉の再集計 5/11☆ »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

点検結果

●備後

 6世紀半ば:大宮(Ⅰ期,東)
 6世紀後半: 大宮(Ⅱ期,東)
 7世紀前半: 大宮(Ⅲ期,東)
 7世紀半ば:大宮(Ⅳ期,正方位) ⇒これらの年代比定はどうやって行ったのですか?

欄外
 ※山崎(奈良~平安)(西)⇒年代は「奈良~中世」です。

●安芸
 8世紀末: 金龍寺東(ほぼ正方位),⇒この遺跡は備後国だと思いますが?

欄外
 ※郡山城下町(近世)(東)⇒東偏なのは近世ではなく「7世紀~9世紀」。近世は西偏。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 ●備後
 6世紀半ば:大宮(Ⅰ期,東)
 6世紀後半: 大宮(Ⅱ期,東)
 7世紀前半: 大宮(Ⅲ期,東)
 7世紀半ば:大宮(Ⅳ期,正方位) ⇒これらの年代比定はどうやって行ったのですか?

前回の集計の時,特にコメントがなかったので,
これでいいのかと思ったのですが,もう一度やりますか?

肥沼さんへ

 たしかに前回の集計ではそうなっていたことは確認しました。
 だが検討過程にはそういう期ごとの年代は出ていなかったことも確認しました。
 建物データから判断したのかなと、奈文研のサイトで確認したが、
 Ⅰ期:6世紀半ば 
 Ⅱ期:6世紀後半
 Ⅲ期:6世紀後半~7世紀初頭
 は確認できましたが、Ⅳ期:7世紀前半正方位は確認できませんでした。
Ⅲ期は間違い。Ⅳ期はどこから年代をひねり出したのでしょうか?

 なお、私は肥沼さんの個々の遺跡の判断は再検討していますが、集計部分については再検討していませんでした。なぜなら集計は、検討結果を単純にコピーして年代別に集計するだけですから「誤りなどない」と思っていましたから。
 だから大宮遺跡のⅠ~Ⅳ期が年代比定されていることにも気が付かなかったし、もう一つ金隆寺東(ほぼ正方位)が備後国府なのに安芸に分類されていることにも気が付きませんでした。 
 検討過程をコメントも含めて再点検してみて気が付いたことです。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 Ⅲ期は間違い。Ⅳ期はどこから年代をひねり出したのでしょうか?

「Ⅲ期は間違い」とは,どういうことか教えて下さい。
Ⅳ期のことは,よく思い出せませんが,Ⅲ期のあとのⅣ期なので,そのへんかもしれません。

あと,データの「存続時期」の言葉が,
「6世紀後半」から「6世紀」に書き換えられていませんか?

肥沼さんへ
>「Ⅲ期は間違い」とは,どういうことか教えて下さい。
 建物データから見たⅢ期は「6世紀後半~7世紀初頭」です。しかし肥沼さんはこれを「7世紀前半」に変えてしまっているので間違いだとしただけ。

>Ⅳ期のことは,よく思い出せませんが,Ⅲ期のあとのⅣ期なので,そのへんかもしれません。
 データにないものを勝手に作ってはいけません。わかることは、「Ⅳ期:7世紀初頭以後」だけです。

 以上から大宮遺跡については
  6世紀半ば:大宮Ⅰ(東)
  6世紀後半:大宮Ⅱ・Ⅲ(東)
  欄外:※大宮Ⅳ(7世紀初頭以降)(正)
 と記入するのがよいと思います。

>データの「存続時期」の言葉が, 「6世紀後半」から「6世紀」に書き換えられていませんか?
 以前のことはわかりません。今現在は「6世紀」と書かれていることは確認できますね。

追伸:安芸国の「8世紀末: 金龍寺東(ほぼ正方位),」は削除してください。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

さっそく訂正します。
また,安芸国の金龍寺東は消します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ☆広島県の〈寺院遺跡〉の再集計 5/8☆ | トップページ | ☆山口県の〈寺院遺跡〉の再集計 5/11☆ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック