« 愛媛県の〈寺院遺跡〉の集計 10/8 | トップページ | 「黄色で表示した正方位の建物」の年代 »

2019年10月 8日 (火)

愛媛県の〈官衙遺跡〉 10/10

(1)久米官衙遺跡群(7世紀前葉~9世紀末葉から10世紀初めには消滅)・・・変遷図を頭に置きながら,「政庁」から色付けをしているが,西偏→ほぼ正方位→東偏→正方位のように見える。

Photo_20191009101501

 

第Ⅰ期(7世紀前葉)ⅠーA・・・西偏のロの字型官衙

   (7世紀第1四半期~第2四半期) ⅠーB・・・ほぼ正方位の官衙群(謎の正方位?)

第Ⅱ期(7世紀中頃~第4四半期)ⅡーA ・・・地割の設定,北部の諸施設が成立(東偏官衙)

               ⅡーB・・・「回廊状遺構」等の増設

               ⅡーC・・・「回廊状遺構」の補修

第Ⅲ期(7世紀第4四半期~8世紀)ⅢーA 寺院の建立・回廊の廃絶

                 ⅢーB 正倉院の充実・道路の変更

【諸図面】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)政庁(西編が青色+正方位が黒色+東偏がピンク色)

Img_4879

(2)南東官衙(東偏がピンク色+正方位が黄色)

Img_4880

(3)正倉院(東偏+正方位が黄色)

Img_4881

(4)回廊状遺構(東偏がピンク色+正方位が黄色

Img_4882

一番よくわからなかったのが,西偏のあとに正方位が入ってきて,

また東偏に代わって,さらに正方位になることです。

もしかしたらですが,愛媛県松山市は九州王朝にかなり近い場所なので,

早まって西偏→正方位としたら,「そんなことをしたら滅ぼされるぞ」と言われ,

東偏路線でやっていたら,「南朝が滅ぶ」という事態になった等。

 

 

 

« 愛媛県の〈寺院遺跡〉の集計 10/8 | トップページ | 「黄色で表示した正方位の建物」の年代 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 変遷図があるにもかかわらず、部分の遺跡図の検討お疲れ様です。
 政庁の遺構に、Ⅰ期の前に西偏の官衙があるのはその通りだと思います。
 したがってこの政庁は、西偏⇒ほぼ正方位⇒東偏 と移り変わったのは確実です。だから肥沼さんはここで出てくる正方位を「謎の正方位」としたわけですね。
 本来は、西偏⇒東偏⇒正方位の変遷なのですから。

 でもこのほぼ正方位遺構は年代でいうと7世紀第1四半期~第2四半期。50年遡らせれば、6世紀第三四半期~7世紀初頭。九州王朝がちょうど東偏から正方位に替えた時期。
 だから九州王朝時代の正方位の政庁と見て間違いないと思います。
 ではなぜこれが直後に、年代では7世紀中頃~第4四半期に東偏にさらに大規模なものに建て替えられたか。
 東偏政庁の年代を50年上げてみましょう。
 7世紀初頭~第二四半期。ちょうど白村江の直前です。
 前に太宰府遺跡をやったとき、太宰府では実年代で6世紀末から7世紀初頭に、正方位の朝堂院様式の政庁と同じく正方位の官衙群、そして正方位の条坊が成立したのを確認しました。
 しかし直後の7世紀前半から中ごろにかけて、政庁以外の官衙が東偏に建て替えられたのを確認しました。
 九州王朝の中枢において、すべての建物を正方位にする時代は、短命だったのです。
 中枢の主要建物だけが正方位で、他は東偏に戻された。
 これが何を意味するかはわかりません。解釈としては、隋唐王朝と正面から対決する路線は捨て、できたら共存したいとの考えの現れだったかも。

 おなじような正方位⇒東偏の移行が、伊予のこの官衙でも起きたのではないでしょうか。
 ここは伊予国府ではありません。久米評衙。最初は正方位に作ったものの、すぐに東偏に戻したのではないか。

 全国遺跡を精査するまえには、西偏⇒正方位⇒東偏 の変遷が理解できませんでしたが、九州王朝の中枢域では全部正方位の時代は短命で、都の政庁と国府政庁や主要寺院だけが正方位であとは東偏に戻されたのを確認しましたので、この現象が伊予国でも起きたと考えると、この正方位の謎は解けると思います。

 以上がこのなぞの正方位に関する私の意見です。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

現在14時45分です。いま「工事中」をはずしたところですので,少々フライングですよ。

〉  全国遺跡を精査するまえには、西偏⇒正方位⇒東偏 の変遷が理解できませんでしたが、九州王朝の中枢域では全部正方位の時代は短命で、都の政庁と国府政庁や主要寺院だけが正方位であとは東偏に戻されたのを確認しましたので、この現象が伊予国でも起きたと考えると、この正方位の謎は解けると思います。

なるほど,私たちは「九州王朝」「近畿王朝」というと,全員同じ意見の「一枚岩」のように考えてしまいますが,
九州王朝内部にもいろいろな意見の人がいただろうし,一番困るのは相手の国に滅ぼされてしまうことで,
正方位はとりたいがやり過ぎては大変ということですね。
よく職員会議でもめる時,「教職員は一枚岩でいく」という突撃ラッパが吹かれますが,
それが実は生徒たちとうまくいかないやり方なのでしょう。

肥沼さんへ

 九州王朝自体が路線修正したかもしれませんしね。

 各遺跡図の精査お疲れ様。 最後に黄色で表示した正方位の建物の年代を確認してください。面白い結果が出ると思います。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 最後に黄色で表示した正方位の建物の年代を確認してください。面白い結果が出ると思います。

今日やってみます。「面白い結果」とは?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛媛県の〈寺院遺跡〉の集計 10/8 | トップページ | 「黄色で表示した正方位の建物」の年代 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック