« 岡山県の〈寺院遺跡〉 6/14 | トップページ | 岡山県の〈寺院遺跡〉の集計 6/16 »

2019年6月15日 (土)

岡山県の〈寺院遺跡〉 6/15

(1)新山廃寺(平安末期)・・・遺構配置を見た感じでは,西偏の印象だが,山岳寺院でもあるので判定しないということで。

【遺構配置】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)秦原廃寺(7世紀中葉~)・・・秦原廃寺平面図 と伽藍配置図を見た感じでは,ほぼ正方位かやや西偏の印象。

秦原廃寺平面図】【伽藍配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)備中国分寺(8世紀中葉~12世紀 )・・・中心線から判断して,やや西偏

【平面図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)備中国分尼寺()・・・中心線から判断して,やや西偏

【平面図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)服部廃寺(7世紀末葉~14世紀初め)・・・ほぼ正方位かわずかに東偏しているように思われる

【トレンチ配置図】と建物データ

 

 

« 岡山県の〈寺院遺跡〉 6/14 | トップページ | 岡山県の〈寺院遺跡〉の集計 6/16 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

 秦廃寺・服部廃寺ともに「ほぼ正方位」で良いと思います。

 他も肥沼さんの判断で良い。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岡山県の〈寺院遺跡〉 6/14 | トップページ | 岡山県の〈寺院遺跡〉の集計 6/16 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック