« 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/4 | トップページ | 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/6 »

2019年6月 5日 (水)

千葉県の〈官衙遺跡〉 6/5

(1)幡谷宮谷第1 (奈良~中世)・・・真ん中あたりに正方位があるが,南部は四面廂を含め,

  多くの建物が西偏している

【遺構図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)高岡大山(7世紀末葉~11世紀)・・・同じ四面廂でも,10世紀前半の124号掘立は西偏で,

  10世紀後半の83号掘立は東偏である。このあたりで,西偏→東偏の変化があったのか。

遺構変遷図(平安Ⅳ~Ⅵ期】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)高岡大福寺(8世紀中葉~9世紀前葉)・・・四面廂の5号掘立柱建物を中心と考えて,

  東西棟・19度°Eなので,東偏

【遺構図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)寺崎向原(9世紀中葉~後半)・・・2棟の四面廂があって,9世紀中葉の208遺構は東偏で,

  9世紀後葉の285遺構も東偏である。したがって,東偏と考える。

【建物配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5) 稲荷谷()・・・四面廂の建物を中心と考えて,東西棟・20°Wなので,西偏

【遺構図】と建物データ

« 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/4 | トップページ | 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/6 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

(2)高岡大山
  同じ時期に二つの異なる方位の四面廂があります。
 平安Ⅳ期は西偏の124号掘立と、東偏の87号掘立。
 平安Ⅴ期は西偏の123号掘立と東偏の83号掘立。 それぞれ方位が90°異なります。ではどちらの四面廂の建物の軸を建物群の軸と考えるka.
また遺跡群の北と南とでは群の方位がことなる。肥沼さんが問題にしたのは南部だけ。
 北部は西偏。南部は東偏ではないだろうか。

他は肥沼さんの判断で良いと思います。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

『長舎と官衙の建物配置』には,官衙などの典型的な図が掲載されているのですが,
現実の集落は地域によって方位の変化も複雑に刻まれ,なかなか手ごわいです。
まず,大きく地域を分け,その次に中心的建物を探す方法をとる必要がありそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/4 | トップページ | 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/6 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック