« 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/5 | トップページ | 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/7 »

2019年6月 6日 (木)

千葉県の〈官衙遺跡〉 6/6

(1) 潤井戸西山(8世紀ヵ)・・・門を中心的建物と考えて,東西棟・5°Wなので,西偏

歴史時代遺構全測図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)郡本(奈良・平安時代)・・・中心建物は発掘されていないが,南北棟・20°Wほどの3つの建物に,中心建物と直交すると

  思われるので,東偏と考える。

遺構配置図(2・4次)】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)西野(8世紀中葉~9世紀後半) ・・・掘立柱建物の年代を見てみると,8世紀にやや東偏・正方位が見られ,9世紀以降に

  西偏・東偏が見られる

中央部調査区遺構図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)古甲()・・・中心建物らしきものは見つかっていないが,SB02が南北棟・1~2゜W ということで,やや東偏かほぼ正方位

【遺構平面図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)

【】

 

« 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/5 | トップページ | 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/7 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

(2)郡本
 ほぼ同じ向きの同じ大きさの東西棟の建物が三棟東西にならんでいる。その南側にこれに直交するような南北棟の建物が一棟。
 ここは素直に西偏で良いのではないか。

(3)西野
 中央部の建物群の多くはほぼ正方位。そしてやや西偏。

 建物データの「SB1」以下の建物群は図に示されていないのでどんな並び方をしているか不明。
 8世紀のSB111005は南北棟で西偏1度なのでほぼ正方位。
 9世紀のSB11001は26度西 南北棟 なので東偏。
  9世紀のSB11002は 14度東 南北棟 なので西偏。

 全体の建物配置がわからないので不明としましょう。

(4)古甲
 遺構変遷図で判断できる。
 http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m101288-94136/etc.jpg
 2期(8世紀末から9世紀初頭):ほぼ正方位
 3期(9世紀前半)        :ほぼ正方位
 4期(10世紀後半以降)    :東偏

1は肥沼さんの判断で良いと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/5 | トップページ | 千葉県の〈官衙遺跡〉 6/7 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック