« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

富山県の〈寺院遺跡〉4/30

(1)長岡杉林(8世紀前葉、9世紀後葉~10世紀前葉 )・・・SB04➙SB05を中心建物と見てやや西か,ほぼ正方位

【遺構全体図】【遺構変遷図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)開ヶ丘中(縄文,奈良)・・・瓦塔が出土した建物を中心と考えて,やや東

【瓦塔検出位置遺構図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)越中国分寺()・・・磁北と見て,ほぼ正方位

【伽藍想定図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)真興寺跡(9世紀~)山岳宗教。東偏

【遺構配置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで富山県の〈寺院遺跡〉はおしまいです。

2019年4月29日 (月)

石川県の〈官衙遺跡〉の集計 4/29

【能登】

~6世紀半ば・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・国府タブノキタ(西)

7世紀後半・・・

8世紀・・・小池川原地区(ほぼ正方位),国府タブノキタ(ほぼ正方位→西),

9世紀~・・・国府タブノキタ(西)

 

【加賀】

~6世紀半ば・・・柳田シャコデ(西)

7世紀前半・・・千木ヤギシタ(正方位),寺家(東),

7世紀半ば・・・

7世紀後半・・・

8世紀・・・畝田(東),畝田・寺中(東),畝田大徳川(東),畝田ナベタ(東),佐々木(西→東)

  篠原シンゴウ(西),

  藤江C(ほぼ正方位・西が重なる),

9世紀~・・・近岡ナカシマ(磁北なら正方位),安原工業団地A(やや西),

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 戸水C(平安前)~溝1の西側がほぼ正方位と東,溝1の東側がほぼ正方位と西

※ 戸水大西(8世紀後半~9世紀)~変遷図の各建物の年代判定に疑問。方位に一貫性がない

※ 勅使(?)~ほぼ正方位

2019年4月28日 (日)

石川県の〈官衙施設〉4/28

(1)太田シタンダ(7世紀末葉~8世紀中頃)・・・西偏

【遺構変遷図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)加茂(7世紀初、8世紀前半~10世紀後半 )・・・東偏とほぼ正方位

【建物配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)杉野屋専光寺(7世紀前半~10世紀末)・・・ほぼ正方位

【遺構配置図】と建物テータ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)曽祢C(7世紀)・・・西偏

【遺構変遷図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)武部ショウブダ(9世紀後半~10世紀前半、11世紀前半 )・・・東偏

【遺構平面図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで石川県の〈官衙遺跡〉はおしまいです。

次回は集計します。

2019年4月27日 (土)

石川県の〈官衙遺跡〉4/27

(1)指江B(6世紀~10世紀前半)・・・8世紀前半~9世紀前半のH地区のSB03(四面庇)が東偏なので

【遺構図(G・H・I区)】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)上二口(7世紀~9世紀)・・・8世紀末葉のB2号掘立柱建物が東偏なので

【遺構配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)宮永市松原(奈良~平安)・・・北地区は東偏,南地区はほぼ正方位

【遺構配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)横江荘(8世紀末葉~11世紀)・・・ほぼ正方位とやや東偏

遺構平面図(回廊状区画建物群周辺) 】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)上林新庄(7世紀初め~9世紀前半)・・・場所によって東偏だったり,西偏だったり

【各年度の調査】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)下新庄アラチ(8世紀初め~9世紀前半 )・・・Ⅱ期はほぼ正方位が多く,Ⅲ期は西偏が多い

【遺構変遷図】と建物データ

2019年4月26日 (金)

石川県の〈官衙遺跡〉4/26

(1)高堂(9世紀~10世紀)・・・調査区によって方位に違いあり。南調査区は,西偏。北調査区は,やや東偏

図7の【遺構平面図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)篠原シンゴウ(8世紀中頃~10世紀初頭)・・・東偏

【遺構全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)勅使()・・・1991年の調査なので,磁北ならほぼ正方位か

【調査区の位置と検出遺構】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)寺家(7世紀前半~9世紀後半)・・・ほとんどの建物が東偏

【遺跡全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)長者川(平安後期)・・・SB1は東偏

建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)柳田シャコデ(6世紀・7世紀~)・・・東偏。塔は真北

【Eー1区遺構配置図】と建物データ

 

 

2019年4月25日 (木)

石川県の〈官衙遺跡〉4/25

(1)戸水C(平安前)・・・基本は東偏だが,正方位あり

【遺構配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)戸水大西(8世紀後半~9世紀)・・・西→東

【遺構全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)藤江C(8世紀後半~)・・・ほぼ正方位

【遺構概念図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)安原工業団地A(9世紀)・・・やや西偏

【遺構図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)小池川原地区(8世紀)・・・ほぼ正方位

【遺構平面図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)国府タブノキタ(7世紀後半~8世紀中葉)・・・西と正方位

【遺構全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(7)佐々木(8世紀前半~11世紀前半)・・・西→東

【遺構平面図】と建物データ

2019年4月24日 (水)

石川県の〈官衙遺跡〉4/24

(1)畝田B(9世紀中葉~10世紀初頭)・・・西偏と東偏

【遺構全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)畝田(8世紀初頭~後半)・・・東偏

【建物配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)畝田・寺中(8世紀初頭~後半)・・・東偏

【概念図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)畝田大徳川(8世紀初頭~後半)・・・東偏

【遺構平面図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)畝田ナベタ(8世紀中葉~10世紀中葉)・・・東偏

【遺構全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)千木ヤギシタ(7世紀前半,8世紀末葉~11世紀)・・・西偏・正方位

【遺構全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(7)近岡ナカシマ(9世紀)・・・西偏

【遺構配置図】と建物データ

2019年4月23日 (火)

石川県の〈寺院遺跡〉の集計 4/23

【能登】

~6世紀半ば・・・

7世紀前半・・・柳田シャコデ(東),杉野屋専光寺(ほぼ正方位)

7世紀半ば・・・

7世紀後半・・・

8世紀・・・能登国分寺(ほぼ正方位),

9世紀~・・・

 

【加賀】

~6世紀半ば・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・

7世紀後半・・・広坂(西),末松廃寺(正方位→東→西)

8世紀・・・観法寺(西),三小牛ハバ(西),八日市C(東),松谷廃寺(西。山林寺院),宮地廃寺(東),

    横江荘(ほぼ正方位),宮竹うっしょやまA(西),加茂廃寺(鴨寺仏堂は,ほぼ正方位)

9世紀~・・・里川E(東),額見町(西。山林寺院),八里向山B(西。山林寺院),高尾廃寺(西)

2019年4月22日 (月)

石川県の〈寺院遺跡〉 4/22

(1)末松廃寺(7世紀第3四半期初頭~8世紀第3四半期。再興,9世紀第4四半期~11世紀)・・・正方位→西→東

図7の方の【遺構変遷図】  ※ なんで図6の「遺構変遷図」と方位が違うのでしょうか? 図の入れ間違い???

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)加茂廃寺(8世紀末葉~10世紀前葉)・・・図1の第5調査区の鴨寺仏堂はやや西偏に思う

【調査区と遺構全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)杉野屋専光寺(7世紀前半~10世紀末)・・・ほぼ正方位

【遺構配置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで,石川県の〈寺院遺跡〉はおしまいです。

次回は集計してみます。

 

 

2019年4月21日 (日)

石川県の〈寺院遺跡〉4/21

(1)宮地廃寺(8世紀初頭)・・・1977年なので,磁北とみて正方位か

【遺構配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)柳田シャコデ廃寺(6世紀・7世紀~)・・・東偏

【遺構配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)四柳白山下(7世紀末~9世紀前半)・・・東偏

【遺構変遷図】の建物の方位から

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)横江荘(8世紀末葉~11世紀)・・・回路状遺構は,ほぼ正方位

【全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)宮竹うっしょやまA(8世紀末葉~12世紀)・・・西偏

【主要遺構配置図】

 

2019年4月20日 (土)

石川県の〈寺院遺跡〉4/20

(1)浄水寺(9世紀後半~11世紀前半)・・・古代は東偏,中世は西偏(建物の周囲の溝の様子から)

【遺構全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)里川E(9世紀の後葉~10世紀初め)・・・総柱建物を主殿と考えて東偏

【全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)額見町(9世紀)・・・仏堂的建物(やや西偏)を中心にしているので

【仏堂的建物と主軸を揃える建物の配置】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)八里向山B(9世紀中頃)・・・SB04を主殿と考えて,西偏。山林寺院

【B遺跡遺構配置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)松谷廃寺(8世紀第2四半期~8世紀末)・・・二面庇の仏堂を中心と見て東偏。山林寺院

【遺構全体図】【A区測量図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)高尾廃寺(平安中期~)・・・西偏

【遺構配置図】と建物データ

 

2019年4月19日 (金)

石川県の〈寺院遺跡〉4/19

(1)観法寺(8世紀)・・・北陸道(?)に面していると考えて西偏

【河北潟周辺の遺跡】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)広坂(7世紀後半~11世紀)・・・遺跡全体としてはやや東偏

【古代の遺構配置】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)三小牛ハバ(8世紀後半~10世紀初め)・・・山林寺院だが,一応やや西偏で

【建物配置図】と建物データの図

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)八日市C(8世紀ヵ)・・・メインが四面庇で,東偏

【遺構平面図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)能登国分寺(8世紀~10世紀)・・・ほぼ正方位

【遺構配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)能登国分尼寺(白鳳から)・・・不明

【遺構配置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古府・国分(7世紀~11世紀)・・・不明(一部東偏の倉)

【第4区遺構図】

2019年4月17日 (水)

静岡県の〈官衙遺跡〉の集計 4/17

【遠江】

~6世紀半ば・・・古新田(5世紀後半~6世紀。全体として西)

6世紀後半・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・馬場第一(西)

7世紀後半・・・

8世紀・・・井通(西),欠下原(西),長者屋敷(西),野際(東),六ノ坪(東),掛之上(東),

  坂尻(東と正方位),大門Ⅰ(8世紀?2つの倉庫は東),土橋(西)

9世紀~・・・

 

【駿河】

~6世紀半ばめ・・・

6世紀後半・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・

7世紀後半・・・伊場遺跡群(全体として西),東平(西偏)

8世紀・・・内荒(東),川合(奈良Ⅲは正方位。それ以前は西),神明原・元宮川(西),箱根田(東),

  宮上(1・2・3・4・8号はほぼ正方位,5・7号は西,6号は東なので,西→正方位→東か),

  秋合(東),郡(西),御子ヶ谷(西),

9世紀~・・・瀬名(10世紀。西の仏堂),道場田・小川城(西)

 

【伊豆】

~6世紀半ば・・・

6世紀後半・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・

7世紀後半・・・

8世紀・・・上才塚(東偏),中島B(ほぼ正方位の倉),三嶋大社

9世紀~・・・

 

静岡県の〈官衙遺跡〉 4/17

(1)土橋(奈良時代)・・・西偏

【遺構全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)馬場第一(7世紀中葉。奈良ヵ)・・・倉だけど「西偏」か

建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで静岡県の〈官衙遺跡〉はおしまいです。

これまでの集計を別項にアップし,明日本日の2件を付け加えます。

 

2019年4月16日 (火)

静岡県の〈官衙遺跡〉4/16

(1)水守(Ⅳ地区)(5世紀~10世紀)・・・資料不足で不明

【】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)永原追分()・・・西偏

建物データの2つの建物の方位からそう判断しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)掛之上(奈良~平安)・・・西偏

【遺構変遷図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)古新田(5世紀後半~6世紀)・・・2棟の東廂の建物や主館域の向きで西偏

【遺構配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)坂尻(8世紀~9世紀)・・・西廂の建物を中心に考えて東偏・建物データによると東偏→西偏

【遺構配置(SE19周辺)】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)大門Ⅰ(5世紀後半?)・・・1983年なので磁北なら西偏

【遺構平面図(第2~5次)】と建物データ

2019年4月15日 (月)

静岡県の〈官衙遺跡〉4/15

(1)六ノ坪(8世紀後半~9世紀)・・・1994年の図なので,磁北なら正方位,真北なら東偏

【遺構配置図1】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)秋合(8世紀~9世紀)・・・SB06が西廂なので,東偏

【遺構配置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)郡(8世紀~9世紀代)・・・SB01が0°なので正方位と行きたいが,図が1982年なので東偏か

【立花B・C地区】データと建物

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)御子ヶ谷(8世紀前葉~9世紀)・・・東側の東廂の建物に注目したが,全体としてほぼ正方位

【遺構全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)水守(Ⅰ・Ⅱ地区)(5世紀~10世紀)・・・

【】

2019年4月14日 (日)

静岡県の〈官衙遺跡〉 4/14

(1)東平(7世紀末葉~9世紀前半)・・・第2次調査区に東庇の建物があり西偏

【遺構配置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)犬間(8世紀後半)・・・

建物データの「図1」は倉なので,判定は?だが,目隠しの方位からヒントが得られるかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)御殿・二之宮(8世紀~)・・・国司館を中心と考えて,西偏とほぼ正方位

【奈良時代の遺構】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)長者屋敷(8世紀)~東庇なので西偏

【遺構全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)野際(古墳時代~中世)・・・西偏

【遺構平面図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)道場田・小川城(9世紀~11世紀)・・・西偏

【遺構平面図】と建物データ「図1」

2019年4月13日 (土)

東庇の建物

上からちょっと下がった左側の建物です。

Img_2100

静岡県の〈官衙遺跡〉 4/13

(1)井通(7世紀後半~9世紀)・・・東庇があるので西偏

【遺構変遷図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)上才塚(8世紀前半~)・・・東偏

【第二地点遺構図2】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)中島B(8世紀~9世紀)・・・西偏→正方位

【遺構変遷図】と建物テータ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)箱根田(8世紀後半~10世紀)・・・東偏

【遺跡全体図(北側調査区)】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)三嶋大社境内()・・・東偏

【遺構配置図(第2地点)】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)宮上(8世紀中葉)・・・ほぼ正方位と東偏

【遺構平面図(神社北調査)】2と建物データ

2019年4月12日 (金)

静岡県の〈官衙遺跡〉 4/12

(1)内荒(8世紀後半~9世紀後半)・・・東偏

【掘立柱建物北群全体図】【掘立柱建物南群全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)川合(奈良~平安)・・・東偏→西偏→正方位が中心

【遺構変遷図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)瀬名(平安時代)・・・総柱建物(西庇)の向きから東偏

【平安時代の遺構】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)神明原・元宮川(8世紀)・・・東偏

【遺構図】とデータ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)伊場遺跡群(7世紀末~10世紀)・・・西偏

【遺構変遷図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)欠下平(8世紀中葉~9世紀前半)・・・西偏

【遺構平面図】と建物データ

2019年4月11日 (木)

静岡県の〈寺院遺跡〉の集計 4/11

【遠江】

~6世紀半ば・・・

6世紀後半・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・下滝(西),

7世紀後半・・・

8世紀・・・遠江国分寺(ほぼ正方位),遠江国分尼寺(ほぼ正方位)

9世紀~・・・安養寺遺跡群(西),堂ヶ谷廃寺(10世紀後半~。西)

※ 大知波峠廃寺(10世紀第2四半期~11世紀末)は,山岳寺院のため外しましたむ

 

【駿河】

~6世紀半ば・・・

6世紀後半・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・

7世紀後半・・・尾羽廃寺(東中心),日吉廃寺(やや東),

8世紀・・・駿河国分寺(ほぼ正方位),下石田原田(西),竹林寺廃寺(西),

9世紀~・・・三日市廃寺(西)

 

【伊豆】

~6世紀半ば・・・

6世紀後半・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・

7世紀後半・・・市ヶ原廃寺(西),宗光寺廃寺(東)

8世紀・・・伊豆国分寺(西),春蔵(西)

9世紀~・・・

2019年4月10日 (水)

静岡県の〈寺院遺跡〉4/10

(1)安養寺遺跡群(平安時代後期)・・・庇の様子から東偏

【安養寺Ⅰ遺跡全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)大知波峠廃寺(10世紀第2四半期~11世紀末)・・・創建四面庇が正方位→多くは西偏へ

【遺構全体図】と【遺構変遷図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)宗光寺廃寺(7世紀末ヵ)・・・伽藍の中心線から西偏

【遺構全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)堂ヶ谷廃寺(10世紀後半~15世紀後半)・・・西偏

【1区第2面遺構図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)春蔵(8世紀第3四半期~10世紀前半)・・・西偏

【B区遺構全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上で静岡県の〈寺院遺跡〉はおしまいです。

次回は,その集計を遠江・駿河・伊豆に分けてやります。

2019年4月 9日 (火)

静岡県の〈寺院遺跡〉 4/9

(1)伊豆国分寺(8世紀中葉~927年以前に焼失)・・・西偏

【伽藍配置図と調査地点】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)市ヶ原廃寺(7世紀後葉)・・・西偏

【伽藍想定図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)竹林寺廃寺(奈良)

【発掘区全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)三日市廃寺(八世紀初め~)・・・9世紀後半で西偏の二面庇建物

【第16地区遺構平面図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)遠江国分寺(8世紀南葉~918年焼失ヵ)・・・ほぼ正方位

【遺構全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)遠江国分尼寺(8世紀~10世紀)・・・ほぼ正方位

【金堂位置復元図】

 

2019年4月 8日 (月)

静岡県の〈寺院遺跡〉 4/8

(1)駿河国分寺(片山廃寺)(8世紀中葉~10世紀前半)・・・ほぼ正方位に見えるが,中軸線が2つあるということは

                               建て替えを示唆しているか

【遺構図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)尾羽廃寺(7世紀後半から8世紀初め~)・・・東偏(いろいろな方位あり)

【調査区の位置】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)下滝(7世紀半葉~10世紀後半)・・・庇付きの多くは西偏

【第2群遺構図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)下石田原田(8世紀中心)・・・四面庇らしき建物が西偏

【建物配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)日吉廃寺(白鳳期~平安時代初期)・・・やや東偏

【調査遺構全体図】と建物データ

山梨県の〈官衙遺跡〉の集計 4/8

~6世紀半ば・・・

6世紀後半・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・

7世紀後半・・・国府(西)

8世紀・・・中田小学校(やや東),宮ノ前(ほとんど西)

9世紀~・・・大月(東),湯沢(正方位と東)

2019年4月 7日 (日)

山梨県の〈官衙遺跡〉4/7

(1)大月(平安)・・・東偏

【掘立柱建物図・溝位置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)中田小学校(8世紀中葉~9世紀後半)・・・やや東偏

【遺跡全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)宮ノ前(8世紀前半~11世紀前半)・・・東偏・ほぼ正方位

【遺構全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)湯沢(9世紀後半~11世紀前半)・・・東偏

【遺構全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)国府(7世紀後半~8世紀ないしは10世紀)・・・東偏

【国府遺構全体図】

 

これで山梨県の〈官衙遺跡〉はおしまいです。

次回は集計行う予定です。

2019年4月 6日 (土)

山梨県の〈寺院遺跡〉とその集計 4/6

(1)寺本廃寺(670年頃~)・・・

【】

川瀬さん,わかりましたか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山梨県の〈寺院遺跡〉はこれでおしまいです。

ちなみに,昨日の〈寺院遺跡〉の集計は次の通りです。

もし寺本廃寺がわかったら加えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~6世紀半ば・・・

6世紀後半・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・

7世紀後半・・・寺本廃寺(東)

8世紀・・・前田(東),甲斐国分寺(東),甲斐国分尼寺(東)

9世紀~・・・桜井畑(西)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東畑(8~9世紀)・・・方位測定不能

2019年4月 5日 (金)

山梨県の〈寺院遺跡〉4/5

(1)桜井畑(9世紀)・・・西庇なので,東偏

【A地区遺構配置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)東畑(8世紀~9世紀)・・・四面庇の向きから,西偏

【遺構図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)前田()・・・東庇なので,西偏

【遺構全体図】と【建物データ】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)甲斐国分寺(8世紀後半~10世紀末葉か)・・・東偏

【金堂跡トレンチ位置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)甲斐国分尼寺(8世紀後半~10世紀前半)・・・東偏

【遺構全体図】

 

2019年4月 4日 (木)

茨城県の〈官衙遺跡〉 4/4

~6世紀前半・・・

6世紀後半・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・

7世紀後半・台渡里官衙(正方位→西),常陸国府(正方位)

8世紀・・・大串(東→正方位),白石(西),長者山官衙(西→正方位→東),

  横内(正方位),扇ノ台(西→正方位),峯崎(わずかに東),東平(西),金田西(正方位→西),

  金田西坪B(正方位→西),平沢官衙(東・正方位),神野向(ほぼ正方位),春内(西),金谷(東),

  辰海道(東),当向(西・正方位と東),大塚(西),竹来(西),宮脇(西)

9世紀以降・・・田村・沖宿遺跡群(西と東),鹿の子C(正方位),細原(西),東岡中原(仏堂は正方位),

  平沢官衙(9~10世紀には西・11世紀には東),厨台遺跡(11世紀には西)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長者屋敷(縄文~平安)・・・西

古郡(?)・・・西

 

☆ 次は山梨県でよろしかったでしょうか。

2019年4月 3日 (水)

茨城県の〈官衙遺跡〉 4/3

(1)古郡()・・・磁北なら,東偏。真北なら,東偏と正方位

【遺構配置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)金谷(8世紀前葉~9世紀中葉)・・・西偏→東偏か

【遺構変遷図(屋)】と【建物データ】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)辰海道(8世紀前葉~11世紀前葉)・・・西庇なので,東偏

【遺構変遷期13期】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)当向(8世紀前葉~8世紀中期)・・・西庇なので,東偏

【8~10期変遷図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)大塚(8世紀後半~9世紀)・・・西庇なので,東偏

【遺構全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6)宮後(8世紀前葉~9世紀後葉)・・・西庇なので,東偏

【遺構変遷図Ⅴ期】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6) 竹来(8世紀~9世紀)・・・西偏

【第二次調査区遺構配置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(7)宮脇(8世紀~9世紀)・・・西偏・正方位

【第4期調査終了時点での・・・】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで茨城県の〈官衙遺跡〉はおしまいです。

次回は,集計をする予定です。

2019年4月 2日 (火)

茨城県の〈官衙遺跡〉 4/2

(1) 平沢官衙(8世紀初め~10世紀ころ)・・・西偏・正方位・東偏

【遺構配置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2) 武田原前(7世紀原9世紀)・・・西庇なので,東偏

【全体図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3) 神野向(8世紀前半~10世紀)・・・ほぼ正方位

【郡庁域遺構配置図2016】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)厨台遺跡(7世紀~12世紀)・・・東偏

【BR3地区・BR4地区】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)春内(8世紀前半)・・・西偏・東偏

【遺構配置図】

2019年4月 1日 (月)

茨城県の〈官衙遺跡〉 4/1

(1)細原(9世紀半ば)・・・堀立3を東庇とみれば西偏,四面庇と見れば東偏

【遺構図】と【建物データ】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)東平(8世紀後半)・・・西偏

【遺構配置図】と【建物データ】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)金田西(8世紀前葉~9世紀中葉)・・・西・正方位

【遺構配置図】と【建物データ】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)金田西坪B(8世紀前葉~9世紀中葉)・・・西・正方位・東

【遺跡配置図】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)東岡中原(10世紀~11世紀)・・・四面庇は正方位。西偏・東偏も多数

【配置図】と【建物データ】

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック