2019年10月15日 (火)

質問6~9について 10/16

※ 川瀬さんの「コメント」を利用した部分は大丈夫だと思いますが・・・。

 

【質問6】 太宰府の編年が7世紀末でなく6世紀末に遡るとのことですが,これによって従来の太宰府理解にどのような変更が生まれるのでしょうか。

→ 日本書紀をもとにして組み立てられている従来の太宰府理解が,大きく変化すると考えます。太宰府が6世紀末に遡ると,藤原京の7世紀末を大きく抜いて日本で一番古い条坊都市がにあったということになります。当然この巨大都市はどんな勢力が作ったのかが問われるでしょう。また,首都として政治を担っただけでなく,文化の質の高さ(政庁の鬼瓦等)を見直す必要が出てくるでしょう。諸外国もこの太宰府を倭国の首都として考えていたのです。とても「出先機関」などというものではありません。一元史観での歴史解釈が無理となれば,多元史観の登場が必要となり,倭国=九州王朝が何百年もの間主権国家であり(ということは,近畿王朝は主権国家ではなかったということ),多利思北孤などの天子が,そのリーダーであったことなど,次々と明らかになると考えます。当然,日本書紀をもとにして書かれていると言ってもいい歴史教科書も断罪されなければなりません。そして,「人生は二度通説で洗脳される」と私は考えるのですが,各地の歴史の説明も改めなければなりません。末筆になりますが,通説で飯を食ってきた大学の教授や研究者も,今後どうしていくかを問われることになるでしょう。

【質問7】 資料Bの小郡官衙遺跡を,書紀孝徳紀にある小郡宮とした根拠はなんですか。

→ 孝徳紀に以下のような記事があります。

是歲、壞小郡而營宮。天皇、處小郡宮而定禮法、其制曰。凡有位者、要於寅時、南門之外、左右羅列、候日初出、就庭再拜、乃侍于廳。若晩參者、不得入侍。臨到午時、聽鍾而罷。其擊鍾吏者、垂赤巾於前。其鍾臺者、起於中庭。

小郡屯倉を宮に改造した」との記述であり、ここで「礼制」を定めたとの九州王朝の記事と考えました。

7世紀後半・・・小郡官衙Ⅰ(東)

 7世紀末・・・・小郡官衙Ⅱ(東)

 8世紀半ば・・・小郡官衙Ⅲ(正)

【質問8】 資料Cの有田・小田部遺跡の中の西偏の官衙を孝徳の難波長柄豊碕宮とした根拠はなんですか。

→ (川瀬さんの2つのコメントを合成したものです。)

 奈良文化財研究所のデータべースによると,有田・小田部(有田)は, 「7世紀後半~10世紀前半?」となっています。
 東偏官衙群と正方位官衙群。これは7世紀末から8世紀前半。100年ずらせば6世紀末から7世紀前半となり、九州王朝時代の最後を飾る時期。
 この時期に同時並行して存在した西偏の官衙群。
 これをどう理解したらよいか考えた。
 あと時代が50年あとならば8世紀初頭となり近畿王朝時代の官衙群と理解できる。
 でもそうではなく、周辺には九州王朝最盛期の東偏・正方位の官衙群が同時代に存在する。

解釈は二つある。
 一つはこの西偏官衙群が、先行する東偏もしくは正方位の官衙群を壊したあとにできたものである場合、先行する官衙群の遺物(土器や瓦)が大量に混ざった結果年代が先行する官衙群と同じになってしまった可能性。
 だが189次の図をみればわかるように、ここには先行する東偏や正方位の遺構は存在せず、むしろ後の時代の正方位の遺構しかないのだ。
 ここで想定できるもう一つの、唯一の解釈は、この西偏官衙群は近畿王朝の官衙だということ。そしてその最後の時代、7世紀前半と言えば、これは孝徳の難波長柄豊崎宮しかない。
 この遺跡群の位置を示す図を見てみる。
 http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstr/strImage/m102906-14923/map1.jpg
 場所は室見川河口だ。そしてこの遺跡群の東側には、現在の博多大濠公園を含む広大な湾が存在した。古代の難波津だ。
 発掘報告書もこの遺跡を「那津官家」関連と考えている。
 この遺跡群は古代の難波津のすぐ西側の岸にあった可能性大である。
  ヤフー地図でこの場所を確認すると、189次発掘地のすぐ南200mほどは、室町後期の城・筑前小田部城推定地(有田宝満神社)で一帯は小高い丘である。この位置関係は孝徳の難波長柄豊崎宮にピッタリである。

 ここ福岡市早良区の有田遺跡の西偏官衙遺構が孝徳の難波長柄豊崎宮だとすると、この地名が逆に明らかになってきます。
 この宮の東側に広がる内海はのちに草香江と呼ばれたもので、南北に長い形をした内海です。だからこの内海が「長江(長柄)」を呼ばれたのではないか。その「長江」に突き出た「豊崎」の地に近畿天皇家の九州出先機関である宮が建設されたので、この名になった。
 そして書紀孝徳紀で明らかなように、この宮は孝徳の時に建設されたものではなくその前からあった。これは「難波長柄豊崎宮に都を移す」としか記述されないことから明らかです。
 この宮は孝徳の時期よりずっと以前からあり、近畿天皇家の九州出先機関だった。
 と考えると、この官衙遺構が「7世紀末から8世紀前半」に位置づけられるということは、100年実年代を動かせば「6世紀末から7世紀前半」となり、これは推古の時代からだという結論になります。

【質問9】 (岡山理科大学の磁気偏角データベース→『理科年表』のものに差し替えた件)

→ 当初検索して手に入れた手持ちの資料が,岡山理科大学のものでした。より知名度の高い『理科年表』のものに差し替えましたので,年代の幅はやや短くなりましたが,基本的にはほぼ同じ結果です。450~1150年の700年間が西偏となります。また,『理科年表』の「2019年版」の地学228(820)ページに出ていた「日本における過去2000年間の地磁気変化」という項目で,「主として西日本を中心とする歴史溶岩や考古学資料を用いて推定」と書いてありました。参照は,広岡公夫,第四紀研究,第15巻,第4号,200‐203.1977」は参考資料に載せた通りです。

 

2019年10月11日 (金)

「黄色で表示した正方位の建物」の年代

「黄色で表示した正方位の建物」の年代で,遺跡的なまとまりを示すものは2つに思える。

【KT41】・・・政庁南東官衙に食い込むように建てられている。

      掘立004 7世紀第4四半期~ Ⅱー4 1°W

      掘立008 7世紀第4四半期~ Ⅱー4 0.5°W

      掘立009 7世紀第4四半期~ Ⅱー4 1°W

【KT54】・・・政庁南東官衙より100mも南に位置している。防衛のためか。

      掘立002 8世紀 Ⅲ 1°W

      掘立004 8世紀 Ⅲ 0°

      掘立005 8世紀 Ⅲ 0°

2019年10月 8日 (火)

愛媛県の〈官衙遺跡〉 10/10

(1)久米官衙遺跡群(7世紀前葉~9世紀末葉から10世紀初めには消滅)・・・変遷図を頭に置きながら,「政庁」から色付けをしているが,西偏→ほぼ正方位→東偏→正方位のように見える。

Photo_20191009101501

 

第Ⅰ期(7世紀前葉)ⅠーA・・・西偏のロの字型官衙

   (7世紀第1四半期~第2四半期) ⅠーB・・・ほぼ正方位の官衙群(謎の正方位?)

第Ⅱ期(7世紀中頃~第4四半期)ⅡーA ・・・地割の設定,北部の諸施設が成立(東偏官衙)

               ⅡーB・・・「回廊状遺構」等の増設

               ⅡーC・・・「回廊状遺構」の補修

第Ⅲ期(7世紀第4四半期~8世紀)ⅢーA 寺院の建立・回廊の廃絶

                 ⅢーB 正倉院の充実・道路の変更

【諸図面】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)政庁(西編が青色+正方位が黒色+東偏がピンク色)

Img_4879

(2)南東官衙(東偏がピンク色+正方位が黄色)

Img_4880

(3)正倉院(東偏+正方位が黄色)

Img_4881

(4)回廊状遺構(東偏がピンク色+正方位が黄色

Img_4882

一番よくわからなかったのが,西偏のあとに正方位が入ってきて,

また東偏に代わって,さらに正方位になることです。

もしかしたらですが,愛媛県松山市は九州王朝にかなり近い場所なので,

早まって西偏→正方位としたら,「そんなことをしたら滅ぼされるぞ」と言われ,

東偏路線でやっていたら,「南朝が滅ぶ」という事態になった等。

 

 

 

愛媛県の〈寺院遺跡〉の集計 10/8

【伊予国】

 

~6世紀半ば・・・

6世紀後半・・・

7世紀初頭・・・

7世紀前半・・・

7世紀半ば・・・

7世紀後半・・・来住廃寺(正方位),他中廃寺(東),法安寺(正方位)

7世紀末葉・・・

8世紀初頭・・・

8世紀前半・・・

8世紀半ば・・・伊予国分寺(正方位)

8世紀後半・・・

8世紀末葉・・・

9世紀以降~・・・

愛媛県と高知県の〈寺院遺跡〉10/8

(1)法安寺(7世紀後半~13世紀)・・・現在は金堂が西偏で,塔がほぼ正方位。当初(7世紀後半~8世紀初め)法安寺は四天王寺式に建てられたが,塔はそのままの正方位として残り,その後金堂は西偏に建て替えられたものか。

Photo_20191008052901

【全体図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ここから高知県です。

 

(1)秦泉寺(白鳳期、奈良時代~平安時代)・・・白鳳時代に建てられたが,政権変動でいろいろな方位に・・・。

 ・SB01・・・平安前期以前・・・南北棟・38°E

 ・SB05・・・平安時代前期・・・南北棟・9°W

 Photo_20191008054701

1区・2区完掘全図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)土佐国分寺(奈良中期~平安後期(軒瓦の文様からは、白鳳期の先行寺院の存在の可能性))・・・金堂と西回廊から,東偏。

Photo_20191008061301

第7区遺構平面図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)土佐国分尼寺(比江廃寺)(7世紀後半~8世紀)・・・金堂か講堂かと思しきSB1がほぼ正方位なので,「ほぼ正方位」で。

Photo_20191008064701

Photo_20191008064801

調査区設定図】【8区遺構平面図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)野田廃寺(8世紀中葉~10世紀)・・・SB102が座標北なので,正方位と考えた。

Photo_20191008065601

第Ⅱ調査区古代遺構面平面図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで「愛媛」と「高知」はおしまいです。次回は「徳島」に行きます。

2019年10月 7日 (月)

愛媛県の〈寺院遺跡〉 10/7

(1)朝美澤廃寺(平安中期)・・・出土した第1号建物(SB01は)は,無廂で,南北棟・11°W。寺の建物ではあるが,金堂や講堂ではないと考えられ,中心方位は西偏の寺院だと考えた。

Photo_20191007052301

【調査区全測図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)来住廃寺(7世紀後葉~)・・・金堂などほぼ正方位。ほぼ正方位で良いと考える。

Photo_20191007063201

15次調査とその周辺】と建物データ 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)伊予国分寺(8世紀中葉~940年焼失、再建)・・・塔がほぼ真北なので,ほぼ正方位と考える。

Photo_20191007070701

【調査区の位置】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(4)他中廃寺(史跡伊予国分尼寺塔跡)(白鳳~ 7世紀後半ヵ)・・・塔なのに長方形(堂の間違い?)。東西棟・20°Eだと,東偏。

Photo_20191007070301

遺跡の位置と周辺の遺跡】と建物データ

2019年10月 6日 (日)

★香川県の〈官衙遺跡〉の集計 10/6★

【讃岐国】

 

~6世紀半ば・・・

6世紀後半・・・下川津(西),岸の上(東)

7世紀初頭・・・

7世紀前半・・・稲木(B)(正方位)

7世紀半ば・・・郡家原(西),川津一ノ又(西),讃岐国府下層・大型建物(正方位)

7世紀後半・・・川北(西),岸の上(正方位)

7世紀末葉・・・岸の上(西)

8世紀初頭・・・稲木北(西)

8世紀前半・・・讃岐国府(西),岸の上(西),下川津(正方位)

8世紀半ば・・・

8世紀後半・・・

8世紀末葉・・・

9世紀以降~・・・下川津(西),買田岡下(西),岸の上(西)

※ 買田岡下の8世紀に正方位に近い建物群あり。近畿王朝時代のものか。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

川瀬さんご指摘の通り,精査力も集中力も私にはないようです。

また修正がありましたら,お願いします。

 

 

2019年10月 5日 (土)

香川県の官衙遺跡 10/5

(1)金蔵寺下所(奈良~平安)・・・正方位&ほぼ正方位・8Eの東偏(斜線)・大きく西偏の3種類があると考えた。

建物データの年代が空欄で先後関係は不明。

Img_4775

【遺構平面図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(2)川北(7世紀後半~8世紀代)・・・多くが東偏建物なので,それと直交する中心建物の方位は西編。

Img_4774

【遺構変遷図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(3)買田岡下(平安前)・・・全体に西偏が多く,建物データに唯一掲載の片廂SB20もその1つ。

Img_4773

掘立柱建物跡配置図】と建物データ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これで香川県の〈官衙遺跡〉はおしまいです。

2019年9月28日 (土)

★★下川津★★

(2)下川津(7世紀~10世紀)


後半の2つは,年代を重視して,4色に色分けしてみました。

第1微高地北半部第Ⅲ期建物柵列配置図 

Img_4665

※ B03(8世紀中葉=実年代は8世紀初頭)付近の建物群がロの字型の近畿王朝の官衙

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1微高地南半部第Ⅲ期建物柵列配置図 

Img_4663

※ 6世紀後半~7世紀前半の官衙群は実年代では6世紀前半~6世紀末ですから九州王朝時代の西偏官衙。★

※ 8世紀前半~半葉の官衙群は実年代では7世紀後半~末ですから九州王朝時代の正方位官衙。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2微高地 第Ⅲ期掘立柱建物・柵列・配置図 

Img_4506-1

※ 東西に2つの西偏の官衙群がある

 ・B65とB66を中心にしたもの~8世紀前期の建物を含む。政権が移って,8世紀後半の建物群が増えていった模様

 ・B71を中心としたもの~年代を判定できていない建物ばかりだが,官衙群のように見える

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

G9区周辺第Ⅲ期建物柵列配置

Img_4507-1_20191004060601

※ 北部に多くの倉を伴った西偏の官衙群。第4微高地第Ⅲ期建物柵列配置図南部の7世紀代の西偏官衙の付属施設の可能性あり。時代的には九州王朝時代。

※ 9世紀以降も第4微高地第Ⅲ期建物柵列配置図の南部と一体の近畿王朝時代の官衙群が全体に広がっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第4微高地第Ⅲ期建物柵列配置図

Img_4735

※ 南部に7世紀代の西偏の官衙群と北部にも廂付き・倉付きの建物あり

※ 9世紀以降にたくさんの建物群がある。この時期ここが栄えたことを想像させる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【5枚の図】と建物データ

2019年9月27日 (金)

★★稲木(B)★★

建物データに載っていた年代を書き込んでみました。

Img_4656

Ⅷ期は「平安時代前期~中期」なので,置くとしても,

基本データに「7世紀末~8世紀初」とあるのに,

建物データには「7世紀」「7世紀中頃」「7世紀後半~末」があるのか不審である。

まだ基本データが「7世紀初頭~8世紀」なら,

Ⅲ期を正方位を「7世紀初頭~前期」と判断する余地もあるが…。

«★稲木(B地区)★

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック