« 応神紀の中の「拝」について(工事中) | トップページ | 景行紀の中の「拝」について(工事中) »

2022年1月31日 (月)

神功紀の中の「拝」について(工事中)

【神功紀】2

既而、神有誨曰「和魂服王身而守壽命、荒魂爲先鋒而導師船。」和魂、此云珥岐瀰多摩。荒魂、此云阿邏瀰多摩。卽得神教而禮之、因以依網吾彥男垂見、爲祭神主。于時也、適當皇后之開胎、皇后則取石插腰而祈之曰「事竟還日、産於茲土。」其石今在于伊都縣道邊。既而則撝荒魂、爲軍先鋒、請和魂、爲王船鎭。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・十三年春二月丁巳朔甲子、命武內宿禰、從太子、令角鹿笥飯大神。癸酉、太子至自角鹿、是日皇太后、宴太子於大殿。皇太后舉觴以壽于太子、因以歌曰、

|

« 応神紀の中の「拝」について(工事中) | トップページ | 景行紀の中の「拝」について(工事中) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 応神紀の中の「拝」について(工事中) | トップページ | 景行紀の中の「拝」について(工事中) »