« 神武紀の中の「拝」について(工事中) | トップページ

2022年1月31日 (月)

神代下紀の中の「拝」について(工事中)

【神代下紀】1

於是、豐玉彥遣人問曰「客是誰者、何以至此。」火火出見尊對曰「吾是天神之孫也。」乃遂言來意、時海神迎延入、慇懃奉慰、因以女豐玉姬妻之。故留住海宮、已經三載。是後火火出見尊、數有歎息、豐玉姬問曰「天孫、豈欲還故鄕歟。」對曰「然。」豐玉姬卽白父神曰「在此貴客、意望欲還上國。」海神、於是、總集海魚、覓問其鉤、有一魚、對曰「赤女久有口疾。或云、赤鯛。疑是之呑乎。」故卽召赤女、見其口者、鉤猶在口。便得之、乃以授彥火火出見尊。因教之曰「以鉤與汝兄時、則可詛言『貧窮之本、飢饉之始、困苦之根。』而後與之。又汝兄渉海時、吾必起迅風洪濤、令其沒溺辛苦矣。」於是、乘火火出見尊於大鰐、以送致本鄕。

|

« 神武紀の中の「拝」について(工事中) | トップページ

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神武紀の中の「拝」について(工事中) | トップページ