« 景行紀の中の「拝」について(工事中) | トップページ | 神代下紀の中の「拝」について(工事中) »

2022年1月31日 (月)

神武紀の中の「拝」について(工事中)

【神武紀】1

秋八月甲午朔乙未、天皇使徵兄猾及弟猾者。猾、此云字介志。是兩人、菟田縣之魁帥者也。魁帥、此云比鄧誤廼伽瀰。時、兄猾不來、弟猾卽詣至、因軍門而告之曰「臣兄々猾之爲逆狀也、聞天孫且到、卽起兵將襲。望見皇師之威、懼不敢敵、乃潛伏其兵、權作新宮而殿內施機、欲因請饗以作難。願知此詐、善爲之備。」天皇卽遣道臣命、察其逆狀。時道臣命、審知有賊害之心而大怒誥嘖之曰「虜、爾所造屋、爾自居之。」爾、此云飫例。因案劒彎弓、逼令催入。兄猾、獲罪於天、事無所辭、乃自蹈機而壓死、時陳其屍而斬之、流血沒踝、故號其地、曰菟田血原。已而弟猾大設牛酒、以勞饗皇師焉。天皇以其酒宍、班賜軍卒、乃爲御謠之曰、謠、此云宇哆預瀰。

|

« 景行紀の中の「拝」について(工事中) | トップページ | 神代下紀の中の「拝」について(工事中) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 景行紀の中の「拝」について(工事中) | トップページ | 神代下紀の中の「拝」について(工事中) »