« 〈方位の考古学〉の示す歴史像を明らかにするための地道な検証作業(工事中。アップしません) | トップページ | 地道の「古代寺院+山城編」も再アップします »

2021年10月 7日 (木)

地道の「国府・郡(評)衙編」を再アップします

「郡(評)衙」の量が増えたので,分離しました。「古墳」や「古代寺院+山城」と分離しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【国府編】

2:全国の古代の国の国府・国庁、古代の郡の郡衙・郡庁の年代を調べ、これを方位の考古学で年代を動かす作業をする。

国府や郡衙が全国ほぼ一斉に展開しており、それも7世紀中頃前後に始まることが証明できれば、

九州王朝が7世紀半ばに後の律令制の基礎になる公地公民制を施行し、律令の制定に動いていたことが証明できる。

[筑前国府]まだ発掘されていないが,国分寺・国分尼寺の近くに造られ,戸籍を扱っていたりしたと思われる。筑後と同時期か。

 2012年木製の戸籍が国分松本遺跡から発掘されている。近畿王朝は紙で大宝2年の戸籍を造らせたらようなので,木製は旧式。

[筑後国府]7世紀末葉→6世紀末葉

[肥前国府]8世紀前半→7世紀前半

[薩摩国府]8世紀初頭(ほぼ正方位)→7世紀初頭

[日向国府]7世紀末葉→6世紀末葉

[周防国府]7世紀末→7世紀中頃

[備後国府]7世紀末→7世紀中頃

[愛媛県]

[土佐国府(東)]8世紀前半→7世紀後半

[美濃国府]8世紀前半→7世紀後半

[下総国府]8世紀半ば→7世紀半ば

[常陸国府]7世紀後半→6世紀後半

[下野国府]8世紀前半(ほぼ正方位わずかに西)→7世紀前半 例の東偏地区はもっと古いかも?

[上野国府]8世紀(正方位)→7世紀

[武蔵国府]8世紀(東→正方位)→7世紀

[三河国府]8世紀(正方位)→

[伊賀国府]8世紀末(東→正方位)

[伊勢国府]奈良時代(Ⅰ期国府)

[多賀城(東)・宮城県]7世紀後半→6世紀後半

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月7日(木),「郡衙」で検索したところ,「郡衙遺跡一覧」の項目を見つけ,1つ1つ年代を調べて

〈方位の考古学〉のやり方で年代を修正した。まだ,不明のものもあるが,国府と同じような傾向をつかめた。

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

四国地方[編集]

九州地方[編集]

|

« 〈方位の考古学〉の示す歴史像を明らかにするための地道な検証作業(工事中。アップしません) | トップページ | 地道の「古代寺院+山城編」も再アップします »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 〈方位の考古学〉の示す歴史像を明らかにするための地道な検証作業(工事中。アップしません) | トップページ | 地道の「古代寺院+山城編」も再アップします »