« 多元的「大嘗祭」研究について(肥沼) | トップページ | 各王朝の長の呼び方は? »

2018年5月18日 (金)

肥さんの「多元的古代」気がつ記・思いつ記(2018年5月18日~)

川瀬さんも早々と記録を移されたようなので,このサイトでも前記録を保存しますが,サイトの趣旨は切り替えて「肥さんの「多元的古代」気がつ記・思いつ記」ということで,開設者の肥さんが気楽に書かせていただこうと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 

|

« 多元的「大嘗祭」研究について(肥沼) | トップページ | 各王朝の長の呼び方は? »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

 夢ブログにも書きましたが、とても良いお考えだと思います。どんどん考えたことや思いついたことを書いてください。
 私も今までにまして、おかしいと思ったことにはどんどん口を挟みます。
 よろしく。

投稿: 川瀬 | 2018年5月18日 (金) 23時10分

肥さんお久しぶりです。
私は常々「古田史学」という学問で一番大切なことは「フィロロギー」ではないかと思っています。
なので私は古田さんが説かれていた「フィロロギー」というのを大切にしたいなぁ、と思っています。
なにか意見を述べるにせよ、それに対してコメントを述べるにせよ、
「その人の認識を自分で再認識する」
ことが大切だと思うからです。

(今回のことはともかくとして)
昨今のブログやSNSなどの炎上騒ぎは、コメントする側の「フィロロギー」の欠如だと感じています。
書き手の認識を再認識する姿勢を持っていれば、
「自分の意見ばかりを他人に強要する」
ような騒ぎは起こさないと思うからです。

差し出がましいようですが、主旨に「フィロロギー重視」の方針を盛り込んではいかがですか?
スローガンではないですが、
「古田史学はまずフィロロギーから」
とか(笑)

『肥さんの「多元的古代」気がつ記・思いつ記』が楽しい場になることを心から願っています。

投稿: 佐藤浩史(ツォータン) | 2018年5月18日 (金) 23時16分

ツォータンさんへ
コメントありがとうございます。

この度はご心配かけております。
「敵」か「味方」かという議論からは,
あまりいいアイデアは生み出せないと思っています。
意見の違う人と関わる中で,さらに高度の認識が得られたらいいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 肥さん | 2018年5月19日 (土) 01時05分

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

私なりに考えて,今回のようにさせていただきました。
どうぞよろしくお願いいたします。

〉 私も今までにまして、おかしいと思ったことにはどんどん口を挟みます。

いやいや,確かご自分の研究が忙しいと聞きましたので,「今まで程度」で十分かと思いますが・・・。(笑)

投稿: 肥さん | 2018年5月19日 (土) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多元的「大嘗祭」研究について(肥沼) | トップページ | 各王朝の長の呼び方は? »