2017年4月23日 (日)

『たの授』公開編集会議 2017年4月

昨日は仮説社で行われた上記の会議に参加してきた。
30分ほど遅れて私が到着した時には,
すでに10人以上の方が陣取っていた。

荒川さんから,2月の『たの授』公開編集会議の記録をいただいた。
少しは私のしゃべった内容も出ていてうれしい。
ありがとうございます。

また,高崎サークルの峯岸さんのマット運動「前転」の記事も,
5月号から出るらしく,楽しみである。
道徳の授業プランでも有名になったが,
ホームの器械体操ならたくさん資料がある。
将来仮説社から単行本が出てもおかしくないかも。
(同じことをやっている人が少ないしネ)

6月号の特集は「生活指導」とのこと。
三面等価の話や月の満ち欠けグッズ,「人狼」というゲームのことが話題に上った。
その後,私は高校時代の同窓会に向った。

P4220285

P4220286


2017年4月22日 (土)

『たの授』5月号に「一葉」採用!

先日「夢ブログ」で紹介した「笑う「一葉」泣く「一葉」」が,
『たの授』5月号のおたよりのページに採用になるとのことです。

どんな記事か知らない人のために,リンクしますね。

笑う「一葉」泣く「一葉」

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2017/03/post-3dcf.html

2017年4月16日 (日)

昭島サークル 2017年4月

昨日は,上記のサークルに参加した。
(正式名は,「たのしい教師入門サークル」)
会場は,昭島公民館。
参加者は,20数名。
資料は,私のカウントでは28点だった。

初めてみる若い先生も多く,また「仮説繋がり」の話が何組もあって,
その都度盛り上がった。
仮説のネットワークは,確実に広がっていると思った。
「中学社会科」が4人も顔をそろえるのも素晴らしい。(o^-^o)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 佐竹さん~学級通信「たいやき」の実物の紹介
(2) 佐竹さん~学級通信でステキ発信!(『たの授』4月号掲載)
(3) 小原さん~学校からの「おたより」,それは僕にとっては〈ラブレター〉のようなもの
(4) 小原さん~“明日の先生たちへ”~僕のキャンパスレポート~➀「たのしい予感」
(5) 小原さん~科学かわら版(1976年の手書き)

(6) 木下さん~木下富美子「漢字講座➀」の感想(次回は,5月13日(土)とのこと)
(7) 木下さん~名前ランキング
(8) 中野さん~文化祭でのプレゼント
(9) 伴野さん~仮説でつながった二人の思い出~仮説実験授業の可能性~
(10) 匿名さん~「悩み・・・いや不安相談」

(11) 山路さん~50代の先生の「悩み相談」への返事の手紙
(12) 山路さん~〈たのしい〉と思えた授業だから~10年後に教師になった教え子
(13) 田辺さん~高校教育への挑戦!『こんな学校があってよかった』犬塚清和著・キリン勘
(14) 田辺さん~ルネ高日記⑨《生物と種》をダブる寸前で回避~「続き」をやる不安と前回の欠席について
(15) 田辺さん~ルネ高日記⑪スマホをどうする?~うまく使えるといいのだが~

(16) 小川さん~「新人育成教員」番外編~チョークを持った渡り鳥
(17) 市原さん~学級通信「あおぞら1組」をめぐって

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで帰宅したため,以下の資料は発表を聞けませんでした。

(18) 田辺さん~たのしい学級担任の春夏秋冬(山路さんが「山路カウベル堂」より発行)
(19) 田辺さん~「たのしい学級担任講座」の付録の資料
(20) 田辺さん~モンキーマジックのやり方

(21) 小川さん~クイズ・100人に聞きました
(22) 山路さん紹介~「かくし絵」
(23) 佐竹さん~たのしくってしょうがない!~「授業」がもりあがる秘密~
(24) 佐竹さん~体育館で短時間でできる「変身ゲーム」
(25) 市原さん~さようなら 6年1組のみんな

(26) 市原さん~卒業式のお別れメッセージ~気持ちを伝えること,気持ちを知ること
(27) 市原さん~学年主任の仕事って何だろう?~今のぼくにできることは・・・
(28) 小原さん~ちょっぴり人権(1982年の手書き版です)

2017年4月13日 (木)

「3つのタイプの授業」で分類してみる

昨日私は『たの授』4月号の感想の中で,小川さんの資料を取り上げ,
板倉さんが『たのしい授業の思想』の中で「3つのタイプの授業」で分類していると書いた。
以下に載せたものである。

A 哲学者的・芸術家的な喜び・感動を教える授業
B 心にゆとりと豊かさをもたらす授業
C 物質的に有能になる授業

私の授業では,これらをどのような形で「具現化」しているだろうか?
ちょっと考えてみた。
すると,こんなふうに分類できた。

A´ 哲学者的・芸術家的な喜び・感動を教える授業~仮説やその周辺の授業プラン
B´ 心にゆとりと豊かさをもたらす授業~手品やものづくり
C´ 物質的に有能になる授業~復習5問テストや教科書プリントやワークの活用

この「夢ブログ」を読んでいると,AやBのことが多く出て来るが,
当然多くの授業はCで行われている。
「当たり前のことは記述されない」というのが文章なのである。
毎日「今日はこの単元を教えました。
生徒たちはその内容がわかったと自己評価表に書いていました」
これの繰り返しをしたら,誰も読んでくれないだろうから。

2017年4月12日 (水)

『たの授』4月号の感想

『たの授』4月号で特に良かったのは,次の3つです。

(1) たのしい授業3つの柱(小川さん)

たのしい授業の思想は確実に広がりを見せてはいるものの,
まだほんの一部と言えばほんの一部なのも現実。
そういう「現実」に対して,予防線を張っておくことも大切かも。
板倉さんの『たのしい授業の思想』からの3タイプの授業で分類して見せています。
A 哲学者的・芸術家的な喜び・感動を教える授業~仮説やキミ子方式
B 心にゆとりと豊かさをもたらす授業~ものづくりやアクロスティック
C 物質的に有能になる授業~ドリルや暗記

(2) 授業プラン〈泥から虫などがわくか〉(平林さん)
昔〈まかぬ種は生えぬ〉という授業プランが平林さんによって作られたが,
それと最近の萠出さんの実験を組み合わせて作られた授業プラン。
自然発生説の否定がたのしくできると思う。
その第2部で,「生物は親がなくても生まれてくるのだろうか」の後半。

(3) 授業の成功・失敗を決めるのはだれか(竹谷さん)

たのしい教師入門サークルで出会った竹谷さん。大学生なのに
ルネサンス高校の生徒さんたちと授業プラン〈吹き矢の力学〉をたのしんじゃった。
早くもこんな素敵な授業をしているとは,大物の証拠か!?

2017年4月 3日 (月)

品川さんのクラス文集とその構成

先日の高崎サークルの際,お隣に座っていたことも幸いし,
私は品川さんの編集したクラス文集をいただくことができた。
それにまつわる話を「構成」グラフと絡(から)めて書いてみたい。

今から14年前,『たの授』に掲載された
竹田かずきさんの「日本国憲法とその構成」に合わせて,
私は同題のグラフを描いた。

P4030174

それは憲法の条文を1条について1mmずつ平等に描いたものだった。
長くても短くても1条が1mmなので,逆に本質が見やすくなったのであった。
以降,たのしい社会の科学の研究仲間では,「〇〇とその構成」ブームさえ起った。
(例えば,「アメリカ合衆国憲法とその構成」など)
とりあえず,分析する方法として,「市民権」を得ることができたのであった。。

さて,品川さんのクラス文集を拝見した時,
その量(220ペほど)と共に,その構成が気になった。
クラス文集の作り方として,かなり意図的・効果的に
記事が集められていると思ったからであった。

P4030173

(1) 「プロフィール」と「この1年を振り返って」 67ペ ●●●●●●・・・・・・・(●10ペ&・1ペ)

(2) 「カットコーナー」 30ペ ●●●

(3) 「保護者の思い出」 25ペ ●●・・・・・

(4) 「文集の抜粋」 1学期 20ペ ●●
             2学期 46ペ ●●●●・・・・・・
             3学期 20ペ ●●

私がサークルの中で「「卒パ」(私の退職記念パーティー)の際には,
200ページのガリ本を作りたい」と言った時,品川さんは「このクラス文集くらいのものね」と
すぐ反応して下さったのだが,そのイメージが共通してあった訳だ。

なお,(1)の「プロフィール」は,4月のスタートに書いたものではなく,
「この1年を振り返って」と同じ3月に書いたものである。
同じ子のものが見開きで見られるように配慮されている。

また,(4)の「文集の抜粋」とは学級通信「仲間と笑顔で輝いて」のことであり,
私たちがサークルの時にいただいているものである。
(このクラス文集で,一番の量を占めており,
仮説実験授業やたのしい授業の感想がたくさん載せられている部分だ)

というように,品川さんのクラス文集を「分析」してみたが,
いかがだっただろうか。

品川さんは授業者としての顔と共に,生徒指導担当者として
長年管理職からの信頼も厚いという。
私は品川さんの足元にも及ばない存在であるが,
私なりに品川さんの笑顔の背景にある“温かさ”と“緻密さ”に触れた思いがした。

品川さんは今年度から,「最後の学校」に赴任して,
仮説実験授業やたのしい授業の普及をしたいとお考えのようだ。
ぜひ充実した日々を送られることをお祈りしたい。

品川さん,今後ともよろしくお願いいたします。(o^-^o)


2017年4月 2日 (日)

高崎サークル 2017年4月

昨日は,上記のサークルに参加した。
場所は,高崎青年センター。

参加者は,品川さん,美里さん,峯岸さん,永島さん,新井さん,
宮川さん,加邉さん,本間さん,星野さん,小林さん,金井さん,
都丸さん,藤倉さん,神澤さん,肥沼さんの15名だった。
資料は,17点。

【スタート講演】 峯岸さん「たのしい授業がつなぐもの」

10年前に担任した子どもたちのとの再会物語・・・。
それは,2017年3月26日の丸1日を,「たのしい授業」で楽しみ尽くすというもの。
28人中20人が参加して,道徳・読み物プラン〈初恋〉で,お弁当で,タイムカプセル発掘で,
仮説実験授業《自由電子が見えたなら》で,その後の〈呑み会〉で,大いに旧交を温め,感動を共有した。
この中からまた学校の先生をめざし,努力する者たちが何人も出てきている。
たのしい授業がつなぐもの,それは決して小さくないのだ。

【ケーキタイム】 どれも美味しそうで迷っちゃいます!

【資料一覧】 

(1) 峯岸さん・・・「たのしい授業がつなぐもの~10年前に担任した子どもたちとの再会物語」(28ペ)
(2) 峯岸さん・・・「ウルトラクイズ 20Ⅰ7年版」(28ペ)
(3) 峯岸さん・・・「すぐにマネできる オススメの授業紹介~学級通信〈オレンジ〉より」
(4) 峯岸さん・・・「3年1組学級通信〈オレンジ〉」冊子(90ペ)
(5) 峯岸さん・・・「授業プリント~文字絵クイズ,漢字マッキーノ,漢字テストなど」

(6) 肥沼さん・・・「肥さんのこの10年~50代の仕事④(論文,『たの授』掲載記事,授業のアイデアなど)」
(7) 肥沼さん・・・「笑う一葉,泣く一葉~谷折りと山折りだけでこんなに表情が変わります」
(8) 本間さん・・・「悲しき研究授業~教育界の流行にだまされないぞ」(『たの授』2010年8月号より)
(9) 本間さん・・・「中一夫さんのほっとトーク~しなやかに したたかに」(ガリ本の抜粋)
(10) 宮川さん・・・「一弦ギターを作りました」(3年2組 学級だよりより) 
(11) 宮川さん・・・「年度初めの出会いの授業~小便小僧,菜の花の観察,クイズ100人に聞きました」

(12) 星野さん・・・「春の定番紹介ということで~アリが10ならハチは8,ベンハム〈吹きゴマ〉,
     勘違いグレードアップバージョン2003,授業プラン〈塞翁が馬〉転など 
(13) 永島さん・・・2017年3月例会の記録DVD

(14) 栗原さん・・・「校長先生の仕事~普段何をしているか,大切な仕事とは,評価をどうするか」
(15) 栗原さん・・・「三方よし~卒業生に贈る言葉」
(16) 栗原さん・・・「グローバルな授業への取り組み~堀江晴美さんの〈沖縄〉の体験授業を受けて感じたこと」

(17) 品川さん・・・「3年文集 2017年 “優しさに包まれて”」(残念ながら一部の方たちだけ)

最後に,プレゼント大会があり,仮説社の書籍やグッズをもらえてお得な会でした。

【写真編】

P4010158

P4010159

P4010160

P4010161

P4010162

P4010167

2017年3月31日 (金)

私の関わった授業プランたち

社会科で〈いろいろな種〉の標本づくり・・・『たの授』№69(1988年10月)

 板倉・吉村〈種と発芽〉に刺激を受けて,その「標本づくり」の部分を拡大。
 高校社会の竹内さんの協力を得て,いまだに愛されるベストセラー。


社会科でも〈実物〉を見せたい・・・『たの授』№71(1988年12月)

 授業に使える〈実物〉について,集めてみたもの。説明や写真より〈実物〉があると,
 授業の実感が高まるのは「百聞は一見に如かず」と言って当然と言えば当然だが。


「日本国憲法とその構成」のグラフ・・・『たの授』№284(2004年8月)

 竹田さんの授業プランに賛成して日本国憲法のグラフを描いてみた。
 1条について1ミリずつ同じ長さで描いていくとこんな感じになりました。


『たの授』の裏表紙に掲載のグラフ・・・「自動車の生産台数と輸出台数」
「日本の工業生産状況(1994年)」「日本の発電量の変遷」
「親が見た「中学生の勉強は何が必要なのか」」「日本国憲法とその構成」(上記のもの)
「近世の将軍と天皇の交代年図」「中世の将軍と天皇の交代年図」

 この中のいくつかは,実際に授業にもかけられ好評を得ているものもある。
 グラフが社会科の授業にもっと取り入れられたら,社会科が好きになると思うのですが。


〈邪馬台国〉はどこだ!・・・1992年~

 「仮説実験授業と古田史学の合体!」と自分では思っている授業プランです。
 考古出土物から〈邪馬台国〉のありかを推理していきます。追試者多数。


狭山丘陵の自然と歴史・・・2002年~

 地元の生態系の話題を中心にしていますが,他の地域でもできると思っています。
 小学生にも中学生にも好評です。「卒パ」では私自身が皆さんに授業しようと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 昨年「肥さんの夢ブログ」100万アクセス達成記念パーティーを勝手にやらせていただきました。
大変好評につき,肥さんの退職を記念して「卒パ」をやる予定です。(「退パ」は響きが良くないので)

2017年3月30日 (木)

東日本の会(1日目) 2017

今年は2日間のうち1日半参加できると思っていたが,
残念ながら半日だけになりそうだ。
昨日は,午前中に部活をして,その足で行ってきた。
(会場は板橋区十条の「北とぴあ」。到着したのは午後3時近く)

P3290121

東日本の会の時は,いつも回転寿司「もり一」で昼食をとっている。
「この店は,いつも美味しいですね!」とほめたら,
「はい,毎日食べている私が「美味しい!と思うのですから,本当に美味しいですよ」
とレジのお姉さんも言っていた。その通り!

P3290122

北トピアの入り口の看板。これを見ると,「ああ,今年も参加したなあ」と思う。
なかなか2日間参加は出来なくなってしまったが・・・。
受付にいた由良さんとアパート経営について話した。

P3290123

今回は,「エレベーター式!?トランプ」と「あなたには〈愛の告白〉が見えますか?」
の2点に特化して出店した。

P3290124

ちょっと寂しい店先だが,約2時間で7人のお客さんをゲットし,
2100円の売り上げが上がった。
「口上が上手くなりましたね」と向かいの店の田辺さんにほめられた。

P3300125

P3300130

仮説社の新刊たち。3月~4月にかけてのもの。
『社会科授業プラン』の話は,聞いていなかったぞー(。>0<。)

午後5時には撤収。


2017年3月29日 (水)

ミニガリ本「肥さんのこの10年~50代の仕事④」

春休みの間に作ろうと思っていたミニガリ本(32ペ)ができた。
今回は仮説実験授業関係のものが中心で,
私の半生を賭けてきた者としてはとてもうれしい。

P3280117

(1) 「たのしくわかる社会科を求めて~社会科における仮説実験授業の活用」(4ペ)
(2) 『たの授』の「Xージャイロで遊ぼう!」と「エレベーター式!?トランプ」の2本の原稿(4ペ)
(3) 『たの授』の「編集委員会ニュース」の3本の原稿(6ペ)
(4) 部活の賞状(1年生大会準優勝&入間モルテン杯3位)(2ペ)
(5) 『散歩の達人』「狭山湖&トトロの森でバードウォッチングのすすめ」(3ペ)
(6) 「巻頭釘」~光村図書の小5国語の「千年の釘にいどむ」の教材として(1ペ)
(7) 出授業のクラスで「文科大臣」&「模擬投票」&「プレゼン」&「DVDボックス」(8ペ)
(8) 「あいせだ冊子の前書き」と「あいせだ冊子の口絵写真」(2ペ)
(9) 「多元」掲載の「多元的「国分寺」研究」(2ぺ)

各地の先生方との研究・交流の資料として活用したい。
サークルとしては,4月1日(土)の高崎サークルが
初お目見えということになるかな。
来年度5冊目と兼ねて,「卒パ」のために200ページの
厚みのあるやつを作る予定だ。
その時までに,多元的「国分寺」研究が進めば,
それも収録したいと思っている。


より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ