2020年12月 4日 (金)

私が扱ってきたこと

自分の方向性の確認と自己紹介にもなるかと思い,

「私が扱ってきたこと」という年図を作ってみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・1990年~新会員からのお便り(市民の古代ニュース)

・1991年~「邪馬台国」徹底論争の古代史討論シンポジウムに参加(プロジェクター係)

・1992年~授業プラン〈「邪馬台国」はどこだ!〉を作成。以来,28年間使われ続ける。

・1993年

・1994年 ※「市民の古代」の分裂騒動

・1995年

・1996年〜古田史学を授業に取り入れるポイント(4回)(埼玉歴教協「くわ」)

・1997年

・1998年

・1999年

・2000年〜古代史と教育(多元)

・2001年〜二倍年暦の実例になるか?(多元)

・2002年〜続報「二倍年暦の実例になるか?」(多元)

・2003年

・2004年〜古代戸籍の二倍年暦(古田史学会報)

・2005年

・2006年

・2007年〜房総半島から八丈島が見えた!(多元)

・2008年

・2009年

・2010年

・2011年

・2012年〜古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?(古田史学会報)

・2013年

・2014年

・2015年

・2016年〜多元的「国分寺」研究サークルの立ち上げ

・2017年

・2018年~古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?(発見された倭京・太宰府都城と官道)・・・【退職】

       九州王朝は駅鈴も作ったか?(発見された倭京・太宰府都城と官道)

       国分寺周辺の案内人(東京古田会)

・2019年~府中・国分寺の案内人(多元の会)

      〈方位の考古学〉(古代史セミナーにて「情報提供」)

・2020年〜「私が扱ってきたこと」年図を作る

2020年12月 3日 (木)

出雲大社の神事 2020

今年の出雲大社の神事は,新型コロナのために大変だったようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・神迎神事  一般の方の見学・参列はできません
・神迎祭   一般の方の参列はできません
・神在祭   関係者のみ参列
・縁結大祭  一般の方の参列可(各日申込先着500名)
・神等去出祭 一般の方の参列はできません

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とりあえず,インターネットの画面でお楽しみ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【神在月】

https://www.izumo-kankou.gr.jp/6404

Photo_20201203234501

2020年12月 1日 (火)

「国字」は「聖徳太子」がらみ

古賀達也さんが「洛中洛外日記」の中で登場させている「国字」は,

古賀さん自身もおっしゃっているように,「聖徳太子」がらみである。

古田史学では,九州王朝の多利思北孤のことにあてるわけだが,

かつて九州年号を各地の寺社縁起に求めたように,

「国字」も九州王朝の実在を証明する証拠になる可能性を持っていると思う。

Img_8564

2020年11月27日 (金)

「天寿を全うする」という言葉と二倍年暦

60歳・・・還暦

70歳・・・古希

77歳・・・喜寿

80歳・・・傘寿

88歳・・・米寿

90歳・・・卒寿

99歳・・・白寿

100歳・・・百寿

ここまでは何とか思い出せたが,「ウィキペディア」には,なんと!

250歳・・・天寿

という情報が出ていた。

【ウィキペディア「天寿」】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%AF%BF

長生きをした人を「天寿を全うした」とよく言うが,

実際に「250歳」と書いてあるのは初めて見た。

「そんなバカな!」と思うが,古田史学に関わっている人には,

ひょっとしてこれは「二倍年暦」か?とも思える。

というのは,以下のサイトを見てみたら,120歳くらいまでは「お祝いの名前」が出ているからだ。

【ウィキペディア「年齢」】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B4%E9%BD%A2#%E5%B9%B4%E9%BD%A2%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E5%91%BC%E7%A7%B0

これを2倍すれば,240歳(二倍年暦)→120歳(現在と同じ一倍年暦)で,

お祝いの言葉だけは残存したと考えられる。

もう1つ,もうだいぶ前の話だが,「多元・2001年2月号」に「二倍年暦の実例になるか?」という題で,

滝沢馬琴の随筆集『玄同放言』(吉川弘文館「日本随筆大成・第1期5」所収)に出ている

「第三十二 寿算」という項目の中に出ている長生きな人々のことを書いたことがあった。

三河国宝飯郡水泉村の人たちは,194歳(男性),173歳(その妻),153歳(子。前妻の子か?),105歳(孫)の人がいて,

「享保年間に江戸に出向いてお祝いの米をいただいた」などと書かれていた。

194÷2=97歳

173÷2=86歳半

153÷2=76歳半

105÷2=52歳半

こんな例を知っていると,「天寿250歳(二倍年暦として)」→125歳(一倍年暦)というのは,

奇跡的にはありうるとも思えてくるのだが・・・。

なお,『玄同放言』では,長命の理由として,「三里の灸」や「霊水」をあげている。

2020年11月24日 (火)

「永昌」という年号

「永昌」という年号がある。

国家が定めた年号もあれば,そうではない私年号もある。

歴史に4回も登場しているらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ウィキペディア」より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このなかでよく話題になるのは,689年。

九州王朝から近畿王朝への移行期で,唐の年号が出てくるというのも興味深いし,

2つの官位を授けられているということにも,王朝の変更が感じられる。

この年号が登場する那須国造碑は,栃木県大田原市にある笠石神社である。

その碑の先頭に,「永昌」年号が出てくる。

【笠石神社の説明】

http://www.jinja-net.jp/jinjacho-tochigi/jsearch3tochigi.php?jinjya=1409

【那須国造碑の文面】

Photo_20201124052401

【大祭のパンフレット】

Photo_20201124054101

 

 

2020年11月21日 (土)

日月神社は関東地方(東日本)が中心?(改訂)

我が家から数百メートルのところに日月(じつげつ)神社がある。

これは「天照」と「月読」の両方祀る神社のようである。

全国でどこにあるかを検索して調べてみたら,以下のようになった。

(他の都道府県にもあったら教えて下さい)

東北地方・・・宮城2,山形,岩手〜4

関東地方・・・千葉5,埼玉2,茨城2,群馬,東京〜11

中部地方・・・山梨2,静岡,長野〜4

近畿地方・・・奈良~1

※川瀬さんから教えていただいたものを付け加えました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo_20201121045201

       埼玉県所沢市北秋津の日月神社

2020年11月20日 (金)

記紀神話最大の謎を追う「月読命の正体〜今,何処に?〜」

東村山市の中央公民館で上記の講座が12月に4週連続で行われると聞き,

申し込みもし,楽しみにしていた。

本日70ページを越える冊子送られてきて,驚くとともに,がっかりした。

Img_8495

というのは,講演者の家族の健康面のことで,残念ながら中止となってしまったのである。

特に序章は,「はじめに(歴史の定義)」ということで,

(1)日々創り続けられる歴史

(2)歴史は時に変質する

(3)歴史の改ざん

(4)歴史は「勝者」の歴史

とレジュメに書かれており,期待するところ大であった。

(ななめ読みした限りでは,古田武彦氏の名前や九州王朝と言う名称は出て来ない)

豊予海峡の船旅

狭い豊予海峡なので,当然船便が出ているだろうと調べてみた。

すると,フェリーがたくさん出ていることが分かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【豊予海峡をフェリーで行く(YouTube。2分40秒)】

https://www.youtube.com/watch?v=maRq8G2J-MA

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【九州~四国間をフェリーで移動する】

https://www.t-marche.com/tripper/article/227/

さまざまなルートがあり,目的に従って選べます。

一番短い佐賀関〜三崎間だと,最短1時間10分。2等席だと1070円だそうです。

1日16便出ています。

ただし,三崎港に着いてからの交通はかなり厳しそうです。

Img_5965

2020年11月18日 (水)

愛媛県の古代史

愛媛県は「みかん伊予かん愛媛県」という社会科かるたのように,

柑橘類の美味しい県だが,その昔は古代史に関係の深い県だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)道後温泉にあったと言われる石碑・伊予湯岡碑(「聖徳太子」が行ったと言われているが・・・)

(2)白鳳瓦の出土する伊予国分寺(廃寺跡発掘調査により、塔は回廊内に建てられていて、出土した瓦の中に七世紀の白鳳瓦がある

(3)天皇・紫宸殿の字・地名の存在(西条市)

(4)永納山の古代山城

(5)豊後(大分県)・伊予(愛媛県)の間には「国境」があった。(『続日本紀』によると,716年まで「国境」があった)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段はなかなか行けないが,できたら行ってみたい。

Photo_20201118155201

 

2020年11月17日 (火)

文字の歴史がさかのぼる?(NHK)

先日の古代史セミナーでも出てきた話題だが,

弥生時代の「文字外交」に使われた硯の発見が相次いでいる。

もともと「砥石ではないか」と言われていたものが,

実は硯だったということだろう。

今のように墨を貯めるところがなく平板だと,

わかりにくいのかもしれないが・・・。

Img_5963

これは「硯」に見えますか?「砥石」に見えますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【文字の歴史がさかのぼる?】

https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/700/372037.html

Img_5962

クリックすると,拡大します。

圧倒的に福岡県が多いです。

石川県にドットがありませんねえ。

 

より以前の記事一覧

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ