2019年5月18日 (土)

飛鳥・水落遺跡

Img_2610

Img_2611

Img_2612

【飛鳥・水落遺跡】

https://ja.wikipedia.org/wiki/飛鳥水落遺跡

2019年5月17日 (金)

石神遺跡の変遷図に,「時代の画期」を感じた

奈良県の石神遺跡の変遷図に,「時代の画期」を感じた。

というのも,滝澤誠さんの「前期評衙政庁の構造と原型」のなかに.

石神遺跡のA3期の図が出ていて,「迎賓館」と呼ばれていたことを思い出したからである。

Img_2554_1

では,どのようにしてそれは出来上がっていったのか?

江口桂『古代官衙』(ニューサイエンス社)には,ありがたいことにそれが出ていた。

Img_2556

上の左がA2で,右がA3である。この変貌ぶりはどうだろう。

本当に驚くしかない。何がなければ.このような変化は起こらないだろう。

また,果たして「迎賓館」に招かれたお客様とは,海の向こうの「外国」の方だったのか,

それとも同じ日本列島に住む「外国」の方(九州王朝の天皇)だったのか,とも想像した。

(西寄りに.四面庇が2棟ある。周りは石敷き。この先をさらに南に行くと,例の石造りの井戸を中心とした庭園がある)

それが,右下のB期になるとすっかり影をひそめ,実務中心の官衙街と変化している。(四面廂もなし)

そして,右下のC期はそれが衰えた姿に見える。(律令制の衰退?)

私は,福島県の泉官衙遺跡に二つの王朝の「栄枯盛衰」を見たが,

この石神遺跡でもまた,それに近いものを感じたのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A2期・・・白村江の戦い前(7世紀前半)

A3期・・・白村江の戦いで九州王朝が敗れた後(7世紀後半)

B期・・・日本の支配者となり,近畿王朝がスタート(8世紀)

C期・・・律令政治の衰退(9世紀以降)

滝澤誠「前期評衙政庁の構造とその原型」

「泉官衙遺跡」で検索したところ.

いろいろ探していたら上記の文章がヒットした。

図もたくさん載っていて,リンクしておこうと思った。

 

【滝澤誠「前期評衙政庁の構造とその原型」】

file://kokushikan-shigaku_020_04%20(1).pdf

※ 行けない場合は,書名で検索して下さい。

 

 

2019年5月15日 (水)

「方位の考古学」のパンフ

4ページものの「方位の考古学」パンフを考えてみた。

考えるだけなら「ただ」ですし・・・。

もしかしたら,「誰か素晴らしい人」の目にとまるかもしれませんしね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1ページ・・・表紙。「方位の考古学~新しい考古学の提唱」。いくつかの東偏の遺構図

2ページ・・・福島県・泉官衙遺跡の遺構変遷図(図)

Img_2504_1

3ページ・・・2つの王朝の「栄枯盛衰」が地下に眠っていた(解説)

4ページ・・・どんな話題が載っているのか(目次のようなもの。先日の「ファイル」)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の部屋の一部を占領している「色上質特厚」というしっかりした紙がある。

これを活用したいと思っている。(現役時代,社会科かるたや自己評価表に活用)

淡いピンク・イエロー・空色・黄緑が何千枚もあるのだ。

(「あれっ,もう残ってないの!」と思って自腹で注文したら,実は印刷室の別のところに移動されていた・・・)

これを飯能仮説会館の印刷機で印刷すれば,あっという間に出来上がる。

『邪馬一国の証明』復刊

『邪馬一国の証明』が復刊となった。

この本は,角川文庫で出ていて,横浜・読書会でテキストだった時期がある。

(現在は,『失われた九州王朝』)

他の研究者との論争などが収録されている。

Photo_10

2019年5月14日 (火)

正方位の都は,こうして生まれてきた(改訂版)(川瀬さん)

★正方位の都は,こうして生まれてきた:改訂版

 

 中国の統一王朝では天子は天の意志によって天下の統治を任せる人
として選ばれたという思想で成り立っており、そのため天の中心である
北極点(北極星)を背中に背負って国家を統治するので、天子の宮殿
は南面して作られた。
 だが中国の王が天子を名乗る前は、都の中心は王の祖先を祭る宗廟
であり、宗廟に挟まれる形で王宮が作られていた。これは最初に皇帝を
名乗って天の指示で天下を統治するとした秦の始皇帝の時代でも都の
設計思想は前代を踏襲し、これは秦に次ぐ統一王朝である漢でも同じで
あった。

 この思想に変化が出て、天子が天を背景にして統治することを都城の
形にする思想が、前漢の最後の時期から後漢の最初に生まれ出た。
 理由は漢帝国成立から200年近く経って、漢の王室自身が始祖劉邦
の血筋からは遠く離れて直系とは言えない状態になり、天子の統治権
の権威自体が揺らいできたからだ。

 このためそれまで都とは離れた土地に天(神)と地(神)を祀る施設を
置き、そこで天子が祭礼を主催していた形式を改め、天と地を祀る祭壇
を都の南北に置き、天子が都の官僚や民の前で天と地の神を祀ること
で、天下の統治を任されていることを具現化することで、天子の権威を
維持しようとした。
 これが確立したのが後漢王朝の時代。
 だが天を祀る場所は都の南に、そして地を祀る場所は都の北に置い
たが(つまり南面する天子の宮殿の北と南に神を置いた)、その祭壇
は都の北と南の目立つ高地に置かれたため、地壇ー宮殿ー天丘を結
ぶ線は、必ずしも南北を結んだものではなかった。そして後漢の時代に
はまだ、この南北線を都の中心線とし、ここを基準に東西南北の街路
を築いて、官衙や寺院や役人庶民の家を配置するという形・思想には
なっていなかった。
 こうして後漢洛陽城は地壇・天丘を置いた自然地形の関係で、東偏
5度の都であった。

 このため後漢の時代、そしてその後の三国時代の各都や再度統一し
た魏・晋の都も後漢時代の設計プランを踏襲し、結果として都の南北
軸は東に傾いたものとなっていた。
 そしてさらに晋滅亡⇒東晋成立以後の南朝の都もこれを踏襲した。

 倭国が初めて中国王朝から冊封され、倭国王の称号を賜ったのは後
漢の時代であり、次いで魏、そして晋・南朝の時代を通じて倭国は中
国王朝から倭国王に冊封されてきた。
 したがってこの時期の倭国の都は後漢から始まる形の都城設計思
想にならったものとなる。
 だから倭国の都は東偏のものになったわけだ。

 これが変化したのが北朝の北魏の時代で、都の南北に置かれた地壇
と天丘は以前どおりに天然の丘を利用したが、地壇ー宮殿ー天丘を結
ぶ線を基準線にして都城を東西南北の街路で区切った形に設計した。
文字通りに天子が南面して天下を統治する思想を都の形として具現
化したのだ。
 だが北魏の時代の洛陽城は、漢魏洛陽城を利用して拡充した形式で
あったため、地壇天丘が自然丘であったために、都の基準線が東に5度
傾いた形のままであった。

 そしてさらに中国の都の設計思想が変わったのが、南北朝を統一し
た隋の時代であった。
 隋の都の洛陽城や長安城は、北魏の都城設計思想を継承するととも
に、宮殿の南北に置く地壇と天丘とを人口の丘としたために、地壇ー
宮殿ー天丘を貫く都城の中軸線を正確な南北に置くこととした。この
ため都城の形は、文字通りの天子南面の形がここに実現することとな
り、その都城の街路が東西南北の正方位に設定された碁盤の目の都
城として出現したったのだ。
 さらに隋滅亡後に再度中国を統一した唐は、その都である長安城を
、隋の洛陽城・長安城の新しい都城設計思想を継承して、より大規模
な都城としたのだ。

 こうした中国都城の北魏⇒隋⇒唐への設計思想の変化は、倭国が南
朝にのみ朝貢していたため、倭国に伝わることはなかった。
 この中国都城の変化を倭国が知ったのは、南朝陳を滅ぼして南北を
統一した隋王朝と交渉を始めてからであったろう。

 だが可能性としては、北の五胡十六国を統一し、南朝を北から圧迫
して滅ぼうそうとした北朝北魏の出現時において、倭国が将来を見据
えて、この新しい王朝との交渉を図ったこともあったのかもしれない。
この際には北魏洛陽城の地壇ー宮殿ー天丘を貫く線を都の中軸線と
して、この中軸線上の街路を中心としてその周囲に南北東西の街路を
設けて碁盤の目をした都城を建設するという新しい思想が、倭国に取
り入れられた可能性は残る。 
 すなわち従来の南朝の都城の東偏したままの都城が、北魏様式にな
らって改造された可能性はある。
 だが北魏と倭国との通交の記録は残っていないので、これはあくま
で可能性の問題だ。
 確実なのは、南朝陳を滅ぼして中国を統一した隋が出現したとき、
これとの通交を倭国が図ろうとしたときである。

 倭国の使節が隋洛陽城を訪れ、統一を賀するとともに、新たに通交
することを要請した。このことは「隋書」に倭国の王が「日出る国の
天子、日没する国の天子に書を致す。恙なしや」で始まる、隋皇帝に
とっては極めて無礼な国書を送ったとの記事で記録されている。
 この時倭国の使節は、隋洛陽城をつぶさに観察し、この新しい帝国
の国の在り方を大いに学んで帰国したことであろう。
 隋の二代皇帝煬帝は、倭国使節を送り返すとともに、倭国に使いを
送り、この国の国情を探るとともに、通交の可能性をもさぐった。結
果として通交はならず、国交はこの一度きりとなるわけだが、先の国
書に明らかなように、倭国は統一王朝隋に対して、対等外交を主張し
たわけだから、対抗関係上、隋の国の在り方を大いに学び、形式的に
も実質的にも対抗できる国づくりを進めたのに違いない。
 ここに倭国の都城もまた、隋洛陽城に倣った、地壇ー宮殿ー天丘を
貫く都城の中軸線を正確な南北に置き、都城の形は、文字通りの天子
南面の形とし、その都城の街路が東西南北の正方位に設定された碁盤
の目の都城に作り変えられられる事となったものと思われる。

大仙古墳が,世界遺産に登録されそう

仁徳天皇と時代が合わないということから,

大仙古墳と呼ばれている日本最大の古墳が,

世界遺産に登録されそうだという。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6323303

私としては,次の3つをお願いしたいと思う。

(1)周濠の清掃

(2)十分な科学的調査

(3)見学コースの整備

なにしろ世界遺産になるということは,世界の人たちが見学に来るということです。

ヘドロを除去するのは最低限の仕事で,見学しやすいコースも作ってほしいし,

何より「なんで世界遺産に認定されたのか?」という理由を,胸を張って言えるようにしてほしい。

そのためには,我が国の科学技術を駆使し,後世の範となるような調査をお願いしたいのです。

 

横浜・読書会 5/13

昨日は,数か月ぶりで上記の会(清水さん・主宰)に行った。

午前中に作った「ファイルに「方位の考古学」をまとめてみました」と

『南相馬の古代に躍動する地方官衙~泉官衙遺跡』のカラーコピーを持参した。

今回は10人の参加だったが,大墨さんがいらしていて,

川瀬さんと私が,どういう交流をしているのか興味を持たれていたようだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

読書会は,清水さんの司会で進められ,まず前回の復習に時間を取り,

そのあと私の発表の時間を取って下さり,資料(昨日の「夢ブログ」)をもとに説明していった。

今回のお勧めは「泉官衙遺跡は,Ⅰ期&Ⅱ期とⅢ期では設計の思想がまったく違う」ということで,

前者は掘立柱によって連結して,4つの建物を形成しているのに対し,

後者は掘立柱から離して内側に,しかも配置も前者のように東西南北とは違う配置を

していることに注目していただいた。

最後は,古田氏の『失われた九州王朝』の輪読をして,午後5時半に終わった。

Img_2504

2019年5月13日 (月)

ファイルに「方位の考古学」の記事をまとめてみた

ファイルに「多元的古代」の記事をまとめてみた

上記の題名で,4月8日(月)の「夢ブログ」を書いた。

これは,それの改訂版です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日,退職2年目の展望として,パンフやガリ本の構想を書いたが,

昨日はそれに入れる多元的古代の記事をファイルにまとめてみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「夢ブログ」・・・ (1) 「方位の考古学」とは?(地下に残された建物の方位から古代史を探る,新しい考古学の提唱です)

の記事      (2) 「国分寺」はなかった!(聖武天皇の国分寺建立の詔の中に,1回も「国分寺」が出てこないのを

           あなたは知っていましたか?)付・聖武天皇の国分寺建立の詔・「続日本紀」より

          (3) 東偏5度の寺院と街並み(古い寺院・官衙・都市がなぜか東偏5度の時期がある。30以上例あり)

                      (4) 南朝の都は,東偏だった!(東偏のルーツは,柵封体制の親分・南朝にあった)

              (5)   泉官衙遺跡遺構変遷図に,2つの王朝の「栄枯盛衰」を見た!(福島県に,すごい遺跡があった!)

                (6) 正方位の都は,こうして生まれてきた(川瀬さん)

               (7)  2つの王朝の「方位」の変遷~九州王朝と近畿王朝

               (8)  伊勢斎王の宮殿も,東偏だった!(多元の会との「歩く会」の前日で,タイムリーでした)

               (9)  下野国府(都賀評衙),幡羅評衙,榛沢評衙などの紹介

                 (10) 東アジアの動乱の中で,九州王朝は・・・(川瀬さん)

 

関係資料・・・ (1) 武蔵国分寺&東山道武蔵路のカラー地図(この地図から私の方位研究が始まった)

        (2) ふちゅう地下マップ(カラー地図)(府中市は,発掘の結果を1枚の地図に集約していた)

        (3) 研究をはかどらせてくれた『よみがえる古代武蔵国府』(府中市郷土の森博物館ブックレット17。500円)

        (4) 川瀬さんの「武蔵国分寺~武蔵国府」案(カラー地図)

 

研究記録・・・ (1) 府中研究会の歩み(川瀬さん)

       2018年7月~2019年3月まで川瀬さんと私が行ってきた研究会の記録で,

       場所は主に,府中ふるさと歴史館で行われた。

       遺跡の精査は,現在でも多元的「国分寺」研究サークルのサイトで継続中。

        (2) 奈良文化財研究所データベースについて (全国の遺跡が網羅されています)

2019年5月12日 (日)

清瀬市郷土博物館(3)

内田さんが仕事を再開される昨日,上記を訪問し,

30分ほどお話させていただきました。(文責・肥さん)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)悲田処について

東山道から東海道にルート変更があり,かつて東村山にあった悲田処が柳瀬川の下流の清瀬に移ったのではないか。

東村山には西武のバス停はあっても,考古学の遺跡がない。

清瀬には三面廂の建物と治療小屋のような壁のない掘立柱建物の長屋があり,相模国のものと似ている。

久米川➙清瀬➙東に向かって常陸へ通じるルートの途中のようである。

(2)「日本書紀」の編年について

「日本書紀」の編纂に当たって重要なことは,「日嗣皇子」をどう考えるではないか。

天皇(大王)が死んで,次の天皇がバトンタッチするのは明治以降のやり方で,

古代には皇太子(日嗣皇子)が立った時点で権力移譲が成立。前の天皇は隠居状態に。

それをカウントできていないので,年数が600年以上増えてしまっている。

それを精査すれば,海外史料とも合ってくると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は,何かの「模型作り」をされていたようで,

その日にノーアポで訪問してしまい,失礼いたしました。

これに懲りずまたお話を聞かせて下さいませ。

お土産として,『肥さんのこの10年~50代の仕事』を差し上げました。

Img_2458

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ