2018年1月18日 (木)

豊後・伊予間の「国境」

『続日本紀』(講談社学術文庫)の716年の記事に,
以下のような件がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豊後・伊予二国の境界は,従来戌(じゅ。兵士の屯所)を置いて,
往き来することを許しませんでした。
しかし位階の高下や身分の尊卑によって,区別があってもよいと思います。
五位以上の官人が使いを遣わして,
往来をさせることを禁止の対象にすべきではないと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確か「多元」にある方が「国境ではないか」と書かれていた。
私もそうかもしれないと思って,手持ちの『続日本紀』にメモしておいた。
と同時に,九州王朝の中心地・太宰府からは距離があるから,
ずいぶん神経質に警戒したものだとも思っていた。

ところが,豊後王朝(九州王朝の兄弟王朝?
九州年号には「兄弟」がある)がもしあったとすると,
豊後水道は本当に「国境」の役割をしていることになる。
決して敵の侵入を許してはならない場所なのだ。

私は古田史学の方々とはよく太宰府方面を旅行したが,
最近興味をもっている豊後方面には一度も足を踏み入れたことがない。
ぜひ一度訪問してみたい。

東九州には,見るべきところが多そうだ。
各所を回るのには,自転車が活躍するかもしれない。

【行橋市】

御所ヶ谷神籠石(国の史跡)
ビワノクマ古墳(県指定史跡)
椿市廃寺跡(市指定史跡)
平尾台(カルスト台地)

【宇佐市】

宇佐神宮
虚空蔵寺
法鏡寺
弥勒寺
四日市廃寺
小倉池廃寺

PS 亡父の若い頃勤めていた会社が日本鉱業で,
佐賀関に巨大な精錬工場があるらしい。
大分県を訪問したら,一度見てみたい。
例の「国境」は佐賀関かもしれないし・・・。

古代史研究のためのサイトのメモ

奈良文化財研究所

https://www.nabunken.go.jp/research/database.html

古代寺院遺跡データベース

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://mokuren.nabunken.go.jp/NCPstjiin/NCPstrJ.htm

法鏡寺廃寺

https://ja.wikipedia.org/wiki/法鏡寺廃寺跡


テレビ番組=瀬戸内の文化と宇佐の豪族 虚空蔵寺 法鏡寺廃寺 小倉ノ池廃寺

http://www.usa-itv.com/modules/ch1/index.php?fct=photo&p=11

椿市廃寺

https://hanzan-hiruandon.jimdo.com/九州王朝/③行橋市/椿市廃寺/

小倉ノ池廃寺

https://hanzan-hiruandon.jimdo.com/九州王朝/㊸宇佐市/小倉の池廃寺跡/

「大和王朝の東遷」(豊前 → 大和。 筑紫大地震の後?)

https://hanzan-hiruandon.jimdo.com/九州王朝/大和王朝の東遷/


行橋市や宇佐は瀬戸内海が近く,寺院の移築(輸送)はかなりし易いように思った。

2018年1月17日 (水)

『誰が古代史を殺したか』の一言紹介と一言感想

室伏志畔著,世界書院刊,2400円+税の上記の本の,
一言紹介と一言感想を書く。

紹介 「日本列島の歴史を多元的に見ようとする古田史学の方法は間違っていないが,
それなら九州王朝内の発展史についても多元的に考えなければならぬ・・・」という問い。

感想 「文献と考古学(歴史学の二大手段)の埋めきれない部分を「幻視」で埋めるという方法が,
果たして正しいのかどうか。まだまだいろいろな努力ができそうな気がするが・・・」という疑問。

最後に,章立てくらいは紹介させていただこう。
上の文章だけでは,伝わるものは少ないだろうから・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

序詞

第1章 古代史殺しに手を貸すこ人たち~熊襲論

第2章 「神話から歴史へ」の代償~南船北馬論

第3章 知らぬは日本人ばかりなり~九州年号論

第4章 古典は変質され流布する~禁制論

第5章 談合から聖徳太子は生まれた~飛鳥仏教論

第6章 日本国は先在王朝の遺産でもつ~クラフト国家論

第7章 誰が蛹を殺したか~銅鐸論

第8章 卑弥呼は韓半島からやってきた~邪馬台国論

第9章  空白の四世紀の立役者~竹内宿禰論

第10章 倭国を売って日本国へ~白村江戦論

第11章 大和から疑え~粛清論

結語

2018年1月16日 (火)

心礎径ランキング

まだサンプル数が少ないが,
「心礎径ランキング」なるものを考えてみた。
例の大善寺・玉垂宮境内にある「巨大心礎」の
外堀を埋めるのにいいかと思ったのである。
いろいろなサイトからの切り貼りですが・・・。

① 塔原廃寺(福岡県) 98cm

➁ 元薬師寺(奈良県) 96cm ・・・ 福岡県からの移築?
  (原薬師寺も同じサイズか?)

➂ 観世音寺(福岡県) 90cm

④ 法隆寺(奈良県)  90cm? ・・・ 他県からの移築?

⑤ 上坂廃寺(福岡県) 85cm 

⑥ 大分(だいぶ)廃寺(福岡県) 80cm

「大きいことはいいことだ」なんて,
森永エールチョコレートの宣伝のようなことは申しませんが,
80cm以上のものをご存じでしたら,お知らせ下さい。
ランキングを更新していきます。

75

廃寺が多く分布するところは・・・

「廃寺が多く分布するところには,
かつて仏教文化の密集地だった」
そんな当たり前のことに気が付いた。

それは自然に朽ちていったかもしれないし,
どこか別の場所に移築されたかもしれない。

そんなこと考えながら,「廃寺 分布」で検索してみた。
するとこんなサイトにぶつかった。

飛鳥周辺の山寺

https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1urEgVSFboWMXvDoOotxP8g5bmmc&hl=en_US&ll=34.46984011215796%2C135.83234300000004&z=11

さすが飛鳥地方は,廃寺が多い。
藤原京から平城京に移築された薬師寺もこの1つであったろう。

寺の名前をクリックしてみると,出土した瓦の名前などが出て来る。
岡寺式とか,川原寺式とか,わざわざ書かれているということは,
古い形式の瓦のように思える。
どなたかご教示いただければ幸いです。

大分県にも廃寺が多いと聞いたことがある。
そこで,さらに「廃寺 分布 大分」で検索してみた。
すると,大分県のいくつかの廃寺にぶつかった。

飯塚・大分(だいぶ)廃寺
・・・直径80cmの三重塔の礎石。新羅系古瓦

www.kankou-iizuka.jp/homepage/?id=230

宇佐・法鏡寺廃寺・・・白鳳時代の瓦が多く出る

https://mainichi.jp/articles/20170830/ddl/k44/010/272000c

貞清世里「西海道の法起寺式伽藍配置をとる古代寺院の検討」(平成24年・西南学院大学大科学院・国際文化研究論集)

http://seinanmi.seinan-gu.ac.jp/insei/ronshu/6/sadakiyo.pdf#search=%27%E5%BB%83%E5%AF%BA+%E5%88%86%E5%B8%83+%E5%A4%A7%E5%88%86%27

観世音寺の研究の際,よく「お会い」した貞清世里さん。
またここでも「お会い」できました。
(本人には,まだ実際にお会いしたことがない)

木材は移築しても,重い礎石は残されるのが普通のようである。
これが最低限の「証拠」となるのではないか。
多元的「古代史」研究では,廃寺にも大いに注目!

2018年1月10日 (水)

『薬師寺白鳳伽藍の謎を解く』届く

アマゾンに注文しておいた『薬師寺白鳳伽藍の謎を解く』が,
昨日届いた。
白鳳文化研究会編(冨山房インターナショナル刊)
三学期が始まってしまい,今日からは6時間授業が続くので,
いつ読み始めるかは不透明であるが,
私もこの「謎解き」に多元的に参加したい。

2018年1月 7日 (日)

初校用のゲラ刷り届く

今春3月『古代に真実を求めて』(明石書店)に
「古代日本ハイウェー」と「駅鈴」の記事を載せていただく。
その初校(活字にしたものの訂正の第1回目)のゲラ刷りが昨日届いた。

前に服部さんから聞いていたよりだいぶ遅い日程である。
(最初は,冬休み中に目を通し,送り返すつもりでいた)
しかし,私の部分で全体に後れを出す訳にはいかないので,
ここ数日で頑張りたい。(量も10ぺージ程度だし)

3月か4月には発行されると思いますので,
その節は「ご協力」をお願いいたします。
今回の両原稿は,この「夢ブログ」から誕生した!
と言っても過言ではないものですし,
貴重なご意見・ご批判をいただきましたから・・・。

Dscn0615

Dscn0616


2018年1月 5日 (金)

古田史学と幻想史学と文学と

私は大学は法学部に入学したのだが,
大学1年の夏休み前には「司法試験」へのチャレンジをあきらめ,
文学の読書や映画の鑑賞に励むことにした。
(だって,1日10時間法律の勉強をして,
それでも現役で合格するのは難しいとのことだったので)

それは36年間の教員生活の最後に来て,
間違った選択ではなかったと思っているのだが,
とにかく,大学の4年間ロシア文学やフランス文学の長編を渉猟した。

例えば,トルストイの『戦争と平和』は,夏休みの最初の読書として,毎年読んだ。
(文庫本で4分冊。約2000ページ)
最初はカタカナの長い名前に慣れなかったが,そのうち慣れてきて,
次第に内容を楽しめるようになった。
なので,毎年これにはチャレンジして,合計4回読んだことになる。
大学を出てからは『戦争と平和』の読書は36年間で数回だから,貴重な時間の使い方ができた。
『戦争と平和』以外にも,ドストエフスキーの『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』,
フランス文学ではスタンダールの『赤と黒』や『パルムの僧院』,『ゴリオ爺さん』などを読んだ。
それらは,学生時代お世話になった,そして今もお世話になっている
赤門塾の長谷川宏先生の読書会の影響があっただろう。

なんでこんな話から入ったかというと,
「夢ブログ」で長らく私が批判されてきた古田史学への取り組みが,
そこに原因があるのかもしれないと思ったからである。

文学を読む時は,その作者の表現の隅々まで読み逃さないように読んでいき,
自分の感性との共鳴を図ることが主目的である。
歴史学は,それとは反対に,「書かれていることの矛盾点を見出し,
批判することによって学問に資する」という形をとるのが常態なのではないか。そんな気がしてきた。
そういう意味では,私は悪い意味での「文学読み」をしているのかもしれない。
室伏志畔氏の幻想史学の表現は,文学的だと思うから。(もちろん,歴史学として正しいかどうかは別だが)

よく「愛の世代ズ」のてるちゃんから,「また川瀬さんからコテンパンにやられましたね!」と言われるのだが,
川瀬さんのやりたいことと私のやりたいことのズレを指摘されているのだと思う。
(歴史研究の方法として,もちろん川瀬さんのやり方が正しいとは思っています)
批判されてみれば,そうあるべきとは思えるのだが,私自身がそういう学び方をしてきていないので,
たびたび川瀬さんのひんしゅくを買ってしまい,同じことを繰り返しているのかもしれない。
例の「また肥さんの「悪い癖」が始まりましたね」というセリフは,読者の皆さんは何回もお耳にしたことだろう。
それは川瀬さんの時間を奪うことにもつながるので,私としても大変申し訳ないと思っている。

私は仮説実験授業のように,たのしく歴史学も構成できないものかと思っている。
「たのしい」という意味は,読者にも仮説を立て,選択肢を使って考えてもらい,
最後は統計やグラフで結論を出すようなイメージだ。(相手に納得してもらうことが大切)
文字で長々と論証するのとは違って,「中高生でもわかる表現」で相手に知らせる。
もちろん難しい内容すべてをそうすることはできないと思うが,
少なくとも「夢ブログ」で歴史のことを扱う限りは,できるだけそのようにしていきたい。
(本当は新しい「歴史サイト」を作るといいのだが,ココログは3つまでしかできないので,誰か作って!)

今も『古代史を殺したのは誰か』の読書は続いているが,
私の中で気が付いたことを「備忘録」として書いておく。
私は今,古田史学>幻想史学>文学みたいな形で,イメージしている。
これは決して,文学を貶(おとし)めている訳ではなく,「領域」みたいなものとして。
なので,室伏志畔氏自身も,「自分のやっていることは,古田史学とは違う」という意味で,
幻想史学といった表現をしているのだと思う。(未完)

2018年1月 4日 (木)

「房総半島から八丈島が見えた!」(「多元」への投稿)などのこと

ツォータンさんが旅行の報告を,
コメントに書いて下さいました。
それをきっかけに,10年ほど前の旅行のことを思い出しました。
それらの記事を再録します。
川瀬さんに出会ったのも,その頃だったでしょうか?

外房への旅行

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2006/10/post_3eb5.html

房総半島から八丈島が見えた!

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2006/11/post_f4b9.html

房総半島から八丈島が見えた!(第3案)

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2006/11/post_3b69.html

2018年1月 2日 (火)

大善寺・玉垂宮からの「薬師寺の移築」の仮説について

「原薬師寺」が福岡県の大善寺・玉垂宮(付近?)から
藤原京の「元薬師寺」へ移築されたとする室伏志畔氏の仮説に付き,
そのいきさつが書かれているものを見つけました。
それをアップします。

特に「いきさつ」の部分は,後半に付けましたので,
そこを読んでいただければと思います。

だいぶ前に古田さんとご一緒した旅行で「鬼夜」を見学した。
その時には,まさか薬師寺のことに関係するとは思っていなかった。


大善寺玉垂宮の鬼夜

http://www.nponia.com/page40-oniyo.html

吉山旧記(薬師寺旧記)

https://hanzan-qazwsxedc.jimdo.com/紀氏王権の成立/吉山旧記/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 神武と卑弥呼と神功 邪馬臺国年表/大善寺玉垂宮と久留米の古代史より

  『吉山旧記』は、江戸時代に入る直前、関ヶ原の戦い(1600年)かその翌年に元の宮司の家柄の吉山家が、
巻物だった本を冊子本に摸し替えた時の書写ということである。この吉山旧記は、別名薬師寺旧記ともいわれる。
この大善寺玉垂宮の宮司の家柄は、代々代わっていて、吉山家が就いたり薬師寺家が就いたりして、
現在は、隅(くま) 家が就いている。吉山旧記の事を別名、薬師寺旧記というのは、薬師寺を名乗られた時の宮司が吉山家と決別して、現在は、鹿嶋市に居られる。その原本は、そこの鹿嶋市にあり、ここ大善寺玉垂宮には無い。
  
 薬師寺のいう名前であるが、ここ大善寺玉垂宮を訪れた時に本殿の裏に「塞の神」が祀られているそこの前に、昔の五重塔か三重塔かは不明だが、半分か三分の一に割れた塔の心礎と思われる石が置いてあった。その石は、鬼夜保存会会長をされていた光山利雄さんが近くの夜明の田んぼから拾って持ってきたと言われた。心礎らしいその石には柱の跡と思われる円の形が綺麗に描かれれいる。そこに九州古代史の会の兼川晋さんが新聞紙を当てて周辺を丁寧になぞって綺麗に再現した。その新聞紙を室伏志畔が奈良に持って行って、薬師寺東塔の心礎に当てた。その時、一緒に同行していた大芝英雄さんの名言が「合うでー」。寸法がピッタリ合った。室伏志畔が筑紫(福岡県)にあったお寺が、奈良・京都のお寺に移築されたとしているその考えが成り立つ。
  
 これが福岡県内の廃寺であり、福岡県には廃寺が多すぎる。廃寺はおかしい。奈良時代は、仏教は国の教えとしていた。この筑紫の廃寺が、 大和王朝の東遷 である。筑紫大地震の後、天武天皇が恐れをなして、天皇家から庶民に至るまで、現奈良県(大和)へ大引越しをした。倭民族の大移動である。
  
 その廃寺の時にこの筑紫にあった寺を解体して、新し都(奈良・京都)へ持っていく。この廃寺跡からは、木材は一辺も出土しない。出土されるのは礎石と瓦だけである。つまり。礎石と瓦は重たくて運べなかった。木材のみを運んで、新たに心礎を据えて、瓦を新しく焼いて再建(移築)した。法隆寺もこの廃寺から移築された。有名なお寺であればあるほど移築されたようである。
  
 天武天皇の時代にその廃寺の時の薬師寺の話が、吉山旧記の別のところに載せられている。本当に現奈良市にある薬師寺が久留米の土地から移築された薬師寺であるならば、薬師寺の仏様、薬師三尊像は、吉山旧記の記録によれば、当時の住職が唐の国から持ってきた仏様である。薬師寺のある薬師三尊像は唐の時代の仏像という事になる。という事は、日本でも国宝であるが、中国においても第一級の国宝になる。そのお寺が移される時に当時の薬師寺の住職だった方(親子二人)が抗議の自殺をする。何故自殺したのか判らなかったが、どうやらお寺を無理やり奪われた為らしい。彼らはその事を忘れない為に「吉山」と姓をわざわざ「薬師寺」という姓に改めた事も残されている。その廃寺における悲劇の内容が、吉山旧記に書かれている。それくらいに吉山旧記に記されている内容は、すごい歴史の一コマである

より以前の記事一覧

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ