2020年12月 2日 (水)

第26回京都賞 高校生特別授業「人間万事塞翁が馬」京都大学iPS細胞研究所所長   山中 伸弥 教授 2010年11月16日

1時間20分の講演ですが,とてもわかりやすい内容です。

時間がある時に聞いてみて下さい。

【第26回京都賞 高校生特別授業「人間万事塞翁が馬」京都大学iPS細胞研究所所長 山中 伸弥 教授 2010年11月16日】

https://www.youtube.com/watch?v=ReKaknHHyTM

Img_5989

         初めての実験で大発見

Img_8608

2020年11月28日 (土)

母のDVDを観る

先日の社会科サークルで「少年飛行学校」について発表されたNさんは,

以前ご夫妻で,「新井外科」について母に取材に来ていらした。

今日時間に余裕があったので,再生機にかけて観てみることにした。

私も隣で取材を受けたのだが,なかなかしっかり取材を受けていて,驚くほどだった。

二週間後の四十九日に,披露したいと思っている。

Img_5980 

Img_5978_20201128104501

         新井外科の娘だった母・隆子

2020年11月26日 (木)

社会科サークル 2020年11月

本日は,ゲストレポーターに登場願った。

実はだいぶ前から決まっていたのだが,

新型コロナの為に延びて・・・今日になってしまった。

参加者は,大石さん,篠原さん,宮崎さん,山田麗さん,山田裕さん,

楢崎由さん,楢崎茂さん,大山さん,松田さん,肥沼さんの10名。

メインレポーターは,楢崎由さんで,

題名は「所沢陸軍飛行学校をルーツとする「東京陸軍少年飛行兵学校」

ー大空にあこがれた少年たちは・・・-」という報告だった。

貴重な資料が満載の,素晴らしい内容だった。

少年たちの空のあこがれが戦争に利用されたと思うと,

本当に戦争はあってはならないことなのだとあらためて思った。

(この例会の参加者は全員が退職者。若い先生たちは午後8時を過ぎても現れず,

「学校教育」という名の「戦争」に駆り立てられている,といったら,言い過ぎだろうか?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで,私は先月亡くなった母の年図を提出した。

母の生まれた1934年の前年に「飛行学校に於ける生徒教育」が公布され,

1934~1945年までたくさんの若者(20期・40000以上)が志願し,約1割が戦死した。

母の小学校卒業とともに敗戦となるのだが,母は所沢の中心街の生まれなので,

これらの若者の姿をきっと見ていただろうと思うと,歴史が身近なものに思えた。

生きていれば,そんな話もできただろう。

前に「新井病院について話を聞きたい」ということで楢崎さん夫妻が我が家にいらしたのだが,

それが母の生前の姿をとどめる貴重なDVDとなった。ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8541

        楢崎由さんのレポートの一部

Img_8542

        母の年図に記入してみたら・・・

Img_8538

  楢崎由さんや山田麗さんが執筆された歴史教科書

Img_8539

      Hさんがエキストラ出演した回のDVD

 

2020年11月10日 (火)

教室で男児が心肺停止 先生とクラスメートの15分

宮崎県の小学校での出来事。

でも,どこの都道府県でも起こりうる話である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【教室で男児が心肺停止 先生とクラスメートの15分間】

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e9df1d54b002b362eeed13154d51bc593df771f

2020年11月 1日 (日)

赤門塾50周年記念祝賀会

3時間の祝賀会は,いろいろな方のお話や出し物で構成されていた。

また,多くの懐かしい人方々と再会ができ,実りのある時間を過ごすことができた。

さらに,「夢ブログを読んでいますよ」という読者の方々も確認できた。

だから本当は写真入りで報告したい報告したいところだが,

主催者がそれを望まないようなので,それに従うしかない。

(撮影した写真は,個人的に差し上げることにする)

会の後,所沢の居酒屋で,有志3名で近況を語り合った。

3人ともこの1年間に親を亡くしている者だ。

(これで2人は両親とも他界。1人が父親を亡くした)

今日の予定

今日は午前中に葬儀社との交渉。

午後は赤門塾開設50周年パーティーだ。

半日ずつ,頭を切り替えてやっていこうと思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8309

        (クリックすると,拡大します)

2020年10月29日 (木)

“あだ名禁止”の小学校

興味深い記事が載っていたので,リンクした。

世の中にはいろいろな学校や教育観があるので,

「あだ名がいじめにつながる」と考えて(仮説を立てて),

学校全体で取り組んでいる(実験している)と言えないこともない。

一時「男女とも“さん付けで呼ぶ”」という実践や

「男女混用名簿(全員あいうえお順)」があったが,

その後どうなったのだろうか。

記事の中にも出てくるが,タレントの中川翔子さんは,

子どもの頃付けられたあだ名で大変苦労したようだが,

“あだ名禁止”というやり方には反対のようだ。

かく言う私も多少そういう経験があるが,カバーしてくれる人もいて,

不登校になったりせずに済んでいる。

要は「お互いが不愉快なことはしないようにしよう」とする雰囲気が大切で,

それを意識した取り組み(仮説実験授業などのたのしい授業)が必要なのだと思う。

新任教員以来続いている「肥さん」というあだなは,

40年の時を超え,ブログ名にも受け継がれ,今に至っている。

(ある生徒の「「肥さん」と呼んでもいいですか?」という問いかけに,

私が即座に「いいね!」を出したものだ)

ちなみに,父は会社員時代「沼さん」と呼ばれていたそうだ。

うん,これも「いいね!」。

【“あだ名禁止”の小学校】

https://news.nifty.com/topics/12259/201028440821/

2020年10月 9日 (金)

ノーベル平和賞は,「世界食糧計画(WFP)」!

今年のノーベル平和賞が発表された。

なんと,世界食糧計画(WFP)であった。

(もうすでに受賞していると思っていた)

この団体には,少々肥さんも関りがある。

というのは,「金八先生」がそのショートホームルームで

この団体の作成している「ハンガーマップ=世界飢餓地図」を使用し,

なかなか興味深い授業をした。

それに刺激を受けた私は,社会科の公民の時間に,

ビデオを視聴させ,この地図も披露したからだ。

そして,社会科サークルではその後宮崎さんが授業に使って下さり,

さらに若い先生方の授業のお役に立てた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【国連・世界食糧計画(WFP)】

https://ja.wfp.org/

【ハンガーマップ=世界飢餓地図】

https://ja.wfp.org/hunger_map

Img_5945

リニューアルされてきれいになっているが,

いまだに1枚200円という値段は変わらないみたいだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2007年に書いた「肥さんの夢ブログ」より~

【ハンガーマップをめぐって】

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2007/02/post_3241.html

【ハンガーマップを利用した授業】

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2007/08/post_89c1.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さがしたら,1枚だけ当時のハンガーマップが出てきました。

金八先生が使ったのもこの版です。

Img_5946

2020年9月22日 (火)

M君の律義さ

実は,先日卒業生のM君と居酒屋「福ちゃん」で飲んだ時,

彼の自転車のチェーンが外れてしまい,歩いて帰られた。

その翌朝自転車は私が修理し,我が家の玄関先に置いておいた。

それが昨日になってM君が引き取りに来られた。

その際,「下町のナポレオン」を一瓶持って。

M君は律義な大人に成長していた。

それが元担任として,大変うれしいことだった。

Photo_20200922152701

2020年9月17日 (木)

社会科サークル 2020年9月

半年くらいぶりの例会だ。

本当に新型コロナの影響は,実に甚大であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加者は,8名(大石さん,篠原さん,山田さん,宮崎さん,清藤さん,坂屋さん,高橋さん,肥沼さん)。

メインのレポーターは,清藤さん。「アウシュビッツへの旅」(12/25~31)の報告だった。

旅の記録は詳細なもので,自分も参加しているような気持ちになった。

また,ただ悲惨さを伝えるだけではなく,2度とこういう事態を起こさないためにはどうしたらいいか?

日本ではなかなかできないワークショップなども盛り込まれ,そのヒントが与えられたような気がした。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_7836

Img_7837

Img_7839

より以前の記事一覧

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ