2017年5月24日 (水)

「卒パ」のアイデア 5/23

昨年10月に行った「夢パ」に気を良くして,
また,mineさんが教え子たちとやった「同窓会」の真似をして,
その肥さんバージョンを考えてみた。
「夢パ」は3時間だったが,「卒パ」は6時間!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時~2018年3月のどこかの日曜日
場所~地区労会館(10年程前,落合さんを招いて授業書《沖縄》の講座を開催した場所)。
 新所沢の1つ手前の航空公園駅から,戻るようにして徒歩10数分です。
収容人数~50人(別に20人で使ってもかまわない)
環境~演奏や飲食が可能(毎年「旗開き」をやっている場所なので)。
 長机やパイプ椅子はたくさんある。トイレ・台所もあり
会費・・・3000円(弁当・教材・お土産など)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1時間目・・・12時~1時。家庭科。まずは美味しいお弁当でお腹を満たす。食後に自己紹介

2時間目・・・1時~2時。社会科&理科。授業プラン「狭山丘陵の自然と歴史」(肥さん作)

3時間目・・・2時~2時45分。音楽。「愛の世代ズ」の歌とМC。「おじいちゃんの唄」「新宿の夜」

休み時間・・・売り物のある人は,ここで販売する。

4時間目・・・3時~4時。道徳。mineさん作の道徳プランを楽しむというのはいかがでしょう

5時間目・・・4時~5時。技術科。肥さんの感謝の手品ショー。これまでの集大成となります

6時間目・・・5時~6時。学活とそうじ。「幸せになれるかもしれない鈴」の抽選会。片付け

忙しいは「心が亡くなる」と書きます

生徒会朝会の運営(昨日は学総体の壮行会が中心)が終わった後,
6分の5の授業(うち2つは,テスト返し)はやはり忙し過ぎた。
これで,他のトラブルが入って来なかったからいいものの,
部活動が「定休日」(実際は自主練ですが)だったからいいものの,
心身が疲労で,1時間だけ時間休をいただいた。

忙しいという字は,「心が亡くなる」と書く。
体は動いていても,心が行き届かないか心配です。
(さっそく失敗例がありました↓)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の部活動の記事に間違いがあり,ごめんなさい。
記事を書いているうち,大会前日のように頭が錯覚し,
以下のように書いてしまいました。
これは間違いです。早すぎました。
ご指摘,感謝いたします。

「なお,明日男バレは2時間の授業で,その後下校し,
再登校は午後1時で練習をしたいと思う。
(男バスは午前中にやるそうなので,フルコート使えるかも)」

2017年5月23日 (火)

「テスト返し」が始まる

採点も終わり,「テスト返し」が始まった。

私は前半にそれを行い,生徒へのアドバイスをすることにしている。
「今回は良かったので,「まぐれ」と言われないように次も頑張れ」だとか,
「今回はここで取れていないので,次回はここを頑張れ」だとか。
全員と細かくやるわけではないけれど,その子の様子を見て,「いいかげん」にね。

毎回の「授業の感想」には,奈良・京都クイズや「そうだ、京都行こう!」などへの感想が
たくさん書いてあってうれしかった。
ただのテストではもったいないので,そこでも会話を楽しんでいる肥さんである。
その他の感想では,地図記号カルタのこと,手品のこと,「夢ブログ」のことなど。
中には「母子で毎日のように読んでいます」なんて書いてあるのもあって,
うれしいやら恥ずかしいやら・・・。笑顔で読んでいただけるものを書かなければと思った。

2017年5月22日 (月)

仕事がススム君 5/21

昨日は,午後からの練習試合に備え,
午前6時からスタートした。

(1) 東村山郵便局へ書き留め郵便の受け取りに
(2) 2クラスの中間テストの採点(あと残るは1クラス!)

これで週明けのテスト返しが,予定通り(ただし,水曜日課)行える。

2017年5月21日 (日)

仕事がススム君 5/20

考えてみると,今回のテスト(5教科)を作ったり,
採点したり,返却したりしているのは,
全教職員の半分以下の人たちなわけで,
いくら「テストが忙しい」という人がいても,
だいたいが意に介されることなく,スルーされるわけ。

したがって,木・金にテストがあったら,土・日に採点し,
月から返却することが,当たり前のごとく行われる。
(おまけに現在許可を取らないと,家に持ち帰ることもできない)
昨日の休日出勤の成果は,以下の通り。

(1) 5クラス=170人ほどのワークのチェック
(2) 2クラスのテストの採点
(3) 部活関係のいくつかの仕事

これらができるのも,木下兄コーチのお陰である。
本当にありがたい。
あと1年を切ったけれど,
よろしくお願いいたします。m●m

2017年5月20日 (土)

「忙しさ」の物差し

小学校の授業を見に行くと,
教室前方の壁に「声の物差し」という図が貼ってある。
となりの人と話すぐらいか,班の人と相談するぐらいか,
クラス全員に聞こえるくらいかで,声の大きさが違うことを
わかりやすく表しているのである。
(質の違いを量で表すグラフとも言えるね)

翻って我々教員にとって,「忙しさ」の物差しはどうなんだろう。
どこかに掲示してあったり,注意してくれる人がいたり,
ATS(自動列車停止装置)が設置してあったりするのだろうか。
いや,そんな話は聞いたことがない。
いやいや,そもそもそんな話ができるほど暇ではない?(笑)

私たちの仕事は今や「忙しさ」が常態化してしまっているので,
「忙しい」という言葉を発することもできないくらい
忙しいのではないかと思っている。
優等生として育ってきた人が少なくないので,
従順で,対応能力が高く,少しくらいのことは我慢してしまう能力を
身に着けているのではないかと分析する。

それでも職場が平穏な場合はいいが,
そうでない場合はその要素もさらに加わるから大変だ。
私としては,「忙しさ」の物差しという概念を提起して,
退職の「記念品」とする所存である。
あなたの「忙しさ度」は,1~5のどこまで進行していますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

忙しさ度「1」・・・週末に気分転換をして,月曜日には元気を回復しよう

忙しさ度「2」・・・こまめに時間休を取って,週末までパワーを持たせよう

忙しさ度「3」・・・思い切って,平日に年休を取ろう。最近映画を見ていない人は観よう

忙しさ度「4」・・・サークルで悩み相談をして,「1人で悩む」という状態から脱出しよう

忙しさ度「5」・・・お医者さんに相談しよう。重くなってからでは,回復にも時間がかかる

BRICS

ちょっと中学生には難しいですが,
もはやニーズは「新興」とは言えなくなったので,ブリックスの話題。
最後の「S」がちょっと難しいかもね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高い経済成長率を誇ったブラジル、ロシア、インド、中国、
南アフリカの新興5カ国の英語の頭文字を並べた名称。
米金融大手ゴールドマン・サックスが南アを除く4カ国を2000年代初頭に「BRICs」と名付けた後、
南アが加わり、小文字の「s」が大文字に変わった。09年以降、毎年首脳会議を開催。
新興国の発言権を増すため、欧米中心の国際金融システムの見直しなどを求めてきた。
(2014-07-17 朝日新聞 朝刊 3総合)


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

2017年5月19日 (金)

「議案書検討で出された質問・要望・意見」の一覧

先程下に載せた上記の一覧表を入力し終わったので,
記念写真を撮影した。

P5190409

議案書検討には10日の日数が与えられているのに,
それをまとめて選ぶ仕事には1日しかもらえない。
(生徒たちはテスト中のため,いっしょにやれない)
こんな「悲劇」は繰り返してほしくないなあ。

本当に土曜日がなくなってから,
生徒会本部は活動をしにくくなった。
若い先生に魅力を感じてもらえない部署になっているのが
未来に向けて私の憂うるところである。

2017年5月18日 (木)

社会科サークル 2017年5月

1月の新年会以来,4か月ぶりに
上記のサークルに参加した。

1月のナーバスな事件に続き,新アパートの建設(建設会社や銀行とのやりとり),
卒業を祝う会の担当,部活の大会の連続(市民杯,1年生大会,モルテン杯,アザレア杯)と,
あまりにもハードな日々が続き,社会科サークルから足が遠のいていた。
5月は総会の行われる月でもあり,ここから再スタートしたい。
(これからも早速本日から,中間テスト,練習試合,学総体・市予選,
教育指導訪問,生徒総会,修学旅行など)とハードスケジュールが続くけれど・・・。(。>0<。)

参加者は,大石さん,篠原さん,宮崎さん,森田さん,高橋さん,私の6名だった。
最初に総会を行い,方針を確認し,会計報告も行った。
金太郎飴のような役割分担ではあるが,今の体制が能率的でもあり,
今年度もよろしくお願いしま~す。(私は,場所取りと会計)
残りの時間で,今話題となっている「教育勅語を暗唱させる幼稚園」の
ニュースのビデオを観た。戦争への反省から,1度否定されたものを復活させるとは・・・。
私たちは再び,教え子を戦場に送ることにならなければいいが。

ウィキペディア「教育勅語」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E8%82%B2%E3%83%8B%E9%96%A2%E3%82%B9%E3%83%AB%E5%8B%85%E8%AA%9E#.E7.8F.BE.E5.9C.A8

2017年5月17日 (水)

教育実習の思い出

私は大学4年の時,母校の中学1年の教育実習を経験した。
それが今の私にどのようにつながっているか,
いくつかヒントになるようなことを書いてみよう。

(1) ノーネクタイの2週間

ほかの実習生はネクタイだったが,
私はノーネクタイで2週間(月~土だった)を通した。
それは今も続いていると言えば続いていて,
入学式・卒業式(3年担当)~礼服
入学式・卒業式(1・2年)~背広
始業式・終業式~背広
その他~ノーネクタイのシャツやセーター。
ただし,下は背広のズボンという折衷様式である。
これくらいが「私の感覚」である。

(2) 生徒たちとしゃべったり,遊んだり

休み時間や昼休みは生徒たちといっしょに過ごし,
しゃべったりバレーボールの円陣パスをしたりした。
20代までは昼休みのサッカーやバレーをしたが,
さすがに足を筋をいためてからは室内で過ごすことに。
今でもヒマそうに見えるのか,けっこう生徒が話に来る。
ある生徒の発言,「せんせーは,ずかずか
入り込んでこないから話しやすいよ」だとか。

(3) 実習後に個人評の冊子をプレゼント

私がお世話になっている赤門塾では,
夏合宿の後その日々についての個人評を冊子にしていた。
それをB4判で4枚作った。
今考えると,やり過ぎた感じもあるが,
今につながっている気がしないでもない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その2年後の就職浪人の冬。
私は板倉聖宣著『日本歴史入門』(仮説社)と出会う。
この本に出会い,「こんなドキドキする授業がしてみたい」という
具体的なイメージが湧いてきたのだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの頃の生徒たちは,48歳くらい。
担当して下さった先生は,70歳くらい。
その後元気で過ごしていらっしゃるであろうか?

P5170401

P5170402


より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ