2020年1月17日 (金)

社会科サークル 2020年1月

昨日は,上記に参加した。

参加者は,大石さん,篠原さん,宮崎さん,私の4名。

残念ながら,期待された「若手の登場」はなかった。

私は『たの授』500号掲載の「私の好きな授業書《世界の国ぐに》」と

「新春対談~教師「新」入門」のコピーを持って行った。

メインの報告は,宮崎さんの「小4・三富の開拓(里芋を教室に持ち込んで)」。

農家から手に入れた里芋を教室に持ち込んで,子どもたちと授業をしていた。

実物の力がよく表れているものだった。(里芋1個では,心の動き方が小さい)

Img_6018

Img_6019

サークル後は,お正月に行けなかった房ya(イタリアン・レストラン)へ。

ひと月前に向陽中の話題で盛り上がった方に再会し,

昨日はNHK朝の連続ドラマ「スカーレット」の話題などで盛り上がった。

また,永遠の5歳・チコちゃんは房yaでは知る人がほとんどいないことが分かった。

先月ボトルキープした「百年の孤独」(40度の焼酎)は,飲むタイミングを失した。

Img_5849_20200117050801

2019年12月31日 (火)

夏のフィールドワークの記事・2編

歴教協の埼玉大会で,所沢の社会科サークルは

フィールドワークを担当した。

その様子を一つは「東京新聞」が報告してくれ,

もう一つは『歴史地理教育』11月号に掲載された。

篠原さんが文章で報告し,写真(一番下のもの)は

私のを使っていただいた。(航空記念館の会議室のもの)

Img_5913

Img_5912_20191231192801

 

 

 

2019年12月25日 (水)

裸眼視力が過去最低に

ゲームやスマホの影響だろうか,

さらに裸眼視力が下がり続け,過去最低だという。

「1.0」というのが「学習に支障がある」というラインらしく,

それより低くなっている子どもが多い。

だいたいでいうと,小学生3割,中学生5割,高校生7割だ。

(「七五三」と覚えられるかも)

【めがね新聞】

https://megane-shinbun.com/health/children-eyesight/

気になるのは,スマホ保有率。

どんどん上昇している気はしますが,いったいどれくらいなのでしょうか。

【スマホの保有率】

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1046970.html

こちらは,小学生3割,中学生5割,高校生9割でした。

(七五三どころか,九五三なんですね)

1438575m

2019年12月24日 (火)

公立小学校教諭の倍率が,2.8倍に

 昔「苦労は買ってでもしろ」という言葉があったが.

あまりの「ブラック企業化」にそっぽを向かれたのか.

公立小学校教諭の倍率が,これまで最低の2.8倍にまで下がっているそうだ。

これは良いことなのか,悪いことなのか。

ちなみに,これまで最高倍率だったのは2000年の12.5倍で,

これが「就職氷河期」と呼ばれるゆえんだ。

ただ,県によって差があるようで,最低の1.2倍から最高の6.1倍まである。

何県かは本文に書いてある。

また,中学校は5.7倍,高校は6.9倍と,やはり昔より下がっている。

(教科によっても差があると思うが・・・)

【公立小学校教諭の倍率が,過去最低の2.8倍に】

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-1223m040217/

Yjimage_20191224063001

2019年12月13日 (金)

社会科サークルの忘年会 12/12

昨日は社会科サークルの忘年会だった。

ここのところ新年会が続いていたが,

今年は例会とのからみで1月は難しいということで,

忘年会に変わったのだった。

参加者は,大石さん・篠原さん,宮崎さん,山田裕さん,私の5人と

ちょっと少な目だった。

私が社会科サークルに加わったのは,24歳の時。

以来37年の年月が流れた。

長らく新任が加わらなかったことで,

私は幸いなことに「若手代表」と呼び名を欲しいままにしていたが,

その私も一昨年現役を引退して,例会の参加者はほとんど退職後の方々。

しかし,それぞれテーマを持ち,それをひと月に1回報告しあうことで,

刺激をし合ってきた。(私は仮説実験授業と古田史学という異色ですが)

最近では,ほとんど社会科サークルのメンバーがそっくり登場する

「教科書問題を考える会」の方が盛ん(20名くらい)になっていて,

前回私も初参加した(報告者3人が顔見知りなので)が,

次回は30回目ということである。場所も,同じ場所である。

忘年会の会場の「かじまや」は新所沢駅西口7~8分のところにあり,

気軽に飲み食いできる沖縄料理の店である。

もし近くで寄れる方は,行ってみて下さい。

Img_5685

 

2019年12月 1日 (日)

〈貝塚のはなし〉が面白そう

ニコたのサークルの「はがきニュース」によると,

11月例会で福嶋さんが発表された〈貝塚のはなし〉がとても面白かったとのこと。

中里貝塚の地元の博物館と協力して作ったらしいのですが,

「縄文時代に分業が始まった」ということを生き生きと綴っているようです。

私にも資料を送ってもらえるようお願いしましたので,

届いたらまた「夢ブログ」で紹介しますね。

Yjimage_20191201042101

2019年11月30日 (土)

第29回教科書・採択問題学習会

初めて参加したが.3分の1が社会科サークルのメンバーで,

なんか社会科サークルに参加しているようだった。

全員で20人くらいの参加で,初めて会う人が半分くらい。

テーマは,「現代の課題と子どもの教育を考える」ということで,

普段は一人の講師を招いて話を聞くということらしいが.

今回は3人の内輪の方々のフリートークだった。

(知り合い3人が講師なので,敬意を表して参加)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)篠原さん~所沢飛行場・米軍基地返還運動と土砂搬入問題

(2)宮崎令さん~小学校新教科書はどうなっているか(社会・国語を中心に)

(3)宮崎俊さん~どう考えるか 徴用工問題

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

持ち時間が30分しかなくて皆早口だったが.

こういうのも良いのではないかと思った。

清戸道のウォーキングの疲れもあったので,

3人の報告が終わったところでオイトマチックさせていただいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回は,2月7日(金)。

講師は,児美川孝一郎さん(法政大学教授)。

演題は,「ソサイエティ5.0に向けた人材育成(文科省)とは何か?

~教育の何がどう変わってしまうのか?~」ということです。

2019年11月21日 (木)

赤門塾の合宿レポート2019

赤門塾の今年の夏の合宿のレポートが届いた。

(いつもよりかなり早いかも!)

この塾には私は中2の頃からお世話になっていて,今に至っている。

夏の合宿(といっても勉強はせず,いろいろな行事を楽しむ)は,

私が高1の時から始められ,長野県の鬼無里6年間と後山35年間と

群馬県の柳平4年間で,合計45回行われている。

私が参加したのは,鬼無里6回と後山4~5回の10回ほどだが,

10代後半から20代前半でその自由さを味わったことは,

その後の人生で大変役に立っていると思う。

というのも,前塾長である長谷川宏さんが「最低限のルール」のほかは,

自然の中で自由に過ごすことを第一の眼目として,合宿をやられたからである。

毎夜開かれるリーダー会議では,合宿の当日の反省が出され,翌日の方針が決められていく。

それは今考えると,まさに「合宿コミューン」なのだった。

その合宿が今も続いていることを考えると,今は参加していないがその経験を

日常に生かすことが大切なのだと考えている。

現職の教員の時は,管理の不自由さを特に感じ,

「こんなこと,赤門塾だったらあり得ない」と思ったことがしばしばだった。

若い頃学んだ「自由・平等」の感覚を,さらに合宿外に広げることが,

今の私の「不参加の仕方」だと思っている。

Img_5390_20191121103701

今年はさらに読みごたえのあるものになった

(前半日録+後半個人評=全150ページ)

 

 

2019年11月19日 (火)

徳川十五代将軍のニックネーム

あなたには,あだ名(ニックネーム)がありますか?

先程,ふと,徳川十五代将軍のニックネームというアイデアが,

私のノーミソに思い浮かびました。それを調べてみました。

「Yahoo!Japan」の「知恵袋」に出ていましたよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初代家康=古だぬき:なかなか本性を表さず、なうての戦上手、主に豊臣恩顧の大名が呼んでいたようです。
二代秀忠=恐妻家将軍:正室のお江与
の方には頭が上がらなかったとのこと。
三代家光=生まれながらの将軍:就任時に外様大名の前で自分は生まれながらの将軍であるといったことから。

四代家綱=左様せい将軍:政治は老中(新井白石)まかせでよく左様せいといったとのことから。

五代綱吉=犬公方:生類憐れみの令を作ったため。
六代家宣=特にこれといったあだなはないと思われますが学問好きの名君であったとのこと。

七代家継=特にこれといったあだなはないと思われますが側近任せの幼君(八歳で病没)であったとのこと。

八代吉宗=米将軍(鷹公方とも):幕府の財政を立て直すため米相場を常に意識したためから。

九代家重=小便公方:上野の寛永寺
に参詣のさい、23箇所も便所を設けたこから。病気のため,トイレが近かったらしい。 

※ ここまでは出ていました。ここからいろいろ調べてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

十代家治・・・詰将棋が得意で名をはせたとのこと。 あだなに「高段将軍」はいかがでしょうか?(将棋倶楽部24掲示板  

十一代家斉・・・わかっているだけで53人の子がいたらしいので,「子だくさん将軍」はいかが?(自分の子を大名の養子にやるため)

十二代家慶・・・「頭でか将軍」。肖像画や頭蓋骨から頭が大きかったことがわかるそうだ。院政の犠牲者で,「そうせい将軍」もありか。

十三代家定・・・「料理将軍」。料理が趣味で,イモやカボチャを煮て,側近にふるまったとのこと。

十四代家茂・・・「虫歯将軍」。甘いものが好きで,虫歯だらけだったらしいので。

十五代慶喜・・・薩摩藩が献上してきた豚肉が大好きで,「豚肉好きの一橋家の殿様」というところから,薩摩藩では「豚一様」と呼ばれたということです。その後,ラストの将軍になったが,期間はわずか。引退後,趣味の写真に凝り,明治はいうまでもなく,大正時代まで生きた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなサイトもありました。

徳川将軍家 全15人の性格、特徴、趣味、嗜好などをまとめた雑学的プロフィール

https://netlab.click/jphistory/36#i-52

2019年10月11日 (金)

「伝説の教師」第04話

私はあまりテレビを見ない人だったので,

「伝説の教師」という番組は知らなかった。

中居正広と松本人志が教師役の学園ものだ。

中居が表,松本が裏の役割分担という感じ。

薬と毒が両面を持つように,表と裏があって前に進むことも。

第4話は,「いじめ」がテーマ。

2人の先生たちは,どう解決していくのか。

【伝説の教師 第04話】

https://www.youtube.com/watch?v=g0az7NJZoKQ

【ウィキペディア「伝説の教師」】

https://ja.wikipedia.org/wiki/伝説の教師

「いじめより たのしい授業が やりたいな」

より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ