2018年9月26日 (水)

あなたは,牛丼に生卵をつけますか?

突然ヘンな題名が登場して,驚いた方もおられるかもしれない。
(「慣れてま~す」という読者の声)
ちょっと面白い話題がネットに紹介されていたので,リンクさせていただく。

成功者は牛丼に生卵をつけない?「年収1億円以上になる人」の習慣

https://news.nifty.com/article/economy/business/12147-8830/

私は「つける時もあるし,つけない時もある」かな。
だけど.3つの習慣は,守っています。

(1) 早起きは,三文以上の得    (⇔加齢性早起き症かも)
(2) 毎朝.体重計に乗る       (⇔乗っていても,なかなか減らない)
(3) 「聞く」と「褒める」姿勢を持つ  (⇔本当は聞いてほしい褒めてほしいが)

2018年9月25日 (火)

海か湖か,それが問題だ

社会の科学МLで,岸さんがある新聞記事を紹介していた。

「カスピ海沿岸5か国で,カスピ海の領有権に関して合意した。
カスピ海が「海」なら,沿岸国に領海や排他的経済水域が認められる。
「湖」なら,領海の規定はない(関係国で調整)
石油資源や交通路や国防などで重要拠点。
海ならたくさん接する国が有利だが,
湖となれば外交交渉で狭い国でも広げることができる。
結局のところ,海でもなく湖でもなくと特殊な状態ということで妥協。
「海」的にある程度の領海や経済水域を認めつつ,
「湖」的に海底資源などは当事者国で話し合うとともに,
カスピ海沿岸ではない国の軍隊が入ることは認めない。
1996年からの交渉がようやく決着しました。
(日本経済新聞2018年8月18日」)」

「石油や天然ガスなどの地下資源が豊富だったことがもめた原因の一つでした。
これで,開発を進めることができるでしょう」とコメントされていた。
カスピ海のもう一つの特徴である「塩湖」であることも関係したかな,と私は思いました。

2018年9月24日 (月)

「1人の法則」と「集団の法則」

これは」「人間の法則」とい呼んでもいいのかもしれないが,
人間は1人で行動する時と集団で行動する場合では,
その態度に大きな差があるということである。

1人では心細いので何もできない人間でも,
集団となると「私1人ではない」と気が大きくなって
あるいは,自分だけが反対することはできないと考え,
とんでもないことをしてしまう。

その「とんでもないこと」がプラスの方向だったらいいのだが,
少なからずこういうことはマイナスの方向で働くもので,
「赤信号みんなで渡れば怖くない」的な行動として表出する。

学校ではこういう集団心理的なことはあまり教育しないが,
学校は社会の縮図.学校でこそ教えるべきではないかと思う。
では,いつどんな形でどう教えるか。それは今後の課題である。
(私が現役教師だったら,社会科で教える。
戦争も革命も人間がやってきたことだから,歴史の時間がいいかな)

2018年9月13日 (木)

「ヘンな研究」候補(豆腐の角に・・・)

山田さんのお気に入りの「ヘンな研究」候補を見つけました。
(もしかしたら川瀬さんもお好きかも・・・)

「豆腐の角に頭をぶつけて死ね」るかを追った研究です。

本当に久しぶりにこの言い回しに出会いました。
「豆腐の角に頭をぶつけて死ね」です。
そこで,ちょっと調べてみました。
まずネット検索をしました。

豆腐の角に頭をぶつけて死ね

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1412/24/news158.html

すると,「ニコニコ動画」におもしろい研究があるらしいことがわかりました。

ニコニコ動画

http://www.nicovideo.jp/watch/sm25955896

山田さん,いかがですか?
「ヘンな研究」候補になりますでしょうか。

2018年8月31日 (金)

元ホームレス一座が命の授業

2学期のスタートが楽しみになる学校や授業でありたいものです。
インターネットの記事からリンクしました。

元ホームレス一座が命の授業

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6295306

2018年8月27日 (月)

最後の卒業アルバム

私にとって最後の卒業アルバムを,昨日入手した。
この学年は,入学から卒業まで全部副担任だった。
それまでの生徒たちとは接し方が違っていたと思う。

行事の際には少々寂しい気持ちになったりもしたが,
「学年全体を見守る」という形でサポートしてきた。
また,3年間手品を毎月の最初の授業でやったり,
学総体と新人戦をすべて市内優勝で飾れた3年間だった。
(もちろんコーチのお陰だけどね)

授業も「背骨となる授業書」をきちんと配置し,
全ての社会科かるたを行い,楽しいビデオも見せた。
(2年生の途中から音読や5問テストといった基礎学力的取り組みも)

そんな学年だったから,これまでとちょっと違う感じがする。
先日「34年ぶりの同窓会」をやった50歳の彼等とは10歳違いだが,
なんと彼等とは45歳違いなのだから・・・。
なので,彼らが50歳で同窓会をやったとすると,

50+45=95!

アパートのローンを完済して,笑顔で出席しよう。
もちろん手品のレパートリーももっと増やしてね。(o^-^o)

Dscn3245


所沢市上安松の発掘現場 8/27(最終回)

昨日で発掘が終りだった。
午後3時に雷がなるということで,
それまでの「突貫工事」となった。

私は午前9時に1回顔を出して予定を聞き,
再度午後1時半にカマドの内部を発掘する作業を見守った。

この2か月,Sさんを通して,現場の方々とも親しくなれ
またYさん,Hさんにも広がる「人間関係」の発掘も楽しみ,
本当に有意義な日々だった。

その刺激を得て,武蔵国府と武蔵国分寺の研究も大きく進展した。
昨日は公立施設は定休日ということで図書館はお休みだったが,
また別な形の新知見が入った。明日から再開する調査に生かしたい。

そして,発掘と考古学の関係について,今回考えを深めることができ,
還暦をハッピーに過ごせている自分の幸運を思った。

「無事に家に帰るまでが遠足だよ」と学校の先生はよく言うのだが,
あの雷の前に「無事に埋め戻すまでが発掘だよ」という状態に戻せたか,
私は祈ることしかできない。

お世話になった皆様,ありがとうございました。m●m
また近いうちにお会いしましょう。(o^-^o)
(9月後半から,また発掘が始まると聞いた。w(゚o゚)w
しかも今回より近い場所らしい。やったね!)ヽ(´▽`)/

Dscn3240


2018年8月26日 (日)

アルバム,出来たかな?

3月末までいた中学校で,私は卒業アルバムの担当者だった。
さすがに最後の校正までは出来なかったが,
退職の忙しさの中自分なりに頑張った。
例年だと6~7月に出来上がるものなので,
本日午前中に古代史の調査をした後,
学校近くの店で昼食がてら取りに行きたいと思う。

最近は卒業アルバムもせちがらくなって,
「先生方の分は,学校から無料・半永久で貸与される」という形となる。
「そんながたがた言うなら,生徒と同じ金額を払いますよ」と思うのだが,
これもご時世というものかな?

これで最後となる卒業アルバム。
果たして,その出来はいかに?

2018年8月24日 (金)

所沢市上安松の発掘現場 8/23

昨日は,天気を心配してか,作業がなかった。
それゆえ,Sさんにも『よみがえる古代武蔵国府』を渡すことが出来なかった。
この本,結論は違っているけど,いろいろ勉強むになる本です。
税込み500円。こんなにカラーページが多いのに,破格の値段です。

Dscn3179

Dscn3181

2018年8月22日 (水)

所沢市上安松の発掘現場 8/21

昨日は,晴れたり曇ったり降ったりと天気が二転三転し,
ドローンの空中撮影がうまくいくか心配だった。
しかし,予定通り白いボディーのドローンは,
4つのプロペラを回して飛び上がり,
遺跡上空で静止して下の様子を撮影してくれた。
15人を超える関係者が集まったところをみると,
やはり空中撮影は,発掘期間の最終段階「晴れの日」という気がした。
竪穴授居のかまどなど,これから掘っていくという。
最後まで見逃せない今回の発掘だ。

(ドローン)

(遺跡の写真)

より以前の記事一覧

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ