2019年11月18日 (月)

イルカのコンサート

イルカのコンサートのチケットを昭島公民館で入手した。

併設のKOTORIホールで2月に行われる。

私がイルカを知ったのは,「なごり雪」という大ヒット曲で,

深夜放送で流れていて「いい曲だなあ」と思ったからである。

何回かはコンサートにも行っていると思う。

癒される歌声とおちゃめなMCがなんとも良い。

寒い2月に心を温めようと思って買った。

Img_5378

【イルカ「なごり雪」】

https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB+%E3%81%AA%E3%81%94%

E3%82%8A%E9%9B%AA&tid=90b0f05469248866611f538e1b31d5b9&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1

2019年11月17日 (日)

頭慢ライブ@石垣島(たかしの店)2019・11・15

頭慢さんの最新ライブをリンクします。

今回はアップされてから3時間という,即リンクです。

明日は月曜なので,今日アップすると狙っていました。

では,ライブをお楽しみ下さい。

20191117_2040782

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【頭慢ライブ@石垣島(たかしの店)2019・11・15】

http://20f.jugem.cc/?day=20191117&PHPSESSID=5asdnuivc1r7to5t9qlrrbrpg3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先月に引き続き、お店目当てでたまたま来店した人(グループ)がライブを聴いてくれた。

そして、とても楽しんでくれたようだ(おひねりもらった)。

毎月来てくれるお客さんも、もちろんうれしいが、一見さんに楽しんでもらうのもうれしい。

おかげさまで、今月も満員に近い入り(一時)。

 

さて、今月ライブ第一部テーマは「ヤドカリは仮の宿」。

いつもの、朝の海で、「ヤドカリ」→「カリノヤド」という言葉遊びが頭に浮かび、それをテーマにしてみた。

語りたいことは、そこから案外簡単に浮かんだ。

でも、内容がちょっと地味だろうかと心配。ところが、心配無用。心と身体、輪廻転生。そんな抽象的な話を、お客さんが面白がってくれたのはうれしかった。

語りたいことが浮かんでから、それにひもづけた選曲、セットリストづくりには手を焼いた。

トーク内容が地味で、歌う曲の方も地味になってしまいそうで。

後半、第二部の方も、今回はセットリストにああでもこうでも(まあ、それを考えるのは、ライブの楽しみの内ではある)。

第二部の最初にウクレレ弾き語りを持ってくるのは、今月の既定路線。

11月15日ということで、埼玉県民の日の翌日、埼玉な歌を入れようかとも思ったのだが、どうにもバランスが悪かったりで、さいごは、「今、歌いたい歌を歌う」これで、決まり。

●第一部

 

1.渚に風

2.さよならメゾンココナッツ

3.ヤギのお母さん

4.歌にならないルサンチマン

5.ヤドカリは仮の宿

6.海と擬人法

 

4.は、作った時から、どう演奏したらよいやら手強い曲。演っては納得いかず寝かせてで、今回、またチャレンジ。ベース音を強調すると、もっとまとまるかな。

5.は、第一部のトークのテーマ曲であり、今月の新曲。コンセプトがはっきりしてたので、わりとすんなり歌詞が出来て、レゲエ風なリズムにしようと、すんなりと曲も出来た。まあ、曲は出来たばっかりで安定してないけど。これから育てていく感じの曲だ。

 

●第二部

 

7.場処

8.海に居るよ

9.さしみ屋

10.雨のギャラリー

11.猫の国へ

12.誰か僕と内緒の話をしよう

13.天使が空から落ちてきた

 

アンコール

14.バナナのブルース(feat. Miho)

 

7.8.少し前にウクレレを買って、ウクレレに合う曲として、持ち歌から二曲。そのうち、ウクレレ曲も、また、作ろう。

10.いつものように糸賀ちゆきさんの絵を画面にスライドしながら。ちゃんとビデオ化しないとと、ずっと宿題。

12.少し前に織田哲郎さんのライブを観て、曲名を紹介しないで続けて歌うのも、カッコいいなあと、真似てみた。以前は、曲名を歌う前後に必ず言うのがこだわりだったのだが、ちょっと考えが変わった。

13.今、歌いたい歌という事でラスト曲。演奏パフォーマンス上、色々と、お客さんにすまないと思う事もあって反省なのだが、こっそりと次の糧に。

14.アンコールは、全く予期せず、たかしの店で毎月フルートソロのライブをやってるMihoちゃんとのデュエット。バナナ~♪

 

来月は、12月25日クリスマスの開催とした。

でも、あんまりクリスマスの思い出って無いなあ。何しゃべろう?

クリスマスな歌を、なんか作ろうか。

 

 

●第一部

※ 一曲目欠けてます。

https://youtu.be/mqnq8BQPVM8

 

2019年11月15日 (金)

椎名林檎の「ニュートンの林檎」

一昨日の11/13(水)発売。

「初めてのベスト盤」だという。

新米の椎名林檎ファンとしては,うれしい。

このアルバムには,宇多田ヒカルとのデュエット曲=

「浪漫と算盤」も収録されているので,

宇多田ヒカルファンでもある私には,さらにうれしい。

酒処「まこ」で聴いている時には,酔っているせいもあるけれど,

歌詞がノーミソに入りにくい。

今歌詞を見ながら歌を聴いてみると,その言葉選びにたじろぐ。

20代でこういう歌を作っていたのだから,やはり才能があるのだろう。

Img_5374

2019年11月12日 (火)

「歌舞伎町の女王」の口笛

「歌舞伎町の女王」という椎名林檎の歌があって,

酒処「まこ」ではしょっちゅうかかる。

その途中で,口笛が入るところがあって,

私はその主が彼女ではないとなんとなく思っていた。

しかし,事実は「思いつき」より奇なり。

実際に彼女が吹いている映像があったのでリンクします。

「そんなこと知っていたよ」という人はスルーして下さい。

私には「貴重な映像」なもので・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

椎名林檎「歌舞伎町の女王」

https://www.youtube.com/watch?v=v9X68cf40FU

2019年11月 4日 (月)

平曲の会 11/3

昨日は,4巻の「源氏揃」と「宮御最期」だった。

「初めての方がいらっしゃいますので・・・」ということで説明が長くなり,

1曲目がスタートするのが1時間半後となってしまい,

さぞかし川瀬さんもお疲れだったことだろう。(2曲連続となったので)

1月は,元に戻って第2日曜日です。短めのもの4本のようです。

念のために調べたら,「富士川」はても長いものでした。

サイトに載っていた「25分」ではとても終わらないような気も・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第六回:20201月12日(日)

 「大庭早馬」(10分)(巻5-5):頼朝挙兵

 「朝敵揃」 (20分)(巻5-6)「伊豆院宣」(25分)(巻5-11):平家討滅の院宣・王朝の分裂

 「富士川」 (25分)(巻5-13):平家追討軍の大敗 

Img_5197_20191104045501

 

2019年10月29日 (火)

永遠の嘘をついてくれ

この曲もいいと思っています。

旅先で聴くと,また格別に。

【吉田拓郎&中島みゆき「永遠の嘘をついてくれ」】

https://utaten.com/movie/xa15021741/

トイレの神様

「トイレの神様」は,もう10年くらい前になるんですね。

「この曲は絶対ヒットすると思うよ」と中学生たちに話した記憶があります。

【植村花菜「トイレの神様」】

https://www.youtube.com/watch?v=FICOU3b04-Q

2019年10月24日 (木)

沖縄の歌

youtubeに「沖縄の歌」というのが出ていて,

ちょっと聴いてみたくなったのでリンクします。

沖縄音階(レとラがない)のせいか癒されるんだよねえ。

よろしかったら,ご一緒に・・・。

【沖縄の唄】

https://www.youtube.com/watch?v=_XX5OFMFHK4

Img_5059

2019年10月23日 (水)

頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2019・10・18

上記の頭慢ライブをアップしました。

どうぞお楽しみ下さい。

20191022_2030906

【頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2019・10・18】

http://20f.jugem.cc/?day=20191022

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セットリスト

 

●第一部 ・・・・・テーマ「記憶のオートファジー」

1.新しい物語

2.ルート17(2013)

3.天使が空から落ちてきた

4.Fuseな時代

5.函館のおやぢ

6.都会から来た人は

 

●第二部

7.ヤギのお母さん

8.函館のおやぢ

9.さしみ屋

10.バナナのブルース

11.誰か僕と内緒の話をしよう

12.葉音 - Sound of Leaf -

 

2.作詞:BARL

そのほか、作詞・曲:頭慢(とーまん)

 

「記憶のオートファジー」というテーマだが、オートファジーとは動物の細胞の中でタンパク質を分解する仕組みである。

タンパク質は悪くなったら壊されるのでなく、元気なうちに壊される。動物には、積極的に壊す仕組みが用意されてるのである。

それをひとの記憶に言及。記憶というものも、揮発して無くなっていくわけでなく、積極的に分解される仕組みが人には備わっているのではないかというのが、今回のテーマ。「記憶のオートファジー」である。

こんな、とっつきにくいテーマに、意外にもお客さんは食いついてくれた。

こういう芸風でライブをやって来て良かったと思う瞬間だ。

3.は、今月の新曲。悔恨と昇華をテーマにしたラブソングである。

 

第二部は、初めてのお客さん向きに定番な曲を並べた。

そんな中に、先月つくった10.バナナのブルース。これを「ひとりデュエット」で歌って、とっても好評いただいてしまった。こういう歌がメインのミュージシャンと思われても困るのだが、まあ、変化球の投げられるピッチャーではありたい。というか、変化球も投げられるとこがウリだとは思ってる。

 

ラストソングは、ジェーンとターザンが来てくれたこともあり、その頃の定番ラストソングで、12.葉音。そういえば、葉音さん、元気でいるかなぁ。

 

来月もこの流れで、金曜日開催です。
11月15日(金)、埼玉県民の日の次の日。

2019年9月20日 (金)

頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2019・9・14

頭慢さんの最新ライブがアップされました。

さっそくリンクさせていただきます。

アンコール曲が「猫の観察からわかること」でしたが,

最近「良野」が戻て来た我が家としては,心にしみるものがありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20190918_2017201

【頭慢ライブ@たかしの店(石垣島)2019・9・14】

http://20f.jugem.cc/?day=20190918&PHPSESSID=oiiq6am0lmv31c3pj71pg5h7m6

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●第一部

 

1.渚に風

2.両棲類

3.マージナル

4.ヤギのお母さん

5.いつかシロクマ

6.海と擬人法

 

●第二部

 

7.等しく雨の降る街で

8.Be Satisfied

9.バナナのブルース

10.さしみ屋

11.涙のさいたま新都心

12.函館のおやぢ

13.誰か僕と内緒の話をしよう

 

●アンコール

 

14.猫の観察からわかること

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ