2017年9月23日 (土)

以心伝心~愛の世代ズ編

私が昨日「スローライフの夕べ」に参加できなかったことを見て,
愛の世代ズのたべさん&るてさんが,その様子をアップしてくれた。
参加された皆さんの様子を知り,私は参加したと同じくらいうれしかった。
(もちろん,実際にお会いしたかったですが・・・)
どうもありがとう!しかも私はそれを,
「視聴回数1回」というタイムリーな時間に聴くことができた。
以心伝心とは,こういうことを言うのだろうか・・・。

あいせだの★わがままレイディオ(第108回)

あいせだの★わがままレイディオ(第109回)=写真編

実は,その前にアップされていたのが,
「昨日,愛犬ラッキーが旅立った」という記事だったので,
私はそのことに哀悼の意を表明しようとして,
以下のサイトを探していたのだった。

犬の年齢~人間でいうと・・・

ラッキー君はきっと“雲上にて”
愛の世代ズのことを
見守ってくれていると思いますよ。

※ 「雲上にて」は,愛の世代ズの最近の曲。
 おおらかな歌声で,私も気に入っている。


2017年9月22日 (金)

安室奈美恵さんの記事

「来年の9月16日で引退します」※
というニュースに驚いた安室奈美恵さんだが,
10年前『AERA』誌にいろいろ語っていたそうだ。

サイトのニュースに載っていたので,
リンクしてみました。
よろしかったら,お読み下さい。

安室奈美恵さんの記事

※ (公式サイトに公開された引退コメントの全文)

ファンの皆様へ
ファンの皆様、
いつも応援していただきありがとうございます。
先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。
皆さんの応援、支えがあって25周年目をスタートできた事に
心から感謝しております。
ありがとうございます。
今日は、私が長年心に思い、
この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います。
「わたくし安室奈美恵は、
2018年9月16日をもって引退することを決意致しましたので、
この場を借りてファンの皆様にご報告させていただきます。」
引退までのこの1年
アルバムやコンサート、
最後にできる限りの事を精一杯し、
有意義な1年にしていきたいと思ってます。

※ 9月16日は,昨年「夢ブログ」が100万アクセスを達成した日でもある。
もうあれから,1年たったわけである。

2017年9月20日 (水)

愛の世代ズの最新ライブ情報

先ほどあいぜだの★わがままレイディオ(第106回)を聴いていたところ,
10月8日(日)に午後7時から,高円寺のライブハウスに出演すると告知されていた。
名前が「無力無善寺」というユニークなところである。
5組くらい出演するうちの1つで,どういうことになるかは不明だが,
ギター中心に以前のスタイルを見られそうで,行ってこようと思っている。
10月もまた,楽しみである。

あいせだの★わがままレイディオ(第106回)

無力無善寺スケジュール

YouTubeはいろいろアップされているが,
かなり驚くような内容なので,リンクは遠慮しときます。
その筋では有名な三上寛がライブを行うこともあるようです。

三上寛は,第3回全日本フォークジャンボリー(1971年,中津川)で,
岡林信康の後に「夢は夜開く」の替え歌を歌い,大歓声を浴びたそうだ。
無名の若者が,一挙に注目された日であった。

2017年9月 8日 (金)

頭慢ライブ(9月2日)@たかしの店(石垣島)ほか

今月も頭慢ライブがアップされました。
今や毎月の楽しみの一つになっています。
私にとっては,「自分のために開かれているライブ」のような存在なのです。

「夢ブログ」の読者の中には,頭慢のことをよくご存じの方もいるし,
まったく初耳の人もいることでしょう。
頭慢の歌が私に与えてくれる力を,おすそ分けできたらと思います。
今月もやはり「ヤギのお母さん」がセットリストに入りました!

頭慢ライブ(9月2日)@たかしの店(石垣島)

http://20f.jugem.cc/?eid=404

「ヤギのお母さん」(8月27日バージョン)

https://www.youtube.com/watch?v=ZJ0Zp4THLZs

2017年8月24日 (木)

「肥さん,おめでとう!」

「あいせだの★わがままレイディオ」の最新回(第98回)は,ナント私の特集であった。w(゚o゚)w

https://ameblo.jp/ainosedaizu/entry-12301879608.html

愛の世代ズは,リーダーたべさん(女性)とメンバーるてさん(男性)の2人の芸能ユニット。2年半前の12月20日(土)に立川の音楽酒房「農家」に出演した頭慢さんのライブにしゅーぞさんに連れて行ってもらった時彼らに出会った。それ以来,縁あって彼らとはお付き合いが続いている。

「おじいちゃんの唄」「新宿の夜」などをはじめとした楽曲は私の平和教育や人間関係の在り方の考えに通ずる部分があり,私はいつしか彼らの応援団長(最近では「のぼり旗」も作成)ということになっているが,実態は「相互応援」関係で,励まし励まされている関係だ。最近では,彼らは,特に歌に専念しようと気持ちも新たにレコーディングに励む毎日だ。彼らの歌が受け入れられる日が私の生あるうちに来るのかどうかはわからない。しかし,それを信じて私は生きていこうと思うし,応援団長でいたいと思う。最近彼らには「雲上にて」という新曲が誕生した。新境地という感じがする。

話を戻すが,なぜ「最新回」が私の特集だったかというと,今日は私の59回目の誕生日だったからだ。1年前の今頃も,「与野ハウス」(頭慢さんご夫妻のマンション)祭りで彼らと会い,誕生日を祝ってもらった。今回は,「わがままレイディオ」を通してのお祝いとなった。その「与野ハウス」の頭慢さん夫妻は,今は沖縄・石垣島の住人であり,月一回のライブを行い,「ヤギのお母さん」という名曲を作り,早くも現地の方たちの人気を得ている。学び・発信する人には必ず応援者が付くという「人間の法則」は確かにあるのではないかと思う。(o^-^o)

P7010680

P7010669

2017年8月21日 (月)

遅延の飛行機で「大地と大空の中で」を熱唱

1時間遅延の飛行機の中で起きた,
さわやかな話を知った。

遅延の飛行機で「大地と大空の中で」を熱唱

https://www.j-cast.com/2017/08/21306272.html?p=all

「大地と大空の中で」は大変有名な曲だが,
それを遅延の飛行機の中で
しかも松山千春本人から聴けた乗客は,
「遅れて良かった!」と思ったかもね。

ちなみに「大地と大空の中で」の歌詞には,
「生きることがつらいとか苦しいだとかいう前に,
野に育つ花ならば力の限り生きてやれ」という
チクリとした部分もある。(1時間遅れたくらいで?)

大地と大空の中で

https://www.youtube.com/watch?v=tB8qCLpvcLE

発達障がいの研修の後で

昨日の職員研修で堀川ひとみさんのことを知り,
また帰宅後の検索で野田あすかさん(「のだめカンタービレ」の
モデルとも言われる)のことを知った。(ゲストに栗原類くん)
2人のYouTubeをリンクした。

堀川ひとみ「ねえ」

https://www.youtube.com/watch?v=RkJH_iU--yA

「金スマ」が野田あすかさん特集 2017.7.28

http://www.dailymotion.com/video/x5v5ap1

栗原類さん,発達障がいを告白

http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/25/kurihara-rui-developmental-disability_n_7439134.html

2017年8月20日 (日)

おなかの出る歌

「さっちゃん」の作詞家としても知られる阪田寛夫さんは,
もう一つ「おなかのへるうた」でも有名である。
この歌は子どものための歌なので,
今朝私が「大人のための歌」を作ってみた。
題名は「おなかの出る歌」で,「おなかのへるうた」は童謡ですが,
こちらは大人の「動揺」(ミスプリではありません)です。(笑)
メロディーは,「おなかのへるうた」で歌ってみて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 どうしておなかが出るのかな?

ビールを飲むから出るのかな?

サワーを飲んでも出るもんな・・・

かあちゃんかあちゃん おなかと背中が離れるぞ

2 どうしておなかが出るのかな?

運動しないと出るのかな?

ひと汗かいたら生ビール・・・beer

かあちゃんかあちゃん おなかと背中が離れるぞ

2017年8月 9日 (水)

頭慢ライブ@石垣島・たかしの店 2017年8月

頭慢の8月のライブがアップされていたので,
リンクしました。どうぞお楽しみ下さい。

「少しずつ少しずつ高みをめざして行く」
頭慢さんの生き方に賛同します。

ゆっくり丁寧にスタートする「世の中の全ての事がわかるかい」。
第1部の最後の「ヤギのお母さん」が,沖縄の人の心に届く気がしま~す。(笑)

頭慢ライブ@石垣島たかしの店

http://20f.jugem.cc/?mode=comment&act=captcha

2017年7月28日 (金)

新アレンジ「おじいちゃんの唄」(愛の世代ズ)

「視聴回数1回」という表示が出ているので,
応援団長の肥さんが,希しくも新アレンジ「おじいちゃんの唄」の
最初のリスナーということになったのだろうか!

そんな気持ちで聴いた「おじいちゃんの唄」は,
私が2年半前の12月に聴いたものとは,
180度(角度は定かでないが)違うものであった。

確かに「おじいちゃんの唄」なのだが,ポップな感じで,
歩いている人が,「なんだろう?」と足を止めてくれそうな気もする。
(もちろん初めて聴いた時のバージョンが,私にとっての原点ではあるが)

いずれにせよ,客層によって複数のバージョンを持っていることで,
選択肢が増えるというのは,今後の「営業」にとって有利に働くことだろう。
新バージョンの「おじいちゃんの唄」,あなたも聴いてみませんか?

あいせだの★わがままレイディオ(第92回)

https://www.youtube.com/watch?v=AE_uFCBt8JQ&feature=youtu.be

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ