2021年9月18日 (土)

Soundyは「人間交差点」

Soundyでくつろごうと,今日も自転車を走らせた。

頑張れば10分足らずで着いてしまう音楽の都(ウィーンか。笑)である。

そこには先日のように遠くからのお客様も来れば,

「実は地元なんです」というお客様もいるようだ。

とりあえず,私から声を掛けて,目の前のお二人と

ジャズやフォークソングやビートルズの話をすることができた。

気軽に話しかけてしまったが,初めてのご来店らしい。

音楽というのは,初対面でも意気投合することができる素晴らしい文化だと思った。

さて,もう一組のカップルが来店し,奥の方の席だったのでお話は出来なかったが,

マスターの話によると,なんと!「夢ブログ」を読んで下さっている方らしいということだ。

こんなに近くに読者の方を発見することになろうとは,本当に驚きである。

家を出る時には,思いも寄らなかったことだ。

Soundyは「人間交差点」(矢島正雄・作,弘兼憲史・画のマンガ)でもあると思った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間交差点(ヒューマンスクランブル) 1

 

 

2021年9月17日 (金)

Soundyで「第九話」

猫背の治療が終わってSoundyに着いた時,

顔なじみの御夫婦が向かいに座っていらした。

ベートーベンの「レクイエム」が掛かっていたのだが,

奥様が毎年のように「第九」に参加していらしたことを教えて下さった。

普段はニコニコと話を聞いていることがほとんどで,

もっぱら旦那様とお話ししているのだが,

急にスポットライトを浴びて,顔がパッと明るくなっていた。

お二人には,会える日より会えない日の方が多いのだが,

「第九話」として記しておきたいと思う。

ちなみに,6月あたりに申し込みをして,約半年練習し,

本番は12月第1週か第2週に発表会となるらしい。

(12月後半は,プロが演奏会を行うため)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第九と皇帝

2021年9月16日 (木)

Soundyで「ジャズ喫茶探訪」

今日Soundyに寄ったところ,

初めて来店したらしきカップルがいらした。(私より少し先輩)

一応「怪しい者ではないです」という感じで,

「ご近所の方ですか?」とお尋ねしたところ・・・

なんと茨城県からいらしたということが分かった。

わざわざ茨城県からSoundyをめざしていらっしゃるとは,どういう訳かと思ったら,

趣味が「ジャズ喫茶探訪」だということだった。(なるほど!)

これまで全国のジャズ喫茶の店を訪ねること1000軒あまり。

「これをもとに本を作りたいのですが,まだ「全国」と名乗れないのは,

鳥取県だけは行ったことがないんです。米子市には結構あるらしいのですが・・・」

とにかくジャズが大好きで,マスターと話し始めると,その店のこと,店主のこと,

レコードのことなど,いくらでも話が続く。(対談集ならすぐ出来ると思った)

私も「ブログをやってまして,「Soundyで〜」ということで書かせていただいています」

と名刺代わりに,バッグに入れてあった紙を差し上げた。

(以前マスターに差し上げた,顔入り名詞を渡していただいた)

「音楽」というカテゴリーのところに50以上書いていますので,ご笑覧いただければ幸いです。

聞くところによると,いろいろな店で「ジャズを掛けながら仕事をしている人」がいるらしい。

喫茶店はかなりフツーの方に属するが,床屋,八百屋,魚屋・・・と信じられない話だった。

ぜひそんな話を紹介する本が出してほしいな・・・と,名残惜しくもお別れの時間を迎えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8547_20210916140801

Img_0279_20210916141201

Img_8725_20210916141801

2021年9月12日 (日)

平曲会 9/12

本日は,平曲会の日である。

「歴史にイフは禁物」というが,木曽義仲なんとかならないの?という感じだった。

次回は義経が活躍する話らしい。楽しみである。

 巻8ー11・・・鼓判官

 巻8ー12・・・法住寺合戦 

2つとも長いものでした。お疲れ様!

Img_0002_20210912181601

          新カメラ,初の1枚です。

 

2021年9月 9日 (木)

Soundyで「音楽と主旋律の発見」

Soundyで今日もジャズ中心に音楽を楽しんだが,

「音楽にとって,ジャンルにかかわらず,

〈主旋律の発見(発明)〉というのがとても大きい」

ということで盛り上がった。

クラシックもジャズも,歌謡曲もフォークソングも,

名曲と呼ばれてきたものは,主旋律が愛されてきた。

あとはその展開ともいえる訳で,

他の分野でも言えることではないかと思った次第です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8547

2021年9月 6日 (月)

頭慢ライブ@石垣島(たかしの店)2021・9・2

最新の頭慢ライブお届けします。

前回から間が短く,ご苦労様でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●第一部

1.海と擬人法

2.函館のおやぢ

3.To what do I belong?

4.さしみ屋

5.アフリカの風

6.バイオフィリア

7.涙のさいたま新都心

 

●第二部

8.等しく雨の降る街で

9.ヤギのお母さん

10.雨のギャラリー

11.制服

12.天使が空から落ちて来た

13.サイコロゲーム

14.選ばなかった未来へ

 

●アンコール

15.飛び出し注意

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【頭慢ライブ@石垣島(たかしの店)2021・9・2】

http://20f.jugem.cc/?day=20210905

2021年8月31日 (火)

「魔笛」の夜の女王のアリアの歌詞の意味は?

モーツァルト作曲のオペラ「魔笛」の夜の女王のアリアはあまりにも有名で,

聞いたことがある人も多いと思います。

劇的なオーケストラの演奏をバックに,高音の音程を正確に歌いきる

見事な表現だからです。(確認のために「魔笛」をリンクしました。5分ほどです)

https://tsvocalschool.com/classic/der-holle-rache/

で,この歌詞はいったいどういう内容なのだと,ふと思いました。

同じ疑問を持たれる方もいると思うので調べてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「Der Hölle Rache kocht in meinem Herzen(復讐の炎は地獄のように我が心に燃え)」は

モーツァルト作曲のオペラ「魔笛」の第14曲で夜の女王(ソプラノ)によって歌われるアリアです。

「魔笛」はモーツァルトを代表する作品で、1791年に作曲されました。
台本はエマヌエル・シカネーダーによって書かれました。

娘であるパミーナ(ソプラノ)に宿敵ザラストロを殺すように命じている場面で歌われます。
その音型にはコロラトゥーラ技法※が多く取り入れられ、夜の女王の復讐心が強く感じられます。

※ 音楽用語。細かい音符の連続やトリルなどの装飾音型を用いることによって、軽快で華やかに動く技巧的旋律のことをいう。18、19世紀のオペラアリアに多くみられ、モーツァルトのオペラ『魔笛(まてき)』の夜の女王など、その名人芸的旋律に適するソプラノをとくにコロラトゥーラ・ソプラノとよんだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

地獄の復讐心が私の魂に煮えたぎる、
死と絶望が私の周りで燃え上がる!
お前によってザラストロが死の苦しみを感じないなら、(お前がザラストロに死の苦しみを与えないなら)
お前はもはや私の娘ではない。

永遠に勘当し、
永遠に見捨て、
永遠に粉々に打ち砕く
全てのあるべき絆を。
もしお前によってザラストロが青ざめないなら!
聞け、復讐の神よ、母の誓いを聞け!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もの凄い歌詞ですね。

言葉が継げません・・・。

2021年8月28日 (土)

本日から,オカリナを始めることにしました

本日から,オカリナを始めることにしました。

前からフォークギター以外の楽器を弾きたかったのですが,

いくつかの候補の中から,これを選びました。

何かソロ演奏できるものをやってみたかったのです。

学校で習うリコーダーを横にした感じですが,

とりあえず「チューリップ」はできました。

上手くなって皆さんの前で,2年後の「200万アクセス達成記念の会」

で演奏したいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_1461

       教え子の働くイタリアンの居酒屋で

2021年8月24日 (火)

頭慢ライブ@石垣島(たかしの店)2021・8・21

最新の頭慢ライブをお届します。

ひと月というのは,あっという間に経ちますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●第一部 <夏休みの思い出>

1.サマーコンサート

2.すてきな夏休みPartⅢ

3.夏のプレパラート

4.その時、僕は

5.プールサイド1980

6.夏休みの宿題

7.飛び出し注意

 

●第二部

 8.ヤギのお母さん

 9.さしみ屋

10.コペルニクス考

11.キミと会えたからボクは

12.新しい物語

13.烏合の囚人

14.転生の恋

 

●アンコール

15.バナナのブルース

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【頭慢ライブ@石垣島(たかしの店)2021・8・21】

http://20f.jugem.cc/?eid=497

2021年8月20日 (金)

愛の世代ズの「おじいちゃんの唄」と戦争神経症

今朝ふとあの愛の世代ズの「おじいちゃんの唄」は,

昨日のクロ現の「戦争神経症」に関係するものではないかと思いついた。

「上官の命令は天皇の命令」で,逆らうことは出来なくされ,

しかも「戦場で見たことやったことは口にしてはならない」となったら,

時代の流れに乗るか,神経症になるか迫られる。

好好爺に見えていた「おじいちゃん」は時代の流れに乗ったに見えたが,

認知症になったのがきっかけとなり,自分が戦場で経験したことをしゃべりだした。

我慢し押し殺してきただけに,それは人が変わったような勢いだった。

そして,そこを彼らは切り取って,見事な「反戦の歌」にした。

そう考える時,立川のライブスタジオ「農家」で

初めて「おじいちゃんの唄」聴いた衝撃が蘇ってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【愛の世代ズ「おじいちゃんの唄」視聴篇】

https://www.youtube.com/watch?v=UKioOBKW_P8

Img_6324

より以前の記事一覧

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ