2017年7月26日 (水)

あいせだの「音楽宣言。」

土用の丑の日の熱帯夜。
熱にうかされたわけでないが,
表題の宣言が出された。

あいせだの「音楽宣言。」

https://ameblo.jp/ainosedaizu/entry-12295912816.html

この夏からの彼らの活躍に期待したいところだが,
応援団長の日さんとしては,
これを機に「愛の世代ズ」の楽曲についてPRする話を書こう。

私があいせだに出会ったのは,2年半ほど前の12月。
場所は,立川の音楽酒房・農家であった。
その時聴かせてもらったのが「おじいちゃんの唄」で,
私の中の平和教育とも結びついて,その後の日々が築かれることとなる。
その外にもたくさん楽曲があって,とても紹介しきれないが,
一部だけコメントを書くと,以下のような感じである。

「おじいちゃんの唄」・・・戦争について語らなかった祖父が,認知症になって急に語り出した。
「新宿の夜」・・・彼らの原点の地・新宿には,たくさんのホームレスたちがいた。
「大丈夫」・・・誰しも心が傷つく時がある。そんな時,あなたにもこの歌を送りたい。
「恋はだいたい3,4年で終わる」・・・「4年離婚説」という本があったが,ホルモンと関係あるらしい。
「痛み止め」・・・あなたが辛くなった時の「痛み止め」は何ですか?私の場合は・・・
「雲上にて」・・・心が軽くなる感じで,好きだなあ。あいせだは,わりとシリアスな歌が多いから?
「家に帰る」・・・私はあまり経験していないのですが,仕事で疲れた上に電車で帰るとさらにむなしく・・・。

その他,題名だけ。
「欲」「君よ幸せであれ」「フィクサー・イン・ザ・シェルター」「あいまい」「俺が欲しいものは」
「友へ」「芸人仲間の唄(正式名はわからない)」「どこまでも」「夢を見ましょう」「夢と現実」
「トラウマ」といったところでしょうか。

一部しか聴いたことがないものもあり,完全版かどうか定かでないですが,
少しは愛の世代ズのイメージが伝わることを期待して,掲載しました。
「おじいちゃんの唄 愛の世代ズ」などと検索すると,YouTubeで聴くことができる。

おじいちゃんの唄 愛の世代ズ

https://www.youtube.com/watch?v=ZxXFgXK7yNE

新宿の夜 愛の世代ズ

https://www.youtube.com/watch?v=4GoLxiWyNAk

2017年7月19日 (水)

頭慢の7月ライブ@石垣島「たかしの店」 2017.7.4

石垣島「たかしの店」でのライブも5回目。
すでに私の楽しみとして高齢化いや恒例化しているのだが,
今回はいまいち調子がでなかったらしい。

しかし,新しい挑戦をしているからこそ,
調子がいい日もあればそうでない日もあるわけで,
また次回を頑張って下さいと願うだけです。

でも,アンコールにもあがった「ヤギのお母さん」という
ちょっと沖縄風の楽しい歌がレパートリーに加わったというのは,
素晴らしいことではないかと思う。
この曲は「沖縄に行ったからできた曲」。
そういえるんじゃないかな?

<セットリスト>

●A面

1. 超能力がある(詞・曲:とーまん)
2. 両棲類(詞・曲:とーまん)
3. すてきな夏休み(詞・曲:とーまん)
4. ヤギのお母さん(詞・曲:頭慢)
5. Dead December(詞:秋葉信雄+頭慢・曲:頭慢)
6. 等しく雨の降る街で(詞・曲:頭慢)

●B面

7.あめふらしの心(詞・曲:とーまん)

8. 渚に風(詞・曲:頭慢)
9. 雨のギャラリー(詞・曲:頭慢)
10. さよならメゾンココナッツ(詞・曲:頭慢)
11. あの頃の与野ハウス(詞・曲:頭慢)
12. ルート17(詞:BARL・曲:とーまん)
13. 葉音(詞・曲:頭慢)

●感謝のアンコール

ヤギのお母さん(詞・曲:頭慢)

ヤギのお母さん

https://www.youtube.com/watch?v=2XZs4r9Oj0o

この歌を聴いて,「忘れられないご馳走」という授業プランのことを思い出しました。
沖縄にはヤギの肉をお祝いに食べる習慣がある。
せっかく可愛がって子供たちが育ててきた子ヤギも,
やがて世代交代の時期がきて,そういう運命となる。
すでに娘がいるというお母さんヤギも,実はそういう中の一頭なのである。
「飼い主の家でお祝ごとがある」「娘のことはよろしくね。後のことは頼みます」
という歌詞は,それを暗示している。

人間は,動物たちの命をいただいて生きている。
そういう歌を頭慢は作りたかったのだと思う。

2017年7月 3日 (月)

佐藤龍一「LOST & FOUND」

上野の野外ライブで入手した上記のCDを聴いている。
題名は,「遺失物取扱所」みたいな意味だそうだ。
32年ぶりに発表した作品という意味も込めているのだろう。
個人的には,「生まれてこなかったものたちへ」が気に入った。

佐藤龍一氏の略年表みたいなものを書いてみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(アルバムの解説より私が作成)

1952年,生まれる。

  ・
  ・
  ・

1972年,伊藤薫氏と「龍+1」でデビューする。

1974年,エレックレコードよりデビュー・アルバム「ひとつのめぐり逢い」(龍とかおる)を発表。

1975年,「龍とかおる」を解散する。「あわせ鏡」(龍)でソロデビュー。

1976年暮れ,インドへ旅立つ。瞑想道場に入門。中近東を経て,陸路でドイツへ。

1977年秋,帰国。

1979年,アメリカへ。ストリートでギターを弾く。さらにヨーロッパへ。放浪の旅。

1985年,1年間のニューヨーク生活を終えて,帰国。

その後,ゲームなどのサウンドトラックを制作。20年間に1000曲以上を作曲。

  ・
  ・
  ・

2002年秋,20年間連れ添った恋人の病状が悪化。その年の暮れに死別。
また,生涯の親友だったミュージシャン・茂木由多加氏が亡くなる。

この間,音楽講師(日本工学院専門学校・八王子校芸術学部)も勤める。

2007年春,再び歌い始める。

2008年,アルバム「LOST & FOUND」を発表。

  ・
  ・

2017年,アルバム「LEGACY OF LOVE」を発表。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(ウィキペディアの佐藤龍一略年表)

1972年 - 伊藤薫とフォークデュオ「竜+1」結成、キャニオンレコードよりデビュー。のち「竜とかおる」と改名、エレックレコード所属。
1974年 - 「竜とかおる」解散。シンガーソングライター「龍」としてソロデビュー。また、作詞家、作曲家、ギタリストとしても活動。
1976年 - 歌人福島泰樹と出会い「短歌絶叫コンサート」を始める。1976年から1992年の10回にわたり、アジア、中近東、ヨーロッパ、北アフリカ、北中米、30か国を放浪。
1980年 - 吉原幸子、谷川俊太郎の現代詩に作曲、歌手高橋ていこをサポート。
1985年 - ビデオ、CM、映画の音楽制作。
1991年 - 演算星組のマルチメディアソフト、リトルウイングのピンボールゲームシミュレーションソフト、アーベルのアドベンチャーゲームソフトなどの音楽をてがける。
2000年 - 日本工学院専門学校八王子校芸術学部にて非常勤講師(2006年まで)。
2006年 - アコースティックユニット「Cuebock」に加入、ギタリストとして活動。
2007年 - エレックレコードに在籍していた他グループのメンバー達とグループ「the ELECTRIXs」を結成。メンバーは佐藤龍一,杉山TOM智一(EG)(元ベル、つのだひろ&ジャップスギャップス)藤井章司(Drums)(元一風堂、スモーキーメディスン2009年2月没)牧田和男(EBass)(元四季、海援隊)の四人編成。
2008年 - チベット解放運動に積極的に参入、チベットを題材にした曲の制作やライブ活動を行う。
2008年 - 2008年11月26日、32年ぶりのソロアルバム「LOST & FOUND」をSOUNDforteよりリリース。
2017年3月-自らのレーベルMIOTRON RECORDSを設立。アルバム「LEGACY OF LOVE」をリリース。


傘もある(「傘がない」の替え歌)

♪国会では 暴言吐く 議員が 増えている
毎日 観ている テレビで やっていた
だけども 問題は 今日の雨 傘もある

行かなくちゃ 上野のライブに行かなくちゃ
大きな荷物を引っ張り 雨の中

冷たい雨が 都会の空に降る
「あいせだ」のぼり旗を 持って行かなきゃならぬ
なんと きついことだろう~♪(笑)

2017年7月 2日 (日)

7.1 上野・野外ライブ

西武球場と似ていて,屋根はあるが外気は流れるので,
屋外なのか屋内なのかよくわからないが,
一応野外ライブということにしておこう。

【スローライフ2周年記念ライブ】

数学に強い私としては,2年前の2月開店したのだから
「2年半」というのが正確だと思うのだが,
スローライフの2周年記念ライブが昨日行われた。
おめでとうございます!

まずこういう機会を設けてくれたスローライフさんにお礼を言いたい。
若い音楽人(おとらくびと)たちに,発表の場を提供して下さった。
そして,第18番目の「トリ」として愛の世代ズも出演しすることができた。
(観客は,スローライフだったら満員の人数だったけどね)

【こんなにたくさん音楽(おとらく)の形がある】

12時頃からほぼ全編に参加したので,いろいろなグループを聴いた。
その中で感じたことを一言で言うと,
「こんなにたくさんの音楽(おとらく)の形があるのだ」ということである。
そして,その人たちが何らかの刺激を受けて,また新たな音楽(おとらく)段階へ進む。
それを垣間見ることができたことが収穫だった。こういう形の「教育」もあるんだね。

【圧巻・佐藤龍一タイム】

ライブの半ばで特別ゲストの出演があった。佐藤龍一さんである。
頭慢さんが師と仰ぎ,愛の世代ズの「おじいちゃんの唄」を編曲して下さった
そして世の中的に有名なのは,あの「竜とかおる」で一世を風靡した方である。
(かおるは,作詞家&作曲家の伊藤薫氏)
なお,検索したら「法政大学中退」と書いてあったので,龍一さんは私の先輩でもある。

このステージを観られた・聴けたことが,この日の大きな収穫だった。
歌詞に込めたメッセージとギターテクニック。しびれましたよ~!
(この日に売られていた2枚のCDも買わせていただいた)
さらに素晴らしいなと思ったのは,出演後も会場に残って,
決して上手だとは言えないような(失礼!)若い人の歌にも手拍子してあげていた。
ここに私は音楽(おとらく)人の達人の姿を見た。
音楽は,それを愛するすべての人に開かれている。平等だ。
そして,その愛し方についても自由であるということ。
上手・下手を超えた大切な境地を,スローライフさんと龍一さんは共有しているんだろうね。
いわば,音楽心というものを・・・。

【愛の世代ズのステージと「あいせだ」のぼり旗】

第18番目の出演者が,愛の世代ズであった。
スローライフなら満員だが,さすがに1000人規模の会場だと少なくなった。
最多時は,茶柱五郎さんや佐藤龍一さんが出演した午後4時頃で300人くらいだった。
「おじいちゃんの唄」「新宿の夜」「痛み止め」の3曲だった。
2人は大きな会場で,やや緊張しているように見えた。
「おじいちゃんの唄」の歌詞が反響して,私にはやや聞き取りにくかった。
たべさんの真赤な衣装とたたずまいが,るてさんの声質の良さが印象に残った。
私も会場の後方に,出来立ての「あいせだ」のぼり旗を飾って応援した。

【あいせだの★カラオケ打ち上げの会と肥さんの「皿回し」教室】

その後,7人の有志で打ち上げの会を,普通なら安く済むであろうカラオケ店で行った。
その顛末(てんまつ)は,以下のサイトでどうぞ。

あいせだの★わがままレイディオ(第82回)

https://www.youtube.com/watch?v=H9MN3jkwLDE&feature=youtu.be

PS 帰りの電車では,しゅーぞさんとのださんに大変お世話になりました。
ありがとうございました!

2017年7月 1日 (土)

肥さんの「新宿の夜」

昨日は,退庁と同時に飛び出し,浅草橋へと向かった。
「あいせだ」のぼり旗を手にするためである。
午後7時にお店に到着し,さっそく拝見。
「いいものができましたね。きっと喜んでもらえますよ」と担当の方。
愛の世代ズに2人にも,囲む人たちにも喜んでいただけたら幸いである。

その後,私は新宿のビックロ(ビックカメラ+ユニクロの両方がビルに入っている)へ。
パソコンの設定を依頼するためだ。
よく「ブログを書いているので,機械にも詳しい」と勘違いして下さる方がいらっしゃるが,
それは「走るのが速いなら,泳ぐのも速いだろう」というのと同じである。
そういう人もいるとは思うが,私はノット・アット・オール(まったく~できない)なのだ。

少しはチャレンジしてみるのだが,
途中でパソコンの指示していることが理解できなくてストップしてしまう。
それが重なると「もう余計なことはしないでおこう」となってしまうのである。
ああ無情。

ということで,明後日あたりには「復旧」となる予定。
そうしたら,これまで通り,ブログの更新も,メールのやり取りも
快適にできるようになると思う。
あっ,その前に大量のスパムメールを削除しなくては・・・。

愛の世代ズに「新宿の夜」という曲があるが,
肥さんの「新宿の夜」は,このように更けていった。

愛の世代ズ「新宿の夜」+きんさん!

https://www.youtube.com/watch?v=OGDBNyz65VY

2017年6月30日 (金)

私と「7月1日」への思い

最初に「7月1日ライブ」の話を聞いた時,
「よりにもよって,7月1日とは・・・」と思ったものだった。

その日は,月に1度の高崎サークルのある日であり,
おまけにテストまであと3日のところ。
しかも,愛の世代ズの当日の出番はラストで,
過去のトラウマ(あいせだ祭で数曲のみしか聴けなかった)もある。
この時点では,さすが応援団長の私も「即決」という訳にはいかなかった。

それが「あいせだ★ラジオ」の視聴を続けるうちに,気持ちが変わってきた。
高崎サークルは今後も続くが,このスローライフさんのライブが
愛の世代ズにとって,次のステップへのきっかけとなるかもしれないと。
(この間「肥さんの歌」バージョンⅢの登場もあった)
さらに「夢パ」に出てくれた人たちに再会できるかもしれない・・・と。

しかし,あのトラウマを乗り越えられたのは,たとえ出演時間がなくなっても
その後に「囲む会」を開いたらいいのではないかと思いついたからだった。
幸いこれは,愛の世代ズの採用するところとなり,
打ち上げの会をカラオケ店で行うことになった。
私の脳は次のステージへと進んだ。

会場の条件を知るにつけ,「あいせだ★うちわ」ではとても対応できないと思い,
この際「あいせだ★のぼり旗」を登場させるチャンスではないかとひらめいた。
その結果,スローライフさんへ私が通う浅草橋駅近くに,
のぼり旗を製作して下さる会社を見出したのだった。

この後は,すでに「夢ブログ」に書いた通りだが,
そこに至るまでの気持ちの変化を書いてみた。
幸い高崎サークルの様子は,すばらしい「速報」システムがあるので知ることができる。
なにしろ最先端の「参加しなくてもいいサークル」を標榜する未来型サークルだからだ。
(その意味するところは,「参加する価値がない」というのとは正反対のものである)

「あいせだ」のぼり旗の紹介について

本日の「わがままレイディオ」で・
愛の世代ズが「あいせだ」のぼり旗について紹介して下さった。

あいせだの★わがままレイディオ(第81回)

https://www.youtube.com/watch?v=-aqY6xsMD1M&feature=youtu.be

ライブの中でこれについて触れるか触れないか思案していらしたが,
もう「わがままレイディオ」の紹介だけで十分ですからね。
でも,もしMCのネタが不足していたり,流れ上自然であれば,どうぞ紹介して下さい。
(それなりのリアクションをさせていただきますので(o^-^o))

なお,この「あいせだ」のぼり旗は,10枚以上まとまると,
一挙に単価が下がり,1枚2500円でお分けできます。どうぞご希望下さい。(予約販売)
また,「あいせだSТAFF★Tシャツ」(L)1500円も扱っております。当日も持参の予定。

2017年6月29日 (木)

上野・野外ステージ

いよいよ明後日になったが,
上野・野外ステージ(旧水上音楽堂)にて,
愛の世代ズがライブに出演する。
どんな会場なのか,検索して調べてみることにした。

上野・野外ステージ

https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&p=%E4%B8%8A%E9%87%8E%E9%87%8E%E5%A4%96%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8

これはかなり広い会場である。
「あいせだ」のぼり旗がさっそく役に立ちそう。ヽ(´▽`)/

2017年6月28日 (水)

「あいせだ」のぼり旗を作ります!

愛の世代ズの「あいせだ」のぼり旗を作りたいと前から思っていた。
しかし,そうは思っていてもなかなか形には出来なかった。

第一,数十人の規模のライブ会場でのぼり旗を立てても,
場違いな形になってしまって,しらけてしまう。
そこは,せいぜい「あいせだ」うちわくらいが相応しいのである。

ところが7月1日(土)の上野公園の野外ステージでのライブは,
キャパ1000人の場所らしい。
これはまさに,「あいせだ」のぼり旗の登場の無二の機会ではないか!
そう私はひらめき,日曜日に浅草橋を歩いてみた。
どうやら,のぼり旗の生地は手に入りそうだが,
手書きまたはスプレー書きの素人っぽいものになってしまいそうであった。

昨日,テスト前の諸活動停止期間に入り,私は再び浅草橋をさまよい,
ついにプロの力を借りて2本ののぼり旗を作り始めたのであった。
(2本目から単価が下がるため。2~9本は同じで,10本目からさらに下がる)

私がイメージ画を紙に描いて,担当の方に打ち込んでいただいた。
「方針がはっきりしていて,仕事がやりやすいです」とほめられたよ!

概要としては,黄色い生地に「愛の世代ズ」と赤色で大書(行書体),
その下に紺色で「おじいちゃんの唄」と「新宿の夜」を添えて,
どんな曲が聴けるのかのヒントを出してみた。
(あと,表現しにくいが,単調にならないように
飾りを斜めに流したのだが,それは当日のお楽しみ!)

ザボ東京

https://ameblo.jp/best-planning/entry-12079246529.html

PS 支店長さんの名詞を頂いたのだが,
その苗字が「宇南山」で,小学校の中学年で教わった先生と同じだった。
福島県の猪苗代湖あたりの苗字らしい。
私は生涯で2人目の「宇南山さん」にお会いしたのであった。

PS2 納品は,ライブ前日の6月30日(金)。
仕事を終えてから,取りに行くつもりです。

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ