2019年1月27日 (日)

「嵐」が2020年に20周年で活動休止

20年の長きに渡って,よく頑張ったものだと思う。
彼らも結婚したいだろうし,そのタイミングもあっての発表か。

どのメンバーもスマップのように特徴があり,
それぞれ人気番組やドラマを主演していて,活躍していた。

もう後続も育ってきているし,潮時でしょう。
まあ,最後に「もうひと稼ぎ」というところか。

「嵐」が2020年に20周年で活動休止

https://news.nifty.com/topics/yomiuri/190127310026/

2019年1月 4日 (金)

フィンガー5の三男・正男君の今

二中の話題が出たところで,フィンガー5を話題を少々。
東村山二中は私の母校だが,ある日フィンガー5の三男・正男君が
同級生になるというビッグニュースが沸き起こった。

私はクラスも違ったので話すことはなかったが,
そういう人がいるんだというのは,
なんとなくウキウキするものだった。

今彼は何をしているのだろうと,検索してみた。
「フィンガー5 正男 現在」
そしたら,沖縄料理の店をやっているということが分かった。
中学生の時,自分が還暦で何をやっているのかなんて,
彼にも全然わからなかっただろうね。
(私も教員生活を終えて,今は古代史研究に燃えているなんて・・・)

ちなみに,中三トリオの山口百恵・桜田淳子・森昌子も,
私たちと同じ還暦の仲間なのである。

「~年生まれ」で検索すると,どんな人と同い年かわかりますよ。

正男君の今

https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120413/enn1204130753001-n1.htm

2019年1月 3日 (木)

「きゃりーと名乗って10年・・・」

「きゃりーぱみゅぱみゅ」という芸名を,これまで一度も噛まないで言えたことはないけど,
そんなことをしている間にも,彼女は10年間芸能界に存在し続けた。
「もう飽きた」と口にするのは簡単だけど,「10年で飽きられた」ということは,
「9年間飽きられなかった」ということの裏返しでもあって,
それが「今でも520万人のフォロアーがいる」ということでもある。
つまり,それが21世紀の「今」を表しているのかもしれないということだ。
お正月なので,時間のある人もいるでしょうから,たまにはこんな記事もいいのかも,と。

きゃりーと名乗って10年

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00010000-bfj-ent.view-000

2018年12月11日 (火)

AKBじゃない自分は何者なのか―大島優子、30歳で見つけた答え

AKB48もだいぶ様変わりしたが,
初期のメンバーの「自分探し」の旅ということだろうか。
大島優子さんのアメリカ留学報告です。

AKBじゃない自分は何者なのか―大島優子、30歳で見つけた答え

https://news.yahoo.co.jp/feature/1164

2018年10月 3日 (水)

スターとして,父として(田原俊彦の幸せ)

芸能界ですごく人気のあった人が,
ある時期を境に,マスコミから,
「消えたスター」扱いされるようになる。

それはスターとして不幸なことなのか,それとも・・・。
田原俊彦を追ったこの報告は,
いろいろ考えさせてくれると思うのでリンクさせていただきます。

スターとして,父として,田原俊彦の幸せはどこにあったか

https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/スターとして、父として…-田原俊彦の幸せはどこにあったか/ar-BBNOVeL?li=BBfTjut&ocid=spartandhp#page=2

2018年9月16日 (日)

樹木希林さんの訃報

女優の樹木希林さんの訃報が入った。
享年75歳だという。
最近観た「万引き家族」はとてもいい作品だと思ったが,
がんの痛みに耐えながらの撮影だったのだろう。

ウィキペディア「樹木希林」

https://ja.wikipedia.org/wiki/樹木希林

ウィキペディアを読んでいたら,
彼女の一家って,音楽一家なのだと知った。
薩摩琵琶や筝の演奏者だらけなのだ。
その中で女優を目指したということは,
それなりの葛藤があったかもしれない。

2018年9月 3日 (月)

「身代金が…」真由子が明かす父津川雅彦さんの決意

先日俳優の津川雅彦さんが亡くなったが,
その娘さんが,ドキュメンタリー番組「俳優・津川雅彦さんをしのんで」の中で
こんな話をしていたそうだ。
いい話だと思ったので,リンクさせてもらいます。

「身代金が…」真由子が明かす父津川雅彦さんの決意

2018年7月 3日 (火)

桂歌丸さんの訃報

落語家で,「笑点」の司会などで知られる桂歌丸さんが昨日亡くなった。
私の新任校で「芸術鑑賞」に古典芸能ということでお呼びしたことがあって,
なかなか生徒たちが静かにならなくて気をもんでいたら,
歌丸さんは,聞こえるか聞こえないかの小声で話し出し,
高座が終わる頃には1000人以上の生徒たちを引き付けていた。
さすがプロは違うなあと,この時思った。
また,死ぬまで高座に上がり落語を話すことに執念を燃やした姿も,
心に残るものがあった。

桂歌丸さんの訃報

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000106-dal-ent

「笑点」メンバーの追悼の言葉

https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/『笑点』メンバー、桂歌丸さんを追悼-円楽「頼る人が居なくなりました…」/ar-AAztmQN?ocid=spartandhp#page=2

2018年5月31日 (木)

そして誰もいなくなった・・・

かつてはAKB48が「肩で風を切っていた時代」があったが,
今は乃木坂46もかなり浸透してきて,
かつてほどの強烈な印象はないが,
それでも「第10回総選挙」をやっているという。

速報(暫定1~120位)

https://www.oricon.co.jp/news/2112469/full/

ついに私も「卒業」ということになりそうだ。
顏と名前が一致する人が誰もいない。
そして誰もいなくなった・・・。

かつては,CD売り上げ枚数等を調べたりした。
「会いたかった」「ヘビーローテーショ」ローテーショなど,
元気をもらえる歌が私は好きだった。

CD売り上げ枚数のグラフ化

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2011/06/cd-5b05.html

第3回総選挙の結果のグラフ化

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2011/06/post-5129.html

年齢構成のグラフ化

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2011/11/4-cc6d.html


2018年5月29日 (火)

キムタクと工藤静香の次女がモデルデビュー

ネットのニュースより。

キムタクと工藤静香の次女がモデルデビュー

https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/27/koki-model_a_23444777/

「人は人、自分は自分。
誰かと比べることなく自分を信じる強さと、
長所と短所をしっかりと見つめて前に進むことの大切さ。
それを教えてくれた両親が私の誇りです」

なかなかいいしつけをしているようだ。
彼女の今後の活躍を見守りたい。

より以前の記事一覧

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ