2017年4月 8日 (土)

『歯はみがいてはいけない』

森昭著,講談社+α新書,840円+税の
上記の本を入手した。

P4070190

高校の物理の先生が,「私は歯を磨かない」と言っていて,
生徒たちは「えーっ,汚いなー」と一斉に引いたことがあったが,
確か「口の中のペーハーは,人によって個人差がある」という話だった。
だから,「自分は磨かなくても虫歯にならない」ということだったが,
そんなことは高校生には通じず,「えーっ,汚いなー」で終わった訳である。

著者の森さんは,現役の歯科医師である。
自らの経験と研究の成果から,
「歯をみがくこと」のメリットとデメリットについて考えている。
そして,「磨かないこと」に軍配をあげているのだ。
といっても,以下のような条件の上でではあるが。

● 「食べたらすぐみがく」というのは,日本だけの習慣。
ほかの先進国では,むしろ「すぐみがいてはダメだ」と言われている。(唾液の役割)

● 歯ブラシは1カ月以上同じものを使っていたら,ばい菌でみがいているのも同然である。

● 市販の歯みがき剤は,ほとんど意味がない。むしろ,つけすぎると害になる。

● 世界的には,小さな虫歯は治さずに,生活習慣を改善することで様子を見るという流れになっている。

親からも,学校の先生からも,そして歯医者さんからも「食べたらすぐみがきなさい」と言われ,
素直に従ってきた私たちにとっては,驚天動地の内容である。
では,森さんの考えによると,どのようにしていけばいいのか,3つだけ例をあげてみる。

〇 食事直後の唾液の役割(再石灰化)をじゃましてはいけない。

〇 歯につまったかすは,デンタルフロスを使って取る。唾液の通り道を作るためである。

〇 みがくなら,「就寝前」と「起床直後」。口の中は,感染症となる細菌の温床なのである。
この細菌の塊が「歯垢」である。デンタルフロスの方が効果的だが。

私の要約で興味を持たれた方は,ぜひ本書をお読みください。
歯の健康は,「寝たきりコース」から「健康創造コース」へのカギを握っていると森さん書いています。
「自分の健康は自分で守る」という意識が大切とのことです。

PS 私はだいぶ前から歯磨き粉(研磨剤)の使用をかなり減らしています。

PS2 朝起きた時と寝る前にうがいをしますが,(1) 口の中の細菌を出す (2) 喉の奥の細菌を出す
という順番を意識しています。いきなり喉の奥のうがいをして,口の中の細菌を侵入させないためです。

2017年3月28日 (火)

故事ことわざ辞典

「故事ことわざ辞典」に,孔子の言葉が出ている。
私の好きな孔子の言葉(論語)の1つだ。
いっしょに味わっていただけたら幸いである。

故事ことわざ辞典

http://kotowaza-allguide.com/a/ayamachitearatamuru.html


2017年3月22日 (水)

『浮世に言い忘れたこと』

九想話で紹介されていた上記の本を読み始めた。
三遊亭圓生著.小学館文庫である。
帯に,「稀代の噺家が魅せる落語版「花伝書」」とか
「この本は“自分をこしらえる”テキストです(童門冬二・作家)」
などという誘い文句が並んでいる。

P3150014

略歴には,「1900(明治33)年大阪府生まれ。
幼少期から子供義太夫として寄席に出演。
09年に落語家に転向し,20年,19歳で真打に昇進。
継父の5代目圓生逝去後の41年,6代目圓生を襲名する。
60年に芸術祭文部大臣賞,72年には芸術祭大賞を受賞。
人情噺,滑稽噺などが得意。代表作に『寄席育ち』など。
79年,79歳の誕生日に逝去」とあった。

亡父もまた同じ79歳で亡くなっている。
亡父の小言はなかなか素直に聞けなかったので,
その分圓生師匠のお言葉を
これからのためにしっかり聞いておこうと思う。(^-^;

2017年3月 1日 (水)

『散歩の達人』誌に勤務校が・・・

同僚の先生が『散歩の達人』誌を手に
いろいろな先生に話しかけている。
どうやら最新号に勤務校が登場しているらしい。

P2282460_2

P2282459

見せていただくと(その後私も購入),
「所沢・飯能・狭山・入間」が特集されていて,
そのP24~25にあるイラストの右下にに勤務校が描かれていた。
「狭山湖&トトロの森でバードウォッチングのすすめ」という題名である。
私たちはあまりにも近すぎて「見えなく」なっていたが,
勤務校はこのような自然のど真ん中に30数年前に建てられた。

トトロの森というのは,ナショナルトラスト運動の一種で,
皆でお金を出し合って土地を買い,
大規模な開発を防いでいく自然保護運動のことである。
私も教え子が関わっていた関係で,30年程前から
「トトロのふるさと財団」の会員である。
(毎年3000円の会費と同額のカンパを支援している)


2017年2月 6日 (月)

『縄文時代史』

勅使河原彰著,新泉社刊,2800円+税
の上記の本を神保町で見かけた。

P2082290

縄文時代の専門家である勅使河原さんには,
(当時学校の事務の先生をしながら,明治大学で教えていた)
私が30代の頃,選択社会科で,
縄文時代を教える講師に来ていただいた関係だ。
その後著書も何冊か読ませていただいた。

著者紹介によると,昨年古希を迎えられたそうで,
読んだ感想に古希のお祝いを添付したい。

内容は,以下の通り。

内容詳細:縄文時代とは、どんな時代だったのか?
激変する自然環境のなかで、縄文人はどのように自然と折り合いをつけて
独自の縄文文化を築き上げたのか。
最新の発掘と科学研究の成果をとりいれて、縄文時代のはじまりから終焉までを描く。

目次:1 縄文文化の誕生(最終氷期の環境変動/ 「草創期」という時代 ほか)
2 縄文人の生活と生業(竪穴住居の出現と定住集落の形成/ 新しい環境の創造 ほか)
3 縄文人の社会(住居の営みと集落の仕組み/ 集落と村落のつながり ほか)
4 縄文文化の発展と限界(縄文文化の広がり/ 東西日本の地域差 ほか)
5 縄文から弥生へ(日本列島の自然と農耕の条件/ 農耕社会の形成 ほか)


『東山道武蔵路』

青井傑著,民主文学館,1600円という本を神保町で見つけ,
今アマゾンで注文した。

P2082316

「古代七道のひとつ東山道。K市に見つかった遺構を歩いていた婦人が突然悲鳴をあげた。
いったい何があったのか-。
表題作をはじめ、つましい庶民の暮らしにも影を落とす戦争の痛ましさを描き、
平和の願いを鎮める佳篇群。」
と解説には書いてあった。

著者の紹介としては,満州事変の年である1931年に生まれ。
東京都で中学社会の先生をなさり,組合の役員もされた方のようだ。
私の研究対象である「東山道武蔵路」は,
青井さんの「東山道武蔵路」とは違うのだが,
いきなり書店の本棚にこの題名が出てきたので驚いた。
お元気なら85歳になられているはずだ。
住所が出ていたので,読んだ感想と私の研究の話を書いてみたい。


2016年12月31日 (土)

『L I F E ~人間が知らない生き方』

麻生羽生・篠原かをり共著,文響社刊,1430円+税の
上記の本を入手した。

Pc301991

まえがきがわかりやすいと思うので,
転載させていただくことにする。

「46億年の歴史のある地球で、
生命が誕生したのは40億年前。

現在、地球上の生物は
約870万種類にのぼると言われる。

永い歴史の中で、繫栄する種もあれば、
残念ながら消える種もあった。

その中で、私たち人類の祖先、
猿人が生まれたのは700万年前。

地球の歴史を365日の
カレンダーであらわせば、
まだ12月31日出来事である。

つまり、私たちはあまりにも若い。

他の生物たちに比べ、
私たちの生き方はあまりにも
「定まっていない」のである。

あなたは、知っているだろうか。

ネコがすり寄ってくる理由を。

イルカが、ジャンプする理由を。

カパビラが「草原の支配者」と
よばれる理由を。

キリンが実はアフリカでも
1~2位を争う強さを持つことを。

ライオンに立ち向かう
小動物がいることを。

ナマケモノの
お釈迦様のような生き様を。

私たちは、知らない。
生き物たちがどのように生きてきたか。
そして私たちは、どう生きればよいのか。

本書では20種類の
生き物たちの知られざる生態から
人間が生き残るための「戦略」と「習慣」を学ぶ。

時に、よい師匠として、
時に反面教師として。

その先に、人間ならではの
生き方が見えてくるのである。

ではさっそく、ご覧いただこう。」

このようにして,20種類の動物たちが紹介されていく。
漫画・解説文・豆知識という構成で,大変わかりやすい。
(週刊少年サンデーが初出らしい)

20種類の動物たちが教えてくれる教訓は(こちらは目次から),

「ペンギン・・・出る杭は打たれる(が,出る杭が世の中を変える)penguin
ライオン・・・失敗は成功の母
パンダ・・・こだわりは身を滅ぼす
ネコ・・・我は我,人は人なりcat
キリン・・・人は見かけによらぬもの

ミツバチ・・・仕事は追うても仕事に追われるな
ハダカデバネズミ・・・おごれる者は久しからず
ラッコ・・・過ぎたるはなお及ばざるがごとし
カピバラ・・・和をもって貴しとなす
ゾウ・・・生まれながらの長老なし

リス・・・使わぬ宝はないも同然
イルカ・・・古きを捨て,新しきを得よ
ウシ・・・持つべきものは友
タコ・・・疑心,暗鬼を生ず
ラーテル・・・竜の髭を蟻が狙う

ナマケモノ・・・あきらめも心の養生
ゴリラ・・・汝の敵を愛せよ
ダンゴムシ・・・同じ轍は踏まない
イヌ・・・細き流れも大河となるdog
カンガルー・・・前進あるのみ」

と様々である。
興味のある方は,ぜひご一読を。
私としては「こういう本が欲しかった!」
という感じです。(o^-^o)

2016年11月12日 (土)

『ハリーポッターと呪いの子』

「所沢駅の本屋は,午前7時から開いていたので,
この本(カバーがつけてある)を買うことができました」
と言いながら,黒板に3つのヒントを書く。

① 11/11
②  9と3/4
③ 8番目の物語。僕も37歳になりました。

勘のいい生徒は,②でピンと来る。
読んだことのある生徒は③までにはわかる。
ご存じ『ハリーポッター』シリーズの第8弾が発売となった。

Pb121610

今回は息子のアルバスが主役となってくるようだ。
文章も演劇の台本のような形式で,これまでとは違う。

親友ロンとハーマイオニーの娘ローズが,
見事グリフィンドール組に入れたのに対し,
アルバスは不吉な学校生活を予感させるスリザリンへ!

早くも読者は,著者J,K,ローリングの描く
ホグワーツ・ワールドに入り込まされたようだ。


2016年10月18日 (火)

『脳はこんなに悩ましい』

池谷裕二・中村うさぎ共著,新潮文庫刊の
上記の本を読んでいる。

Pa151464

脳科学者の池谷氏の本は,
糸井重里との『海馬』以来のファンで,
「そんなことまで言っちゃっていいのかな」的内容が
魅力の対談式の本である。
今回もそんな話題が多いが,

・ この世は「べき則」に従っている
・ 手を動かさなくちゃ脳は働かない
・ 人類みな変質者
・ 脳はお金もブランドも大好き
・ 「美しい」には法則がある

など,アブなくも興味深い知見にあふれている。
話題的には,ちょっと「大人向き」かもね。
でも,これで550円+税とは安すぎると思うよ。(o^-^o)

2016年10月10日 (月)

『日本史 有名人の身体測定』

本屋で面白そうな本を見つけました。
篠田達明著『日本史 有名人の身体測定』(KADOKAWA),1400+税のです。

Pa091407

日本史の有名人の身長を,さまざまな方法で推定し,
一冊の本にまとめているのです。
たとえば,180cm前後あった人として,
足利尊氏や西郷隆盛がいるほか,
140cm台では,源義経や豊臣秀吉が出てきます。
また,ライバルだった宮本武蔵と佐々木小次郎は,
2人とも180cmを超える大男だったなど,
歴史登場人物の姿が生き生きと伝わってきます。
著者は,医師であり歴史小説家の方で,
直木賞候補に5回もなっているそうです。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ