2019年2月 6日 (水)

「ヒーロー扱い、父は嫌った」-アポロ11号船長の次男

最近月の写真を「夢ブログ」に載せているが,
月といえば米国のアポロ計画があり,
子どもの頃「月の石」にあこがれた。

月面に立ったアームストロング船長の姿と彼の言った言葉は,
今でも心の中に輝いている。
そんな映画がもうすぐ観られる。(o^-^o)

「ファースト・マン」2月8日に公開!

「ヒーロー扱い、父は嫌った」-アポロ11号船長の次男

https://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/「ヒーロー扱い、父は嫌った」-アポロ%EF%BC%91%EF%BC%91号船長の次男/ar-BBTbPwK?li=BBfTjut&ocid=spartandhp#page=2

2019年1月31日 (木)

映画「くらやみ祭りの小川さん」

「くらやみ祭」は,府中で毎年4月30日~5月6日に行われお祭りだ。
それを題材に,56歳のリストラで会社を追われ,認知症の母を抱え.
離婚して4歳の女の子をつれ府中に戻ってきた小川さん(六角精児さん)の姿を描く。
生きる目標を見失っていた小川さんを勇気づけたものは…。
公開されたら.ぜひ観に行きたい作品だ。

Img_0204


2019年1月27日 (日)

宮崎駿監督が「もののけ姫」で描いた”ある病” 涙ながらに語った出会い

今日宮崎駿監督が国立ハンセン病資料館で講演した
というニュースが出ていたので,リンクさせていただく。

監督のお宅も資料館も自転車で行けるところにあるので,
知っていたら聴きに行ったのに・・・と残念だった。

映画「もののけ姫」の陰に,こういう背景があっとは知らなかった。
でも,そのニュースに出会えたことは私にとって良かったと思う。

宮崎駿監督が「もののけ姫」で描いた”ある病” 涙ながらに語った出会い

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00010001-bfj-soci

2019年1月26日 (土)

映画「ボヘミアン・ラプソディー」

話題の映画を,昨日新所沢パルコで観てきた。
(シニア割引で,1100円でした)

Dscn5012

言わずと知れた,伝説のグループ「クイーン」の
特にボーカルのフレディ・マーキュリーの伝記が中心として描かれている。

彼らの人気があった時代(1970~80年代),私は中・高・大学生の時代で,
聴く機会はいっぱいあったはずだが,私はどちらかというとフォークソング系だったので,
彼らの音楽に親しむことは少なかった。(でも,映画を観て,体に入っていると思った)

最後の20分ほどは演奏シーンで,ここもなかなかいいが,
その前のフレディーの孤独な時間も丁寧に描かれ,
「クイーンファン」以外の人も楽しめるし,ウルウルくると思います。

詳しくは,ウィキペディア「クイーン(バンド)」が,彼らの歴史を記録している。
今でも,ギターのブライアン・メイとドラムのロジャー・テイラーは
活動していると書いてあった。(ベースのジョン・ディーコンは引退)

ウィキペディア「クイーン(バンド)」

https://ja.wikipedia.org/wiki/クイーン_(バンド)#レコードデビューまでの経緯

最後にクイーンのライブの様子をどうぞ。

Queen - Live at LIVE AID 1985/07/13

https://www.youtube.com/watch?v=A22oy8dFjqc


2019年1月23日 (水)

映画「万引き家族」がアカデミー賞候補に

前に「夢ブログ」でも紹介した映画「万引き家族」(是枝監督の作品)が,
第91回アカデミー賞にノミネートされているらしい。
もしそうなったら嬉しいな。
まだ観ていない方は,ぜひ観てほしいです。
「家族って何?」「血が繋がっていれば家族なの?」
な~んて思えます。

映画「万引き家族」がアカデミー賞候補に

https://news.nifty.com/article/entame/movie/12121-N0106269/

2019年1月15日 (火)

ブラタモリ(太宰府)

多元の会で話題になっていたブラタモリ(太宰府)。
「もう一歩」で古代史の勘所に接近するのに・・・と思った。
こんな感じで展開されたようです。

ブラタモリ(太宰府)

http://www.ohtashp.com/topics/kanpai/contents20190102.html

2019年1月14日 (月)

市原悦子さんの訃報

女優であり声優でもあった市原悦子さんが亡くなった。
市原さんは学生時代から才能に恵まれ,
そしてテレビと活動の場は変わっても,
いつもその個性を発揮してやむことはなかった。

1975年から始まった「まんが日本昔ばなし」では,
常田富士男と2人で番組の登場人物を演じきり,
その表現力のすごさに舌を巻いたものだった。

女優さんの年齢を書くのははばかられるが,
母のわずか2歳年下だった。

ウィキペディア「市原悦子」

https://ja.wikipedia.org/wiki/市原悦子

2018年12月21日 (金)

昨日の「プレバト!!」(円楽VS志らく)

いつもだと木曜日は「福ちゃん」で「プレバト!!」を観るのだが,
(「ティファニーで朝食を」のマネ)
「オリケン先生」を囲む会があったので,観られなかった。
その変わり,ネットのニュースでその様子を知ることができた。
ありがたい!

円楽VS志らく

https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/「三遊亭円楽%ef%bd%96%ef%bd%93立川志らく」俳句の才能査定ランキングで明暗/ar-BBRddMI?ocid=spartandhp#page=2

2018年12月13日 (木)

ハリー・ポッターが宿る酒処「まこ」

前にも書いたが,酒処「まこ」では,ハリー・ポッターが「必須教科」だ。
これについて知っていないと,聞き役ばかりになったり,
疎外感(というのはオーバーだが)も感じるだろう。

かくいう私は,生徒からのおススメで全巻読破,
ビデオも7本のうち6本持っているという中級だ。
上級に昇格するためには,全巻持っているのは当然のこととして,
多くの登場人物や細部についての話題についていけることである。

本が先か映画が先かという議論は,
みんな一家言あって特に盛り上がる。

とりあえずウィキペディア「ハリー・ポッター」を付けるので,
復習してみてほしい。


ウィキペディア「ハリー・ポッター」

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハリー・ポッター_(映画シリーズ)

Dscn4441


2018年12月11日 (火)

映画「猫なんかよんでもこない。」

山田さんが猫の映画を紹介していました。
リンクさせていただきました。
(1時間43分)

映画「猫なんかよんでもこない。」

https://www.youtube.com/watch?v=gApRkK1Uw5w

私自身は戌年生まれで,子供の頃飼っていたペットも犬だったし,
これまで猫にはあまり関心がなかったが,
最近「野良」「良野」の姉弟猫によってだいぶ感化されてきました。

より以前の記事一覧

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ