2019年11月18日 (月)

NHKの「ダ・ヴィンチ没後500年」特集

今年は,ダヴィンチの没後500年の年に当たるのだという。

天才と言われるダ・ヴィンチには謎が多く,

それをAIの力も使って解析していくという試みらしい。

昨日は,飛行機やヘリコプターのように見えるものを500年前に描いていた

「手稿」の謎に迫る回だった。

侍ジャパンの熱戦を応援しながら,チェンジになるたびにチャンネルを切り替え,

少しでも観るようにした。

NHKのサイトには,あらすじが書いてある。

少しは「手稿」の背景がつかめたように思った。

【岩波文庫】

5182hcdrmsl_ac_ul160_

【手稿のスケッチなど】

https://kaiga.nohra.tokyo/entry/codex

【番組のあらすじ】

https://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2019/10/001.pdf#search

=%27NHK+%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%

83%B3%E3%83%81+%E6%89%8B%E7%A8%BF%27

2019年11月17日 (日)

「少年寅次郎」のあらすじ

昨夜は「少年寅次郎」の放映を楽しみにしていたのだが,

夕食を食べながら侍ジャパンの試合を観ているうちに睡魔が襲い・・・

「すいま」せん,ということになってしまった。

せめて「あらすじ」だけでも知りたいと思い,検索したらありました。

リンクします。

【「少年寅次郎」のあらすじ】

https://drama-circle.com/boy-torajiro-spoiler/#4

51keyjuwdl_sx338_bo1204203200__20191117044701

2019年11月15日 (金)

NHKテレビ「少年寅次郎」

上記の番組をやっていると,本日「房ya」のYさんから聞いた。

「寅さんの子ども時代」を描いているらしい。

残念ながら明日の夜が第五回が最終回だという。

(NHK・11月16日(土)午後9時~)

原作は,山田洋次著『悪童(ワルガキ)小説・寅次郎の告白』(講談社)。

51keyjuwdl_sx338_bo1204203200_

 

 

2019年11月 7日 (木)

「男はつらいよ」CG版

「男はつらいよ~フーテンの寅さん」のシリーズは,

1996年に渥美清さんが亡くなって幕を閉じたが,

「50周年」ということで,CG版が作られたらしい。

大学で初めて観て以来「寅さんファン」の私は,

来月の全国公開をとても楽しみにしている。

【男はつらいよ・CG版】

https://www.asahi.com/articles/ASL9404V0L93UCLV00J.html

Img_5274

【「お帰り寅さん」の予告】

https://www.youtube.com/watch?v=-dL5OHWsW8w

【寅さん50周年イベント】

https://www.youtube.com/watch?v=Y37fgejRg-U

https://www.youtube.com/watch?v=_lxq6hTQ1Cc

https://www.youtube.com/watch?v=PYT6ViKdD6A

 

※ 映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』は,2019年12月27日(金)より全国公開される。

 

2019年10月24日 (木)

「私が死ぬまでにやってみたいこと!」へのコメント

映画「最高の人生の見つけ方」は,2人の女性が12歳の女の子が残した

「私が死ぬまでにやりたいこと!」を代わりに叶えていくことにより,

人生の輝きを取り戻していく話である。

その10項目について,ちょっとコメントしてみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)スカイダイビングをする。

→ 高いところが苦手な私としては,とても「やってみたいこと」には入れないが,

鳥のように地球を観てみたいという気持ちはわかります。

(2)お金持ちになる。

→ お金持ちほどお金がなくていいが,アフターファイブを楽しく過ごせるくらいはほしいなあ。

あと,必要な本は買いたいので,少しはないと困る。

(3)ももクロのライブに行く。

→ 私もぜひ行ってみたい。ペンライトを振り回して盛り上がりたい。(笑)

(4)日本一大きなパフェを食べる。

→ 私も食べてみたいが,彼女たちがしたように,周りのみんなと味わいたい。

(5)他人のために何かをして喜んでもらう。

→ 「夢ブログ」の基本方針です。もちろん自分も喜びたい。

(6)さかあがりが出来るになる。

→ 私はできるが,大車輪ができるようにはなりたくない。目が回りそうで。

(7)パパとママにありがとうを言う。

→ 父には言えなかったので,その分母には「介護」でお返ししたい。

(8)ウェディングドレスを着る。

→ これは「絵」も想像したくない。

(9)好きな人に告白する。

→ この映画のように,みんなが明るくなれる告白をしたいものだ。

(10)宇宙旅行をする。

→ 地球に戻れるならしてみたい。「地球はボールのような球だった」と報告したい。「そして,真水は少ない」とも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさんなら,10の項目になんとコメントしますか?

Img_4975_20191024060501

 

2019年10月19日 (土)

映画「記憶にございません」

三谷幸喜作の上記の映画を,昨日見てきた。

新所沢レッツ・シネパーク。シニア料金で1200円。

「最高の人生の見つけ方」ほどではないが,そこそこ客は入っていた。

フジテレビ開局60周年作品なのだが,これが中井貴一主演でなかなか面白い。

中井が扮するのは,支持率わずか2.3%の悪名高き総理大臣。

国民からも家族からも大いに嫌われていた。

ところがたまたま投石が頭に当たって記憶喪失となり,そこから話が展開していく。

三谷の作品なのでパロディー盛りもりで楽しさ一杯。

しかし,日本の今の総理大臣のことも,時折頭をかすめる。

あまり言ってしまうとネタバレしちゃうので,ここらでやめておくが,

時間のある方はぜひご覧になって下さい。

バックを固める俳優さん・女優さんたちも,なかなかいい味を出している。

シニアになって良かったと思うのは,なにより料金の安さ。

今まで観られなかった分も取り返したいと思う。

Photo_20191019053401

 

 

2019年10月17日 (木)

映画「最高の人生の見つけ方」

吉永小百合と天海祐希が主演の上記の映画を観てきた。

新所沢レッツ・シネパークには,水曜日の格安デー(一律1200円)ということもあり,

たくさんの中高年が集まった。(普段はスキスキなのに,130人くらい入っていた)

話は外国映画の日本版という感じで,医者から余命を宣告された2人が,

悩んだ末,12歳の少女のノートに書かれた10の「私が死ぬまでにやりたいこと」を代わりに実現していく。

一見無理そうな内容もあるが,意外な展開が・・・

そして,2人は亡くなるのだが,最後に「宇宙旅行をする」というのを別な形で実現する。

2人のやりとりに笑ったり,ホロリとしたり,「自分自身が死ぬまでにやりたいこと」を考えたり,

なかなか有意義な2時間だった。

Img_4975

Img_4976

 

2019年10月 5日 (土)

映画「“樹木希林”を生きる」

昨日立川の高島屋8階にある映画館(少人数の部屋が3津ある。新所沢レッツ館みたい)で,

上記の作品を観てきた。

NHKの若いディレクターが,晩年出演の4つの映画撮影に同行して,

それをまとめたものだ。

なかなか編集方針が打ち出せず,樹木希林もやきもきする。

最後の方に出てくる「私はあなたと共同して作品を作ろうと思っている。

なのにあなたはそれをわかっていない」というニュアンスの,

「自分中心にやればいいのよ」という言葉は,

一流のディレクターになりたければ,失敗を恐れず,

自立した態度で立ち向かってほしい。

それならば,私も大いに協力したい,と言っているように思えた。

樹木希林は,是枝監督の「万引き家族」の撮影の中でも,

「自分の役にリアリティーがない」と意見し,

脚本になかった場面を挿入させてもらっている。

「万引き家族」の中でも印象的な場面だったので,私もよく覚えている。

あれは,そういう経緯で撮影されたものなのかと腑に落ちた。

決して派手な映画ではないが,立川の変貌ぶりを目の当たりにする利点もあるので,

北口から7~8分歩いてみてはいかがだろう。

6階にはジュンク堂という巨大な本屋もあるので,時間つぶしもできる。

Img_4744_20191005053101

 

 

2019年9月30日 (月)

「フグ田ヒトデ」・・・タラちゃんには妹がいた!

「フグ田ヒトデ」なんて,とても人名とは思えないが,

今話題のサザエさんのキャラクターなのだそうだ。

詳しくは,サイトのニュースにて。

【フグ田ヒトデ】

https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/「フグ田ヒトデ」がトレンド%ef%bc%91位に-「サザエさん」タラちゃんに妹…驚きと衝撃走る/ar-AAI39EX?ocid=spartandhp#page=2

2019年9月 3日 (火)

映画「おっさんず」ラブ

「おっさんずラブ」というテレビ番組は観たことがないのだが,

それが好評だというので「劇場版」が作られたようだ。

私の周辺でも映画の話題はよく出るので,昨日行ってみた。

(新所沢レッツ・シネパーク,シニア料金・1200円)

 

V_cayvvxwzdblsvmoya9tjnmmcgwhlb1n6k3mj_e

同性同士,年の差,社会的地位の差・・・

いろいろな枠を超えて愛のカタチはあるというテーマなのか。

最初はどこで笑っていいのか迷ったが,

「笑って泣ける映画」が今のニーズなのかな。

ちょっと複雑な気分になりました。

次は,新海監督の人気アニメ「天気の子」を観てみたいと思っています。

 

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ