2019年12月 1日 (日)

またまた,淵の森緑地に行く

またまた,淵の森緑地に行って,掃除をしてきた。

今回も4袋の回収だった。

これまでと違うのは10人くらいの自然保護団体たちの人たちと会ったことだった。

「こんにちは」とか「お疲れ様です」とか会話をした。

若い人が多かったが,その中に宮崎駿さんかも!という方もいた。(自宅はすぐ近く)

皆さんにお茶をふるまっていた。

本日の収穫。

Img_5513

2019年11月30日 (土)

清戸道を歩く(1)

昨日予告した通り「清戸道」を歩いてきた。

疲れも考えて,2日間に分けることにした。

では,昨日の様子を報告しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず,西武池袋線の清瀬駅で下車する。

Img_5475

上清戸・中清戸・下清戸と書いてあるので,北口へ。

平田さんの案内地図をたよりに歩き始めると,

「大根街道」の名にふさわしく,大根畑も(近郊農業)。

Img_5477

最初の道しるべ,「庚申塔」と「お地蔵様」があり一安心。

Img_5478

あとは道なりの景色を楽しみながら歩きました。

Img_5479

黒目川沿いの紅葉も美しく・・・

Img_5480

道端のイチョウもまっ黄色になり・・・

Img_5481

氷川神社もありました。

Img_5482

なんと,私は知らぬ間に厄年をスルーしていたらしいです。

のん気なもんですね。

Img_5483

落合川と合流して黒目側の川幅が広くなりました。

そのあと,西東京市の「はなバス」に乗って保谷駅に。

約2時間のウォーキングで,1万2000歩。

昨日の合計は,もちろんこれまで最高の,2万2000歩あまりでした。

約1食分のカロリーを消費できたようです。

Img_5489

 

 

2019年11月29日 (金)

清戸道にチャレンジしてきます

清瀬と江戸をつなぐ清戸道というのがあって,

多くの人が利用したという。

その話を先々月聞いていたので,

当日配られた分厚い資料(平田英二さん作)を手に,

清戸道にチャレンジしてみることにします。

(一度チャレンジしようとしたら,「大印刷日」と重なってしまった・・・)

Img_5471

昨夜までの雨も止み,晴天です。

気温は低いが,マラソンも寒い方がバテないと聞きます。

では,その報告は明日の「夢ブログ」で。

母がデイ・ケアに出発したら,私もスタートします。

2019年11月28日 (木)

今日は午後から忙しい

午前中は買い物と昼食作りくらいだったが,

今日は午後から忙しくなる模様だ。

母がクリスマス会を忘れており,それにお昼から出席。

さらに一旦戻って先日お亡くなりになった方のお葬式が夜から。

お世話になっている方のご家族ということで,

寒い日だが参列しなければと思ったのだろう。

当然その送り迎えは時間が合えば私がする必要がある。

しかも間の悪いことに地域の研究会の会報紙の印刷日なのだ。

私はその係のために行かない訳にはいかないということ。

(来年は降ろさせてもらおうと思っているが)

 

また,淵の森緑地へ

また,運動も兼ねて淵の森緑地へ行き,掃除をしてきた。

昨日も4袋だったが,能率を考えて自転車で運んだ。

ゴミはいっしょくたになっていて,分別の必要があった。

どうやら地域の美化のためにゴミ拾いをしたが,

「この袋に全部入れて下さい」ということで,

各種のゴミが入れられ,そしてその20袋ほどは

持ち帰らなかったということらしい。

これで半分近くは撤去できたが,一人の作業なので歯がゆい。

でもこの作業も含め,昨日も歩数計が「新記録」を

打ち出してくれたので,それで良しとしよう。

Img_5458

Img_5460

Img_5461

 

2019年11月 5日 (火)

秋津城(大堀山館跡)の北側の堀

秋津城の北側は,なかなか見えないのですが,

一軒建て替えるらしく,撮影のチャンスに恵まれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5201

一番北東隅から西方面を眺めたところ。

2本の杉の木があるところが堀です。

この下に5メートルくらいの深さであります。

Img_5202

北東隅から南の方を眺めたところ。

一応ここまで堀がある。

2019年11月 1日 (金)

「秋津町見て歩き」の報告(9月21日)

午前9時に所沢駅改札に集まったのは,東村山と清瀬の郷土研究会の〇〇名だった。

天気は「暑くもなく,寒くもない」曇りということで,幸先の良いスタート。

昼飯の注文を取り,「あいさつ」もそこそこに,東口のエスカレーターを下りて行った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)八雲神社(子どもの頃「天王様」と呼んでいた)

大きな銀杏が境内にそびえている。夏祭りが7月14日にあり,3つの神輿が町内を練り歩く。

駅からここまで,裏道を通って来たので,タイムマシンに乗ったように思われたかもしれない。

Akitsu_yakmo2s_20191101112701

(2)北秋津城(大堀山館跡)・・・鎌倉時代の武家屋敷で,幼馴染の家。北側に深い堀が残る。

子どもの頃かくれんぼをすると,必ず北の堀に隠れることにしていた。昨年個人的に堀に入らせていただいたが,

今でも角度が急で,敵の襲来を防ぐのに役に立ちそうだと思った。

130737074981416300636_20110606d_20191101113501

(3)日月神社(「じつげつ」と読む。子どもの頃は「日月様」と呼んでいた)

この神社には「欲が深い殿様」の説話が伝えられていて,興味深い。

本当にそんな殿様がいたかどうか定かではないが,欲張りはいけないという事は伝わる。

Img_1908_20190729082001_20191101113801

ここまでは,所沢市北秋津の「秋津」である。

(4)草野心平の「光あまねし」石碑・・・秋津町4丁目

昔「一本橋」今「秋津橋」のたもとにその碑はある。詩人の草野心平が住んだ地に建てられた木碑は,

その後地域の人たちによって石碑にされ,愛されている。

Image_20191101114701

(5)氷川神社(子どもの頃「氷川様」と呼んでいた)・・・秋津4丁目

例祭がこの地域で一番遅く行われ,人々で賑わう。須佐之男命を祭るから出雲系なのだろう。

関東地方は古くから出雲系の神社が多く,出雲の影響下にあったのかもしれない。

Akitsu_hikawa2s_20191101115301

(6)淵の森緑地(所沢市上安松と東村山市秋津町5丁目)

映画「となりのトトロ」の宮崎駿監督が住むこの地の自然を保護しようと人々は行政に働きかけ,

柳瀬川が蛇行するこの地に緑地を設けることが出来た。「まっくろくろすけ」が石碑に遊ぶ。

20070725_1_20191101115801Photo_20191101121501

(7)秋津神社(子どもの頃は「お不動様」と呼んでいた)

創建年代は不詳だが,江戸時代前期の「不動明王」を祭っているので,それ以前と考えられる。

祭l殿の彫刻も素晴らしいが,今はガラス越しでないとみられない。例祭は,7月27~28日。

明治期の小学校開始期に「柳瀬学校」が設置された土地だそうで,会長に説明をしていただいた

Photo_20191101121601

375px_01_20191101123401

なお,当日お渡ししたパンフで,秋津神社の説明に八坂神社の説明が入ってしまっていたとのご指摘があった。

郷土のことをもっと知らなければいけないと痛感した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

解散後,新秋津駅と秋津駅の中間にある食堂「魚河岸」で昼食を食べながら交流会を持った。

朝注文を集約してスマホで連絡しておいたので,到着してすぐに食事をすることができた。

Photo_20191101121602

東村山と清瀬の郷土研究会が連携すれば,さらなる成果があげられるものと考える。

今後ともよろしくお願いいたします。

2019年10月30日 (水)

泉官衙遺跡への旅(1日目)

母をショート・ステイに送り出し,戸締りを確認すると,

私は新秋津駅へと自転車を走らせた。

大宮から新幹線に乗り,正午過ぎには仙台へ。

そこから常磐線に乗り換え南下して,1時40分頃原ノ町駅に到着した。

その後南相馬市立博物館へ。

Img_5118

泉官衙遺跡の展示は軒瓦が中心で予想通りだったが,

意外にそれが大きいのが印象に残った。

Img_5121

また,発掘後は埋め戻されているとのこと。

Img_5120

Img_5119

Img_5122

ただ,発掘は今も続けられていて,11月16日(土)に現地説明会があるとのことだった。

その日には来られないと言ったら,資料を送ってくれるとのこと。これが楽しみだ。

その後,時間があったので,発掘現場の青ビニールシートを見つけようと現地に赴いた。

しかし,だんだん暗くなってくるし,目的地には着かないし,骨折り損かに思われた。

そこで閃いて,スマホの「現在地表示」の機能を使ったところ,もうすぐ近くまで来ている!

なんとか暗い中,案内板の写真撮って駅前のホテルに戻った。

Img_5126

この辺りのホテルは,ボランティアの人たちでいっぱいで,私の泊ったのは唯一残った部屋だった。

 

Img_5124

増水してはいるが2級河川の新田川(にいだがわ)

この地域の水田の水は新田川から引いているようだ。

川の脇に桜井古墳(4世紀後半の前方後方墳)があるのだが,

この地を支配した豪族が葬られているのかもしれない。

東北地方で3番目の大きさだそうである。

2019年10月26日 (土)

市民文化祭(1日目) 2019

昨日は,市民文化祭の1日目だった。

当番は午後1時半~5時だったが,

「体験コーナー」を設置するために,

雨の中,午前9時に家を出た。

風を伴った強い雨はつらかった。

私は濡れても,紙を濡らす訳にはいかないので,

それに一番気を使った。

1日目は雨ということもあり,来場者は55名にとどまった。

Img_5069

  毎年大活躍してくれる東村山市の全図

Img_5068

   窓際に設けられた「体験コーナー」

2019年10月25日 (金)

「東村山を知ろう!」クイズ

昨日は東村山市民文化祭の準備で,中央公民館に行ってきた。

これまでの郷土研の「道」についての研究のまとめ編の展示だ。

私は,それらの掲示物の中からクイズを7問作り,

それを印刷して会場で解いてもらう仕事である。

つまり,この原稿が今日から3日間の資料そのものということになる。

Img_5064

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     「東村山を知ろう!」クイズ

 

問題1 郷土研究会の「東村山の道・路」の研究は,何年行われてきたでしょうか。(ヒント・・・あいさつ文)

ア.1年間  イ.3年間  ウ.6年間

 

問題2 久米川村(上堀向・神新堀)の中心を流れている用水は,何用水でしょうか。

ア.久米川用水  イ.野火止用水  ウ.箱根用水

 

問題3 大岱村の中心にある橋は,何橋でしょうか。

ア.百年橋  イ.千年橋  ウ.万年橋

 

問題4 久米川村(下堀向・下新堀向)の中央には,江戸時代の将軍にちなんだ道があります。何の道でしょうか。

ア.鷹の道  イ.わしの道  ウ.トキの道

 

問題5 野口村の北部には,映画「となりのトトロ」にも七国山として登場する山があります。何でしょうか。

ア.六国山  イ.八国山  ウ.十国山

 

問題6 野口村(萩山)の地域には,南部に大きな学校があります。何という学校でしょうか。

ア.都立東村山高校  イ.都立萩山高校  ウ.都立萩山実務学校

 

問題7 南秋津村の地域には,東村山市内で唯一のJRの駅があります。何駅でしょうか。

ア.新東村山駅  イ.新秋津駅  ウ.新所沢駅

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【答え】

問題1・・・ウ.6年間

問題2・・・イ.野火止用水

問題3・・・ウ.万年橋

問題4・・・ア.鷹の道

問題5・・・イ.八国山

問題6・・・ウ.都立萩山実務学校

問題7・・・イ.新秋津駅

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

7問正解・・・東村山博士です!

5~6問正解・・・おしい!あと一歩

3~4問正解・・・もう少しがんばれ!

0~2問正解・・・東村山のことをもっと知ろう!

 

00001078

東村山市のゆるキャラ「ひがっしー」

より以前の記事一覧

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ