2019年6月19日 (水)

正福寺(国宝)の解説のために~10個のポイント

今年も6月前半の週末に「菖蒲まつり」が行われ,正福寺の解説当番として3回行ってきた。

その際短時間に(5分程度)要領よく解説するための10個のポイントを考えてみたので紹介しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)正福寺のスタートは鎌倉時代だが,千体地蔵堂が建てられたのは約100年後の室町時代である。臨済宗。

(2)8代執権・時宗が,お地蔵さんの力で病気が快復したところから,地蔵信仰がスタートした。

(3)当時は医者や病院もなく,病気を治すに寺からお地蔵さん(15cm)を借りてきて治した。

(4)そこで御利益のあった村人たちは,お礼に2体にして返した。それでどんどん増えて行った。

(5)数えたところ千体はなかったが(892体),ものすごくたくさんの数ということで「千体」なのだろう。

(6)上に目をやると,一見2階建てに見えるが,下は裳階で雨風を防いだり,面積を増やすための道具。(1階建て)

(7)特徴は,屋根は反り上がっている部分で,こけらぶき(5ミリくらいの板を重ねて,竹くぎで止める)。

(8)鎌倉にある円覚寺・舎利殿(国宝)ともよく似ている。ただ,あちらは距離があるのに,こちらは目の前。

(9)年3回ご開帳があり,11月3日の「地蔵まつり」は特ににぎやか。1時間だけ,写真撮影も可能。

(10)現代人のお悩み相談は,この際売られているお地蔵さんへどうぞ。門の南の突き当りの清水堂では年中販売。

このほか,「裏手には,「はがきの木」として有名な葉っぱもある。」などお好みの話題を伝えれば,

「また来てみたい」と思って下さるのではないでしょうか。

Img_3172_1 Img_3168_1

        観光キッズによる解説                       北山公園のしょうぶ

2019年6月17日 (月)

しょうぶ祭(3)

昨日で3回目となったが,しょうぶ祭の当番に行ってきた。

とは言え.私たちは正福寺(国宝)の解説をするのがメインの仕事。

一昨日が雨だったので,また昨日が最終日だったので,

ものすごい人出で大変だった。

それを爽やかに救ってくれたのが観光キッズの小学6年生。

昨年まではお兄ちゃんの助手を務めていたのだが,

観光客を前に堂々と正福寺の見どころを解説する姿は格好良かった。

紙芝居のような絵をかざしながら.ところどころにクイズを入れ.

飽きさせない工夫は何年もの「蓄積」を感じた。

お陰で私は楽をさせていただきましたよ。😃

Img_3172

2019年6月13日 (木)

千恵さんの続・カナダ報告(2)~「カナダでの結婚」編

千恵さんから,待望の「カナダ報告」が届きました。ありがとうございます!😃

日本と外国ではいろいろなことが違うようですが,結婚についてもそうらしい。

日本では「同性婚」については認められていませんが,カナダでは認められている。

そのあたりを頭に置いて読んでいただけるといいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼先生

お元気ですか?

もう梅雨入りですね。

前回の報告からお時間空いてしまいましたが、また報告を送らせていただきます。

 

以前にもご報告しているかと思いますが、私は日本に帰国する前は、

カナダのアルバータ州のレジストリーオフィスで働いていました。

仕事の内容は日本の自治体の市民課()のような内容かと思います。

各種証明書や免許等の発行、ビジネスの登録などを行っています。

 

今回は取り分け、結婚の手続きに関して私の経験したことや知っていることを報告させて頂きます。

規定に関しては州ごとによって異なるようなので、私が在職していた時点の

アルバータ州のものとなります。

 

アルバータ州で結婚するとなった場合の手続きに関して。

結婚予定日から90日を切った日から、結婚当日までに、結婚を希望する当人揃って

レジストリーオフィスに行き、結婚免許を発行してもらう必要があります。

初婚同士であれば煩雑な手続きは必要ありませんが、離婚歴がある場合は離婚が成立した場所の

裁判所が発行した離婚の証明書原本か、それと同等の書類を用意する必要があります。

 

海外で離婚していて、外国語の書面だったりすると、承認されている翻訳者の英訳をつけたり、

その英訳の公証をが必要だったり、煩雑になります。

お互いの出生地の情報や、両親の情報などを伝えて、結婚免許を発行してもらいます。

 

実際の結婚をするには、この免許に、当人、証人二人とマリッジコミッショナーという、

結婚免許に公証する資格をもった人の署名が必要になります。

この部分、通常は挙式をする際に行うことが多いようです。

が、場所さえ確保できればどこでも出来るようで、私の知人のなかには、

自宅玄関で署名したというケースもあります。

 

この署名済みの免許を、マリッジコミッショナーが政府の担当部署に送り、

政府のシステムに登録されると言うシステムです。

婚姻日は署名した日になります。

システムに登録されるまでは通常10日くらいかかるようです。

結婚を証明するには、結婚証明書が必要です。

 

システムに登録されると、何時でもレジストリーオフィスで注文できるのですが、

日本の戸籍謄本等と比べるとなかなか高額です。

結婚免許はだいたい9000円くらい、結婚証明書は4000千円から8000円します。

郵送での受け取りを希望すると4000円くらいですが、途中紛失にあったり、

郵便局のストライキなどがよくあり届かないこともまちまちで、

 

レジストリーオフィスで受け取りを希望すると、政府の印刷する場所まで、

人を派遣して書面を取りに行き、レジストリーオフィスまでもってくることになるので

8000円ほどかかるようです。

 

名字を変更する場合はこの結婚証明書をもって、各種身分証明書の表記を変更します。

特に指定された変更期間はなく、極端な話、結婚してから何年も経ってから変更しにくる方もいます。

変更の仕方も、パートナーの名字に変更することもあれば、

自分の名字とパートナーの名字をハイフンやスペースを用いて繋げたりすることも可能です。

 

私は日本国籍なので、日本にも結婚の届け出をする必要がありました。

発行から3ヶ月以内の戸籍謄本と、カナダの政府によって発行された結婚証明書をもって、

在カナダの日本領事館で婚姻から3ヶ月以内(だったと思います)に届け出ました。

 

知人から、外国人と結婚した場合は日本でも夫婦別姓が可能で、もし相手方の名字にしてしまうと、

新しく戸籍を作る必要があり、大使館でもそうであると聞いたので、私は名字は変えませんでした。

もし、変更する場合は6ヶ月以内の届け出が必要で、それ以降の変更は

家庭裁判所に申請して承認される必要があるそうです。

なので、私が今から変えるとなるとこちらの方法をとらざるを得ません。

 

市役所で戸籍謄本を確認したら、結婚をした時点で私は実家の戸籍から除籍扱いになっていて、

問い合わせたところ、名字を変える変えないに関わらず、

結婚すると新しい戸籍となるとのことだったので、名字を変えていても変わらなかったようです。

 

余談ですが、カナダでは同性同士の婚姻も認められていて、私が働いている間も何件も対応しました。

これは、私が帰国してからレジストリーオフィスの同僚からきいたのですが、

その後アルバータ州ではトランスジェンダーの方たちを尊重するため、

身分証明書に男、女に追加して中間性という性別がもうけられたそうです。

本当に人権を尊重する国だと改めて思いました。

 

また次回猫の移動に関してはご報告いたします。

千恵

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

千恵さん,どうもありがとう。

カナダでの結婚事情がよくわかりました。

次回の猫の話も楽しみにしています。

 

PS 我が家にも,「野良」と「良野」の2匹が出入りしています。

カナダにも「地域猫」というのはいるのでしょうか?

 

 

 

 

2019年6月 4日 (火)

山下清の働いていた店

昨日は,東京都→埼玉県→茨城県→千葉県→東京都→神奈川県→東京都と,

まるで「常陸国風土記」に出てくる倭武天皇のような「巡幸」をした。

主目的は石岡城(外城遺跡)と横浜・読書会だったのだが,

旅というのは,副産物が楽しみなところであり,今回もそれがあった。

我孫子で電車を乗り換える際.トイレに行って一本逃してしまった。

20分の時間のロスで,がっかりしていたところ,

ふと目に止まったのがそばスタンド。

なんとあの山下清画伯が働いていたお店なのだという。

これは「災い転じて福となす」「どっちに転んでもシメタ」で,

さっそく写真に収めてきた。こんなことも旅にはあるんだね。

Img_2815

店の中にある紹介プレート

Img_2817

店の外。隣のホームにも5号店がありました。

 

 

 

 

2019年4月28日 (日)

ポリマー紙幣

昨日酒処「まこ」でカナダのプラスチックの紙幣(ポリマー紙幣)を見せていただいた。

Img_2286

カナダだけでなく,いくつかの国で使われているようだが,

なんだかオモチャみたいで,最初にユーロ紙幣に接した時のような不思議感がある。

(「これって,おもちゃのお金みたい」という感想を持ったので)

【ポリマー紙幣】

https://ja.wikipedia.org/wiki/ポリマー紙幣

 

2019年4月25日 (木)

ワードに貼り付け版「千恵さんの続・カナダ報告」

先日コメントしていただいた方から,「ワードに貼り付ける」という方法を教わりました。

そういえば,パソコン入門期に教わったような気もします。

だめ元でやってみます。様子をコメント願います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼先生

カナダ報告おそくなりましたが、何度かに分けて送ります。

 

日本に帰ってきて14か月がたちましたが、ふとカナダが恋しくなるような場面が多々あります。

その一つがオーロラです。

私が住んでいたエドモントンも市街地なのですが、

幸いなことに、運が良いときはオーロラが見られます。

私も滞在中に何度か見ることができました。

エドモントンに住んでいた時は、夜空を見上げると、

今日は見えるだろうかという楽しみがあったのですが、

こちらに帰ってきてからは、夜空を見上げてもオーロラは出ないんだと思うと、とても切なくなります。

実家の周りも街頭などが少ないので、星は比較的よく見えるとは思いますが。

あとは、あとはやはりロッキー山脈はドラムヘラーとった大自然でしょうか。

休みの日に、車で少し遠出するとすごくきれいな自然が広がっているというのは、

本当に魅力的だったと思います。もちろん、

日本にもきれいな山は湖はたくさんあって、温泉など、カナダにいるときは恋しくなりました。

実は、カナダにいるときにどうしても行ってみたいと思っていた国立公園がありました。

ウッドバッファローという国立公園です。エドモントンのあるアルバータ州の北部と、

その北にあるノースウェスト準州にまたがったとても大きな国立公園で、

ユネスコの世界遺産にも登録されています。

私のホストファミリーの3男がフォートスミスという国立公園の玄関口となる都市に住んでいて、

何度か話を聞かせてもらったことがありました。

先住民たちの保護区となっていて、オーロラを見るための観光客が多いと聞いていました。

冬は、エドモントンからまっすぐ北上するルートでこの公園に入れるのですが、

夏場は迂回して入る必要があります。

というのも、この北上するルート、実は冬の間、川が凍るので、その川が道路となるそうです。

かなり悪路であまり通る人もいないと聞きましたが。

車も、それなりの大きな4輪駆動のドラックなどがないと移動が難しいでしょうから、

冬に行くのは断念しました。

飛行機も飛んでいるのですが、毎日就航がないのと、とても高いので、

できれば融通のきく車で行きたかったのです。

この公園、とても緯度が高いので夏は白夜になるそうです。

なので、それではオーロラが見られません。 

ということで次期選びに時間をかけていてなかなか行けなかったのですが、

日本に帰ってきた年の8月、少しずつ夜が暗くなってきたころ、

5日間仕事を休み行ってきました。車で15時間かかりました。

行きは、夫と交代で運転をして同日に何とかフォートスミスにつきました。

ホテルの方の話によると、私たちが着く前日は、それは見事なオーロラが出ていたのだそうですが、

私たちが着いた日からあいにくの雨模様が続き滞在中の3日間、雨でした。

最後の日は日中晴れたのですが、帰りは1泊中間地点で休んでから帰ることにしたので、

残念ながら、フォートスミスではオーロラを見ることはできませんでした。

それは残念でしたが、ペリカンの巣(北アメリカでは最北だそうです)を見たり、

国立公園の中を散策したり、とても楽しい観光ができました。

そして、帰りに一泊したハイレベルという小さな町で大きなオーロラを見ることができたので、

目的は達成できました。

エドモントンで見るオーロラもきれいですが、

やはり市街地でないとそら一面に広がるオーロラが見られて、感動しました。

町の人に聞くと、毎日出ているそうです。

宿泊したホテルのオーナーが先住民のグループの代表を務めている方で、

カナダ全土の先住民のあつまる会議などにも参加しているとのことでした。

前ハーパー首相も宿泊したことがあるとのことで、その時のお部屋を見せてもらいました。

ウッドバッファローは、大きな都市からも少し遠く、あまり大きな観光地ではないので、

あまり存在を知られていませんが、本当に大自然という感じで、もう一度行きたいなと思います

 

千恵

 

 

2019年4月24日 (水)

千恵さんの「続・カナダ報告」(1)改訂版

「二十歳の献血・還暦のスマホ」で見たところ,やはり右側が切れていたので,

改訂版を作ってみました。今度はいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千恵さんから,メールが届きました。

何回かに分けて「カナダ報告」をして下さるとのことです。(うれしいです)

以前のものと区別するために,「続・カナダ報告」とさせていただきました。

では,お楽しみ下さい。

※ 千恵さんは,中1の時私が社会科を教えた生徒さんです。その頃からカナダが大好きでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼先生


カナダ報告おそくなりましたが、何度かに分けて送ります。
日本に帰ってきて1年4か月がたちましたが、

ふとカナダが恋しくなるような場面が多々あります。その一つがオーロラです。

私が住んでいたエドモントンも市街地なのですが、幸いなことに、運が良いときはオーロラが見られます。

私も滞在中に何度か見ることができました。

エドモントンに住んでいた時は、夜空を見上げると、今日は見えるだろうかという楽しみがあったのですが、

ちらに帰ってきてからは、夜空を見上げてもオーロラは出ないんだと思うと、とても切なくなります。

実家の周りも街頭などが少ないので、星は比較的よく見えるとは思いますが。

あとは、あとはやはりロッキー山脈はドラムヘラーとった大自然でしょうか。

休みの日に、車で少し遠出するとすごくきれいな自然が広がっているというのは、本当に魅力的だったと思います。

もちろん、日本にもきれいな山は湖はたくさんあって、温泉など、カナダにいるときは恋しくなりました。
実は、カナダにいるときにどうしても行ってみたいと思っていた国立公園がありました。

ウッドバッファローという国立公園です。

エドモントンのあるアルバータ州の北部と、その北にあるノースウェスト準州にまたがったとても大きな国立公園で、

ユネスコの世界遺産にも登録されています。

私のホストファミリーの3男がフォートスミスという国立公園の玄関口となる都市に住んでいて、

何度か話を聞かせてもらったことがありました。

先住民たちの保護区となっていて、オーロラを見るための観光客が多いと聞いていました。

冬は、エドモントンからまっすぐ北上するルートでこの公園に入れるのですが、夏場は迂回して入る必要があります。

というのも、この北上するルート、実は冬の間、川が凍るので、その川が道路となるそうです。

かなり悪路であまり通る人もいないと聞きましたが。車も、それなりの大きな4輪駆動のドラックなどがないと

移動が難しいでしょうから、冬に行くのは断念しました。

飛行機も飛んでいるのですが、毎日就航がないのと、とても高いので、できれば融通のきく車で行きたかったのです。

この公園、とても緯度が高いので夏は白夜になるそうです。なのでそれではオーロラが見られません。 

ということで時期選びに時間をかけていてなかなか行けなかったのですが、

日本に帰ってきた年の8月、少しずつ夜が暗くなってきたころ、5日間仕事を休み行ってきました。

車で15時間かかりました。行きは、夫と交代で運転をして同日に何とかフォートスミスにつきました。

ホテルの方の話によると、私たちがたちが着く前日は、それは見事なオーロラが出ていたのだそうですが、

私たちが着いた日からあいにくの雨模様が続き滞在中の3日間、雨でした。

最後の日は日中晴れたのですが、帰りは1泊中間地点で休んでから帰ることにしたので、

残念ながら、フォートスミスではオーロラを見ることはできませんでした。

それは残念でしたが、ペリカンの巣(北アメリカでは最北だそうです)を見たり、国立公園の中を散策したり、

とても楽しい観光ができました。

そして、帰りに一泊したハイレベルという小さな町で大きなオーロラを見ることができたので、目的は達成できました。

エドモントンで見るオーロラもきれいですが、やはり市街地でないと空一面に広がるオーロラが見られて、感動しました。

町の人に聞くと、毎日出ているそうです。

宿泊したホテルのオーナーが先住民のグループの代表を務めている方で、

カナダ全土の先住民のあつまる会議などにも参加しているとのことでした。

前ハーパー首相も宿泊したことがあるとのことで、その時のお部屋を見せてもらいました。

ウッドバッファローは、大きな都市からも少し遠く、あまり大きな観光地ではないので、あまり存在を

知られていませんが、本当に大自然という感じで、もう一度行きたいなと思います。

オーロラの写真を撮りたかったのですが、私のカメラでは写らず、残念でしたが、

いつか良いカメラが買えたら、それで撮ってみたいなと思いました。

また、カナダでの結婚のこと、猫の移動のことなど報告させていただきます。

千恵

2019年4月23日 (火)

「千恵さんの「続・カナダ報告」の右側が切れて読めない」というコメントが・・・

今朝ある上記の読者から,題名のようなコメントが入りました。

後半の一部だけかと思ったら,どうも全文のようです。

その読者は,スクリーンショットというものを添付して,実情を知らせてくれました。

Img_2252_1

確かに文章の右側が,全文にわたって切れてしまって読めません。

実は,指摘を受けるまで,そういう方がいるということがわかりませんでした。

なぜなら,私のパソコンの画面には「全文が表示」されていたからです。

ダウンロード - img_2248.jpg

ダウンロード - img_2249.jpg

ダウンロード - img_2250.jpg

ダウンロード - img_2251.jpg

これはどうしたことでしょうか。どなたかわかる方はご教示願います。

私の心当たりとしては,千恵さんがメールをスマホで送ってきた時,

かなり横長の文になっていて,それをそのまま貼り付けたということが原因かもしれません。

(改行すると,間が空いてしまい,かえって読みにくくなるので)

重なりますが,どうぞどなたかご教示下さい。

千恵さんの「続・カナダ報告」(1)

千恵さんから,メールが届きました。

何回かに分けて「カナダ報告」をして下さるとのことです。(うれしいです)

以前のものと区別するために,「続・カナダ報告」とさせていただきました。

では,お楽しみ下さい。

※ 千恵さんは,中1の時私が社会科を教えた生徒さんです。その頃からカナダが大好きでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼先生


カナダ報告おそくなりましたが、何度かに分けて送ります。
日本に帰ってきて1年4か月がたちましたが、ふとカナダが恋しくなるような場面が多々あります。その一つがオーロラです。私が住んでいたエドモントンも市街地なのですが、幸いなことに、運が良いときはオーロラが見られます。私も滞在中に何度か見ることができました。エドモントンに住んでいた時は、夜空を見上げると、今日は見えるだろうかという楽しみがあったのですが、こちらに帰ってきてからは、夜空を見上げてもオーロラは出ないんだと思うと、とても切なくなります。実家の周りも街頭などが少ないので、星は比較的よく見えるとは思いますが。
あとは、あとはやはりロッキー山脈はドラムヘラーとった大自然でしょうか。休みの日に、車で少し遠出するとすごくきれいな自然が広がっているというのは、本当に魅力的だったと思います。もちろん、日本にもきれいな山は湖はたくさんあって、温泉など、カナダにいるときは恋しくなりました。
実は、カナダにいるときにどうしても行ってみたいと思っていた国立公園がありました。ウッドバッファローという国立公園です。エドモントンのあるアルバータ州の北部と、その北にあるノースウェスト準州にまたがったとても大きな国立公園で、ユネスコの世界遺産にも登録されています。私のホストファミリーの3男がフォートスミスという国立公園の玄関口となる都市に住んでいて、何度か話を聞かせてもらったことがありました。先住民たちの保護区となっていて、オーロラを見るための観光客が多いと聞いていました。冬は、エドモントンからまっすぐ北上するルートでこの公園に入れるのですが、夏場は迂回して入る必要があります。というのも、この北上するルート、実は冬の間、川が凍るので、その川が道路となるそうです。かなり悪路であまり通る人もいないと聞きましたが。車も、それなりの大きな4輪駆動のドラックなどがないと移動が難しいでしょうから、冬に行くのは断念しました。飛行機も飛んでいるのですが、毎日就航がないのと、とても高いので、できれば融通のきく車で行きたかったのです。この公園、とても緯度が高いので夏は白夜になるそうです。なのでそれではオーロラが見られません。 ということで時期選びに時間をかけていてなかなか行けなかったのですが、日本に帰ってきた年の8月、少しずつ夜が暗くなってきたころ、5日間仕事を休み行ってきました。車で15時間かかりました。行きは、夫と交代で運転をして同日に何とかフォートスミスにつきました。ホテルの方の話によると、私たちがたちが着く前日は、それは見事なオーロラが出ていたのだそうですが、私たちが着いた日からあいにくの雨模様が続き滞在中の3日間、雨でした。最後の日は日中晴れたのですが、帰りは1泊中間地点で休んでから帰ることにしたので、残念ながら、フォートスミスではオーロラを見ることはできませんでした。それは残念でしたが、ペリカンの巣(北アメリカでは最北だそうです)を見たり、国立公園の中を散策したり、とても楽しい観光ができました。そして、帰りに一泊したハイレベルという小さな町で大きなオーロラを見ることができたので、目的は達成できました。エドモントンで見るオーロラもきれいですが、やはり市街地でないと空一面に広がるオーロラが見られて、感動しました。町の人に聞くと、毎日出ているそうです。
宿泊したホテルのオーナーが先住民のグループの代表を務めている方で、カナダ全土の先住民のあつまる会議などにも参加しているとのことでした。前ハーパー首相も宿泊したことがあるとのことで、その時のお部屋を見せてもらいました。ウッドバッファローは、大きな都市からも少し遠く、あまり大きな観光地ではないので、あまり存在を知られていませんが、本当に大自然という感じで、もう一度行きたいなと思います。

オーロラの写真を撮りたかったのですが、私のカメラでは写らず、残念でしたが、いつか良いカメラが買えたら、それで撮ってみたいなと思いました。
また、カナダでの結婚のこと、猫の移動のことなど報告させていただきます。

千恵

2019年4月21日 (日)

秋津町めぐり

今秋,私がある会の人たちを引率して秋津町を歩く。

その素案を立ててみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

集合は,午前9時・JR新秋津駅です。

(1)秋津神社(大和系) 9時10分頃

(2)淵の森(蛇行する柳瀬川と雑木林,宮崎駿さん邸付近)9時40分頃

(3)氷川神社(出雲系) 10時頃

(4)詩人・草野心平の「光あまねし」石碑 10時30分頃

(5)日月(じつげつ)神社(系) 11時

(6)鎌倉武士の屋敷の堀 11時30分

その後,徒歩で所沢駅へ。自宅が近い人は,そこから戻ってもらう。

11時45分,所沢駅東口にて解散。お疲れさまでした!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ暑い頃なので,水筒・タオル・帽子や日傘等の用意を忘れない。

 

 

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ