2020年9月23日 (水)

我が家のホテイアオイにも花が咲きました

酒処まこで増え過ぎたホテイアオイは,

我が家で発泡スチロールの池に浮いているのだが,

その中の1つが今朝咲いていました。

2020年9月22日 (火)

洗濯もお願いするかな

本日母の退院・転院の荷物を作っていて,そのあまりの多さに,

「やはり洗濯もお願いするかな・・・」と思った。

とてもじゃないが,この二倍の衣服(交代用の7日分)は用意できないし,

また着終わったものを持ち帰り,7日分を洗うと思うと気が重い。

その間天気が良く,すぐ乾いてくれる保証もないのだ。

これまでも母の衣服の洗濯はしていたが,

家の洗濯機に放り込んで30分後には干せた。

月に10000円洗濯代が掛かるらしいが,

私の飲み代を月3回減らせば足りる。

Photo_20200922232701

 

Aさんとの「昔話」

新所沢の「居酒屋まんまる」に寄ったら,

一番奥の席にAさんが座っていて昔話となった。

Aさんは西友の鮮魚売り場の板さんからスタートして,

(だから,マグロの解体とかできる。目の前で見たことがある)

その後手腕を認められ,私の知り合いの中では破格の出世をした方だ。

今は60歳。趣味の釣りを満喫している。

昔話と書いたが,共通の友人の「その後」ということで,

Nさん・・・山形県出身の女性で,居酒屋「はながさ」の女将。

たぶんAさんとは,その店で知り合ったと思う。

Hさん・・・大手電機会社の部長さんだったが,とても気さくな方で,

皆から慕われていた。定年後は,海外シニアボランティアでフィジーへも赴任。

Fさん・・・コンビニのオーナーにして,無類のジャズ好き。

とても穏やかな性格で,私もよく声を掛けていただいた。

Kさん・・・私が就職した頃知り合い,よく一緒の店で飲んだ。

小6になった息子が,家の前で交通事故で亡くなったという話はよく聞かされた。

もうこの4人は,この世にはいない。

Img_7877

今年初めてのホテイアオイの花

酒処まこの蓮池の中に入れてある

ホテイアオイの花が今年初めての花をつけた。

浮袋の付いているホテイアオイは

必ずしもカッコイイ水草とは言えないが,

そこに咲く花はなかなか可憐な色合いだ。

Img_7876

昨日の治療 9/22

数分だがビリビリが「15・15・25(MAX)」に達した。

次回は,11からスタートしていきたいと思う。

また,ギロチンの角度も「21度」を達成。

ただし,最初に「15度」でお尻を突き出していたように,

「20度」と「21度」の1度の差はきつかった。

Img_7587_20200922054401

2020年9月21日 (月)

「一週間分の着替え」の意味

母が今週移動する施設は,距離もちょっとあるので,

一週間に一度洗濯物を取りに行くことになる。

そこで,「一週間分の着替えを用意して下さい」と言われる訳だ。

ところが,母は前週の分の服を持って行っている訳で,

実際上は「二週間分の服」が必要だということになる。

前に腰痛で数か月入院した時は,患者として入院していたので,

パジャマで済んでいたが,今回はリハビリもやって汗もかくだろうから,

そういう訳にもいかないだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一週間分の服 ⇆ 次の一週間分の服

(金曜日に取りに行くとして,これが毎週繰り返される)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お金を払えばやってもらえるが,聞くところでは2万円/月ということらしい。

ただでさえ「4人部屋でないのでお金が掛かる」という上に,

洗濯代までプラスとなったら,どうしようもない。

ああ無情。

Img_7863

大型バッグに7日分の服を詰めました。

1週間後にまた次週の「7日分の服」を

持って行かなくてはなりません。

それを乗り越えたら,ようやく

洗濯したものを詰めるということになります。

 

ひまわりの花の向き

我が家の遅咲きのひまわりは,現在6つの花が咲いている。

その向きなのだが,バラバラのように思うのだ。

最近のひまわりはそうなのだろうか。

それとも・・・?

Img_7845

2020年9月19日 (土)

「塩昆布」を食べたがっている母

母は濃い味の好きな人なので,

病院食の塩分制限があると「食べた気がしないよ」と

言うだろうとは思っていた。

そして,昨日看護師さんから「塩昆布」が食べたいと

言っているという話を聞き,なんとなくうれしさが湧いてきた。

「食べる意欲が湧いてきている」という手ごたえを感じたからだ。

実は,株主優待(と言っても端株だけど)でいただいた

ふじっこの「塩昆布」が美味しくて,

飯の友として,入院前ごはんにかけて食べていたのである。

その美味しさを思い出し,看護師さんに電話で持ってくるように頼んだのだろう。

入院し3週間余りになるが,母からのリクエストは初めてのこと。

さっそく今朝,持参して昼飯か夕飯には食べてもらえると思う。

母もリハビリをやっている模様だ。

ドリンクは有料だがいいか,という電話も看護師さんからあった。

もちろんOKである。

 

卒業生のM君と飲む

治療院で別れた後,近所の居酒屋・福ちゃんで,

卒業生のM君と飲むことができた。

体格はずいぶん大きくなっていたが,

彼が,左利きでアルトパート(ボーイソプラノ)で

「新型インフルエンザの大流行で,1年2組が合唱コンの優勝を逃したこと」を話すと,

「よく覚えていますねえ」と言ってくれた。

誰でもそうという訳ではないのだが,院長のOさんはバドミントンで印象が残っていたし,

(1度新所沢の居酒屋でアルバイトをしていてお会いしたこともあった)

M君は歌が上手な生徒だったという印象があったので,覚えていたという次第だ。

今も母校の大学で音楽関係のお手伝いをしているとのこと。(現在はバリトン!)

もっとも,部活は3年間私が副顧問・顧問をした男バレに所属していたということで,

当時男バレの部員数が多かった時期だったことを差し引いても,それは大失点だった。

(昨日の楽天のように・・・笑)

2人ともまだ治療の回数が残っているので,

次回は院長のOさんも含め「再会の乾杯」をしましょう。

だって,もと担任と2人の生徒が,偶然に同じ治療院で会うなんで,

本当に「宝くじ上位当選」級の再会ですからね。

 

Photo_20200919051201

2020年9月18日 (金)

本日の治療 9/18

「13」「13」「25(MAX)」はいつも通り。

(腹・脇腹・尻にかける電気の強さ)

ただ,本日ついに教え子のM君と再会を果たし,

「あとで飲みましょう」ということで,話し相手になってくれたので,

いつもより気をそらすことができて,助かった。

また,左肩の鈍い痛みを抑えるために,短い針を打っていただいた。

もう回数券の半分以上を使っていると思うが,

「少し自分の体のことを意識できるようになってきた」ということが最大の収穫か。

ギロチン改めギロギロも,同じく「20度」。

患者さんの最高記録「25度」を目指して,次回から1度ずつ上げて行こうかな?

Img_7587_20200918172601

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ