2019年11月22日 (金)

寒い!

天気予報を見たら,今日は雨。

明日以降も「はっきりしない天気」らしく,傘マークが。

「一日中10度くらい」と言うのがクセモノで,

なんかどんどん気温が下がっている気がする。

でも,こういう日は温かいものがうれしい日でもある。

熱燗は言うまでもくハラワタに浸み渡るし,

熱いスープをフーフー言いながらすするのもいい感じだ。

そう,現実の状況に嘆くことなく,逆に利用すればいい。

夏は暑いからスイカやアイスが美味しいのだし,

冬は寒いから熱燗やポトフを感謝して味わえる。

ちなみに,我が家のポトフは,具を足しながらまだ続いている。

Img_5388_20191122115701

姿はだいぶ変わりましたが・・・

財布がない!

長く生きているといろいろなことに遭遇するが,

「気が付いたら,財布がない!」という経験もその一つだ。

財布にはお金が入っている以外に様々なものを入れている。

(お金だけの財布だったら,いいんだけど)

私の場合,銀行のカード・パスモ・名刺・カギなどだ。

これらを一挙に失うとなると,時間的損失も大きい。

まず,銀行にカードの紛失届と再発行願いを提出しなければならないし,

カギも予備があればいいけれど,そうでない場合は作らなければならない。

また,名刺は予備がある訳だが,拾った人によって悪用されないとも限らない。

そんなこんなで,素晴らしい一日が台無しとなる。

今回財布は見つかったから,こんなことも報告できるのだが,

昨日の夜,リュックの上に財布を載せて寝たのだった。

ところが今朝リュックを2階から1階に下す際,財布を載せたのを忘れていた。

面倒でもカバンに入れてから寝ればよかったのだが,

普段はしていることをせずにやったから失敗した。

やはり「いつも通り」というのは大切だ。

今日からは,財布をカバンに入れてから寝よう。

PS 財布はリュックがあった場所に,そのまま落ちていた。

電話台の陰であったのが,敗因だった。

母の歯の話(2)

昨日は,母の入れ歯(上の方)が出来てくる日だった。

母は興奮して,いつもはおざなりにしている玄関の靴類を整え,

「息子よ,保険証を忘れるな!」と言わんばかりに,青い袋を並べていた。

予約の13分前に受付を済ませ,都合で一人順番を追い越され,

助手さんと5分ほど世間話をした後,歯科医の先生はやってきた。

「今日は,噛み合わせを観るだけしますね」というと,

少々大きめと思われる入れ歯を母の口の中に押し入れた。

すると,口角が上がり,自然とほほ笑んでいる表情が生まれた。

あの懐かしい母の微笑であった。

人間の表情は歯があるのとないのとでは全然違って見える。

歯のない時は不機嫌そうに見えても,それは歯がないためで,

一旦歯が入れば,これまだと違った印象を人に与える。

「では,噛み合わせに問題は無いようなので,これで行くことにしましょう」

ということで,数分で診療は終わった。

昨日の診察料は,400円だった。時給に直すと,1万円!?

2週間後,ついに母の入れ歯は出来上がる予定だ。

2019年11月21日 (木)

息子の手料理 11/21

今日は,「和食三品」です。

(ブリの照り焼き・里いもの煮っ転がし・枝豆)

ごはんのおかず・酒の肴兼用。

この素材だと,日本酒が合うかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5389

夜明け前

1日のうち最も気温が下がるのは,夜明け前である。

我が家の書斎(と言えるほどのものではなく。夢ブログ更新室)も,その例外ではない。

布団から出たばかりの私としては,12℃というのは冷蔵庫みたいだ。

そこで,夏には冷房の温度だった25℃のスイッチを入れ,

20℃になったところでスイッチを切る。

これが最近の私のルーティンである。

Img_5391

そろそろ同居人がごそごそやり出すころだ。

私は1階の台所に降り,朝食の準備をすることにしよう。

2019年11月20日 (水)

息子の手料理 11/21

今日は「ポトフ」にしました。

ポトフとは,フランスの鍋料理で,

直訳すると「火にかけた鍋」という意味らしいです。

今では世界中で食べられていますけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_5388

母の思い入れと思い込み

母は火曜日にかなりの思い入れがある。

午前11時~午後2時までボランティアの「歌とおしゃべりの会」があるのだが,

その歌の時唯一楽器(メロディオン)を弾けるのが彼女だからだ。

ということは,その日は彼女にとって「ハレ」の日であり,

それ以外の火曜日は「ケ」の日ということになる。

なので,人間「ハレ」の方が好きなわけで,

「火曜日」と知ると,連想から「歌とおしゃべりの日」だと勘違いしてしまう。

そして,「ただし,今日は第2火曜日ではないので,歌とおしゃべりの会はありません」と

私は付け加えるのだが,そんなことは聞いちゃいない。

昨日も大荷物を持って出発しようとしているところを2回玄関付近で「逮捕」した。

ところが2度あることは,3度ある。

2階で私がパソコンをやっている間隙を縫い,彼女は荷物ごと出発してしまった。

自転車で捜索したところ秋津橋付近で戻ってくる彼女と遭遇。事なきを得た。

ところが荷物がない。「荷物はどうしたの?」「K(会の責任者)さんのとこに置いてきた」

という訳で,私は昨日も振り回されたのでありました。(以前には,会場まで行ってしまった)

好きなことがあるのは悪いことではないが,毎週好きなことができるほど世の中甘くない。

思い入れが,思い込みにつながる,という話でした。

Img_5387

 Kさんの家に置きざりにされたキャリーと荷物

共存の発想は,平和の作り方につながるかも

昨日の朝テレビを観ていたら,

「風邪をひきにくくするために部屋の湿度をあげること」と

「湿度が高くなり過ぎてカビが生えてくること」との間で,

議論がこう着している場面があった。

そこで最後に発言したのが,長年カビの研究をしてい方だった。

「カビは普段見えないが,私たちの周りにたくさんあるんです。

それをまったくゼロにすることは,特に湿度の高い日本では不可能。

カビと共存する考え方が一番いいと思いますよ」

風邪にしてもカビにしても,私たちはゼロにすることを考えがちだ。

しかし,自然の力の方が圧倒的に強いので,必ず人間は負ける。

「その影響があまりに大きくなり過ぎないように知恵を働かすべきである」という

研究者の「共存の発想」に,朝からいいスタートを切れた。

・熱が出たら体調の「黄色信号」なので,暖かくして寝る

・カビが生えたら,気にならない程度にふき取る

風邪やカビとの「共存の発想」は,もしかしたら

世界の平和の作り方につながるのかもしれない。

2019年11月15日 (金)

息子の手料理 11/15

今日は「クリームシチュー」を作った。

上の入れ歯を製作中の母も,これなら大丈夫。

冬の朝晩は,シチューが似合います。

Img_5371

今日も草刈作業

今日も草刈作業をした。

写真で見ても分かりにくいが,

けっこう頑張った。

昨日の作業と比べてみて下さい。

Img_5372

今日の作業

Img_5368

昨日の作業

より以前の記事一覧

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ