2019年9月17日 (火)

君は「良野」なのか?

夕方「外回り」に出ようと思ったら,

何やら見たような猫相(にゃんそう)の猫が駐車場にいた。

「にゃん(やあ)!」と声を掛けるとまんざらでもない感じ。

あまり警戒している感じがしない。(半座りしていたりする)

「野良(のら。大分前から我が家に通う地域猫)」は半死半生の夏を越えられなかったと思うが,

若い「良野(らの。「野良」の子どもだという説も。まだ若くて慣れていない)」だったら乗り越えたかも。

君は「良野」なのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 警戒心が薄い感じ

1か月ほど前までエサをけっこうあげていたので,その分慣れがあるのではないか。

「毛並みの悪さ」も似ている気がする。(山田さん,判定を!)

(2) エサを食べたようだ

エサ(カリカリと鰹節を水に浸したもの)を鍋に入れて再び外に出たが,

もうその時は猫は姿を消していた。しかし,私が外回りから戻るとエサが平らげられていた。

(3) バイクのサドルに愛着を持つ猫

鍋のエサが平らげられていたのを確認したのと,再びその猫に会ったのがほぼ同時。

写真を撮っていると,なんと隣の叔母さんのアパートの方に行ってしまった。

そして,なんとなんと,「良野」がお気に入りにしていたバイクのサドルに

ジャンプして跳び乗ったのだ。

Img_4543

Img_4545

Img_4568

Img_4567

Img_4563

(1)~(3)の事実から,私はかなり「良野」本人説に傾いているのだが,

皆さんはどう思いますか?

「夢ブログ」には,山田さんや愛の世代ズなど,

猫大好きの方々が少なからずいるので,ぜひコメントをお願いします。

🐱 🐱 🐱

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ その後,午後9時半頃,ドラッグストアに買い物に行く際,

カメラを持って出かけることにした。

もしかしたら,まだバイクのサドルに猫がいるかもしれないと思ったからである。

Img_4569

暗くて見えにくいと思うが,そこに生き物がいることはわかるだろう。

その猫はそこに2時間以上もいたのであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午後5時現在,あの猫はまだバイクのサドルの上にいました。(合計10時間)

Img_4576

 

2019年7月22日 (月)

「野良」なのか?

昨日午後8時頃,家の近くで三毛猫に会った。

「野良」なのか?

猫語が使えない人間と,人間語が使えない猫の

ささやかな交流が続く。

その間,10分間。

逃げない。やはり「野良」なのか?

しかし,もう飽きたのか,三毛猫は大きなジャンプを見せ,

ブロック塀の上に飛び乗った。

こんな体力は先日の「野良」にはなかった。

やはり「野良」ではないのか?

Img_3631

2019年7月18日 (木)

「野良」のピンチ

「野良」が5日ぶりに戻ってきた。

ベランダの母の椅子の下だ。(暑い時,よくそこにいる)

それはうれしいのだが,かなり体力が落ちでピンチだ。

エサをあげたのだか,「小さな親切.大きなお世話」で,

ヨタヨタとあるいて,水を飲みに行った。

エサと水の2つの選択肢がなかったな。両方用意すればよかった。

Img_3571

Img_3572

Img_3573

Img_3575

Img_3577

Img_3578

今は玄関わきの日向で休憩しているが,

ベランダの日陰に移動してくれるといいなあ。

あそこだと,こちらも世話できるし・・・。

郷土研の仕事の前に.もう一度見てこよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう,いなかった・・・残念。

お前は猫の目のように変化するんだね。

だって「野良」は猫だから。🐱「そうニャ!」

2019年7月13日 (土)

「野良」は来るが,また食べず

今朝も「野良」が来たが,

エサを食べることはなかった。

何を考えているのか,ただ眠りたいのか。

Img_3527

Img_3533

世の中に・・・ではなく,

エサに背を向ける「野良」。

2019年7月12日 (金)

「野良」は来たが,エサ食べず

先ほど台所のところに「野良」が来ていた。

エサをあげたが興味を示さず,眠っていた。

しばらくしていなくなった。

これをどう考えるか?

Img_3492

 

2019年7月11日 (木)

「良野」はランチ「野良」は昼寝

「良野」がランチにやってきて,

牛乳とキャットフードをあっという間に平らげて去った。

育ち盛りの中学生みたいである。

Img_3477

Img_3478

それに対して,「野良」は時々目を開けるが,また寝る。

「もう,ずいぶん長く生きましたよ」という感じだ。

うちの母より老齢なのかも。

Img_3479

「野良」と同じ屋根の下

昨日「野良」は我が家で宿を取った。

慣れたベランダの母の椅子は,さぞかし心地良かっただろう。

どんな夢をみたのだろうか?

Img_3472

2019年7月10日 (水)

「野良」に続いて「良野」も我が家へ

「野良」に続いて「良野」も戻った。

そのいきさつは,こうだ。

「野良」に少し早い夕食用のエサをあげようとしたところ,

横から侵入してきて「野良」の分をかっさらい,

さらに牛乳まで飲みまくる乱暴者が現れた。

しかし,何か見覚えがある人相(にゃんそう)。

なんとそれはあの「良野」だったのである。

よほどおなかが空いているのか,「野良」にあげても取ってしまう。

そこで私は二面作戦に出た。

「良野」がエサを食べているスキを狙って「野良」にあげたのだ。

また「良野」が「野良」のも食べようとすると,私も「良野」の方へエサを・・・。

とりあえず「良野」がおなか一杯になって去ったところで「野良」にまたあげた。

食欲のなかった「野良」も「良野」に取られてはならじと思うと,

必死に食べようとするものだ。(これは「良野」の功績かも)

ということで,再び2匹が我が家に戻ってきたという話でした。

Img_3454

Img_3456

Img_3463

Img_3461

その後2匹は・・・

我が家の別々の場所で食休みを取っていた。

野良は,「マンション」の屋上で温かく。

Img_3464

良野は,草むらで涼しく。

(実は,プラスチック製の植木鉢に体が収まっている)

Img_3466

2019年7月 9日 (火)

「野良」が数時間おきに我が家に現れた1日

今朝玄関先で「野良」を見かけた。

急いでエサを用意したが,あまり関心がなく,

やがて去って行った。

おーい,どこへ行くんだよ~。

Img_3437

Img_3438

母の誕生日の記事を書いて,「じゃあ,昼飯にするか」と台所へ降りていくと,

先ほど朝食に手を付けず去った「野良」がお座りしていた。

急いでエサを作り差し出すと,しばらく食べていたが,やがてお座りポーズに。

よ~く見ていたら,咳をしているみたいで,雨でぬれて風邪が治らないのかなあと思った。

とりあえず,我が家周辺に2日続けていてくれたことに感謝しよう。

Img_3440

Img_3442_20190709125101

Img_3443

PS その後,午後5時頃また「野良」がやってきて,

母が牛乳をあげたところ飲んだ,という情報が入った。

ずっと長くは居ないにしても,数時間ごとに現れて栄養を摂って行けば,

元気の回復も早いのではないかと思う今日この頃である。

2019年7月 8日 (月)

「野良」8日ぶりに戻る

「野良」が8日ぶりに戻ってきた。

「エサを作るから待っててね」と言って,

台所から戻ってきたら,もういない。

「おーい,野良~」と呼ぶ先を見たら,

なんと野良は台所の近くに行っていた。

私が「エサをくれる人」だと思い出してくれたようだ。

ソーセージとカツオブシをまぜてあげると,

しばらく食べていたが,やがていつもの待機ポーズ。

私としては,「もっと食べてってよ~」というところだが,

本人の意思に任せよう。

それにしてもラッキーな再会だった。

予定では横浜の読書会に行くはずだったが,

疲れていたので酒処「まこ」のメダカの世話をすることにし,

一度戻ってきたら,「野良」がいるのに気が付いた。

私たちは赤い糸とは言わないが,見えない茶色の糸(三毛猫なので)で

結ばれているのかもしれないね!何枚か撮った写真をアップします。

Img_3420

Img_3421

Img_3425

Img_3426

Img_3428

Img_3429

ここまでアップして,さあメダカの世話に戻ろうとしたら,

玄関前に気持ち良さそうに昼寝をする「野良」の姿が・・・。

起こしては可愛そうなので,私もこれから一時間ほど昼寝をします。

Img_3431_20190709050901

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ