2019年5月19日 (日)

楽天がシーソーゲムでロッテに競り勝ち21勝目

楽天がシーソーゲームでロッテに競り勝ち21勝目をあげた。

楽 天040001203計10

ロッテ202010000計5

福井・森原・グセニッツ・青山・宋・高梨ー堀内・嶋

青山1勝2敗0S

浅村11号ソロ,ウィーラー10号ソロ

7点差や8点差をひっくり返してきて,ある新聞には「お家芸」とも書かれたが,

とにかくなかなか先制できないチームなので,苦しい試合が続く。

しかし,今日のZOZOマリン球場には左右2人ずつの楽天ファンがいて心強かった。

(左手の2人は仙台に住むご夫婦。下に載せる応援グッズもいただいた。

右手の2人は友人同士だそうで,友人に楽天ファンがあまりいないの手でうらやましかった。

でも,楽天に得点が入るごとにハイ・タッチなどして盛り上がれた。

なお,昨日は島内が2番バッターとなっていて驚いた。

Img_2626

Img_2627

Img_2628

Img_2621

【試合のダイジェスト】

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/video/play/1551001/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

Photo_13

記者:ピッチャーが石川選手から代わった直後のホームランでした。どんなお気持ちで打席に入られましたか。
浅村選手:ホームランは狙っていなかったのですけれど、良い形で後ろに繋ごうと思って。2アウトでしたけれどもなんとか後ろに繋ごうと思っていました。

記者:ホームランの感触はいかがだったでしょうか。
浅村選手:良かったです。

記者:昨日に続く二試合連続のホームランで、二試合連続のマルチ安打。調子は上向きと見てよろしいでしょうか。
浅村選手:徐々に良くなってきているので、これから頑張ります。

記者:楽天イーグルス打線、先制されても逆転し、再度逆転されてもまた勝ち越すという。本当に粘り強いですね。
浅村選手:バッター陣がまず先制点、という形でリズムよく試合をしたいなと思っているので。これからは先制点にこだわってまた明日から頑張りたいなと思います。

記者:何度か聞かれているとは思いますが、楽天イーグルスに加入して、チームの雰囲気はいかがですか。
浅村選手:とても良いです。

記者:チームはこれで再び貯金生活に入りました。最後に、これだけたくさんのファンが詰めかけてくださいました。メッセージをお願いいたします。
浅村選手:まだまだ先は長いですけれども、一戦一戦を大事に戦っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

いざ「ZOZOマリン球場」へ

先日「夢ブログ」でもお知らせしましたが,

本日「ZOZOマリン球場」に行って,楽天を応援してきます。

昨日は0ー4から6ー4への大逆転勝利で,気分も上々です。

天気は曇りですが,降水確率は10%らしいので雨は大丈夫でしょう。

午後2時スタートなので,早めに決着をつけて

酒処「まこ」で勝利の美酒を酌み交わしたいものです。

楽天の先発は福井。今季3勝1敗。

また,彼の先発した試合は5勝1敗と,試合を作れる投手です。

ただ四球が多いのも彼の「個性」らしいので,早めの援護を期待します。

2019年5月18日 (土)

楽天がロッテにも逆転勝ちで20勝目

楽天がロッテにも逆転勝ちして20勝目を挙げた。

楽 天000001041計6

ロッテ121000000計4

石橋・今野・宋・松井ー嶋

今野1勝0敗0S

松井1勝1敗10セーブ

ウィーラー9号ソロ,浅村10号2ラン,島内4号ソロ,

ボルシンガーの初球のナックルカーブを簡単に見逃し,

ストライク先行にさせ過ぎる。

それがチャンスを作りながら攻めきれなかった原因だ。

6回表にウィーラーのソロで3点差まで追いつき,チャンスは8回表に来た。

先頭の辰己が二失で塁に出ると,まず藤田が左中間二塁打で2点差。

続く浅村が2ランで同点。次の島内が勝ち越しソロを打って,5―4。

さらに9回表一死満塁から島内の内野ゴロの間にさらに1点追加。6ー4。

9回裏は松井が登板。3人で締めて,またも逆転の大勝利。5割復帰。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

Photo_12

記者:今、手元にウイニングボールがありますが、初勝利の実感は沸いてきましたか。
今野選手:とても沸いてきました。

記者:今日は2番手で登板して、6回、7回とノーヒットに抑えましたが、そのピッチングはいかがでしたか。
今野選手:1人、1人抑えることだけを意識して投げた結果が0点で抑えられたので嬉しいです。

記者:今日も楽天イーグルス逆転劇があったのですが、前回の登板でもあの8点差の逆転劇を導いた1人と言っても良いかと思いますが、何か持っていますかね。
今野選手:いや持ってるかはわからないのですけど、自分が今出来ることをしっかりやることがやることだと思います。

記者:6年目を迎えました。育成も経験して、入団当初はドラフト9位という所からスタートになったのですが、初勝利は改めてどんな思いでしょうか。
今野選手:ここ6年間良い成績を残せてないので、今年はしっかりチームに貢献出来るように頑張りたいと思っています。

記者:ドラフトの際はあの星野仙一さんが惚れ込んだというな話題にもなったのですが、その辺りも含めて思いはどうでしょう。
今野選手:星野さんのためにもしっかり活躍して、チームも優勝出来るように頑張りたいと思います。

記者:宮城県内でドラフトでは初めて高校から入団したという所で、多くの楽天イーグルスファンが期待していると思います。大勢のファンに一言お願いします。
今野選手:優勝目指して頑張ります。応援よろしくお願いします。

肥さんに「お」をくっつけて「オコエさん」

【オコエの記事】

https://www.msn.com/ja-jp/sports/npb/オコエは相手捕手にも遠慮なく聞く。打率1割台でも、成長が見える理由。/ar-AABxleF?ocid=spartandhp#page=2

楽天が継投の失敗でロッテに敗れる

楽天が継投の失敗でロッテに敗れた。

楽 天000000010計1

ロッテ11000040×計6

美馬・西宮ー嶋

美馬2勝3敗0S

6回まで何とか2失点で抑えてきた美馬が,

7回につかまり,満塁ホームランを打たれた。

抑えピッチャーがたくさんいるのだから,

7回からは継投でいってほしかった。

打者もストレート狙いが多く,フォークボールを空振りし過ぎだ。

見逃せばボールになるのだから,もっと相手投手を苦しめないと・・・。

気持ちを切り替えて,本日のデーゲームを頑張ってほしい。

 

2019年5月17日 (金)

日曜日に楽天戦に行ってきます

チケットが手に入りました。

日曜日に楽天戦に行ってきます。

久しぶりにロッテとの対決です。

どんな試合になるか楽しみです。

Img_2549

楽天が日ハムとの投手戦に敗れる

楽天が日ハムとの投手戦に敗れた。

日ハム000001100計2

楽 天000000000計0

辛島と加藤の両先発の投手戦。

辛島は7回1失点の好投だったが,

なにせ味方が2安打しか打てず敗れた。

辛島・青山・高梨ー嶋

辛島3勝1敗0S。

2019年5月15日 (水)

楽天が日ハムに逆転サヨナラ勝ちで19勝目

楽天が日ハムに逆転サヨナラ勝ちで19勝目をあげた。

日ハム201500000・00計8

楽 天000400031・01×計9

古川・今野・ブセニッツ・森原・松井・宋ー石原・嶋

宋1勝1敗0S

ブラッシュ11号満塁,ブラッシュ12号2ラン,嶋3号ソロ,浅村9号ソロ

いくら投手が足りないと言っても,

昨日の戸村(8回だけで9失点)にしても,この日の古川(先発で4回までに8失点)にしても,

これだけ取られたら試合をひっくり返すのは不可能だ。

・・・と沈んでいたら,なんとブラッシュの満塁ホームラン!

一気に4点差につめた。(ここで金子千尋が降板)

リリーフした今野が素晴らしい投球で5~7回を0点で抑え,援護を待つ。

新外国人投手ブセニッシュも8回表を0点に抑える。

そして,ブラッシュのこの日2本目のホームラン(2ラン)で2点差。

次の辰己が倒れるも,嶋の3号ソロが出て,1点差。

森原が9回表を0点に抑え,ムードは押せ押せだ。

9回裏,先頭の浅村がライトポール際の9号ソロで同点!

あこれが「8点差を追いついた瞬間」だった。

10回表は,松井が3人で抑えるが,楽天も0点。

11回表は,宋が浅村のファインプレーに助けられて0点に抑えた。

その裏楽天は,藤田が右前安打。島内も右前安打で,一死一・三塁。

そして次打者はウィーラー。

右犠飛で,3塁ランナーの藤田が技ありヘッドスライディングでホームイン。

楽天は,先日の7点差に続き,8点差を跳ね返し,9ー8で大勝利!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【楽天サイトのヒーロー・インタビュー】

記者:9回、同点のホームランでした。あの場面、どのような意識で打席に入ったのですか。
浅村選手:前の打席で、本当に悔しい打席で終わってしまったので、なんとか先頭で後ろにいい形で繋げようと思って打席に入りました。

記者:綺麗な逆方向へのホームランでしたが、感触というのはいかがでしたか。
浅村選手:感触は完璧でした。

記者:延長11回には、2アウト1,2塁。このピンチで近藤選手の打球を飛びついて処理という素晴らしいプレーがありました。あのガッツ溢れるプレーはいかがでしたか。
浅村選手:飛びついたら取れる打球だったので、なんとか止めようと思って集中して守っていました。

記者:長時間、応援してくださった楽天イーグルスファンの皆さんへ、メッセージをお願いします。
浅村選手:本当に長い時間、熱い声援ありがとうございました。選手達は諦める事なく最後まで戦っているので、これからも熱い声援をよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Photo_11

記者:延長11回、先頭でバッターに入りましたが、どのような意識で打席に入ったのですか。
藤田選手:どんな形でも後ろに繋ぐ、塁に出るという気持ちで打席に立って、ヒットになってくれたので良かったです。

記者:3塁ランナーになりまして、ウィーラー選手の犠牲フライ、タッチアップ、見事な技ありの生還でした。あのプレーはいかがでしょう。
藤田選手:正直ピンチランナーを出してほしかったのですが、平石監督から『ダメ』と出たので、ここは浅いフライでも必ず帰ってやろうという気持ちでいきました。

記者:1週間前には7点差をひっくり返した試合がありましたが、今回は8点差。これをひっくり返しての勝利というのは球団史上初めてということです。これについてはいかがでしょうか。
藤田選手:本当にバッター陣、野手陣が粘り強く、最後まで諦めないという気持ちで、ベンチの皆、選手の皆が諦めずやっているので、こういう試合が見せれると思っているので、最後までファンの皆さまも諦めず、これからも応援よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:今日は劇的なサヨナラ勝ちとなりました。振り返ってみていかがでしょう。
平石監督:序盤は苦しい展開で、でも諦めずに中継ぎ、そして野手のほうが本当に粘り強く、本当に素晴らしいですね。古川と石原のバッテリーも、彼ら二人のことを帳消しにしたというか。帳消しにはなっていないのでしょうけど、彼らを救ってくれました。

記者:球団史上最大となる8点差をひっくり返す展開となりました。
平石監督:あまり点差のことは考えていなかったのですけれども、前回の7点差のときもそうですし、今回もベンチにいる選手それぞれがまだまだここからだという事を至る所で口にしていました。素晴らしいと思います。

記者:打線の方では口火を切ったのはブラッシュ選手の満塁ホームラン、そして2本目もありました。ブラッシュ選手の活躍というのは今日はいかがでしたでしょうか。
平石監督:休んで身体が元気になってくれたのですかね。素晴らしいバッティングでした。

記者:最後は藤田選手の好走塁もあってサヨナラ勝ちを収めました。あの走塁に関してはいかがでしたでしょうか。
平石監督:本当は代走とかも考えたのですけれども、残っている選手のこと、今後の起用のことで一也に賭けたのですけれども、先ほど聞いたらタッチがやばいと思って手をかわしたということで故意的にやったみたいで。本当に素晴らしいスライディングでしたね。一也の気持ちが乗り移ったのではないかなと思います。

記者:ピッチャー陣では2番手、今野選手が3回無失点。監督も拍手を送られていましたけれども改めてピッチングはいかがでしたか。
平石監督:テンポよく投げられていたと思います。ボールも良かったですし相手バッターを差し込んでいたので、リズムよく投げてくれていたので攻撃のリズムも生まれたのではないかなと思います。本当によくやってくれたと思います。

記者:3番手にはブセニッツ選手の来日初登板ということになりました。ブセニッツ選手はいかがでしたでしょうか。
平石監督:良かったのではないでしょうか。今日がよほどの展開なら別だったのですが、早めに一軍の雰囲気で投げさせたかったので。良かったと思います。

記者:8点差をひっくり返して、明日に繋がる試合になったかと思います。明日への意気込みをお願いします。
平石監督:明日は年に一回の東京ドームでの試合なので、これを楽しみにされている方もいっぱいいるでしょうし、我々も今日負けて行くよりも勝って行く方が気分が違いますから。また明日、思いっきり攻めてやっていきたいと思います。

2019年5月14日 (火)

楽天が日ハム・有原に手玉に取られ大敗

楽天が日ハム・有原に手玉に取られ大敗した。

日ハム000020290計13

楽 天000000100計1

釜田・西宮・戸村ー嶋・石原

釜田1勝1敗

ウィーラー8号ソロ

有原の立ち上がりを攻めたが,一死満塁で1点もあげられず,

それが有原を乗せてしまった。

8回からリリーフの戸村が大誤算で,9点を献上した。

あと2戦を頑張ろう。いや,頑張るしかない!

 

野球理論の変化~「ゴロを打て」から「フライを打て」の時代へ

野球の理論が変わってきているらしい。⚾

昔はよく「フライではランナーが進塁できないから,ゴロを打て」とよく言われた。

しかし,最近のプロ野球を見ていると,

どうも「ゴロを打つより,フライを打つ」ということを念頭に置いた

バッティングをしているように思っていた。

全部ホームランは打てないにしても,その分長打が多くなり,

それが得点につながっているからだ。(楽天はヒットは多いが,得点が少ない。涙)

 

インターネットで検索しているうちに,以下のサイトがヒットした。

やっぱゴロよりフライなんだね

https://ameblo.jp/tadakazu-chu/entry-12391805427.html

 

西武の山川が100本に最速で到達したそうだ。

彼は打率こそ2割6分だが,ホームランは33試合で13本(33安打中),

なんと長打率は6割4分8厘という驚異的な数字を残している。

(彼より長打率が高いのは,ロッテのレアードだけで7割。打率も3割3分3厘)

昔は運動中はバテるから水を飲むなというのが常識だったが,

半世紀したらペットボトルを常備してこまめに給水するのが現在の常識だ。

「常識は,時代と共に変化する」という「常識」を指導者には覚えておいてほしい。

より以前の記事一覧

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ