2020年1月15日 (水)

楽天・今季期待がかかる若手選手たち

サイトで,楽天の若手選手たちのことが取りあげられていた。

さっそくリンクしちゃいます。

【21歳の藤平投手などの期待の若手選手たち】

https://full-count.jp/2020/01/01/post650643/?utm

_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=661383_3

20200101_fujihira_ay

2020年1月14日 (火)

楽天・浅村選手が若手と自主トレ

楽天・浅村選手が若手と自主トレしている様子を公開した。

【楽天・浅村選手の自主トレ】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000090-dal-base

昨シーズン西武から移籍し,西武ファンを悔しがらせるほどの活躍をし,

オフシーズンでも「プレミア12」で大活躍した。

本人はオリンピックも意識して,昨シーズン以上の活躍を期しているようだ。

それに刺激を受けようと,若手たちもいっしょに練習。

これが悪い結果につながることはないだろう。

ぜひその成果を今シーズンは発揮し,楽天の久しぶりの優勝を見てみたい。

Img_6009

2020年1月 9日 (木)

楽天・松井が再び先発投手に

いろいろな事情があるのだと思うが,

クローザーとしての地位を固めて自信もついたのだろう。

今季は松井裕の先発投手としての雄姿が見られそうだ。

中継ぎの投手も育ってきたし,松井が6回まで数点に抑えてくれれば,

上位進出も夢ではないから・・・。頑張れ,松井裕!

【楽天・松井裕が再び先発投手に】

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202001030000046.html

Img_5958

2020年1月 2日 (木)

箱根駅伝は,第1区がカギだった

箱根駅伝の往路を観ていたが,

法政大学が第1区から離されて,往路16位だった。

高速ランナーがそろった他校についていけなかったようだ。

そこそこの順位で第4区までつなぎ,

第5区の「山登り」でシード圏内に・・・という作戦ではだめだった。

1日目が振るわないと,復路への関心も薄れてしまう。

なかなか難しいものだ。

あとは,読者の出身校の國學院や東海大学におまかせしますね。

Img_5932

  • 順位
    チーム名
    記録


  • 1
    青山学院大学

    05:21:16


  • 2
    國學院大學

    05:22:49


  • 3
    東京国際大学

    05:24:33


  • 4
    東海大学

    05:24:38


  • 5
    明治大学

    05:27:11


  • 6
    帝京大学

    05:27:15


  • 7
    創価大学

    05:27:34


  • 8
    駒沢大学

    05:27:41


  • 9
    早稲田大学

    05:28:48


  • 10
    拓殖大学

    05:29:08


  • 11
    東洋大学

    05:29:15


  • 12
    中央学院大学

    05:29:17


  • 13
    中央大学

    05:31:40


  • 14
    順天堂大学

    05:31:52


  • 15
    日本大学

    05:32:53


  • 16
    法政大学

    05:33:00


  • 17
    神奈川大学

    05:34:11


  • 18
    日本体育大学

    05:34:35


  • 19
    筑波大学

    05:37:53


  • 20
    国士舘大学

    05:38:37


  • 関東学生連合

    05:34:54

ラストのお雑煮からスタート

入れ歯の完成に関係なく,相変わらず母の食欲は素晴らしい。

いや,素晴らしいを通り越して,すさまじい。

1日2食を作ることも大変なのに,正月はデイケアがないため,

1日3食作ることになる。(母は,4~6食していると思う)

たくさん作ったと思っていたお雑煮も,朝食でおしまい。

おせちも,黒豆だけを残して終了ということで,

2日にして元旦から平日に戻ることになる。

せいぜい箱根駅伝に気を取られ,食事回数が減ることを望む。

Ekx3tmiu0aacypt

2019年12月24日 (火)

涌井投手が楽天に入団

美馬投手がロッテに移籍してしまったのは残念だったが,

代わりにロッテから涌井投手が移籍してきた。

西武では岸投手や浅村内野手と同僚だったので,

楽天にも早く溶け込んでくれるだろう。

則本,岸,涌井と3人のベテラン投手がローテーションを守り,

昨年台頭してきた若手投手たちが活躍すれば,

昨年の順位(3位)以上の成績も夢ではないと思う。

【涌井投手の入団会見】

https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00002676.html

Img_191223_01_01

2019年12月 3日 (火)

今年の楽天戦は,3月20日(金)スタート

来年のプロ野球の日程が先日発表された。

楽天の開幕戦は,3月20日(金)のオリックス戦で,場所は仙台だ。

近くで見られるのは,4月3日(金)の西武戦(メットライフ)。

だけど,その頃はまだ球場は寒く,実際に応援に行くのはもう少ししてからかな。

いずれにしても,好スタートを切って,またクライマックス・シリーズも楽しめたらうれしい。

W

 

2019年11月18日 (月)

侍ジャパン 韓国を破り,世界一に!

昨日の韓国との決勝戦。

手に汗握る戦いだったが,ついに世界一になることができた。

テレビで観戦したが,とてもうれしかった。

韓国300000000計3

日本13000010×計5

1回表に韓国が2本のホームランで3点取った時には,

「これは今日は勝てないのでは?」と思ったが,

1回裏に鈴木のタイムリー二塁打が出て1点返せた。

この1点はすごく大きい1点だった。

そして,第2先発高橋礼が0点に抑えたその2回裏,

山田の3ランが出て,一挙に逆転することができた。

また,膠着状態になった7回裏に浅村が打ったタイムリーも大きかった。

あとは,抑えの投手を繰り出して,韓国を0封することができた。

【試合のダイジェスト】

https://sports.yahoo.co.jp/video/player/2134391

Img_5382

Img_5384

2019年11月16日 (土)

侍ジャパン 韓国も破ったが・・・

韓国を10ー8で接戦の上破った。

韓国001500200計8

日本01602010×計10

なので,これで世界一なのかと思ったら,

ルール上「1位通過」ということで,

「2位通過」の韓国と明日も戦うということになるのだという。

だから,韓国はメンバーを休ませたりして,

今まであまり出場していない選手が出たりした訳だ。

韓国指揮官「ずっと出ていた選手は休ませた。明日は良い投手を起用する」 だって)

ある意味「1位通過」も「2位通過」も同じなら,

選手を温存した上で決勝で力を出せばそれでOKということ。

だから,2日連続の日韓戦初戦は,陰で「消化試合」とささやかれた訳だ。

640x427_20191116234201

2019年11月14日 (木)

侍ジャパン 全勝メキシコを破る

日本が全勝メキシコを破った。

メキ000100000計0

日本21000000×計3

昨日書いた先制点,追加点をすぐ実現し,

先発・今永が6回を1安打8奪三振(1失点)の好投。

これでメキシコと並ぶ3勝1敗となった。

次の試合は,16日(土)の韓国戦。

【試合のダイジェスト】

https://sports.yahoo.co.jp/video/player/2122382

640x427_20191114043001

 

 

 

より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ