2017年9月24日 (日)

楽天が塩見の好投で71勝目

楽 天010002000計3
ソフト000001000計1

楽天が塩見の好投で71勝目をあげた。

腰痛に苦しんできた塩見だが,
CS戦地元大事な試合で好投してくれた。
それに応えてウィーラーが2回に先制29号ソロホームラン。
6回にも島内のタイムリーなどで追加点を奪った。

6回1失点の好投を受けて,
青山ーハーマンー高梨ー福山ー松井裕の継投で反撃をかわし,
敵地でのソフトバンク戦に先勝した。

塩見が 3勝目。
松井裕が,32セーブ目。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーロー・インタビュー)

記者:今日はおよそ1か月ぶりの一軍での登板となりました。
どんな気持ちでマウンドに上がったのでしょうか。
塩見選手:先頭バッターを抑えるという気持ちで投げました。

記者:その結果6回途中2安打1失点という内容でしたが、この内容ご自身ではいかがですか。
塩見選手:嶋選手のリードも良かったですし、でも6回の先頭のフォアボールがダメでしたね。

記者:ただ今後に向けての手応えを感じた部分もあったのではないでしょうか。
塩見選手:そうですね。変化球もコーナーに決まっていましたし低めに集まっていたので
良かったかなと思いますけど。

記者:この勝利で塩見選手ホークス戦2014年9月24日以来3年ぶりの勝利となりました。
塩見選手:ありがとうございます。覚えてなかったです。

記者:このホークス戦に勝てたというのは今後も踏まえて非常に大きいのではないでしょうか。
塩見選手:そうですね。CSで当たる可能性があるので
良いピッチングができて良かったなと思います。

記者:今日もたくさんのファンが応援してくださいました。
ご自身としても今後も大事な戦いが続くかと思います。ファンへメッセージをお願いします。
塩見選手:2位目指して一生懸命頑張りますので声援のほどよろしくお願いします。
ありがとうございます。

2017年9月22日 (金)

Jコムで楽天戦を観戦

このところ早く帰宅して,
Jコムで楽天戦を観戦することが多くなってきた。

全ての試合を放映しているとは言えないが,
ほとんどはやってくれていて,
CMが少ないのもうれしい。

「麦とホップ」を飲みつつ,枝豆を食べる時,
「300円の贅沢」自宅バージョンである。

もっとも気が付いてみたら,試合終了。
しかも,サイトで確かめてみたら,
見ていた時には勝っていたのに,
途中で逆転されて負けてしまった時はガッカリ・・・
などということも,少なからずあるが。

昨日も「2か月ぶりに岸投手が勝つか」と思っていたら,
3ランを打たれて逆転負けしてしまった。
(その前の回で,せっかく逆転してもらったのに)

西武は3連敗。
楽天も2連敗。
勝負だから,負ける時もあるけれど,
優勝がソフトバンクに決まってからは,
パリーグの2位・3位争いは,かなり低調である。(。>0<。)

2017年9月21日 (木)

十両の給料は「10両」だったのか?

前話の続きで,十両の給料は「10両」だったのか?
という疑問を,検索して調べてみた。

十両の給料は「10両」だったのか?

今は疑問に思ったことをすぐ検索できる
良い時代ですね。
苦労して調べて達成感を味あうのもいいけれど,
小さなヒットを重ねていくのも良いと思います。

2017年9月19日 (火)

楽天が美馬の完封で70勝目

日ハム000000000計0
楽  天01211100X計6

楽天が美馬の完封で70勝目をあげた。

先発の美馬は,被安打3,奪三振7の見事な完封勝利。
背番号31の美馬の31歳の誕生日に,
自己最高の2桁勝利をあげるという快挙だった。

打線もアマダーの20号ソロをはじめとして,
小刻みに得点を重ね,美馬を援護した。
アマダーが20本,ペゲーロが25本,ウィーラーが27本と,
3人の外国人が本塁打を量産したのも今季の躍進のカギとなった。

これで3連勝。
この日ロッテに敗れた西武とのゲーム差は2.0となった。
明日は新人の藤平の先発。
打線の援護で,勝利をプレゼントしてほしいものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーロー・インタビュー)

記者:まず今の率直な喜びから聞かせて下さい。
美馬選手:いやー何か、やっとっていう感じです。

記者:(自信初のシーズン2桁勝利、さらにバースデー勝利となり)本当に一生忘れられない1日に
なったんじゃないですか。
美馬選手:そうですね。本当にいろんなものがまとめて今日1日に来たなっていう感じですね。

記者:今日は本当に立ち上がりから140km/h台後半が続いて出ましたが、
どんな気持ちでマウンドに上がったんですか。
美馬選手:ここ最近ずっと良いピッチングができていなかったので、最初から全力で抑えにいく
という気持ちで行きました。

記者:先制点はアマダー選手のホームランでしたが、アマダー選手も美馬選手を勝たせたいと思って
打席に立ったんだそうですよ。
美馬選手:アマダー選手はいつも僕のとき打ってくれるんで、本当に最高の誕生日プレゼントでした。
ありがとうございます。

記者:今日は終盤まで、抜けるボールも全くと言ってよいほど見られませんでしたが、
調整方法などを見直した部分はあったのでしょうか。
美馬選手:抜けた球はいつも簡単にホームランだったり、点に絡むことが多かったので、
その球をとにかく投げないように、常に丁寧に投げるということを意識してやってきました。

記者:8回が終わって与田ピッチングコーチと話し込んでいましたが、
どのような話をしていたのですか。
美馬選手:行けるかっていう話があったんですけど、こんなチャンスはなかなかないので、
行かせてもらいました。

記者:美馬選手の完封でチームは7月以来の3連勝、そして今日は埼玉西武が敗れて、
ゲーム差は2ゲーム差となりました。本当に大きな勝ちとなったんじゃないですか。
美馬選手:チームとしても自分としても良い勝利になったと思います。本当にありがとうございました。

記者:改めて、この2桁で自ら自信になった部分、教えて下さい。
美馬選手:そうですね。去年からチャレンジしてきて、壁というのをすごく感じていたので、
今日やっとその壁を破れて、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

記者:では最後に、これからの戦い、やはり美馬選手の力は不可欠なものとなっていくと思います。
これからに向けてファンに一言お願いします。
美馬選手:ここ最近ずっと迷惑をかけていたので、これから2位を目指して、
しっかりチームに貢献できるように頑張ります。ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:先発の美馬選手が自身初の2桁勝利を完封で、そして自身の誕生日で決める
というゲームになりました。
梨田監督:そうですね。もうちょっと早く決めてくれればよかったんですけど、
誕生日まで待って10勝じゃなくてね。
しかし今日は完封ということで、他のピッチャーを休ませることができました。
打線も良い援護ができましたので、素晴らしい誕生日になったと思います。

記者:美馬選手は本当にテンポ良く9回を投げ切った形となりましたが、
改めて投球内容振り返っていかがですか。
梨田監督:春先の良いときに戻った感じがありますね。
前回の札幌でのファイターズ戦も良かったんですが、ちょっとコントロールミスがあって
2発ホームランを打たれて、そこを(今回は)しっかり修正出来ていたのではないかと思います。

記者:美馬選手の力投に応えるように打線も2桁安打、まさに投打の噛み合うゲームとなりましたね。
梨田監督:そうですね。2度、1アウト満塁の場面で点が入りませんでしたけど、
コツコツと得点を取れましたので打線の繋がりが出てきたのかなという感じがありますね。

記者:そして今日はアマダー選手が20本目のホームランを放ちまして、
外国人選手のウィーラー選手、ペゲーロ選手、アマダー選手の3選手が20本塁打(以上)を打つ
というシーズンになりました。
梨田監督:本当は一人30本ぐらいホームランを打ってもらうともっと楽になるんですけど。

記者:これでチームも3連勝です。明日は藤平選手の登板ですが、明日に向けて一言お願いします。
梨田監督:前回良いピッチングをして、6回まで引っ張って(ライオンズの)中村くんに
3ランホームランを打たれましたけども。それなりにある程度のピッチングはしてくれるので、
あとはうまく継投でいけるかというところだと思います。

2017年9月18日 (月)

楽天がサヨナラ勝ちで69勝目

ロッテ200100000計3
楽 天000000004計4

楽天がサヨナラ勝ちで69勝目をあげた。

先発・則本は打たれながらも調子を上げ,
9回を3失点に抑えた。
これに応えて9回裏,オコエから始まって,
ロッテ先発の石川を攻め,2得点。
さらにリリーフした松永からもペゲーロがタイムリー。
ロッテはウィーラーを敬遠四球で歩かせ,満塁策。
銀次との勝負に出たが・・・。
最後は,銀次が死球を受け,痛いがうれしい決勝点となった。

則本は,13勝目。

喜ぶ則本投手

https://www.rakuteneagles.jp/cmn/images/game_info/2017/0918/0918_02.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーロー・インタビュー)

記者:最後は思わぬ幕切れとなりました。今のお気持ちを聞かせて下さい。
則本選手:最高です!

記者:一昨日は打線爆発という中でしたが、今日はどんな思いでマウンドに上がりましたか。
則本選手:立ち上がりからいきなり点数を取られてしまって、どうなるかと思ったんですけど、
何とか踏ん張って最後まで投げようと思いました。

記者:9回のマウンドというのは自ら志願されたんですか。
則本選手:8回が終わったときに与田コーチから「代わろう」と言われたのですが、
「嫌だ」と言いました。

記者:139球の熱投が見事に実りましたね。
則本選手:本当に9回の逆転劇は凄かったです。

記者:9回の攻撃はベンチでどのような気持ちで見つめていたんですか。
則本選手:僕は自分が投げた試合でサヨナラ勝利はなかったので、
今日こそはと思って見ていました。

記者:味方打線を信じた甲斐がありましたね。
則本選手:最後は銀次選手が体を張って点数を取ってくれたので良かったです。

記者:今日は非常に強い風の中でのピッチングでしたが、その影響はどうでしたか。
則本選手:すごく難しかったですが、そこは相手も一緒なので、
何とか我慢して投げようと思っていました。

記者:これで自身も連勝、チームもホームで連勝となりました。
次のピッチングに向けて一言お願いします。
則本選手:次も一戦一戦、チーム全員で勝ちをもぎ取りたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:9回の攻撃を振り返っていただきたいのですが、味方が繋いで繋いで、
そして前のバッターを歩かされての打席でした。どんな思いであの打席に立ちましたか。
銀次選手:1球目から打とうと思ったんですけど、まさかデッドボールになるとは思わなかったので、
痛いですけど、めちゃくちゃ嬉しいです。

記者:デッドボールでサヨナラというのは今まであったのでしょうか。
銀次選手:いや、ないです。

記者:自身初のご経験ということになりました。則本選手の粘りのピッチングに打線が応えましたね。
銀次選手:則本選手が一生懸命投げていたので、どうにか援護してやろうとずっと思って、
やっていましたよ。

記者:前のサヨナラ勝ちの試合は覚えていますか。
銀次選手:(8月10日(木)の)日本ハム戦ですか?もちろん覚えていますよ。
今日も打ってやろうと思ったんですけど、駄目でしたね。

記者:サヨナラ勝ちを2試合続けて自ら決めたという形になりました。それについていかがですか。
銀次選手:まずは則本選手に勝ちを付けられたことが、すごく自分自身も嬉しいです。

記者:残り試合も少なくなってきましたが、クライマックスシリーズ、
このホーム仙台での開催というのを、みんな信じていると思います。
残り試合に向けてファンの皆さんにメッセージをお願いします。
銀次選手:あと19試合ですか、1試合1試合、必死に戦っていきますので、
熱い応援をよろしくお願いします!ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:劇的なサヨナラ勝利となりました。
梨田監督:漫画のような、まさかという感じでした。則本は8回で代える予定にしていたのですが、
志願ということで。たぶん野手に喝を入れようということだと思うのですが、その行ってくれたことが
最後の劇的な4点サヨナラに繋がったのかなと思います。

記者:則本選手の熱投が報われた形になりましたが、今日の則本選手はどうご覧になりますか。
梨田監督:立ち上がりの2点目がね。1点は仕方ないにしても、あっという間に1点取られた後の、
2アウト3塁からの2点目は悔いが残るかなという感じでした。そのあと1点追加されましたが、
何とか3点で9回を投げ切ったということで、悪い中でもよく投げてくれたと思います。

記者:一方の打線ですが、8回まで、(いい当たりがアウト、ダブルプレーになるなど)
少しアンラッキーな部分もあったかと思いますが、そのあたりいかがでしょうか。
梨田監督:前回の石川選手よりも今日は遥かに良かったですね。シンカーもストレートの速さも
コントロールも、全てにおいて前回よりは数段上だったので、
よく打線は当てにならないと言いますが、前回はあれだけ打ったのにという感じはありました。

記者:則本選手に話は戻りますが、これでまた勝ち星が1つ増えたことによって、
則本選手自身もさらなる上へということも言えますよね。
梨田監督:前回が2点、その前は0点、今日も途中まで0点という、3試合で2点しか援護ができて
いなかったという中で、最後まで投げて勝ちが則本に付いたというのは非常に大きいと思います。

記者:こうしてまた流れを引き寄せる形になったのかなと思いますが。
梨田監督:ファンの方の声援も後押しも凄かったので、良いサヨナラ勝ちができて良かったです。

2017年9月17日 (日)

楽天が猛打で68勝目

ロッテ020020001計5
楽 天07015000X計13

楽天が猛打で68勝目をあげた。
2点ビハインドの2回裏,2本の3ランなどで逆転。
4点差に迫られた5回裏にも5点を挙げるなど,
久しぶりの猛打で勝利をもぎ取った。

好リリーフの西宮が今季初勝利。
最近,第一子が誕生とのこと。
おめでとう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーロー・インタビュー)

記者:ナイスピッチングでした。
西宮選手:ありがとうございます!

記者:2イニング、回を跨いでしっかりと抑えました。振り返っていかがでしょうか。
西宮選手:フォアボールは出してしまったんですが、(大量リードしていた)展開も展開で
バッター一人ずつ集中して投げることができました。

記者:今日のピッチングで今シーズン初白星。手にしていかがでしょうか。
西宮選手:嬉しいですが、皆さんが繋いでくださったたすきというか。
僕の中で勝利という意識はあまりなかったです。
後ろにどんどん繋ごうという意識で常に投げています。

記者:そうやって登ったマウンドで今シーズンまだ1点も与えていません。4試合無失点です。
素晴らしい活躍が続きますね。
西宮選手:そうですね。これからも続けて頑張っていきたいと思います。

記者:そして今日は打線もすごかったですね。
西宮選手:序盤からどんどん点を取ってくれて僕も気持ちよく投げることができました。

記者:先ほどホークスが優勝してしまいましたが、2位浮上に向けて一言お願いいたします。
西宮選手:なんとか1試合1試合必死に頑張って、なんとか2位を死守できるように
頑張りたいと思います。

記者:最後に大勢集まったファンの皆様に一言お願いいたします。
西宮選手:私事ではありますが、実は9月14日に第一子の子どもが生まれまして。
今日はいつも以上に力が入りました。

記者:パパとしてこれからもまた素晴らしいピッチング期待しています。
西宮選手:絶対頑張ります。応援よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:4試合ぶりの勝利は大勝となりましたね。
梨田監督:そうですね。ちょっと点数が数えられないくらい、よく打ってくれましたけどね。
今日はちょっと(気温が)寒かったんですけれども打線が活発に点を取ってくれました。

記者:その打線でウィーラー選手、そしてアマダー選手がおよそ1か月ぶりのホームラン。
ようやくといった感じでしょうか。
梨田監督:いやー、長かったですね。この1か月間、いつ出るんだろうなと
ずっと心待ちにしていたんですけどね。待望の一発が出まして、それも3ラン2本ということで。

記者:打線のつながりという部分ではいかがでしょうか。
梨田監督:今日はたまたまと言いますか、やっぱりピッチャーがしっかりして、
そこに打線がつながってくれれば。今日は大味すぎるゲームになってしまいましたが、
何とか本拠地で勝てて良かったです。

記者:一方、先発の辛島選手は、勝利投手の権利を得る寸前で
マウンドを降りることとなりましたが。
梨田監督:先頭バッターを出し過ぎるという点と、被安打数が多い、
ファウルで粘られたのでちょっと可哀想でしたけど代えざるを得ない状況でした。

記者:そして今日はホークスの優勝が決まりまして、これでイーグルスは
クライマックスシリーズを本拠地で開催するという目標がはっきりとしましたが。
梨田監督:そうですね。一つでも上へということで、やっぱりKoboパークでやることによって
ファンの方々からパワーをいただけますので、これからも一試合、一試合頑張っていきます。

2017年9月15日 (金)

菊池雄星にやられた今季


対戦チーム別の成績

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/player/1000018/

こんなサイトがあった。
菊池雄星の対戦チーム別の成績である。
今季15勝の内,彼は楽天から7勝を挙げている。
しかも,防御率は0.78で,「1点取ってもらえれば,僕が0.78に抑えますよ。
だから,勝つことができます」というものすごい成績なのだ。
菊池雄星にやられた。私がこう書くのもうなづいていただけるであろう。

だがしかし,今や日本を代表する投手が,楽天には分が良いが,
他のチームからは平均2勝しか挙げられていないという事実からすると,
これは由々しきことである。
ぜひ来季は「まんべんなく登板」して,実力を発揮してほしいと思う。

2017年9月13日 (水)

運を増やすための練習

「あいせだの★わがままレイディオ」に出てきた話だが,
ある武闘家は「何で練習するのか」と聞かれて,
「運を増やすためだ」と答えたそうだ。

先日の松浦静山の言葉の前半,
「勝つは不思議の勝ちあり」だから,
それを増やすというわけなのだろう。

私たちはまず,「負けないために」練習し,
次に「勝つために練習」する。
スポーツでよく,「練習は裏切らない」というのは,
そういうことを言うのかもしれない。

もっとも,何をやっていいかわからず,
やみくもに練習して体を壊したとなれば,
本末転倒ということになるのだろうが・・・。

2017年9月12日 (火)

楽天よ,残り試合を頑張れ!

10月5日の最終戦(ロッテ戦)まで,
楽天は20試合を切った。

本日は,札幌ドームで日本ハムと戦う。
こちらの先発は美馬で,今季10勝目(自己新)をかける。
対する日本ハムは,今季3度目の先発の大谷。
これまでは2試合とも負けているが,言わずと知れた最速男だ。
「3度目の正直」ということで,万全を尽くして来ることだろう。
大リーグのスカウトの目もあるから,いいところを見せないとね。

しかし,楽天にも,「今季優勝間違いなし」と春先に
太鼓判を押された意地を見せてほしい。
2位に浮上して,CSに臨んでほしいものだ。

試合開始は,午後6時。
幸い部活が「定休日」の日なので,
体調時間になったら急いで帰宅し,
私も万全の態勢で応援したい。
頑張れ楽天!happy01

2017年9月11日 (月)

楽天が接戦を制し67勝目

オ リ000100000計1
楽天01001000X計2

楽天が接戦を制し,67勝目をあげた。

2回裏のペゲーロの本塁打で先制。
4回に同点にされたものの,
5回に嶋のタイムリーで突き放し,
投手の継投で逃げ切った。

則本が12勝目。
松井裕が31セーブ目をあげた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(楽天サイトのヒーロー・インタビュー)

記者:決勝タイムリー、ナイスバッティングでした。
嶋選手:ありがとうございます!

記者:早速あの場面を振り返っていただこうと思いますが、
5回でした、2アウト3塁の場面、どんな狙いで打席に入ったんでしょうか。
嶋選手:ここまできたらもう技術とかじゃないんで、
なんとか魂で打ってやると思っていました。

記者:その魂のこもった打球、センターの前に抜けていきました。
抜けた瞬間はどんな思いでしたか。
嶋選手:則本が泣いていないかと思ってちょっと心配していました。

記者:嶋選手のバットで試合を決めたわけですが、則本選手を援護したい、
そんな思いも強かったのではないでしょうか。
嶋選手:いいピッチングがずっと続いていたのになかなか勝てなくて、
しんどい時期もあったと思うんですけど、
チームのために精一杯投げている姿が、こういう勝ちに繋がったと思います。

記者:そしてその一打は、則本選手にとっても、チームにとっても、大きな1本となりました。
1ヶ月ぶりの勝利を決めました。いかがでしょうか。
嶋選手:試合前から(立花球団)社長に、ホームで1ヶ月以上勝っていないと
プレッシャーをかけられていたので、何とか勝てて良かったです。

記者:大勢のファンの皆さんも勝利を待ち望んでいたと思います。
ファンの皆さんの声援は耳に届きましたか。
嶋選手:連敗が続いている中でも、今日もこうやってたくさんの方々に集まっていただいて、
僕たちの力になっています。これからホーム球場での試合は少ないですけど、
これからも熱い応援、よろしくお願いします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:12勝目おめでとうございます。
則本選手:ありがとうございます!

記者:則本選手にとっても久々の勝利となりましたが、率直に今のお気持ちいかがでしょうか。
則本選手:お待たせしました。とりあえず勝てて良かったです。

記者:厳しい闘いが続いていた中ですが、今日はどんな思いでマウンドに臨んだのでしょうか。
則本選手:皆さんが見ていた通り、情けないピッチングの中で、嶋選手の好リードのおかげで、
何とかチームを勝たせることができて良かったです。

記者:7回を投げて最小失点で抑えました。7回を3人で抑えましたが、
このあたりはいかがでしょうか。
則本選手:球数的にもあの回が最後かなと思っていたので、何とかここをしっかりと抑えて、
8回、9回と後ろに繋ごうと思って、一生懸命に腕を振りました。

記者:ナイスプレーという声も(客席から)聞こえてきましたが、
粘りのピッチングの甲斐あって、5回にはお隣の嶋選手のタイムリーも飛び出しました。
どうご覧になりましたか。
則本選手:泣きそうでした。

記者:これで則本選手も去年の成績を上回り12勝目となりました。
これについてはいかがでしょうか。
則本選手:まだ試合はあるので、ここでウキウキしている暇はないと思うので、
この次の試合に向けて、頑張りたいと思います。

記者:今日も大勢のファンの皆さんが声援を送りました。
改めて今後に向けて熱いメッセージをお願いします。
則本選手:残り試合が少なくなってきましたが、選手は魂を込めて必死でプレーします。
ファンの皆さんも魂のこもった応援をよろしくお願いします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

記者:ホームでは実に8月10日以来の勝利となりました。
梨田監督:長かったですね。本当にファンの皆様には、長い間お待たせしましたということで、
本当に申し訳ないんですけど、やっと勝ててホッとしました。

記者:今日は先発の則本選手、5つのフォアボールを与える、
ちょっと制球に苦しむ場面もありました。それでも7回1失点と、役割、仕事は果たしましたね。
梨田監督:そうですね。(ここ数回の登板では)援護がなかったんですけど、
今日は先にペゲーロの一発で先制できたということで。4回に追い付かれましたが、
7回まで辛抱しながら、耐えて投げてくれました。本人も久々の勝利ですけど、
チームにとっても本拠地で勝ったというのは、本当に有難いし嬉しいですね。

記者:打線のお話もありましたが、今日は先手を取って、そして一時は追い付かれながらも、
5回に良いところで嶋選手にタイムリーが出ましたね。
梨田監督:そうですね。嶋と則本のバッテリーも久しぶりなんですけど、
リードもさることがなら、決勝点になるヒットを打ってくれましたので、
あれでちょっと我慢できたといいますか、則本が乗っていけたんじゃないかと思います。

記者:8回から継投に入りまして、9回は松井裕樹選手が締めると。
監督も常々おっしゃっていますが、リードした状況で松井裕樹選手に繋ぐ、
そういった展開が今日はできましたね。
梨田監督:そうですね。1点差でしたけどできましたし、詰まった当たりでヒットを打たれて、
一打同点という場面を作られましたが、球は走っていましたし、
今日は松井裕樹本人も相当緊張したんじゃないかと思いますけど、良かったです。

記者:このように2対1という接戦をホームでものにする、しぶとく勝つという部分、
これは終盤戦、大きな1勝になるんじゃないかと思うのですが。
梨田監督:大きな1勝にしなくちゃいけないですし、次は札幌に行って、
また帰ってきて埼玉西武戦がありますので、何とか繋げたいです。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ