« 東京都東村山市多摩湖町の瓦塔と宇志北大里遺跡の瓦塔 | トップページ | 物のための部屋 人のための部屋 »

2022年1月25日 (火)

『アキラとあきら』

池井戸潤原作の経済小説を勧められた。

『アキラとあきら』であった。

階堂 彬(かいどう あきら)約束された次期社長という宿命に抗う、大企業・東海郵船の御曹司。

山崎 瑛(やまざき あきら)過酷な運命に翻弄されながらも、理想を育んだ零細工場の息子。

2人の姿が描かれているらしい。

今はすぐ読もうとは(観ようとは)思わないが,

今日勧められたということは書いておきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

連続ドラマW アキラとあきら DVD BOX [DVD]|ぐるぐる王国 PayPayモール店

« 東京都東村山市多摩湖町の瓦塔と宇志北大里遺跡の瓦塔 | トップページ | 物のための部屋 人のための部屋 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京都東村山市多摩湖町の瓦塔と宇志北大里遺跡の瓦塔 | トップページ | 物のための部屋 人のための部屋 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ