« 「夏みかん」にゴツン | トップページ | SOUNDYで「山形すみこ」 »

2022年1月13日 (木)

「冬のみかん」の代表格といえば温州みかん

「冬みかん」という言い方はあまりしないので,

「ないのかな?」と思っていたら,ありました。

みかんは「冬に食べるもの」と決まっているので,

あえて「冬みかん」とは言わないのかもしれませんね。

冬のみかんの代表格といえば温州みかんです。

温州みかんは例年、果実が大きくなった11月~1月頃に収穫して市場に出回ります。

と「ふるさとチョイス」というサイトに書いてありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ふるさとチョイス・冬の定番「温州みかん」】

https://www.furusato-tax.jp/feature/detail/44210/10814

 

 

« 「夏みかん」にゴツン | トップページ | SOUNDYで「山形すみこ」 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

あああっ、やっぱり悪い予感通り「炬燵ミカン」は「温州ミカン」だったのですね。
肥さん、調べてくださってありがとうございます。

ミカンには全然関係ないですが、「温州」と聞くと「温州質量(ウンジョウチーリャン)」(温州品質)という言葉を思い出しました。「適当極まりないいい加減な品質」みたいな(感じの)意味のようです。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

正解は・・・温州みかんでした!

〉 「温州質量(ウンジョウチーリャン)」(温州品質)

初めて聞きました。
江戸時代の「下らないもの」(上方のものでない,江戸のもの)という感じでしようか。

うろ覚えなんですが、支那の温州には小企業がたくさんあって、製品の見た目はそれほど悪くはないようだけれど、品質が話にならない、と言うようなことだったと記憶しています。
まぁ、あの国はどこでもそれほど変わりはないように思いますが、とりわけ温州は酷いということで、そんな言葉があるのだと思います。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

ちょっと調べてみたら,
「温州人は商才に長けており,〈中国のユダヤ人〉と称されることがある」
と書いてあるものがありました。
そういう偏見が「品質が良くない」というという考え方に
つながっているのかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「夏みかん」にゴツン | トップページ | SOUNDYで「山形すみこ」 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ