« 🐈 茶白を怯えさせる猫の母子 🐈 | トップページ | 🐈 寝顔または白の寝相 🐈 »

2021年12月 6日 (月)

駅鈴と伝符

「伝印」という印がどうもありそうにないので,

「伝〇に押した印」と考えてみた。

そうしたら,「伝符」に至ることができた。(「新古代学の扉」でも正木さんの1件のみヒット)

ウィキペディアには,以下のように出ていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

伝符


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


伝符(でんぷ)とは、古代の伝馬制において、伝使に対して使用資格を証明するために与えられたのこと。

概要[編集]

中国における駅伝制では、伝符を駅に提示にすることで車馬を利用することが可能であったが、日本では駅馬駅鈴、伝馬は伝符を提示させた。

現存する伝符がないため、その形状については諸説あり、中国のそれと同じ銅製とする説、関契に合わせて木製とする説、公文書としての符の形式に合わせて紙製であったとする説が存在する。

伝符によって動員可能な伝馬の数は剋(きざみ)の数によって決められており、剋の数は使者に予定された者の位階によって異なった。すなわち、親王・一位は30剋、二位・三位は20剋、四位は12剋、五位は10剋、6-8位は4剋、初位以下は3剋と定められていた。駅鈴による馬の動員可能数より伝符による馬の動員可能数の方が多いのは、伝馬の実務的な運営者である郡司などの地方豪族を経済的に牽制する手段として用いられていたからと考えられている。時代が下るにつれて剋数以上の馬を要求するなどの違法行為が問題視され、伝馬制の衰退に拍車をかけることになった。また、伝符自体も形骸化し、永延元年7月20日付の太政官符(『類聚符宣抄』巻8)によれば、当時(10世紀末)国司が任地に赴くために伝馬を用いる際には、任符除目の際に新国司に与えられる補任の太政官符)に「伝符一枚四刻」と記載されて伝符の代替とされ、伝符そのものの発給が行われていなかったという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上の説明は,近畿王朝になってからのものと思われる。

九州王朝の「真作」の駅鈴には刻みがなく,それゆえ「偽作」を疑われているようだ。

なので,天武紀のなかで,駅鈴・伝印(印の押してある伝符と考える)が出てくるのだろう。

1つでも本物の伝符にお目にかかりたいものだ。(まだ戸籍が紙でなかった時代なので,木や竹だったかもしれない)

« 🐈 茶白を怯えさせる猫の母子 🐈 | トップページ | 🐈 寝顔または白の寝相 🐈 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 🐈 茶白を怯えさせる猫の母子 🐈 | トップページ | 🐈 寝顔または白の寝相 🐈 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ