« 太宰府・蔵司の現地説明会の資料 | トップページ | 日本シリーズ(第5戦) »

2021年11月25日 (木)

一元史観による地方の編年50年ずれ

「もう一つの歴史教科書問題」サイト(侏儒国民さん)に興味深い記事が出ていた。

上記の「一元史観による地方の編年50年ずれ」というものだ。

http://rekisi.tosalog.com/%E3%82%B4%E3%83%9F%E5%B1%8B%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8B%E3%82%89%E4%BB%8F%E6%95%99%E4%BC%9D%E6%9D%A5/%E4%B8%80%E5%85%83%E5%8F%B2%E8%A6%B3%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%9C%B0%E6%96%B9%E3%81%AE%E7%B7%A8%E5%B9%B4%EF%BC%95%EF%BC%90%E5%B9%B4%E3%81%9A%E3%82%8C

『高知県史 考古資料編』(高知県, 1973年)  所収の論考

「土佐国分寺古瓦に就て」(田所眉東)に関係記事が出ているのだという。

高知県史 8冊セット 考古編 考古資料編 古代中世編 近世編 近世資料編 近代編 民俗編 民俗資料編

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈方位の考古学〉によれば,中国・四国地方は-50年の土器編年の修正を提案している。

https://iush.jp/uploads/files/20191119161903.pdf

九州←←中国・四国←←畿内(大和)→→中部→→関東・南東北→→北東北
  100年      50年   ±0   50年   100年      150年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

果たして田所氏の記事の内容が,〈方位の考古学〉と一致するものなのか,

興味は尽きない。

 

 

 

« 太宰府・蔵司の現地説明会の資料 | トップページ | 日本シリーズ(第5戦) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 田所氏による土佐国分寺遺跡の古瓦の年代考察。
 瓦の写真を見ると明らかに素弁蓮華文軒丸瓦だ。
 つまり田所氏は、「素弁蓮華文軒丸瓦は畿内なら飛鳥時代のものだが、土佐は僻遠の地だからその流布に時間がかかるから白鳳期としなければいけない」と言ったわけだ。
 この二つの時期の時間差は50年。

 この問題はすでに服部さんが明らかにした問題ですよ。

 方位の考古学は土器編年が土佐なら50年ずれているのではないかと提起した。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  この問題はすでに服部さんが明らかにした問題ですよ。

 方位の考古学は土器編年が土佐なら50年ずれているのではないかと提起した。

全国の国分寺跡の多くから「素弁軒丸瓦」で出土しているわけなので,
それも九州王朝が最初に「国分寺」を作った証拠になるものと考えました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 太宰府・蔵司の現地説明会の資料 | トップページ | 日本シリーズ(第5戦) »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ