« 🐈 子猫たちの昼寝 🐈 | トップページ | 月食はいかがでしたか? »

2021年11月20日 (土)

「授業を楽しんだ子どもたち」であったAさん

小原さんの教え子だったAさんと,小原さんの講演記録「仮説実験授業にかける夢」を通して,

楽しい交流をさせていただいたひと月でした。

Aさんは現在高校の先生をされているということで,「授業を楽しんだ子どもたち」の1人です。

中学生という多感な時期に仮説実験授業を受け,それがもともとの夢だったのかもしれませんが,

生涯の職業にもつながるなんてすごいです。

しかも,仮説実験授業を受けた方だから,なおさらうれしいです。

『授業を楽しむ子どもたち』にも収録されたAさんの素敵な詩を紹介しましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

色・いろ・イロ
                A(中1)
「あなたは何色?」と尋ねられたら,
私は「私だけの色」って答えるな。
「私にも作れる?」って聞かれたら,
私は「君には君,独特の色があるじゃない!」って答えるよ。
だって,私の色は天才ピカソだって作れない。
私しか作れない私の色。君しか作れない君の色。
世界はきれいだ。
なぜなら30数億(?)の絵の具があるから。
そして,又,
君の絵の具と
だれかの絵の具が合体して,
新製品ができあがるんだ。
そしたら,すばらしい芸術家だよ。
君は,だから君は,君を誇りに思って,
胸をはって,
芸術家みたいな顔をして
楽しく生きなよ。
ナッ おまえよ。
1977.12.9
※『授業を楽しむ子どもたち』(仮説社)75ページより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

授業を楽しむ子どもたち

          初版のもの

 

« 🐈 子猫たちの昼寝 🐈 | トップページ | 月食はいかがでしたか? »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 🐈 子猫たちの昼寝 🐈 | トップページ | 月食はいかがでしたか? »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ