« 日本シリーズ(第5戦) | トップページ | 冬のウォーキング »

2021年11月26日 (金)

服部さんに賛辞を贈りたい(中島さん)

最近中島さんからコメントをいただき,

「服部さんに賛辞を贈りたい」ということなので,

服部さんの目に留まるように中島さんの2回のコメントを紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 当方は拙い日本古代史の本を出している歴史研究者ですが、最近、服部静尚の「倭の五王・・・」という講演のユーチューブを見まして、良い講演であると思い、服部静尚さんや肥沼さんに、ご挨拶を含めて一言、述べておきたいと存じます。服部静尚さんにもお伝えください。
 私は、服部静尚さんの歴史研究の姿勢に基本的に賛成ですが、それ以前に考えなければならないことは、歴史研究の気保温で、古代中国史書の『史記』や『三国志』などに比して、『日本書紀』や『古事記』は、多少の史実は垣間見られるでしょうが、全く史書とは言えないと考えております。これらは会社報の類の書物で、基本的には物語(フィクション)の類と考えております。ですので、『記紀』の改ざん問題以前に中国史書と『記紀』を同列に扱う点が大きな問題と考えております。

(2) 実は、先日、たまたま服部静尚氏の倭の五王に関するユーチューブを見まして、良い内容だなと思い、服部静尚氏に賛辞を送ろうとして連絡先や住所などを探すためにネットサーフンしていたら、ここのブログに至ったのです。そして、
 ほほえましい肥さんと服部さんのやり取りを読んでいて、良い関係だなと感心もしました。ですので、  
 まだ、全く服部静尚氏と連絡を取る方法は判りませんので、氏にはよろしくお伝えください。調べたら、氏とはかなり経歴も似ている(工学部で金属学科卒)ので、直ぐに親近感を覚えたので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中島さんは,「日本古代史,百の虚偽と時事随想」というサイトをやられており,

https://ameblo.jp/kokomadekitaka3/entry-12690870428.html

何冊もの著書もある方です。

NO36 卑弥呼時代の男子すべてが黥面文身をしていたは誤解

« 日本シリーズ(第5戦) | トップページ | 冬のウォーキング »

古田史学」カテゴリの記事

コメント


 投稿有り難うございます。今後は、ここを常にフォローして行きます。

中島さんへ
コメントありがとうございます。

〉 投稿有り難うございます。今後は、ここを常にフォローして行きます。

古代史ばかりではありませんが,よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本シリーズ(第5戦) | トップページ | 冬のウォーキング »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ