« 台所前はニャンダーランド(4) | トップページ | 僕たちの好奇心は誰にも止められニャー »

2021年11月 7日 (日)

『たの授』11月号の感想

仮説社御中

東村山市の肥沼です。

『たの授』11月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』11月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1)授業プラン〈タネの旅立ち〉(荒居さん)

「自由に~して下さい」と言われても,なかなか自由は得られません。

程よい束縛があってこそ,芸術(俳句や短歌)も美術(キミ子方式)も自由に表現できます。

科学も「見方を教えられて」初めてノーミソが動き出すのだと思いました。

(2)ことわざが映し出す時代相(村上さん)

「新ことばノート」の連載も30回を迎えました。

村上さんのことばに関するアンテナには,いつも驚かされます。

今回の「鳥無き里のコウモリ」も初めて聞きました。

ぜひ仮説社からの出版を期待します。

(3)連載「授業はたのしいだけでいい!」最終回(峯岸さん)

半年に渡る峯岸さんの連載も最終回を迎えました。

「たのしさの先に見えてくるもの」は最終回にふさわしい深~いお話でした。

高崎サークルでは,最終回の話を使って授業された先生が2人もいました。

(中学校の滝本さんと小学校の品川さん)

『たの授』12月号の特集は,「感動した板倉さんの言葉」とのこと。

今回の連載とつながる話とのことで,大いに期待しています。

« 台所前はニャンダーランド(4) | トップページ | 僕たちの好奇心は誰にも止められニャー »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台所前はニャンダーランド(4) | トップページ | 僕たちの好奇心は誰にも止められニャー »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ