« ソフトバンク戦 10/5 | トップページ | 三食,昼寝付き »

2021年10月 6日 (水)

今回のノーベル物理学賞について(改訂版)

昨日,ノーベル物理学賞の受賞のニュースが飛び込んできた。

川瀬さんのコメントと合わせてお読み下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【「分野の壁、破った偉業」 地球科学の異例受賞 研究者、驚きと称賛・ノーベル賞】

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e39e1cd081a13ef79aa812d3188227ae75cf10d

ノーベル賞に真鍋氏

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【図解】日本のノーベル賞受賞者

« ソフトバンク戦 10/5 | トップページ | 三食,昼寝付き »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

 みなさん単純に喜んでいるが、騙されてはだめ。
 今回の気候変動をコンピュータで再現予測する技法の開発が受賞対象となったということは、ノーベル委員会が、国連が推進する「温暖化人為説」という壮大なウソを支持する立場を表明したということ。
 
 これで二酸化炭素放出を減らさないと地球が大変なことになる!!!!
 という嘘を背景にして、エネルギー転換を図り、資本の新たな増殖場所を作ることで、さらに儲けようとの企てにもう一つ正統性が与えられたので、この動きが加速する!!!

 科学の名を借りた嘘に騙されてはダメ!!!!!!!!!!!!!

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 科学の名を借りた嘘に騙されてはダメ!!!!!!!!!!!!!

えーっ,そういうことなんですか!
ぜひ,それに関係する本やサイトをご紹介下さい。

肥沼さんへ

 仮設の会の中さんの御研究を忘れたのですか?
 あの授業書の資料の中に、二酸化炭素が増えたから気温があがったのではなく、逆で、気温が上がったから大気中の二酸化炭素が増えたのであって、海水や岩石に含まれていた二酸化炭素が空気中に放出されたのだというデータが引用されていました。

 私のサイトでは何度も論評しています。
● 打ち続く「異常気象」-温暖化人為説を打ち砕く、自然の脅威-2010年6月

● 温暖化への視点を変えてみよう!―温暖化対策の美名に隠れた市場争奪戦-2009年12月

● 地球温暖化は止まらない-地球温暖化「二酸化炭素犯人説」のウソ-2009年8月

 中さんの本と合わせて、次の本を読んでみると良いでしょう。
 丸山茂徳著「『地球温暖化論』に騙されるな!」:2008年講談社刊、
 シンガー・エイヴァリー著「地球温暖化は止まらない」:2008年東洋経済新報社刊

今検索したらこんな本も出ていました。

●地球温暖化「CO2犯人説」は世紀の大ウソ
著者 丸山 茂徳 (ほか著),戎崎 俊一 (ほか著),川島 博之 (ほか著),デビッド・アーチボルド (ほか著)
発売日:2020/01/31
出版社: 宝島社

 税込み1210円

追伸

 こんなサイトもありました。
 https://dot.asahi.com/wa/2019082100001.html?page=1
広瀬隆「二酸化炭素温暖化説の嘘が警告する地球の危機」 週刊朝日

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

いろいろな本やサイトがあるのですね。
しかし,残念ながら世界の多くの人のノーミソには
「地球温暖化」が焼きついてしまっており,
教科書でもそれを教えているわけです。

これは古代史研究の通説と多元史観の関係と
ある意味同じことが言えると思いました。

肥沼さんへ

>しかし,残念ながら世界の多くの人のノーミソには「地球温暖化」が焼きついてしまっており,
教科書でもそれを教えているわけです。
これは古代史研究の通説と多元史観の関係とある意味同じことが言えると思いました。

 そのとおりです。
 今や「温暖化人為説」を信じた人が絶対多数。
 しかもこの説は前とは変化して、50年後には、「人類は温暖化に勝利した」と騒げる構造になっている。
 前は、このまま放置すると平均気温が4度から8度も上昇し、南極の氷も融けて大変なことにと騒いでいた。
 最近は、頑張って二酸化炭素放出をゼロにできれば、平均気温の上昇は1.5度で抑えられると主張を変えている。

 この理由は、人類が何もしなくても温暖化で上昇する平均気温は1.5度だからだ。
 温暖化が始まったのは19世紀後半。おそらくおわるのは21世紀後半。あと50年前後。そのあとはおよそ1000年続く、温暖な豊かな地球の時代が。

 何もしなくても1.5度の上昇で済むという現象を背景にしてエネルギー転換を強行してしまい、資本主義の急成長を実現して大もうけをはかる。そして50年後。人類は温暖化に勝利したと騒いでその成果を誇るという構造。
 だがその背景では、温暖化で作物適地が変化して暮らせなくなった農家や、温暖化で海水温が変化して魚が取れなくなって暮らせなくなった猟師や、石炭や石油の消費が無くなってつぶれた産業に従事していて、転職を強制されて暮らしが破壊された人や、石炭や石油産業に依存していた町の消滅など、さまざまな負の遺産が量産されるのだが、そこは報道されず人々の目からは隠されてしまう。

 古代史の通説がまかり通っても日本人の生活にあまり実害はないが、「温暖化人為説」がまかり通ってしまえば日本人の生活に大きな実害がでてくる。
 ここが違いますね。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  古代史の通説がまかり通っても日本人の生活にあまり実害はないが、「温暖化人為説」がまかり通ってしまえば日本人の生活に大きな実害がでてくる。
 ここが違いますね。

そうですか・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ソフトバンク戦 10/5 | トップページ | 三食,昼寝付き »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ