« 令和3年度企画展「多賀城への道-地域を繋ぐ、人と交通の古代史-」 | トップページ | 『たの授』10月号の感想 »

2021年10月 7日 (木)

近江俊秀さんの本

多賀城での特別展の期間中に,講演会が開かれる。

講師は近江俊秀さんという方で,1966年生まれなのでまだ55歳だ。

著書が何冊もあり,私も3冊持っている。(全部読んでいるわけではないが)

Img_1831

2006年,2008年,2016年の発行。

どういう主張かは,一番右の表紙だけ見てもわかる。

平城京が中心で,「日本各地に情報が素早く伝えられた」という通説の立場だ。

天武天皇の頃整備されたと考える。

私も「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」を書いた頃は

出土した土器から7世紀第3四半期と考えていたが,

〈方位の考古学〉※により100年早め6世紀第3四半期と改めた。

※九州や関東は,土器編年を100年遡らせる。

そしてもちろん,中心地も平城京ではなく,九州王朝の首都・太宰府である。

 

« 令和3年度企画展「多賀城への道-地域を繋ぐ、人と交通の古代史-」 | トップページ | 『たの授』10月号の感想 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和3年度企画展「多賀城への道-地域を繋ぐ、人と交通の古代史-」 | トップページ | 『たの授』10月号の感想 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ