« 小春日和 | トップページ | フェルメール・ブルーのもとが「ラピスラズリ」らしい »

2021年10月20日 (水)

突如噴火する山・阿蘇山

今日また阿蘇山が噴火してニュースになった。

日本は火山国であり地震国であるので,「また」で終わるが,

外国から来た人にとっては「トンデモナイ出来事」なので,

話を聞いたら「ぜひ見てみたい」と思うだろう。

実際「隋書」にはそれに関する記事が出て来る。

阿蘇山其石無故火起接天者 俗以為異因行禱祭 

如意寶珠其色靑大如雞卵 夜則有光云魚眼精也

あるブログの中に阿蘇山や如意宝珠のことが書いてあったのでリンクしてみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日本古代史つれづれブログ】

https://aomatsu123.blog.fc2.com/blog-entry-35.html

この方は,こんなふうに解説しています。

阿蘇山の話が出てきます。さて、ここで不思議に思わないでしょうか?。国の象徴的な山として、なぜ阿蘇山なのでしょうか?。
もし飛鳥地方に朝廷があったのなら、活火山や風光明媚な山、あるいは信仰の対象としていた山が、他にもあったはずです。もちろんこのときまでに全国統一していたなら、富士山のことを書いてもよかったでしょう。なぜ阿蘇山なのでしょうか?。
答えは、きわめてシンプルです。阿蘇山が、朝廷にとって信仰の対象として、特別な意味をもっていたからです。
そして当然のことながら、その山はその地方の生活に密着していたはずです。
つまり、 国の朝廷は阿蘇山の近くにあったということに他なりません。

20140516阿蘇山広域

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝の阿蘇山の爆発の様子をぜひ見ていただきたいものです。ものすごいパワーを持っています。

私は大学生の時阿蘇山に立ち寄ったのですが,退避壕が作ってあって「なんとオーバーな」と思いました。

ところが翌年新聞で,新婚旅行の若いカップルが噴石の直撃にあって亡くなったことを知りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【熊本・阿蘇山が噴火 阿蘇火山博物館に30人程度が避難 警察が被害の有無を確認中】

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6407491

Img_1939_20211020130001 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【如意宝珠はパワーストーンか?】

この方の話の続きには,如意宝珠のことも出て来ます。

ラピスラズリ」というパワーストーン。

200px-Lapis_lazuli_block.jpg

宮地嶽古墳からも玉が出ているらしい?

Amazon | (SAJ) 1粒売り ラピスラズリ 16mm パワーストーン 天然石 ...の画像

現在は安価で入手できるらしいです。

ブレスレットなどに使われています。

« 小春日和 | トップページ | フェルメール・ブルーのもとが「ラピスラズリ」らしい »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

「ラピスラズリ」は宝石ですが、顔料「群青色(ぐんじょういろ)」の原料ですね。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

〉 「ラピスラズリ」は宝石ですが、顔料「群青色(ぐんじょういろ)」の原料ですね。

あっ,思い出しました。
フェルメールという画家が使った「青」の顔料のもとですね。
フェルメール・ブルー。「真珠の耳飾りの少女」。

肥沼さんへ

 隋書の記述にある如意宝珠はラピスラズリではないか、という人の説をただ信じてはいけないと思います。
 隋書にあるこの如意宝珠と呼ばれるものは「夜になると青い光を出す」ということですから、昼間は、つまり太陽光の下では青色ではないということです。
 でもラピスラズリは、青い色のソーダ石が主成分ですから、太陽光の下でも青色です。

 では太陽光の下では青ではないのに、夜だと青い色になるものはあるのでしょうか。
 これはある種の鉱物で、太陽光の下と、これとは異なる波長の光の下とではその色が変わるものがあるという確認された現象ではないでしょうか。
 変色効果というそうです。

 しらべてみると、太陽光の下では青だが、夜の人工照明の下では赤に変わるアレキサンドライトという石がありました。これは金緑石という鉱物の一種で、そこに含まれる微量の成分がもつ光の吸収効果のせいだそうで、その成分が光の中のどの色の波長を吸収するかで色の変化が変わる模様。
 アレキサンドライトはこれは微量に含有されているクロムの影響で、光源によって石に吸収されるスペクトルが大きく異なるためである[とのこと。
 またブラジル産のアレキサンドライトの中には青みを帯びた緑に変色するものもあるといいます。
 
 これじゃないかな? 隋書の如意宝珠は。

川瀬さんへ
コメントありがとうごさざいます。

〉 これじゃないかな? 隋書の如意宝珠は。

さっそく調べてみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 小春日和 | トップページ | フェルメール・ブルーのもとが「ラピスラズリ」らしい »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ