« 科捜研の女~劇場版 | トップページ | 〈方位の考古学〉で九州の古墳を100年ズラすと・・・ »

2021年9月 2日 (木)

岩戸山古墳の年代比定について

岩戸山古墳(福岡県八女市。135m)という古墳があり,

6世紀前半という年代比定がされている。

527年の磐井の乱と年代が合うところから,

磐井の墓ではないかと言われることがある。

従来の年代比定によると九州には5世紀に

あまり大きい古墳が見当たらないということで,

それが通説から軽くみられる原因になっているらしい。

だが,〈方位の考古学〉の「出る幕」ということにならないか。

〈方位の考古学〉

https://iush.jp/uploads/files/20191119161903.pdf

全国の遺跡の精査から,私たちは従来の年代比定のものさしの間違いを指摘した。

そして、精査する中で、九州←←中国四国←←畿内(大和)→→中部→→関東・南東北→→北東北

             100年    50年               50年     100年    150年

のように、編年がずらされているのを確認することが出来たのであった。

となると,逆にその分を引いてやると正しい年代ということになる。

九州は100年マイナスで,6世紀前半→5世紀前半ということになり,

これはあの「倭の五王」の時代の前半ということになる。

まさしく中国南朝に使いを送り,文化や制度を学び,「一の子分」として認められようとした時代ではないか。

別宮と呼ばれる地区には,石人石馬が配置され,律令による裁判の様子が表現されていたという。

また,少し後になると,中国南朝の設計思想に倣って「東偏」を布くことになる前段階である。

大きさから言うと,宮崎県の西都原古墳群の176mということですが,これは5世紀前半の比定なので

方位の考古学からいうと「倭の五王」の時代からは外れてしまいます。(1世紀古いもの)

別区の石製品群(レプリカ)

石人(八女市所有、岩戸山歴史文化交流館保管、重要文化財)

石盾(八女市所有、岩戸山歴史文化交流館保管、重要文化財)


石盾(八女市所有、岩戸山歴史文化交流館保管、重要文化財)

« 科捜研の女~劇場版 | トップページ | 〈方位の考古学〉で九州の古墳を100年ズラすと・・・ »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 科捜研の女~劇場版 | トップページ | 〈方位の考古学〉で九州の古墳を100年ズラすと・・・ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ