« 撥型(琵琶の撥と同じ型)古墳 | トップページ | これまでの〈方位の考古学〉の活用例の集計 »

2021年9月22日 (水)

島根県の古墳を50年ズラしてみると・・・

島根県にも古くから多くの古墳があり,

中には100mほどの大型のものもあります。

資料が多すぎてまとめにくいので,

あるサイトのまとめを利用させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_1698_20210922052801

スタートが4世紀前半のようですので,50年ズラすと3世紀後半。

山陰でも大和や吉備と同じころから古墳づくりをしていたようです。

ただし,最盛期でも100mくらいが大きさの限度で,それ以上のものはありません。

中には,四隅突出型古墳というユニークな形の古墳もあります。

「ウィキペディア」によると,「現在の調査では、弥生中期後半の広島県三次盆地に最も古い例がみられる。

弥生後期後葉から美作備後の北部地域や後期後半から出雲島根県東部)・伯耆鳥取県西部)を中心にした山陰地方に広まった。

北陸では少し遅れ能登半島などで造られている。

源流は今のところ判明していないが、貼り石方形墓から発展したという可能性もある」とのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【山陰の古墳】・・・写真も多いですが,全部で24ページあります。

https://www.pref.shimane.lg.jp/life/bunka/bunkazai/event/saninshisekigaidobook.data/2.pdf

« 撥型(琵琶の撥と同じ型)古墳 | トップページ | これまでの〈方位の考古学〉の活用例の集計 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 撥型(琵琶の撥と同じ型)古墳 | トップページ | これまでの〈方位の考古学〉の活用例の集計 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ