« 『幻の都 大津京を掘る』 | トップページ | 〈方位の考古学〉の活用例(1)(再録) »

2021年9月 8日 (水)

オンデマンド製本サービス

神保町に行ったついでに,三省堂に寄ってみた。

1階に「オンデマンド製本サービス」という気になる言葉が書いてあって,

それについて聞いてみたいことがあったからだ。

Kさんは突然の訪問にもかかわらず,分かりやすく説明していただいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)紙ベースの原稿の持ち込みの場合どうなるのか

⇒ 一度PDFにするという手間が入ります。

(2)お値段はどれくらいになるか

⇒ PDFの原稿の場合でも,けっこう値段は高く(2000円以上),

紙ベースの場合はさらに高くなってしまいます。

Img_1620

結局,同じタイプの原稿をPDF版にして,

「ちょ古っ都」印刷に持ち込むのが一番安く済むようだ。

私の場合はバラバラなので,時間が掛かりそう。

となると,自分で印刷機で印刷し,かみ合わせをし,

製本屋に持ち込むのが一番簡単ということになる。

« 『幻の都 大津京を掘る』 | トップページ | 〈方位の考古学〉の活用例(1)(再録) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『幻の都 大津京を掘る』 | トップページ | 〈方位の考古学〉の活用例(1)(再録) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ