« 中塚武著『酸素同位体比年輪年代法』(同成社) | トップページ | ネット時代の「替え玉受験」 »

2021年8月18日 (水)

「中塚武」で検索してみたら

「新古代学の扉」サイト内検索で,「中塚武」と入れて検索したら,

1件だけヒットしました。

今治市の,白石さんの情報です。

年輪年代測定法では、基本的に杉と檜木しか測定できないのだそうです。

ところが、近年どんな樹木にも適用できる「年輪セルロース酸素同位体比」という測定法が、

総合地球環境学研究所の中塚武教授によって開発されました。

これにより前期難波宮に使われていた二本の柱が、五八三年と六一二年に伐採されたものであることが分かりました。

新たな発掘や、このような画期的な技術によって古代の真実の姿がだんだんと明らかになっていくのは楽しいことです。

« 中塚武著『酸素同位体比年輪年代法』(同成社) | トップページ | ネット時代の「替え玉受験」 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 中塚武著『酸素同位体比年輪年代法』(同成社) | トップページ | ネット時代の「替え玉受験」 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ