« 播磨国と摂津国との間に「国境」があったとしたら・・・ | トップページ | 君の名は・・・もしかして台風7号?(8号でした) »

2021年7月24日 (土)

漆紙文書

東の上遺跡(埼玉県所沢市)から漆紙文書が出土している。

紙は普通腐ってしまって保存できないが,

漆に浸かっていると1300年も保存できるということだ。

【東の上遺跡の漆紙文書】

https://www.city.tokorozawa.saitama.jp/iitokoro/enjoy/bunkakyoyo/bunkazai/

shishiteibunkazai/koukoshiryo/bunzai_20100729165537121.htm

【茨城県立博物館】

http://www.rekishikan.museum.ibk.ed.jp/06_jiten/rekisi/urusigamimonnjyo.htm

【多賀城出土漆紙文書(92点)】

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/bunkazai/tagazyourusigami.html

【大浦遺跡(山形県)と漆紙文書】

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/bunkazai/tagazyourusigami.html

鹿の子遺跡(茨城県)出土の漆紙文書

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/bunkazai/tagazyourusigami.html

払田柵(秋田県)出土漆紙文書

http://www.pref.akita.jp/hotta/outline/ibutu/urushi.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

漆紙文書とは,国衙(役所)で書かれた文書が使用されなくなった後,を入れた容器の蓋として再利用されたものです。 の成分により,が腐食しないで残ったため,赤外線カメラを利用することにより,表面の文字については全て読むことができるようになりました。

 

« 播磨国と摂津国との間に「国境」があったとしたら・・・ | トップページ | 君の名は・・・もしかして台風7号?(8号でした) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 播磨国と摂津国との間に「国境」があったとしたら・・・ | トップページ | 君の名は・・・もしかして台風7号?(8号でした) »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ