« 武庫川は「すぐ向こう側」だった? | トップページ | 教科担任制、先行現場では人繰り腐心「誰でもいいわけではない」 »

2021年7月22日 (木)

仁徳の「詔」について【5】

仁徳の「詔」についてチャレンジしてみました。

今回も自信はありませんが,いかがでしょうか?

http://koesan21.cocolog-nifty.com/keishou/2021/07/post-dc3f97.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふとこんなことを考えてみました。

もし「主語なし」を「九州王朝系史料からの盗用」と考えてみたら,

打率・何割何分何厘くらいになるのだろうか?

単純に「有無だけでは解けない(ように仕組まれている)」とは思うのですが,

逆に私は,単純に「有無だけで解けるものはどれくらいあるのか」と思ったのです。

それが,5割なのか,それともそれ以上なのか?

まさか5割未満ということはないですよね。

(4分の3以上なら俄然やる気が出る!?)

« 武庫川は「すぐ向こう側」だった? | トップページ | 教科担任制、先行現場では人繰り腐心「誰でもいいわけではない」 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

>もし「主語なし」を「九州王朝系史料からの盗用」と考えてみたら,
打率・何割何分何厘くらいになるのだろうか?

 仁徳紀までの詔で割合を計算してみればすぐわかるよ。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 仁徳紀までの詔で割合を計算してみればすぐわかるよ。

1つひとつの「詔」を検討する一方で,
そういう分析もやってみる価値もあるのではないかと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 武庫川は「すぐ向こう側」だった? | トップページ | 教科担任制、先行現場では人繰り腐心「誰でもいいわけではない」 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ