« 台風7号はどこへ行った? | トップページ | ソフトボール予選(4) 対カナダ »

2021年7月25日 (日)

関守稲荷神社は,海抜19メートルのところにある

もし現在の関守稲荷神社のところに「須磨の関」があったとすると,

須磨関は海岸ではなく,東山道の山側ルートの場所だということになります。

海抜を調べてみたら19mで,現在の海岸線より300~400m内陸でした。

神戸付近の地形というのは,「ヒヨドリ越え」みたいに,海岸から ⤴ 急に駆け上がります。

それに境川の地形が加わったら,けっこう関所として強力なのではないでしょうか。

Img_1112

 

 

« 台風7号はどこへ行った? | トップページ | ソフトボール予選(4) 対カナダ »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風7号はどこへ行った? | トップページ | ソフトボール予選(4) 対カナダ »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ