« 今週のパリーグ | トップページ | 日本ハム戦 6/29 »

2021年6月29日 (火)

「594年の謎」(3)~ もしかして「主語有無」!?

前に「全国66か国に国府寺を作る」という記事と「法隆寺の心柱の伐採年」が

594年で同じであるという記事を書いたが,本日3つ目を「入手」した。

「国府寺」というキーワードで「新古代学の扉」で検索したところ,

古賀さんの7年前の記事「「告期の儀」と九州年号「告貴」」がヒットとした。

【告期の儀と九州年号「告貴」】

http://furutasigaku.jp/jfuruta/nikki10/nikki718.html

その中に,3つ目が載っていたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「二年(日本書紀・推古2年)の春二月丙寅の朔に、皇太子及び大臣に詔(みことのり)して、三宝を興して隆(さか)えしむ。この時に、諸臣連等、各君親の恩の為に、競いて佛舎を造る。即ち、是を寺という。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この推古2年こそ,594年に当たる年なのでした。(3つ目の「594年」!)

古賀さんは慎重に,「『日本書紀』推古2年条はこの短い記事だけしかないのですが、この佛舎建立の詔こそ、実は九州王朝による「国府寺」建立詔の反映ではないでしょうか。」と書かれていますが,

その後の〈方位の考古学〉や多元的「国分寺」研究に照らしてみると,九州王朝の業績 → 近畿王朝の業績にする「短い記事」なのではないかと思います。

私は「古代日本ハイウェー」で,771年(「続日本紀」の記事)に武蔵国が東山道から東海道に変更されるのを,九州王朝の業績 → 近畿王朝の業績にしているように感じていたので,すでにその前例があったと思った次第です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 2001年2月,法隆寺の五重塔を調査していた奈良文化財研究所が,五重塔の心柱を年輪年代測定法を用いて計測したところ,594年に伐採された木材だと判明した。

Carstay | 法隆寺の画像

Img_0878

594年伐採の心柱

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここでひとまずアップして外出したのですが,

「推古2年(594年)」記事のことが気になって,

スマホで何回も見直すことに・・・。

その結果,この記事は例の川瀬さんの「主語有無」の論証の例ではないかと思いつきました。

つまり,主語があれば推古天皇のやった事績。

主語がなければ,九州王朝の天子の事績を「推古紀」に挿入したもの。

念のために,「推古記」はどのくらい文章があるかというと,わずか1~2行。

これなら九州王朝系の史料でいくらでも膨らませられそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【推古天皇】

妹、豐御食炊屋比賣命、坐小治田宮、治天下參拾漆歲。戊子年三月十五日癸丑日崩。御陵在大野岡上、後遷科長大陵也。

« 今週のパリーグ | トップページ | 日本ハム戦 6/29 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

>その結果,この記事は例の川瀬さんの「主語有無」の論証の例ではないかと思いつきました。
つまり,主語があれば推古天皇のやった事績。
主語がなければ,九州王朝の天子の事績を「推古紀」に挿入したもの。

 良い所に気が付きました。
 その通りです。
 ならばちゃんと原文にあたるべきです。

二年春二月丙寅朔、詔皇太子及大臣令興隆三寶。是時、諸臣連等各爲君親之恩競造佛舍、卽是謂寺焉。

 皇太子および大臣に詔して・・・・との書き出しです。
 主語が省略された一文。この時・・・・の次の文とで一連の記事。
 ですから明らかにこれは、九州王朝の事績を語った部分です。

 省略された主語は、九州王朝の天皇。

 ちなみに推古紀の記事も、近畿天皇家の記事と九州王朝の記事とを合体させて記録したもの。
 日本書紀とはそういう性格の記録です。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 良い所に気が付きました。
 その通りです。
 ならばちゃんと原文にあたるべきです。

二年春二月丙寅朔、詔皇太子及大臣令興隆三寶。是時、諸臣連等各爲君親之恩競造佛舍、卽是謂寺焉。

 皇太子および大臣に詔して・・・・との書き出しです。
 主語が省略された一文。この時・・・・の次の文とで一連の記事。
 ですから明らかにこれは、九州王朝の事績を語った部分です。

 省略された主語は、九州王朝の天皇。

とりあえず,九州王朝の事績がこのようにして近畿王朝にすり替えられていく例を示せて良かったです。東山道の設置記事でもそうでしたが,日本書紀は要所要所でこういうことをやっていますね。

肥沼さんへ
>とりあえず,九州王朝の事績がこのようにして近畿王朝にすり替えられていく例を示せて良かったです。東山道の設置記事でもそうでしたが,日本書紀は要所要所でこういうことをやっていますね。

 「要所要所」どころか、ほとんどすり替え記事ですよ。
 対外関係はほとんど九州王朝のもの。
 そして国内関係記事でも、各地方を制圧した記事や、全国を統治するための様々な施策はみな九州王朝のそれを、近畿天皇家の歴史記事の間に挿入して、近畿天皇家の事績に見せかけている。

 このすり替え記事がほとんどないのが、最初の神武から10代目の崇神まで。
 つまり大和に南の熊野・吉野から侵入して征服し、長い年月をかけて銅鐸王国を滅ぼし近畿を制圧するまで。
 この10代の所で「四道将軍派遣」記事が出てきて(これは近畿天皇家の事績です)、近畿を制圧した分王朝が、いよいよ主として北陸と東海と東山道に手を出していく(近畿でまだ制圧していなかった丹波・丹後もこの時期に制圧)。残るは蝦夷の国である関東と奥州。
 この後ですね九州王朝による様々な事績が近畿天皇家の事績に挿入されるのは。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉  「要所要所」どころか、ほとんどすり替え記事ですよ。
 対外関係はほとんど九州王朝のもの。
 そして国内関係記事でも、各地方を制圧した記事や、全国を統治するための様々な施策はみな九州王朝のそれを、近畿天皇家の歴史記事の間に挿入して、近畿天皇家の事績に見せかけている。

それはそうなんですが,多元的「国分寺」研究でいえば,
「九州王朝が国府寺を全国66各国に作った主体である」ということが言えるのかと思うので・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週のパリーグ | トップページ | 日本ハム戦 6/29 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ