« 夏と昼寝とダイエット | トップページ | 10日後の再開を待つメダカたち »

2021年6月10日 (木)

授業プラン「〈邪馬台国〉はどこだ!」30周年記念

1992年,今から30年前に上記の授業プランを作った。

10年ほど学んだ仮説実験授業とその頃学び始めた古田史学(考古学)を形にしたのだった。

銅鏡の出土の中心,銅器の出土の中心,鉄器の出土の中心,絹の出土の中心という

4つの問題からなるシンプルなものだが,小学校で「邪馬台国」について学んできた生徒たちにとって,

予想外の結果が出るので,けっこう衝撃を与えたと思う。

生徒たちは現行の教科書で学ぶと,近畿説に有利に思考が傾くようだ。

(日本書紀のストーリーにしばられる訳だから)

以来単純計算で3年に一度,5クラス×8サイクル=40クラスで授業してきた。

1クラス40人とすると,1600人と授業したことになる。

私はこの授業で「これで〈邪馬台国〉は北九州で決定ですね」と授業プランで押し付けた訳ではない。

しかし,「〈邪馬台国〉はどこか」を調べる方法を授業したのだと思う。

もちろん生徒たちの授業評価と感想ははうれしいものだった。

そうでなければ,25年も続けることはできない。

この授業プランは私以外の先生たちにも実施していただき,また金属レプリカの貸し出しや

その「貸出方式」の進化(峯岸さんのおかげ)で,短期間に実施できるようになった。

興味のある方はご連絡下さい。

« 夏と昼寝とダイエット | トップページ | 10日後の再開を待つメダカたち »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏と昼寝とダイエット | トップページ | 10日後の再開を待つメダカたち »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ