« ケガが治ってきた茶白 | トップページ | 1日に何度もくつろぐ茶白 »

2021年6月 5日 (土)

送られてきた「ガリ本」2冊

本日の「ガリ本」が送られてきた。

2冊ともうれしかったので,コメントしておきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)〈原子・分子模型〉はどのようにして生まれたのか(山路さん編・著)

私も現役時代お世話になった原子・分子模型。

その歴史と尽力した人たちの姿を有名・無名織り交ぜて網羅してある。

第1部・・・古代ギリシアの原子論から『もしも原子がみえたなら』まで

第2部・・・『もしも原子がみえたなら』から進化した「実体積模型」  

・私は,所沢市のダイオキシン騒動の際や卒業期の特別授業「空気の中の分子たち」などで,

分子模型には大変お世話になった。GDPボックスも「社会の科学の分子模型」ですね。            

Img_0632

(2)仮説実験授業研究会ニュース・2021年6月号

・会代表・委員選挙結果発表・・・私にも一票入れていただきました。ただし,北関東(埼玉県)。今は都民ですよ~。

・重弘忠晴さんによる「仮説実験授業50年史稿(第4部)22」が掲載されました。いよいよ社会の科学に入りました。

・ガリ本プレゼント(有料です)・・・中村文さんの『かぜとインフルエンザ』(マンガ資料)を注文しました。

Img_0633

 

 

« ケガが治ってきた茶白 | トップページ | 1日に何度もくつろぐ茶白 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケガが治ってきた茶白 | トップページ | 1日に何度もくつろぐ茶白 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ