« 楽天“ノムさん流”奇襲2者連続スクイズ 失敗を糧に太田&村林を監督評価 | トップページ | 【交流戦】広島戦 6/6 »

2021年6月 6日 (日)

〈方位の考古学〉の証拠となるか?

新古代学の扉を観ていたら,古賀さんの「洛中洛外日記」のなかに,

興味深い記事を見つけました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

九州王朝と筑後国府

京都市 古賀達也

第八七話 2006/06/28
九州王朝の筑後遷宮

 わたしは「九州王朝の筑後遷宮」というテーマを発表したことがあります(『新・古代学』第4集、一九九九年)。四世紀後半から六世紀にかけて、九州王朝は筑前から筑後へ遷宮したという仮説です。九州王朝は、高句麗や新羅の北方からの脅威に対して、より安全な筑後地方に首都を移したと思われ、それはちょうど倭の五王や筑紫の君磐井の時代にあたります。また、筑後川南岸の水縄連山に装飾古墳が多数作られる時期とも対応します。そして、輝ける天子多利思北孤の太宰府建都(倭京元年、六一八年頃)により再び筑前に首都を移すまで、筑後に遷宮していたと考えられるのです。この論証
の詳細は「玉垂命と九州王朝の都」(『古田史学会報』二四号)、「高良玉垂命と七支刀」(『古田史学会報』二五号)をご参照下さい。
 しかしながら、この仮説には解決すべき問題がありました。それは九州王朝の王宮に相応しい遺跡が筑後地方になければならないという考古学的な問題でした。一応の目途としては、久留米市にある筑後国府跡(合川町、他)や大善寺玉垂宮(三瀦町)付近にあるのではないかと推定していましたが、やはり五~六世紀の王宮に相応しい規模の遺跡は発見されていませんでした。ところが、先週、ビッグニュースが飛び込んできたのです。
 福岡市の上城誠さん(本会全国世話人)から毎日新聞(六月二二日、地元版)のコピーがファックスされてきました。「筑紫国の役所か」「七世紀後半の建物跡」「九
州最大規模、出土」という見出しで、久留米市合川町から、ひさし部分も含めて幅十八メートル、奥行き十三メートルの建物跡の注穴(直径三〇~六〇センチ)四〇本が出土したことが報じられていました。近くで出土した須恵器から七世紀後半の遺跡とされていますが、この時期の九州北部の編年はC14測定などから、土器編年よりも百年ほど古くなりますから、六世紀後半の遺跡と考えるべきでしょう。そうすると、筑後遷宮期の九州王朝の王宮の有力候補となるのです。なによりも、この時期の九州最大規模の建物という事実は注目されます。
 新聞記事からは遺跡の正確な位置や詳しい内容がわかりませんので、これ以上の推測はやめておきますが、わたしの筑後遷宮説にとって、待ちに待ったニュースでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おしまいの方にある「土器編年より百年ほど古くなる」という認識は,〈方位の考古学〉と同じ(-100年)です。

古賀さんに聞いてみないと分かりませんが,九州以外の地域はどうかということを追求していけば,

全国の遺跡のより正確な年代比定をすることができるのではないかと思うのです。

(九州だけでなく,全国規模での「ものさし作り」を!)

ちなみに,〈方位の考古学〉の年代比定は,以下の通りです。

全国の遺跡の「東偏・正方位」の悉皆調査から出した結論です。(奈良文化財研究所データベースを利用)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

九州←←中国四国←←畿内(大和)→→中部→→関東・南東北→→北東北(その後付け加えました)
-100年  -50年    ±0    -50年    -100年     -150

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【方位の考古学】

https://iush.jp/uploads/files/20191119161903.pdf

 

« 楽天“ノムさん流”奇襲2者連続スクイズ 失敗を糧に太田&村林を監督評価 | トップページ | 【交流戦】広島戦 6/6 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

肥沼さんへ

>この時期の九州北部の編年はC14測定などから、土器編年よりも百年ほど古くなります

 この判断の根拠となった遺跡などの情報を古賀さんに聞いてみたほうが良いと思います。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

〉 この判断の根拠となった遺跡などの情報を古賀さんに聞いてみたほうが良いと思います。

そうでした。直接聞いてみましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天“ノムさん流”奇襲2者連続スクイズ 失敗を糧に太田&村林を監督評価 | トップページ | 【交流戦】広島戦 6/6 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ