« 踊る!さんま御殿!!「浪費家VS倹約家 大激突SP」 | トップページ | コロナ禍のバランスの取り方 »

2021年5月 4日 (火)

赤門塾のさつき祭 2021

今年の赤門塾のさつき祭は,新型コロナのため,

松木さんの「子どもたち」の絵の展示のみで,

句会も宴会もなかった。

松木夫妻とお話しできたことは収穫で,

Oさん夫妻とのつながりも確認できたが,

用意した俳句を披露する機会は持ち越された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(6年前の個展の資料)

松木 義三 作品展

カテゴリー: 絵画部:会員個展情報各部のTOPICS オン 2015年10月6日

松木 義三 (絵画部)

静岡:
ぬましん ストリートギャラリー

2015年10月5日~30日

画像拡大 
PDFはこちら

 

 

松木 義三 作品展 シリーズ「子供の時間」
沼津信用金庫ストリートギャラリー 第332 回企画展

会  期:2015年10月5日(月)~10月30日(金)

◆沼津駅南口より徒歩5分
 夜10時までライトアップ

会  場:ぬましん ストリートギャラリー
     【お問い合わせ】沼津信用金庫 溝渕
     〒410-8610 沼津市大手町5‐6‐16
     TEL.055-962-5200

出品会員:松木 義三 (絵画部)


10月、芸術の秋と共に各地の小学校では、運動会による
元気な子どもたちの喚声が聞こえてきます。
松木義三画伯は、新制作展はじめ地元多摩等の美術展で
優れた作品発表による大賞をふくむ数多くの賞を受賞、
その傍ら長年美術教育の現場にあって、児童教育一筋の
真摯な取り組みを実践されてきました。今回の作品は芸術に
対する深い思いと教育を通じて児童と共に歩んでこられた
人間愛が相まって生まれた果実の賜物です。
生き生きとした子どもたちの全身からほとばしるフレッシュな
エネルギーと汗、そして匂いまで描かれた作品をご覧いただき、
子どもたちの今と未来に思いを馳せて頂ければ幸いです。
ご来廊をお待ち申し上げております。

 

<松木 義三 略歴>
1948 北海道旭川市近文に生まれる
1974 千葉大学教育学部卒業
1987 新制作展(東京美術館・上野)以後毎年出品
1988 多摩秀作美術展(青梅市立美術館)以後18回出品
1989 個展(櫟画廊・銀座)以後同画廊で16回個展開催
1991 多摩大賞展(パルテノン多摩・多摩市)・奨励賞受賞
1992 ジャパン大賞展
1997 浅井忠記念賞展
2000 川越ビエンナーレ
2005 多摩秀作美術展(青梅市立美術館)・大賞受賞
  新制作展(東京都美術館・上野)・新作家賞受賞
2008 Moleskine Napoli sketchbooks exhjbit 2008(イタリア各地)
2009 新制作展(国立新美術館・六本木)・新作家賞受賞
2013 立‐歌会始御題に寄せて‐特別展(伊勢神宮美術館)
2015 長谷川宏・感情小曲集(時事通信社)挿絵担当
現 在 新制作協会会員 東京都東村山市在住

 

« 踊る!さんま御殿!!「浪費家VS倹約家 大激突SP」 | トップページ | コロナ禍のバランスの取り方 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 踊る!さんま御殿!!「浪費家VS倹約家 大激突SP」 | トップページ | コロナ禍のバランスの取り方 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ