« 大分県立安心院高校・和太鼓部「韓国慶州市新羅文化祭公演」 | トップページ | 秦氏の分布図 »

2021年5月12日 (水)

宇佐八幡神は新羅の神だった(mansongeの「ニッポン民俗学」)

さらに検索をしていたら,宇佐と新羅をつなぐズバリのサイト(mansongeの「ニッポン民俗学」 )がありました。

リンクします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【宇佐八幡神は新羅の神だった】

http://web1.kcn.jp/tkia/mjf/mjf-51.html










« 大分県立安心院高校・和太鼓部「韓国慶州市新羅文化祭公演」 | トップページ | 秦氏の分布図 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

なかなか詳しい論考を見つけましたね。
 なるほど、宇佐神宮の辛島氏は秦の一族だったのか。

 ということは日本における新羅文化の痕跡を調べるには
1:秦氏の分布地域。
2:新羅王子である、アメノヒボコやツヌガアラシトの伝説の分布地域・
 を調べれば、わかるということですね。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

さっそく秦氏の分布図を調べてみました。
見事に豊前国・豊後国と一致しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大分県立安心院高校・和太鼓部「韓国慶州市新羅文化祭公演」 | トップページ | 秦氏の分布図 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ