« 『謎の九州王権』と『論語と算盤』 | トップページ | ウィキペディア「泉官衙遺跡」 »

2021年3月 1日 (月)

『新修 国分寺の研究(西海道)』のページ割

上記の本が,多元的「国分寺」研究の基本資料である。

30年以上前の本で,部分的には『国分寺の創設』2冊という10年前の後継本はあるが,

西海道以外の国分寺の新情報で,今取り組んでいる西海道のものはない。

西海道の国分寺のページ割を書いてみる。(☆検討済のもの)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆筑前国分寺・・・24ぺ

☆筑後国分寺・・・28ぺ

肥前国分寺・・・72ぺ

肥後国分寺・・・104ぺ

豊前国分寺・・・30ぺ

豊後国分寺・・・60ぺ

日向国分寺・・・60ぺ

大隅国分寺・・・10ぺ

☆薩摩国分寺・・・54ぺ

多祢・・・22ぺ

壱岐・・・20ぺ

対馬・・・26ぺ

 

« 『謎の九州王権』と『論語と算盤』 | トップページ | ウィキペディア「泉官衙遺跡」 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『謎の九州王権』と『論語と算盤』 | トップページ | ウィキペディア「泉官衙遺跡」 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ