« 4月の楽しみ | トップページ | 札幌ドーム 苦境の20周年 »

2021年3月15日 (月)

退職後の3年間

3年もすると周りの情勢も変わってくるので,

仮説実験授業研究会では,時々「振り返り」が行われた。

この3月が「退職3年」なので,ちょっと振り返ってみたい。

(昨年の秋に途中まで書いていた「肥さん年図」2018~2020年に,その後を付け足した感じです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●2018年(60歳)

・東村山市郷土研究会の活動(世話人も3年間の内2年間務める)

・『発見された倭京ー太宰府都城と官道』(明石書店)の発刊。「古代日本ハイウェー…」と「駅鈴…」の掲載(3月)

・同居しての母の介護スタート(4月)

・7月に川瀬さんとの月2回の府中研究会(武蔵国分寺・武蔵国府)をスタートさせる。(19年3月まで)★(共同研究)

・古代史講演会で「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」を発表(9月)

・「東偏・僕」として,各地の東偏遺構(九州王朝の命令で作られたものという仮説)を収集する→中国南朝の都が東偏

・藤木海著『南相馬に躍動する古代の郡役所・泉官衙遺跡』(新泉社)に出会い,

  「泉官衙遺跡は,2つの王朝の「栄枯盛衰」を表している」を書く

・東京・古田会の人たちと国分寺周辺探索(11月)

・奈良文化財研究所のデータベースを使って,川瀬さんと古代寺院・官衙の方位の悉皆調査。(20年5月まで)★(共同研究)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●2019年(61歳)

・多元の会の人たちと府中・国分寺周辺探索(1月)

・川瀬さんとの悉皆調査(年間を通して)→〈方位の考古学〉という構想が固まってくる

  https://iush.jp/uploads/files/20191119161903.pdf

・古代史セミナー(11月)~「情報提供」の時間に〈方位の考古学〉の紹介

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●2020年(62歳)

・1月・『たのしい授業』誌で巻頭対談に出席。特集名は,「教師「新」入門」。

・3月・地元の「大地のめぐみ」の会で,約1年間「野菜作り」にいそしむ。

・母が入院・手術(8月)

・秋・「古事記」に書いていないが,「日本書紀」には書いてある10のキーワードを調べる。

 (3つの古代官道・駅鈴・防人・律令・暦・銭・畿・大王・隋・任那)

・秋・九州王朝の「官衙の定型化」と近畿王朝の「官衙の定型化」について興味を持つ。

  (これまで「前期国府」とか「第Ⅰ期国府」と呼ばれていたものは,九州王朝の官衙ではないか)

・母が亡くなる(10月30日)→母の葬儀(11月)→相続関係・片付け関係(12月)

・古代史セミナーに参加する(11月)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●2021年(8月に63歳)

・泉官衙遺跡の発掘(2020年11月)のニュース入手→「定型化」は7世紀前半からか

・田中将大投手が楽天復帰(2度目の優勝のチャンス!)

・東村山市郷土研究会の50周年記念誌に「東村山市郷土研究会への質問(東山道武蔵路について)」を寄稿

・川瀬さんと多元的「国分寺」研究の再開 ★(共同研究) →「飛鳥寺式伽藍」の新段階

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_8282

Img_9398_20210315054401 Img_9392_20210315054101

« 4月の楽しみ | トップページ | 札幌ドーム 苦境の20周年 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月の楽しみ | トップページ | 札幌ドーム 苦境の20周年 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ