« 『新修 国分寺の研究(西海道)』のページ割 | トップページ | これまでの「被災地への旅」を振り返って »

2021年3月 1日 (月)

ウィキペディア「泉官衙遺跡」

2020年10月にアップされたウィキペディアのようです。

【ウィキペディア「泉官衙遺跡」】

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%89%E5%AE%98%E8%A1%99%E9%81%BA%E8%B7%A1

Img_9398

〈方位の考古学〉で修正すると,「100年遡る」ことになります。

            「従来の編年」          〈方位の考古学〉

Ⅰ期(東偏)・・・7世紀後半~8世紀初頭 ⇒ 6世紀後半~7世紀初頭

Ⅱ期(正方位)・・・8世紀初頭~後半 ⇒ 7世紀初頭~後半

Ⅲ期(拡大した正方位)・・・8世紀後半~9世紀後半 ⇒ 7世紀後半~9世紀後半(×8世紀後半ではなく)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【方位の考古学】

https://iush.jp/uploads/files/20191119161903.pdf

 

 

« 『新修 国分寺の研究(西海道)』のページ割 | トップページ | これまでの「被災地への旅」を振り返って »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『新修 国分寺の研究(西海道)』のページ割 | トップページ | これまでの「被災地への旅」を振り返って »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ